--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月24日 (水) | Edit |
「マグロを殺しちゃだめー!!!」
と、ギャーギャー泣いている夢で目が覚めました

何で「これは現実か?」と思うような夢を見たかと思うと
こんなヘンテコな夢を見てしまうんでしょう

時計を見たら2時でした
ウトウトしてまた時計を見たら2時半

今日はやけに朝までが長いなー
と窓を見たら、もう明るい!

他の時計を見たら6時半でした   どうも電池が切れていたみたい
あー、今日は学校が9時からの日で良かったー

ヘンな夢のお陰で寝た気がしません

マグロですが、国際取引禁止の話で盛り上がっていた時はスーパーから姿を消し、
もうフランスでは買えないんだな、と思っていたら

廃案になった途端にまたお店に並び始めました


で、最近午前中のアルマーニ

ブログ3
毛布にくっついていたかと思えば

ブログ1

ブログ4

ブログ7
部屋に入って来る太陽の光に合わせて移動し、朝寝を楽しんでいます

ブログ5
かと思えば暑かったのか日陰に移動

アルも午前中はずっと寝ていますが、午後からはずっと庭をウロウロ
大家さんの犬にちょっかいを出したり、鳥を追いかけたり

この冬は雨と雪ばかりで、もうずーっと春なんか来ないのでは、とさえ思ってしまうほどでしたが
最近ぐ?んと暖かくなって晴れの日が続いています
やっと「日本に帰りたい病」も終わりそうです

…ちなみに夕飯は「マグロ」でした。あんな夢見たって言うのに…




スポンサーサイト
2010年03月21日 (日) | Edit |
風邪がひどいことになっています

ものすごい倦怠感

鼻が詰まる→鼻呼吸が出来ない→のどが痛くなる
鼻が詰まる→耳も詰まって音が聞こえ辛い
頬骨の辺りも痛くなってきた

胃腸炎にもなったのか食べたらお腹が痛くって・・・

そういえばお医者さんに「顔痛い?」「吐き気する?(たぶん私の場合上からではなく下からになった?)」と聞かれたから、今流行っている風邪はこれらの症状が伴うのでしょう

これでいっそ高熱でも出てウイルスと闘ってくれたら良いのに熱は出ない

この冬は季節性インフルエンザと新型インフルエンザ両方の予防接種を受けて対策もバッチリだと思っていたのに、これじゃぁインフルエンザよりたちが悪いよ。トホホ?

大学の履修登録の期日も迫ってるし、それを早く済ませて教科書も買わなきゃいけないのに
頭がボーっとして考えられない
焦るなぁー

買いたいものもあるのに

今日は早く寝て明日は両方済ませるぞー!

2010年03月18日 (木) | Edit |
どもども
妄想の旅に出ていました…

下の子が10日ほど前に風邪を引き
風邪なら寝てれば治るでしょー、と思ったけどちっとも良くならず
お医者さんの所に連れて行く事にしましたら
グッドタイミングでその日の朝起きたら私に移っておりました

子どもは1週間以上も放っておいたのに
私は風邪を引いた当日にお医者さんに診てもらえて
悪かったわね、下の子よ

今は気温差が激しいので風邪を引いている人がたっくさん居るそうです

で、とっても疲れていたのでそれを理由にゴロゴロしていました

本を読んだり

ブログ4
コレ

?あらすじ?
毛沢東政権下、激動と混乱の中国。山東省の貧しい村に生まれた主人公は、11歳のときバレエの英才教育に選抜される。不安と期待を胸に主人公はひとり北京へ上京し、舞踏学院で厳しい訓練の日々を過ごす。芸術に精進することは、毛主席の運動を推進することでもあったのだ。やがて中国は改革開放へと大きく舵をとり、1979年、彼はバレエの研修でアメリカへ渡る。だが、「堕落している」と教えられて来た「西側」との衝撃的な出会いに、毛沢東を敬愛する主人公の心は激しく揺れる…。

