--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月19日 (木) | Edit |
明日から日本に帰るというのに、気持ちばかりあせり何にも進んでいない感じです。

でも、日本だし、パンツ一枚持っていけば何とかなるか、と開き直ることにしました。

しか?し、家の中が恐ろしいことになっています。

ブログ1
やった?、骨だ?!

こんな状態のまま2週間も放置して良いものか・・・。
なんとしても元気に戻ってこなければ、と妙な決意をします。
引っ越すことになって良かったかも知れません。この機会に家中のゴミを処分することにしましょう。

そのうえ、明日は朝一で空港に行く前に一軒家を見に行く事にしました。

ブログ2
そおいえばお母さんこの頃意味も無く家の中を右往左往しています。落ち着きなさいよ、ちょっと。

まだ時間はあるので、焦る必要は無い、とは思うのですが、ここにいない2週間のあいだに
目をつけていた家が決められてしまったら・・・と考え、ちょこっと行くことにしました。
本当に大丈夫なのか???

上の子は随分良くなったとはいえ未だ微熱があるし・・・。

ブログ3
あぁ、みんな日本に帰るんだって?。ボクはとっても優しいお宅にその間お世話になるんだ。もしかしたら、新しい家族の方が良いかも。

そうそう、アルマーニは最近こちらに日本からいらして、日本で犬を飼っていらっしゃった方(老犬のためご実家にお世話をお願いしているそうです)にお願いすることにしました。

また、昨日から部屋のゴミ箱にマーキングをし始めたアルマーニ。良い子にしていておくれよ?。

ということで無事に戻ってきたらまたこのブログを復活させます?

ブログ4
みんな、気をつけて行って来てね。ボクへのお土産忘れないでね!
スポンサーサイト
2009年02月17日 (火) | Edit |
今日はたくさんのことがありました。

実は、日曜日に映画を観にいったことが原因で日曜の夜から激しい偏頭痛になってしまいました。
元から首の凝りから来る偏頭痛持ちでした。どうも、3D映画で目が疲れた上に終わった時間がお昼過ぎだったので、映画館の横のレストランに入ったら、混んでいて昼食を摂るだけで2時間もかかってしまい、じっと座っていたのがいけなかったようです。

目の奥の鈍痛からだんだん、光や音が気になり、最後には吐き気が・・・。
上の子が小さいとき、ひどい頭痛から、寒気、吐き気がし、布団にもぐり震えていました。丁度小渕さんが脳溢血(でしたっけ?)で亡くなられた直後だったので、自分も絶対にそうだ、「○×(上の子の名前)を頼む」と言い残し、慌てて救急病院に行ったら、お医者さんに首をつかまれ「ここが非常に凝っているだけです」と言われた事があります。でも、本当に血管が切れたのだと思ったんです。

ちょうど今日の朝指圧の予約を入れていたので、生き返りました。
「すっごく凝っていましたよ」といわれました。そうでしょう、そうでしょう。

ブログ1
あ?、何だか気持ち良くなって来たな?。

帰宅後、家探しの続きを。2週間前から家探しをはじめ、なんとなく良さそうな家を見つけました。
コルマールから10キロ近く離れていてそこが難点ですが、上の子が通っている中学の近くのバス停から乗れるバスで乗りかえせず行き来が出来ます。
その上、建設中というのもいいなぁ、と思いました。というのは、今の家はとっても古い家で冬寒くて、光熱費もかかるし、クモが沢山でるんです。

ブログ3
もっと光を!


不動産屋さんが言うには、最近家を建てるには、エコな家にしなければならないそうで、断熱もしっかりするので光熱費もかからないそうです。その上、コルマールからちょっと離れているのでお家賃も今の家よりお安いです。何だか家計もエコな生活が送れそうです。

ということで、まぁ遠いけど、そこにしましょう、と不動産屋さんに行くと、契約のことで難問が起こりました。その不動産は「契約が11月30日までだからそれまで引っ越せない」と言うのです。「大家さんに相談してみれば」って何で?大家さんの都合で引っ越さなければならないのに!でも、別の不動産屋さんから「家賃を払わなくても良い」というようなことを聞いていたので、すぐに家に戻りそのことを教えてくれた不動産屋さんに電話をすると、「大家さんから"出て行って"という手紙がきた時点で、契約は終わるので、出て行くまで家賃を払わなくても良いし、好きなときに出て行ける"という法律がある」と教えてもらいました。当たり前じゃん!

