--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月30日 (火) | Edit |
一週間も前の事ですが、夏のSoldesが始まりました。

何故か子どもが学校がない水曜日にいつも始まります。

いつもはお友達と街に行くムスメと一緒に出かけます。何でだ?と思ったら、みんな友達同士で出かけても何も買えないから、お母さんと出かけるそうで街に行く約束をしなかったそうです。
よく考えてるね?、っていうかちゃっかりしてるね?

散歩も兼ねてアルマーニも連れて行きます。

平日の午後だというのに沢山の人&わんこが居ました

ブログ1
お店でブル君とご挨拶

ブログ2
アルマーニ、小さい時はこの狛犬(?)を本物の犬だと思って吠えてました。
今はオシッコをかけてしまうのよね・・・

ブログ3
自分より大きい犬でも平気で近寄って行きます。落ち着いて、落ち着いて

ブログ4
たくさんのわんこに会って、誰から最初に挨拶したら良いか迷ってます。良かったね?

ブログ5
パン屋さんの看板。可愛い

初日はムスメが服とアクセサリーを。私は買いませんでした。こっちの服はやたら胸元が開いていたり、生地や作りが安っぽくて、その割にはお値段高めであまり買う気が起きませぬ。
セーターなんか一度着ると毛玉が出来てしまうのです。イマドキ毛玉が出来るセーターってどうなの?

1週間経って買ったものは、半額になってた足拭きマット。丁度買い換えたいと思っていたので。安上がりだな?。
服はインターネットを使って日本の物を買う事が多くなりました。インターネット、本当に便利です。
発明者にノーベル賞をあげたほうが良いよ。
スポンサーサイト
2009年06月29日 (月) | Edit |
ブログ
今シーズン最後のホワイトアスパラ

自慢にも全くなりませんが、私はぐーたらです。
例えば、ソファーでぐてーっとしている。鼻チンをしたくなったけど、ティッシュがない!トイレにも行きたくなったし、寝室から雑誌を取って来たい。と用事が3つくらいある時には、大して広くない家なのに、どうやったら一番歩数を少なくして用事を済ませ、ソファーに戻ってこれるか、と考えたりした時もありました。多分妊婦だった時?今はさすがにそんなこと考える前に行動しますが・・・

ですが、食べ物が絡んでくると俄然フットワークが軽くなります。

この前の土曜日の朝もいつもの通り、パジャマ兼部屋着でいつもお邪魔するブログを読んでいたら・・・ ボストン甘い生活のRioさんが、とっても美味しそうなアスパラのオーブン焼きを紹介されていました。

美味しそう、食べたい・・・
いきなり立ち上がり、横に居たムスメに「ちょっとマルシェに買い物に行ってくる」と宣言しました。
今までボケーっとしていたのに、突然の変わりようにムスメは「どうしたの???」と驚いています。
「これだよ。美味しそうじゃない?今から買って来る」とムスメにもRioさんのブログを見せ、5分後には車を発進させていました。

でも、車を運転しながら「もうアスパラは売ってないかも」と心配になります。

心配していた通り、アスパラは終わってしまったようでどこにも売っていません。
あ?、ガッカリ。来年までお預けか?、と虚ろな目でマルシェをさまよいます。すると・・・
一軒だけアスパラを売っているお店を発見!!!

このお店、他にもお野菜が売っていたのですが皆さんアスパラを買い求めていました。
終わり行くアスパラの季節を惜しむって感じでしょうかね

3週間振りに行ったマルシェは、ベリー類や桃、スイカなど果物が沢山売られていて、とっても良い香りがしていました。
失意のどん底→アスパラ見つけて有頂天→急いで帰宅したので写真を撮り損ねました

昨日早速作りましたよ。作り方は簡単です。

ブログ2
アスパラの皮をむき、一口大に切り、耐熱皿に並べます。

その上に、パルメザンチーズ、パン粉、オリーブオイルを混ぜた物をアスパラの上にかけて200度のオーブンで12?20分焼きます。

ブログ3
完成!