前にも書いたのですが、ワタクシ移民の歴史にとても興味が有りまして。何故自分の国を捨てなければならなかったのか、などなど。で、この本を選んでみました。

私の近くにも似たような家族がおります

ムスメが幼稚園の時に、ムスメと同じ年の中国人の子、一つ上にお母さんが台湾人、お父さんがフランス人カップルの子が居ました。私はその頃フランス語はダメダメ(今もですが)、中国人のお母さんは仏語と中国語しか話せません。台湾人のお母さんは英語、仏語、中国語が話せますので、彼女が間に入ってくれて話をしました。

で、聞いた所
中国人の子のお父さんは、幼稚園の近くの市民病院で働いています
国費でフランスに一人で留学に来て、そのまま亡命しました

共産主義、社会主義の国は、家族が留学や芸術家(バレエダンサーやオーケストラ)が海外に遠征する時は家族を連れて行く事は許されません。何故なら一家で亡命されてしまうおそれがあるからです。

で、その亡命した後どうなったかと言いますと
10年間中国とフランスとで離ればなれだったそうなのです

10年後やっと再会出来て、そして生まれたのがムスメの同級生なのだそうです

去年偶然子ども達の卓球教室に、ムスメの同級生の中国人の子も来ていました

お母さんは「夏に中国に帰るのよー」と話してくれたので
きっと今はフランスと中国を自由に行き来出来るようになったのでしょうね

この本がこの後どういう風になって行くのか楽しみであります


で、アルマーニ
ブログ2
春になったので、ブチが黒くなって来ましたー!

カメラの方を向いてくれないので、お菓子でつってみましたよ

ゆっふぉままさんのやり方を真似してみました。
ママさん、如何でしょう???

2010年03月05日 (金) | Edit |
これまたちょっと前の事です

冬休み中のある日、ムスメは朝からお友達の所へ行きました。
その日の午後、下の子の一番仲の良い子のおじいちゃんの家が偶然今の家から歩いてける所にあり、とっても広く、雪も積もっていたのでおじいちゃんの所に遊びにおいで、と誘われました。

で、アルマーニ

アルの耳にご注目

ブログ8

ブログ9
ただ玄関に向かって伏せをしているのではありませんよ

私と下の子が
「もうそろそろ行く?」
「未だ早いんじゃない」
と言う会話を耳をレーダーのようにピクピクしながら聞いているのです

「アル、行くよ」という言葉待ち状態です。

下の子が持って行くリュックの側で伏せをしている所がミソ

時間が来てアルも一緒に張り切って出かけました

で、てっきり自分も一緒に遊べるのだ、と大喜びしていたら下の子だけお友達のおじいちゃんの家に入っていってしまったので

ブログ10
帰り道は、何度も立ち止まってお友達のおじいちゃんの家の方を寂しげに見ていました。
いと哀れなり
2010年03月04日 (木) | Edit |
冬至を過ぎてから、すごい勢いで日が延びています。

もう18時近くまで明るい。

うれしぃ??????

こんなこと、日本じゃ全く気にしなかったけど。


水菜は、実は全滅してしまいました

芽が出て5センチくらい伸びるのですが、その後横に倒れてしおれていく。

ナゼだ、ナゼだ

水も毎日あげて、週に一日は肥料も与えていたのにぃ???

多分天気が悪い日がずっと続いて光不足だったからか

それとも水菜の芽が私の悪い「気」を吸い取ってくれていたのか

で、数日前から気温も上がり太陽が顔を出すようになったので外に出してみた

ら、外に出した後に発芽したと思われる芽は、室内で育てていた時より太めのしっかりした芽だったので大感激

諦めていたけどもう一度育ててみるかい

シナシナの芽を取り除いて、また種を蒔いてみた

調子の乗って、土も買ってみた。それもBio

Bioの土なんてあったのね????

で、調子に乗ってニラの種を蒔いてみた。ちょっと早めだけど

そしたら昨日からぐ?んと気温が下がって週末は雪だって

折角発芽した水菜、今度は寒さに負けてシナシナ気味

ここでの野菜の栽培は難しい



この前アルを連れて、喫茶店兼ケーキ屋にケーキを買いに行った。

ら、お茶が終わって喫茶店から出て来たマダムが、アルを見て

「これなに?」と聞いて来たので、犬種を答えたら

「あ?、犬?」…どうも犬種以前の質問だったらしい

良いケド、良いケド。今まで、「ブタ?」「ネズミ?」色んな動物に間違われたからさ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。