ということで、再び借りたい家を紹介してくれた不動産屋さんに電話をしたところ「実は、昨日借りられちゃったらしい」というお返事・・・。あ?、なんてことでしょう。せっかく引っ越す気持ちで一杯になったのに。またゼロから始めないと。

でも、好きなときに引っ越せる、ということが分かり気が楽になりました。フランスは転勤などよほどの理由がない限り引っ越す旨を大家さんに3ヶ月前に言わないといけないのです。でも借りたい物件があって、直ぐに入居できる場合、新しい物件を押さえておくために、家賃の二重払いをしなければならなくなります。それをしなくても良いだけ負担は随分違います。

ブログ4
ふ?ん、アニメって面白いね。でも見すぎはダメですよ。

そして・・・。家探し、その他色々が重なりすっかり忘れていましたが、今週末から日本に2週間一時帰国するのでした!フランスの学校は休みがとっても多く(それはまた別の機会に)今週末から「冬休み(別名 スキー休み)」が2週間始まるのです。

2年3ヶ月ぶりの久し振りの一時帰国なのに、お土産も殆ど買っていないし、荷物も出来ていません。その上、上の子は今日から熱出して寝込んでるし。←上の子、こういう時いつも熱を出します。
本当に無事に一時帰国できるのか!?パニックです。
2009年02月15日 (日) | Edit |
この前の記事はすっかり暗いものになってしまい・・・。
「底」の時には、「自分はとてつもなく桁外れな非常識人間なのではないか」
とまで思いつめてしまいました。

ブログ
お母さんは気が強いクセに打たれ弱いので困ります。

でも、「どうも間違ってないかもよ」ということが分かり始め、結構持ち直してきました。
何だかよく分からないことを書いてすみません。
でも、あんなに暗い私にお付き合いくださり、本当に、本当に
ありがとうございました。

ブログ3
もっとボクみたいにのんびり、ゆったり構えないと。短気は損気って言うでしょう。

さて、上の子は最近映画好きのお友達に誘われて映画を観にいきます。
下の子も学校で時々映画を観に行きます。二人とも映画が好きです。

私は苦手です。ずっと座っていなければいけないし、「?しながら」が出来ないからです。

でもお友達に子供向けの面白い映画がやっている、と聞き、家族で出かけてきました。

ブログ2
最近(といっても数年前)出来た新しい映画館

お友達に「フランス人は夜映画を観る」と聞きました。実際、上の子はいつも金曜日の夜8時からの回を観るので、送っていくと映画館の前は沢山の人でにぎわっています。

そして「毎日朝11時からの回は一人5ユーロ」と聞いたので、それを目指して映画館に向かいました。

今回観たのは「Volt, star malgre lui」というピクサーと合併した新生ディズニー・アニメ第一弾です。3D映画なのでメガネを借りなければならず、追加で一人2ユーロ払いました。

映画といったら、ポップコーンです。もちろん買いました。でも甘かった・・・。おいしかったけど。
館内は本当に空いてました。

ブログ1
主人公はフランス語では、「Volt」ですが、英語だと「Bolt」のようです。何でだろう?
日本では、8月公開みたいです。

主人公は犬です。フランスは外国の映画が吹き替えなので、細かい会話は分かりませんでしたが、子供向けなので理解できなくても話の内容は分かりました。そして・・・アルマーニを飼い始めてから動物愛護の気持ちが強くなったからか、思わず最後は涙が・・・。さすが、ディズニー映画。笑いあり、涙ありです。

そおいえばディズニー映画って突然歌いだして、「なんで急に歌っちゃうの?」と思うときがありますが、この映画はなかったかなぁ。1回歌いだしてたかも。でも、気になりませんでした。

いつもの生活から1時間半ですが離れ、とってもいい気分転換になりました。
さぁ、気持ちも新たに明日から頑張るぞ?!

