--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月30日 (土) | Edit |
ムスメのStageが無事に終わりました。ふ?

ムスメの感想は「獣医さんの仕事は大変だ!」でした。

今週は予防接種やちょっとした怪我などの他に、犬と猫の手術が1件ずつ、近所の馬への注射、犬の歯石取りがあったそうです。
そういう「獣医さんの仕事」以外に、薬の補充、手術の後の掃除(器具などの消毒)などがあり、診察よりこれらの雑事の方が大変、とのこと。獣医さんの所は最近まで助手さんがいたのですが、病気で辞めていしまい、今は一人で全てをこなさなければならないのだそうです。
手術中に電話がかかって来たりすると困るー、と言っていたらしい。そりゃそうだ。

ムスメから見て「こりゃ大変そう」と思ったのは、飼い主の相手をする事だったらしいです。
おしゃべりなフランス人なので、診察が終わりお金を払う段になってからしゃべるしゃべる。それも犬や猫とは全く関係ない話。30分くらい話していた人もいたそう。あとはちょっと変わった人も来たらしい。そう言う人達をイヤな顔もせず相手にする獣医さん。
そうか、獣医さんもサービス業なんだなぁ。

それで思い出しました。
実はこの獣医さんにかかる前に別の所に1度だけ行ったことがあります。
アルがフランスに来て直ぐに狂犬病の注射を打ってもらうために、家から一番近くの獣医さんに行ったのでした。

予約の時間より1時間くらい待たされて、一緒に行った下の子が待てずにちょっとうるさくしてしまったのです。
そしたら「犬に打つ前にお前に打ってやろうか」と不気味な微笑みで下の子に言ってさ…
気持ち悪くなって、こちらの獣医さんに変えたんだった。
たとえ腕が良かったとしても感じの悪い人の所には行きたくないですものね。

ムスメは獣医さんがStage先で良かった、と言っていましたけど、私は大変でしたの。
というのは、何時から何時までと決まっておらず、当日にならないとその日のスケジュールが分からないのです。
前日の帰る時に明日は何時に来て、くらいは言ってもらえましたけど。
1週間はこんな感じでした。
月曜は9?12時、15?19時/火曜は8時?10時/水曜9時?12時/木曜8時?12時/金曜11時?12時,
16時半?18時
と日によって時間が違うので、私は何も出来ず。そして毎日お昼に居る=昼ご飯を用意しなければならない。
何より送り迎えをしなければならない!

下の子も学校に行くし、月曜なぞ下の子の学校+獣医さんの所へ計6往復もしてしまいました。
さすがに大変で火曜日からお昼はバスで帰って来てもらいましたけど。
これで子どもの習い事が夕方有った日には…終わって良かった?。もうイヤ?!

このStageという制度、社会に出る前に「働くとは」と言う事が知る事が出来、現場を見る事が出来て制度自体はとても良いと思うのですが端から見ていると残念、と思ってしまいました。

どうせStageを受けるなら、子どもが興味を持っている職種に行けるように中学側が協力してくれたら良いのに、学校はStage先を見つけてくれません。結局親の職場に行く子が多いのです。また、折角行ってもStageの事でレポートを書く、とかもしないそう。「国が決めた事だから取り敢えず生徒達をStageに行かせておけば良いか」というのがありありと感じます。また、何も出来ない子ども達が行くのでStage先ではボケ?っと突っ立って見てるだけ。ムスメもそうだったらしいです。お父さんの職場に行く事にしたムスメのお友達も一日中携帯をいじって時間を潰したそう。なんてもったいない!

やっと来週は普通に戻る、と思ったら再来週から2週間の「スキー休み」が始まりますの。
も?、フランスは休み多過ぎだよ!この前クリスマス休みが終わったばかりですけど!だから大人になっても「休みを沢山くれ!」とか言い出すんだよ。


スポンサーサイト
2010年01月25日 (月) | Edit |
ムスメは今日から獣医さんでStage(職業訓練?)が始まりました。

丁度アルの狂犬病の注射がもうすぐなので予約を入れてみた。

どんな様子か覗いて来よー(ムスメには良い迷惑か)

昨晩と今朝はエラソーに「仕事の心得」なんぞを言ってみた。

けどね、ワタクシ、エラソーに言える立場じゃございませんの。

だって、結婚して半年してフランスに来ちゃったし

2年半日本に居た時は、子ども達が未だ小さくて、週に数回数時間アルバイトしてただけだし

若かりし頃は、仕事なんてキライだ、早く辞めたい、と思っていたけどー

久しぶりに働いたときは楽しかったなー

貰っていたお給料は本当にちょっぽりだったけどさー

辞めたくなかったわぁ…

なので、なのでムスメが「学校メンドー。行きたくないー」なんて言った日には

「あーた、毎日行く所あって良いじゃないのさ。あたしゃ行く所ないんだから」と言ってやるワケさ

どうも分かってない様子だけど

健康な人間が家にずっと居るってどうなんだろうねぇ、とずっと思っている

でも帰国した頃には、今度は年齢制限で見つからないんだろうなー、と不安になったりして

どうして日本て「35歳まで」とかいうへんな条件が多いんだろうねぇ???