レモンを絞り、オリーブオイルをかけ、生ハムと共に頂きます。

今までホワイトアスパラは、ゆでて生ハム+マヨネーズでしか食べたことがなかったのですが、焼いたアスパラの食感がシャキシャキしていて新鮮で、カリカリのパン粉と良く合います。あっという間に食べてしまいました。私でも出来ます。

夕飯の後は街まで散歩

こっちの人は日曜日に本当によく散歩をします。夏はもちろん冬も沢山着込んで。
お店も閉まってしまうし、娯楽もないから歩くしかないのか?

ブログ4
可愛いお花屋さん。夏になるとアパートの壁全体をお花と植物で飾ります。

ブログ5
petite venice

ブログ6
この前たまたまニュースを見ていたら、もうバカンスシーズンが始まったそうです。高速道路が混んでた。カフェも日曜の夜なのに混んでいたので、自動販売機でジュースを買ってお終い。

ブログ7
旧税関もキレイにお花で飾られていました。

?アルマーニとスイカの皮?
先週は机の下に持ち込んでまで食べていたスイカの皮ですが、今週は見向きもしませんでした。
いっぺんに食べ過ぎて飽きたのか?犬の気持ちを理解するのは難しいです。
2009年06月28日 (日) | Edit |
下の子の小学校の近くの教会で Feu de la Saint-Jean という火を燃やす(?)お祭りがあったので行ってきました。

聞いた話だと、公立学校で宗教(キリスト教・カソリックとプロテスタントに分かれます)の授業があるのは、フランスではアルザス地方だけだそうです。
プロテスタントの授業でこのお祭りがあった教会を使います。

ウチはキリスト教ではないので、宗教の授業の間は下の子は図書室で本を読んでいます。

今の時期が一番日が長いので、23時から始まりました。

ブログ2
ただ、こうやって火を燃やすだけです。
ブラスバンドが色んな曲を演奏しています。この演奏がないとかなり寂しいかも。

途中、写真のように突然すごい勢いで燃え始め、皆さん後ろへ非難していました。

時々消防隊の人たちが周りの木に水を撒いて、木に火が燃え移るのを防いでました。
それより、近くに電線があって、そっちに火が移ったらどうしよ?、と心配してしまいました。

ブログ1
アルマーニは近くにわんこが居たので、火よりもそちらの方が気になって仕方がない様子。

ブログ3
夜の教会

ブログ4
ブラスバンドの皆さん。子どもから大人まで。一人のお父さん、赤ちゃんをおんぶして演奏していました。

このお祭り、何の目的なんでしょう?この季節、色んな村で同じお祭りが行なわれています。私は勝手に「お盆の迎え火」かな、と思い込んでいます。

・・・・・・・・・・・・

アルマーニ、家族の誰かが出かけるとき、こんな悲しそうな顔をします

ブログ5
外にゴミ捨て、でもこんな顔をされるのでついつい連れて行きたくなります。

2009年06月26日 (金) | Edit |
とうとうやって来てしまいました。

ムスメの中学が一足早く、今日から夏休みが始まってしまいました。

本当は今日まで学校があったのです。
でも、ムスメの学年は希望者だけ今週3泊4日でイギリスに旅行に行き、帰りが夜遅くになるそうで、心優しい(?)校長先生が
「次の日に学校に来るのは大変だから休みにして良いですよ。そうだ、旅行に行っていない子たちも休みにしましょう」ということで、ムスメの学年だけ休みが早く始まったのです。

ムスメはこの旅行の申し込みを忘れまして、旅行中も学校に行ってました・・・。
もったいないね?