と、終わりにしようとしたら一つ思い出しました。
土曜日はバレンタインデーでしたね。

フランス(ここだけかも)はあまり「チョコを贈ろう」とかないので、すっかり忘れていました。
そして、何も考えずに「夕飯は外で食べるか?」と出かけたら、
バレンタイン、ということで2軒行って、2軒とも予約で一杯と言われ断られました。
そうか?、フランスではチョコは贈らないけど外食するのね、と知りました。
日本はチョコ+外食、って感じかなぁ。
ということで家でお茶漬けを食べました。何だかねぇ・・・。
2009年02月13日 (金) | Edit |
何だか先週、今週は色々なことがありました・・・。

皆さんから頂いたコメント、本当に嬉しくて嬉しくて何度も読み返しました。
また、お知り合いになった方々のブログにお邪魔して元気を頂きました。
本当に、本当にありがとうございます。
ブログを始めたきっかけは、娘がアルマーニのブログを始めたい、と言出だし、私は「続かないからやめとけば?」と否定的だったのに、今は本当にブログを始めて良かった、と思っています。
想像したとおり、娘のyahooブログは「書くこと」がないそうで、お休み状態です・・・。

私が住んでいるところはとっても田舎で、人間関係もすごく狭いものでしたが、
ブログのお陰で世界がどど?んと広がり、毎日が楽しくなりました。これには嬉しいビックリです。

色々あった一つは「引越しをしなければいけなくなった」事です。
今は借家に住んでいます。
大家さんの娘さんがここに住むことになったそうです・・・。

既に2年以上住んでいるので、ここでの生活の基盤が出来てしまいました。だから、今更引っ越せ、と言われてもなぁ。

契約が切れるのが11月なので、あせらず探すとします。

ということで、今日はアルの写真を載せる気力がありません。また時間が出来たら載せようと思います。
何だか今回は"どよ?ん"としていて訳の分からない事書いてすみませんでした。

いっちょ、この"どよ?ん"を断ち切るためにもブログの名前を変えてみるかな!?

2009年02月10日 (火) | Edit |
この前はボクの自画自賛の記事にたくさんのお褒めのコメントありがとうございます?。ボクのモデルはまぁ置いといて、スノースーツは優れものなんだよ。

さて、ボクの嫌いなものの話です。

家族のみんなはボクのことを「ビビリ犬」と言って笑います。ひ、ひどい。ボクは7人兄弟の末っ子なんだ。だから、繊細で慎重な性格と言って欲しいな。

そして、ボクの嫌いなものは・・・

ブログ1
これさ。

普段ヤツは部屋の隅っこでおとなし?くしているのに、ひとたびお母さんやお父さんと一緒になると、すごいうなり声をあげて、一緒に家中を練り歩くんだ。一体この変わりような何なんだ!?お母さん、お父さん、こんな奇妙なものと一緒に散歩するなら、もっとボクに構って下さい。

この前は大失敗。リビングからお姉ちゃんの部屋に遊びに行って、お姉ちゃんのリュックの臭いをかいで、お姉ちゃんは今日は何をしてきたのかを探ったり、ベッドでくつろいだりして、さぁまたリビングに戻りましょうかと歩いていたら、その時・・・!

ブログ5
ボクが居ない間にお母さんがまたヤツとリビングを散歩したみたいで、リビングの入り口にヤツが居るじゃないか!いつうなりだすか分からないし、こわくて横切れないよ。お母さ?ん、ちょっとお迎えに来て?!!!とクンクン鳴いちゃったよ。

その様子を見たお母さん、ゲラゲラ笑いながらヤツを別のところに移動させてくれました。

ブログ3
ある時は、こんなところに!

ブログ2
横を通るからおとなしくしていてくれよ

ねっ、ボクの気持ち分かってくれるよね。それともみんなもボクのこと「ビビリ犬」だと思う???
2009年02月08日 (日) | Edit |
やぁみなさん、久しぶりのボク、アルマーニの登場です。
去勢の記事では、たくさんの方から為になるアドバイスや暖かいコメントを頂いて、お母さん大感激でした。「ブログをはじめて本当に良かった」とウルウルしていました。お母さんに代わってお礼を言います。
皆さんありがとう?