2009年10月05日 (月) | Edit |
明日からインターネットで受講している大学の授業が始まります。

学生支援センターから来た、あとこれだけ履修しなければいけません、というお知らせを読んだら… 

毎学期結構授業を取っているわ、と思っていたけど自己満足だったみたい。�������

もっともっと履修しなければいけなかったのね。

この学校を卒業したからといって、何か大きな資格が取れる訳でもなく、就職先がすっごくある、と言う訳でもないし。

もう辞めちゃうかしら、とチラっと(いやかなり本気で)思いましたが、

子ども達が「勉強はキライだ」と言っている時に

「ア?タ達から今勉強を取ったらナニになるのだっ、何もないじゃろ!」

と喝を入れて来ましたが、私にも言える事だわ。

フランスでの生活は長いけど、長いだけで言葉が上手くなった訳でもなく、

今の私には何もないのです。

子ども達もそうだけど、今の私には自分に「何か」を身につける?見つける??時か???
いい年して、ですけど?

長い間勉強したいと思っていた事が実現した喜び、

授業を初めて受けた時
「自分から望んで始めた勉強は面白いなぁ」という感動を忘れず

また、

授業が始まれば「やっぱり楽しいではないか」と思うと思うので

明日からの授業を楽しみに頑張りたいと思いまふ。
2009年09月29日 (火) | Edit |
新学期が始まり、ムスメは5時に学校が終わり、下の子は4時に終わるので、下の子を先ず迎えに行って、時間を潰してムスメを迎えに行く、という生活をちょっとしていましたが、やはりとても大変なので、下の子には etude(エトゥード/女性名詞/学業、研究、調査 でも今回の場合は「学童保育」)をつけることにしました。

etudeは少し遊んだ後、宿題の面倒も見てくれるので、今まで家でダラダラして遅い時間からやっと宿題をし始めていたので、頼んでよかったかも知れません。

なのですが、給食もそうですが、もう市民ではないので市から補助が出ず、毎月結構な出費になってしまいました。

家賃は少し下がったけど、ガソリン代もかなりかかるようになったし、どちらがお得なのか・・・?

で、今まで5時過ぎに家に帰ってきて、それからアルの散歩に行っていたのですが、最近は早めにムスメの学校の近くに行き、学校の周りを散歩することにしています。

ムスメの学校は街の方なので、この方がアルも色んな犬や人に会えて楽しいようです。

ブログ3
「小さいベニス」と呼ばれている、petite Veniceを

ブログ4
アルマーニもじっと見ています。

????????????????????

話は変わり、それでも車の中で時間を潰すことが多いので、本を取り寄せました。

ブログ1
山崎豊子さんの「二つの祖国」です。

第二次世界大戦下の日系アメリカ移民のお話です。

ワタクシ、歴史には全く興味がありませんでして、パリに行って
「ここでマリー アントワネットがどうしたこうした」とか
「ナポレオンがかくかくしかじか」
とか言われても
「そんな昔のことはどうでも良いです」
と、つい思ってしまう薄っぺらな人間です。

が、移民の方の歴史や話はとても興味がありまして。
去年の冬に行った、サンフランシスコで一番心に残っているのは、ゴールデンゲートブリッジでも、ミュアウッズ国定公園で見た巨木でもなく、チャイナタウンで偶然見かけた中国系移民の方のお葬式でした。
ご遺影からして一世と思われるそのお方(もしかして二世?)。
今と違って、自分の国を捨てざるを得なかった、そして異国で死ぬ、というのはどんな気持ちなのだろう、とその方に思いを馳せました。

「ジョイラック クラブ」や「ワイルド スワン」など、中国移民の小説は読みました。

でも案外日系人の小説ってないのですよね。
それで、探し当てましたのがこの本であります。

人物設定がホリエモンも読んだ「沈まぬ太陽」とちょっと似ているかも。
ですが、非常に面白いです。

ブログ2
字が小さくて二段になっています。読みでがありそう。

車の中でちょっとずつ読もう、と思ったのに、週末頭が痛くなるまで読んでしまい、既に上巻は終わりに近づいています。

この本はかなり前に出された物のようで、古本屋さんから取り寄せました。
古本まで取り寄せられるなんて本当に便利な世の中になりました。

読み始めると止まらなくなるので、早く車に置こうと思います。

2009年09月24日 (木) | Edit |
昨日はアルマーニにはかわいそうなことをしてしまいました。

ブログ1
ショック状態+足が腫れてお腹を見せてぐったりするアルマーニ。
自分からお腹を見せたことがなかったので、相当具合が悪いのでは、と慌てました。


なのですが、獣医さんに行って収穫もありました。

ムスメは現地校で中学最終学年です。

フランスの中学では、最終学年になると、一週間の stage (職業実習)を受けなければなりません。

*Stage=男性名詞 (発音)スタージュ 研修、実習、見習い の意

ブログ2
獣医さんの待合室。診察室から超大型犬が出てきました。獣医さんに聞いたところ、ドイツの犬だそうで、体重55キロ!この犬の飼い主さんは、ドイツの動物保護施設からこの犬を引き取ったそうです。