ということで、下の子の学校は未だあるのでムスメとお昼ゴハンを食べに行ってきました。

Meistermannというレストランです。昨日このレストランの前を通ったら、Menu Express(前菜+メイン+デザート) 13.50ユーロ→11.50ユーロになっていたのです。

出発するときに思い出しました。金曜日は大抵どこのカフェもレストランもランチは魚だ、ということを。
でも、家には食べる物がないし出かけます。

レストランの中は

ブログ2
ちょっと豪華風。実はこのレストラン、他界した父の好きなレストランでした。ムスメも小さい時に来たことがあったのに全く覚えていませんでした。

前菜は

ブログ3
生ハム+サラダ+conichons(ピクルスの小さい版)
生ハムはイタリアの生ハムじゃなくてフランスの生ハムだったような。conichonsはとっても酸っぱくてむせてしまいました。

メインは

ブログ4
やはりお魚、鱈です。周りのご飯にはズッキーニやにんじん、そして大根が混ざっています。美味しいどちょっとコッテリ味で全部は食べられませんでした。周りのご飯はお塩をかけたらサッパリ食べられました。

デザートは

ブログ5
キャラメルソースの上にリンゴのソテーとバニラアイス。キャラメルソースだけだとかなり甘いのですが、リンゴとアイスを一緒に食べると何故か丁度良い甘さに。

お客さんは団体の観光客の方々が多かったかな。以前はそんなにいなかったような。日本人の団体さんもいらっしゃいましたよ。

下の子の学校は来週まであるし(外食嫌い)、もう一度「肉」の日に来ようとムスメと話したのでした。
フランス料理の魚料理は淡白な魚+コッテリソースの組み合わせで私はあまり・・・なのです。

さて、今日のアルマーニ

ブログ6
私がグタ?っとしながらインターネットを見ていたら、横に来て、私のお腹に顔を乗せてくつろいでいます。アルマーニはよくこうやってくつろぐのですが、こうすることによって「どこにも行かせないよ」って思ってるんじゃないかと私はみてます。本当に身動き取れないしね。

このパソコン、初めてのマックです。

私はパソコンなど「メールとインターネットが出来れば何でも良し」派だったのですが、毎日お邪魔している大好きなブログ、まこと in サンフランシスコ のまことさんが今年の初めにアップル創始者のスティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学卒業式でのスピーチを紹介されていて、非常に感動したのです。

単純な私はこのスピーチを聞いて、マックのパソコンがどうしても欲しくなり、丁度今使っているパソコンが古くて、2月の一時帰国でパソコンを買おう、という時だったので思い切ってマックのパソコンを買った次第です。といっても一番お安いのですが・・・

まことさん、今まで黙っていてゴメンナサイ。あまりに単純で恥ずかしくて言えなかったのです・・・
マック最高ですね?。もうちょっと使い方を勉強しないとな?


反応がめちゃめちゃ速くて、このパソコンを買ってからインターネット中毒になりつつあります。
でも、未だ使い方がよく分からず、結局ブログは古いvaioで書いてます。トホホ

ちなみにマックはフランス人の間でかなり人気があります。
でも、私は使いやすさで選んでいるのではなく、フランス人は「みんなと同じはイヤ」とちょっとひねてるので、それでマックを選んでいるんじゃないかとみています。
2009年06月25日 (木) | Edit |
やっと昨日あたりから徐々に気温が上がってきました。といっても最高気温25℃くらいでしょうか。

さて、夏と言えばスイカ!ですね。

どこからやって来るのか分かりませんが、こっちのスイカはとても甘いです。種も白いヘナっとしたものなので種無しスイカと同じ感じで食べやすいです。

アルマーニはお肉も好きですが、野菜や果物も好きです。一番嫌いなのは毎日与えられるドッグフードかも???