そして、ちょっとジマンさせてください。な、な、ナント、ボク、モデルデビューしたんだよ。

おととし、寒くなり始めた頃、お母さんは冬を越すためにボクのスノースーツを探していたんだ。でもフランスでは良い物が見つからず、アメリカやカナダのサイトで探していました。でも、スノースーツってなかなか結構なお値段をして、お母さんはどうしましょう、と困っていたところあるサイトに出会ったんだ。

とっても品質がよさそうなのに、お値段も納得価格。でもフランスまで送ってくれるかしら・・・。お母さん、さっそくお店の人にメールを送りました。
お店のお姉さんは直ぐに「喜んで送りますよ。あなたがアメリカ国外から注文してくれた初めてのお客さんです」と親切なメールを送ってくれました。
そこからお姉さんとお母さんのメールのやり取りが始まりました。
お母さんは「毛のない犬を飼っていて、スノースーツを探しているの。私は自分の飼い犬が大好きだけれど、犬の服一着に80ドルも100ドルも出せないの」と正直な気持ちをメールしたところ、「私もあなたと同感です。それでこのお店を作ったのよ」とのことでした。

ブログ10
どうだい?横顔、決まってる?

親切なのはメールだけでなく、対応もでした。何日も前に注文した服がアメリカを出たはずなのに、なかなか届かず、お母さんは「フランスはとっても寒いのでこれ以上待てません。とりあえずもう一度送ってくれますか?既に送った服が届いたら、必ず送り返します」とメールしたところ、翌日、UPSで送ってくれたんだって。これにはお母さん大感激!UPSでの荷物が届いた数日後、郵便で送ってくれた最初の服が届いたので、本当は食べ物をアメリカに送るのはダメだけど、どうしてもお礼をしたくてチョコを同封して送り返したんだって(フランスの郵便局の人、知っていて見逃してくれました。ありがとう?)。

「服が届いたら着ているところの写真を送ってね」と言われていたので、早速ボクに服を着せて写真を送ったんだ。お店のお姉さん、ジャックラッセルテリアを飼っているのでお母さんが「ウチの犬はジャックラッセルが毛がなくなった感じ」とメールしていたので、とっても興味があったみたい。

ブログ11
昼寝も気取って

そして、久しぶりにお姉さんのサイトを覗いてみたら・・・。なんとボクが商品のモデルとして載っていた、と言うワケです。お母さん、思わず「ちょっと?!アルがモデルになってるよ?!」と叫んでしまったそうです。あ?、こんな風に載るならもうちょっと部屋をきれいにして、服の埃もちゃんととって写真を撮れば良かった?、とお母さん後悔してました。大した変わりはないって。

ワンの服をお探しの方、ボクのモデルデビューぶりを見たい方、是非 Bark and Stuff を覗いてみてください。ボクは「Snowsuit」のところに載っているよ。きっと毛があるワンを飼っていても、暖かいところに住んでいても、買ってあげたくなるかもよ?。

ブログ13
去年の冬のクリスマス市には緑の服で。でもちょっとこれは大きかったんだな。重ね着用です。

あれ、今日はちょっとどころかず?っとジマンになってしまいました。
本当はボクの嫌いなものを紹介するつもりだったのになぁ。じゃぁそれは次ってことで!

2009年02月05日 (木) | Edit |
今日は、狂犬病のワクチンを打ちに行ってきました。

アルマーニは学習能力がないのか、獣医さんのところで毎回痛い目(注射など)に遭うと分かっているのに、毎回大興奮で獣医さんのキャビネに入っていきます。

ブログ1
待合室

そして、獣医さんに会うと興奮は最高潮に達します。しっぽを千切れんばかりに振り、今日はオシッコをちょこっとしてしまいました。獣医さん、掃除させて申し訳ない。

そして、診察台の上へ。嬉しさを抑えきれなかったようで、ここでもほんの少し・・・。獣医さんは「今日はここに来てとっても嬉しいんだね」とまたまたお掃除。すみませんねぇ。