ムスメの中学では来年一月の末に行なうそうで、受け入れ先をどうしたらいいものか、と悩んでいました。

私はフランスの学校のことはサッパリ分かりませんが、どうもフランスは小さい時に将来が決まってしまうようです。

この先、高校に行くことになりますが、成績が芳しくない生徒や今から美容師さんや看護師さんなどなりたい職業が決まっている生徒は、普通高校ではなく職業高校に進みます。
それで、最終学年になると「普通高校進学クラス」と「職業高校進学クラス」に振り分けられます。

ブログ3
血管注射をされてショボンとなる。

自分から職業高校進学クラスに進むならともかく、ムスメの学校では、学校の方で成績が伸びていない子を強制的に職業高校進学クラスに入れてしまいます。
もしもそのクラスに入ってしまった生徒が大学進学を希望し、普通高校進学クラスに行きたいのなら、一年留年して成績を上げるか、他の中学に転校するしかありません。

職業高校に行ってしまうと、気が変わって大学に行きたい、というのはかなり難しいらしいです。
逆に、大学に行ってから「やっぱり職人になりたい」と思っても、学歴がありすぎて受け入れてもらえない、なんてこともあるそうです。

この、「学校が強制的に進路を振り分けてしまう」というのを聞いてビックリしました。
だって、子どもはいつ伸びるかはその子によります。
というか、学校が子どもの将来を決めちゃうってどうなのさ…?

中学でパッとしなくても、高校で成績が伸びる子も沢山居るはず。もちろん逆もありますけど。
また、子どもが中学時代「弁護士になりたい」と思っても、年を取るうちに気が変わって美容師さんになりたい、なんてこともたくさんあるのでは?

ブログ4
頭に蕁麻疹が出来ているのがわかりますか?

そう思うと日本の学校は選択肢が多いし、やり直しもきいて良いなぁ、と感じます。
だって、商業高校や工業高校に行っても医学部に行くことだって出来るでしょう?

フランスの学校のことに戻りますが、フランスは若者の失業率が非常に高いので(経験重視)、たとえ大学を卒業しても(特に文系の学部を出たりしたら)なかなか仕事が見つからないそうなので、考えようによっては職業高校に進んで早くから「手に職」をつけるのも良いのかも知れません。

因みに理系の学部を出ていても余り良い就職先はないそうで、フランスはエンジニアにとってはあまり魅力的な国ではないそうです。

話がすっかりそれてしまいました。
で、stage ですが・・・
多分、実習を受けさせることで、将来自分は何をしたいのか、という事を見極めるためにさせるのでは、と勝手に思っています。
本来なら、自分が就きたい職業の会社などに行かせて貰うのが一番なのでしょうが、多くの生徒は親や親戚の職場に行く、という事が多いようです。

ブログ5
目の下にも

う?む、ウチは親戚もコネもないしねぇ・・・。

それで、オットに聞いてみたところ
「研修生はよく来るけど、中学生は見たことない」とのこと。

次は、今現在興味を持っていることと関係のある職場にダメもとでメールを送らせてみました。
が、一通も返事来ず。
あのねぇ、「研修生は受け入れてません」くらい返事してきても良いと思うよ。

ということで、以前お友達のお姉さんが獣医さんの所に研修に行った、と聞いていたので、今回アルマーニを診てもらったときに聞いて見ました。

すると「良いよ」というお返事。
獣医さんは人気の研修先、と聞いていたのでもう他の生徒の予約が入っているかな、と思っていましたが、良かった?。
どこもなかったらオットの会社に無理やり頼んでみるか、とか思ったけど所詮日系の会社だし、どうせならフランスの会社(獣医さんは会社じゃありませんが)に研修に行った方が良いような気がします。

今はマンガ道一筋ですが、ムスメは動物好きなので良い研修先が見つかりました。

この Stage 高校に入ってからは毎年あるそうです。
じゃぁここに居る間はずっと探さないといけない訳ね。
やれやれだな?。
今回は直ぐに見つかったので聞かなかったのですが、学校が紹介してくれないのかな?

ブログ6
右足の腫れは獣医さんのお陰ですぐにひきました。その後蕁麻疹が体中に出る。夜は喉の辺りが蕁麻疹による腫れでブヨブヨになり心配しましたが、一晩寝たらすっかり良くなりました。
私がなったショック状態と殆ど同じで、人間と犬って同じなのね?、とビックリでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。