先日、スイカを家族で食べていたらとっても食べたそうな顔をしていたので、皮をあげたところ・・・

ブログ1
「うんまい、うんまい。でもグラグラ動いて食べにくいよ?。ちょっと、誰か持ってちょうだい」

とワンワン吠えるので、ムスメが皮を持ってあげたら

ブログ2
「食べやすくなったよ。お姉ちゃん、ありがと?」と食べる食べる。

ブログ4
顔に皺を寄せて食べてます。もう赤い部分ないんですけど。

ブログ3
誰かに取られたら大変!と思ったのか机の下に運んでひたすら食べます。誰も取りませんよ。

ブログ5
全部食べちゃうのかな、と思いましたが、さすがに堅い部分は食べられなかったようで、残骸が残っていました。次の日、おなかがピーピーになったらどうしましょう、と心配しましたが、大丈夫でした。結構丈夫です。

2009年06月24日 (水) | Edit |
エミリーへの手紙エミリーへの手紙
(2002/06/25)
キャムロン・ライト

商品詳細を見る


?人生も同じです。だれにも害をくわえる事なく自分のことだけに精を出していても、向こうからチクリと刺しにくることもある。そうなったら、取るべき道はふたつです。ひとつは腹を立てて、自分に危害を加えそうな人にはだれかれ構わずハエタタキを振り回して、何日も棒に振る道。この場合、最終的にはなんの達成感もありません。
もうひとつの、もっといいほうの道は、できる限り自分の身を守って、楽しく庭仕事を続けること。そりゃぁ、刺されれば痛い。泣いてしまうかもしれないし、こんな仕打ちを受けるようなことを自分はしたのだろうかと悩んでしまうかもしれない。
でも、そこまでです。深呼吸をして、刺された所にひとつまみの土を押し当てて、涙を拭いて、笑顔に戻りなさい。また庭へ行って、目の前に広がる美しい景色を味わいなさい。?

私は中学生の子供が居るお年にも拘らず、何かあるとすぐに「どうしよ?」と慌たり、すぐに悪い方向に考えて落ち込んだり…全く落ち着きがありません。すぐにパニックになる所など、我が家のわんこと一緒であります。わんこと同レベルの私。

その時に思い出すのが、『エミリーへの手紙』のこの文です。

この本と出会ったのは、今から6年くらい前でしょうか。

アルツハイマーを患っているおじいちゃんが、大切な孫エミリーへ、全てを忘れてしまう前に「人生をよりよく生きるためのヒント」を綴っています。でも、このメッセージ、実はエミリー宛となっていますが、関係が悪くなっているおじいちゃんの子供達へのメッセージでもあります。

?そのときすぐにピンと来ました。人生も、グルメキッチンみたいなものだと。私たちはみんなたいていは同じ材料を与えられているのです。要は、それをいかに料理するか-手順と、所要時間と、盛りつけ方-なのだと。プディングを作る人もいるだろうけど、ほんのちょっと余計に時間をかけて、ほんのちょっと余分に手間をかけて、盛りつけまで手を抜かずにやり遂げると、もっとずっと豪華なものが出来上がるのです。?

そして、どうせなら自分の人生も、とってもとっても豪華で美味しいデザートにしたいものだと思うのです。




2009年06月23日 (火) | Edit |
夏至が知らない間に過ぎちゃったよ!

日本に居たときは夏至も冬至も「だからナニ?」って感じだったけど、こっちで暮らしていると、とっても大事であります。

夏至が過ぎたってことは、これからどんどん日が短くなっていくってことでしょう?ってことは、寒くて暗くて長い冬がやってくるってことでしょう!やだ?!!!

夏至の日は Fete de la musique っていう、アマチュアバンドの人たちが街で夜中まで音楽をがなり立てて夏至の日を祝います(去年の様子はコチラ)。それだけこっちの人って太陽の季節を大切に思っているってことですね。今年は行き忘れちゃったけど。

また冬が来る、と考えたら暗くなっちゃって、一足早くウツを先取りしてしまいました。

さて、以前、宮沢りえさんが出ていたトヨタヴィッツのCMで流れていた曲が突然どうしても聞きたくなり、またもやamazon frで頼みました。またまた、中古。
今回はフランスのお店に頼んだつもりだったのに、なかなか来ない。待っても来ない。おかしい。と思っていたら届きました。差出人を見たら、アメリカはNY州から来てました。よく来たね?。