ブログ2
garette des Roisは今日食べました。中身に、陶器が入った一切れを当てた人が被る王冠(もちろん紙製)が入っていました。

しかし、やっと我に返りいつもの通り「なんてこった、早く帰ろう」としがみついてきました。気づくのが遅いんだよ?。

狂犬病のワクチンも無事に終わり、体の調子も見てもらい、昨日から聞こうと思っていた去勢手術のことを聞きました。私のフランス語力はかなりアヤシイので間違っているところや足りないところもあると思います。ごめんなさい。

ブログ3
焼いたらこんなに膨らみました。部屋中バターの良い臭いで包まれましたよ。

獣医さんの考えは「もうアルマーニは手術を受けさせても大丈夫な歳だけど、急いでする必要はないと思います」というものでした。

オスの場合、睾丸の位置が悪いと早めに去勢をしてしまった方が良いそうです。そして、去勢をすることによって、躾の本に書いてあったように、年を取ってからの生殖器系の病気を防ぐことが出来るそうです。

また、とても大きな犬種(アメリカン何とかと言ってました。聞いたことがない犬種で忘れました)も特有の病気を起こしやすいので早めに去勢をした方が良いそうです(と言っていたと思う)。

アメリカではフランスより去勢手術を受けている犬は多いけど、フランスでは理由がない限りそんなに大慌てでしないんですよ、とも。

ちなみに獣医さんは来週月曜日に12歳のオスワンの去勢手術をするそうです。
このご高齢ワンは年を取ってから睾丸に問題が出てきたそうで、今回手術することになったそうです。
「そんな高齢で大丈夫?」と聞いたら、
「麻酔をするので高齢になると心臓に負担が大きいのでその点は心配です。だから若いうちに手術をさせた方が良い、という考えもあるけど、健康なら高齢でもまず問題はありませんよ」とのことです。

獣医さんも2匹犬を飼っていますが、一匹は問題があったのでしたけれど、もう一匹は問題がないのでさせていないそうです。

ということで、「アルマーニは問題がないので急いで受ける必要はありません」というお返事でした。

私の勝手な思い込みかもしれませんが、フランスは犬同士交流させません。
ドッグランもないし、散歩などで遭遇しても片方が反対の歩道に移動したりして犬同士会わせないようにします。
私は犬でもお友達は欲しいし、犬同士交流したいでしょう、と考えるのですが、フランスではどうも違うようです。

ペットホテルもあり、一度アルマーニを預けたことがありますが、「毎日散歩させてくれますか?」と聞いたところ「ホテル内にある、広場に毎日放し走らせます。でも一匹一匹放すので、他の犬と一緒にはなりません」と教えてくれました。

こんな感じなので、望まない妊娠というアクシデントが起きにくいのかも知れません。

「急ぐ必要はありません」と聞いて安心したような、ただ、答えを出すことを先延ばししただけのような。

でもしっかりお値段は聞いてきました。
155ユーロ(約17,800円)と言った様な。とってもお安いように感じるのですが、これってどうなんでしょうか?聞き間違えたかなぁ。

急ぐ必要はないみたいだけど、受けなければいけないならフランスにいる間に受けさせよう、と現実的なことを考えた今日でありました。

ブログ4
パイの中に入っている陶器。「レゴだ!」でも何故レゴが?と思ったら「卵のパックじゃない?」と指摘を受けました。本当にそうだ。いくら冷凍でももうちょっと可愛いものを入れて欲しい物です。
今回はナイフに陶器がカチっと当ってしまい。どこに陶器があるのか直ぐに分かり全然ドキドキしませんでした。来年は上手く切らなければ!?
2009年02月04日 (水) | Edit |
遅ればせながら、galette des Rois(王様のパイ)を買ってきました。
本当は年始めに食べるケーキだと思います。
中に小さい陶器が入っていて、切り分けた中にその陶器が入っていたら、その人の今年一年は良い年でしょう、と言うものだと思います(多分。間違っていたらすみません)。

でも既に2月に入っていたので、お店にはもう売っていなくて、冷凍食品のお店で見つけました。

写真を撮ろうとしたらアヤシイ影が

ブログ1
「わ?、これはアルの物じゃないのよ?」

ブログ2
「食べちゃダメよ?」

冷凍なので冷凍庫に入れたらすっかり存在を忘れてしまいました。近々食べようと思います。

さて・・・
ウチにとってアルマーニは初めてのワンです。
そこでアルマーニを飼う前にしつけの本を何冊か買い込みました。

どの本も、生まれて半年から1年の間に去勢手術を受けさせた方が良い、と書いてありました。
望まない妊娠や年を取ってから生殖器系の病気を防ぐことが出来る、などが理由だったと思います(ちょっと忘れてしまいましたが)。

ですが、アルマーニは2歳になりますが、未だ去勢手術を受けていません。
本当はもっと早くに受けさせるつもりでいました。
今はなくなりましたが、小さい頃アルマーニは子ども達の部屋に行って、よくマーキングをする癖があったので、去勢手術をすることによってその癖も直るのでは、と思ったのです。

かかりつけの獣医さんに相談したところ、エッと驚いた顔をして
「しても良いけど・・・。でもしたからといってマーキングが直るとは限らないし、性格がかえって凶暴になったりするんだよ」
と否定的なご意見でした。

この獣医さん、とっても優しくて良い方です。でも、犬関係のものをさりげな?く売ろうとする商売上手(?)なところもあります。その先生がこんな風に言うなんて、ちょっとビックリしました。

実は、去勢手術に否定的なのは、獣医さんだけでなく、ペットショップにいた犬の訓練士さん、いつもどこか行くときに預かってくれる、獣医さんの元助手さん(この方も犬の訓練士さんです)も同じ意見だったのです。実際、知り合いのワンも去勢手術を受けさせた後、性格がすっかり変わってしまい、きつ?い犬になってしまったそうです。

去勢手術をうけさせるものだ、と思っていた私はすっかり悩んでしまいました。

実はその悩みは自分の中では解決していません。
明日狂犬病のワクチンを打ちに行くのでもう一度獣医さんに聞いてみようと思います。

皆さんのワンは去勢手術をしましたか?

ブログ3
お母さんいつもボクのことを考えてくれてありがとさんです。お陰で毎日安心して昼寝できますわ。
2009年02月02日 (月) | Edit |
朝起きたら・・・

ブログ
真っ白でした。昨日寝るときは降っていなかったので夜中に降って積もったようです。
あ?、昨日久しぶりに車を洗ったのになぁ?。ちぇっ、ちぇっ

でも、せっかくなので、買い物に行くついでにぐるぐる回って写真を撮ってきました。

ブログ3
車で10分走ると、ブドウ畑が広がります。アルザス地方は日本では余り知られていませんが、ワインの産地です。

ブログ4
ちょっと見えにくいですが、酒蔵。ここのように大きい酒蔵もあれば、家族経営の酒蔵までアルザス地方にはたくさんの酒蔵があります。

ブログ5
街中も・・・

ブログ6
街の中心にある、カテドラルも今日は雪が積もっています。

ブログ2
朝早くから市の職員の人が雪かきをして、凍結防止剤を撒いてくれていました。ご苦労様です。

ブログ8
小さいベニスとたとえられている、petite Veniceもいつもと違い風情があります。

そして、アルマーニはというと・・・ブログ2
ハウスで毛布に包まっています。しばらくすると、ハウスから出てきて今度はソファーの上で昼寝(朝寝)しようとしていたので、
「お散歩行く?」
と聞いてみたら

ブログ10
耳を後ろに倒して、拒否の意思を示していました。
お風呂、とか嫌いな言葉を聞くといつもこうなります。

ブログ1
全然関係ありませんが、家の近くのお菓子屋さんの今だけのお菓子。
揚げたドーナツにカスタードクリームが入っていて、とっても美味しい?。
100グラム3ユーロもしてちょっとお高いですが、つい買ってしまいます。

余りに美味しいのでお店の人に「何故年中買えないのだ」と聞いたところ
「とてもデリケートなクリームを使っているので寒い時期しか作れません」というお答えでした。
お店の人の言うとおり、ケチケチ食べていると直ぐにすっぱくなってしまいます。
これを食べると、"もうすぐ花粉症の季節 春がやってくる"と思うのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。