そして、今日のアルマーニ

ブログ1
毎日寒いのです。今日も最高気温が20度だって。朝は暖房を入れてしまいました。ということで毛布にもぐって寝ています。

ブログ2
何かの音でビックリ、慌てて起き上がりました。




2009年06月22日 (月) | Edit |
フランスも昨日は父の日でしたよ。

ケーキと子ども達からはカードやら絵を貰ったので、父の日に何もしないというのはマズイでしょう、ということで、カードを買って子ども達に色々書かせました。ふ?、なかなか大変だな。

近くのスーパーは土曜日になると、試食・販売コーナーができます。今回は水を混ぜて焼くとケーキの出来上がり、のケーキミックスが試食・販売されていました。試食してみると結構美味しい。4.9ユーロはケーキミックスにしては高いけど、ケーキ屋さんでケーキを買うよりお安く済むので、これを買うことに。

それにしても母の日に比べて父の日の盛り上がりに欠けること。母の日にはバラを配っていたこのスーパー、父の日には何もナシです。母の日には混んでたお花屋さんもガラガラであります。

さて、買ったケーキミックス

ブログ1
リンゴ&クランベリー味です。振るとカラカラ音がします。中はどうなってるんだ???

ブログ2
粉とクランベリーが見えます。

これをボールに移し、水を170cc加えて混ぜるだけ

ブログ3
ケーキ生地が出来上がり!しかし、その後・・・袋には6?8人前と書いてあるけど、何センチのケーキ型とか指定がありません。フランスで売っているものだし、フランスの大きめ24cmの型に入れてみるか、と入れてみたら大失敗。大きすぎました。慌てて18cmの型に入れ直し、150℃で50分焼きますと・・・

ブログ4
キレイに焼きあがりました?!
しかし、このシリコン型のケーキ型、実は殆ど使ったことがありません。底も抜けないし、紙も敷かなかったしちゃんと出せるでしょうか・・・。

ブログ5
と心配しましたが、無事にキレイに出ました。しっかりしたケーキなら大丈夫なようです。
あまり甘くなく、おいしいケーキです。この試食・販売で売られている物はその日しか売っていないのでまた買えないのが残念です。

そして、今日のアルマーニ

ブログ6
また寝てます。よくそんなに寝られるね?、と言うくらい寝てます。

そうそう、今日、下の子の来年度の給食の申し込み(フランスの学校はお昼ゴハンを自宅に帰って食べることも出来ます。給食は申し込んで食べさせます)に行くのにアルマーニを連れて行ったら、事務所の人たちに大うけでした。その内の一人の女性がボストンテリアを飼っているそうで、「毛が短いけど結構抜けて、硬いし、服にくっつくし、刺さって痛いし大変なのよ。この犬は毛が抜けないから良いわね」と仰ってました。そうでしょう、そうでしょう。次はアメリカンヘアレステリアが良いですよ。

その女性、6ヶ月のわんこを2匹飼っていて、丁度いたずら盛りのようで、「壁やじゅうたんを齧るわ靴を壊すわ大変なのよ」と少々お疲れ気味でした。
でも、2匹いたら楽しいだろうな?。いたずらしてる様子をのぞいて見たくなりました。
2009年06月20日 (土) | Edit |
毎年恒例のパリから歩いてくる(なんと言う行事なのか名称不明)、のゴールが今日でしたので、見に行ってきました。

毎年この時期にやっているのは知っていたのですが、見に行ったのは初めてです。

ブログ1
たまたま撮ったこの方が今年の一位のようでした。スターウォーズのテーマ曲と共にゴールしてました。

ブログ2
ゴールは沢山の人が見に来ていました。

ブログ4
ゴール会場にはこんな感じの子どもの自転車のミニコースなど自転車関係のブースが沢山ありました。

ブログ3
すごい勢いで近づいてきたわんこ。てっきりアルマーニと遊びたいのかと思ったら、近づいてきていきなり吠えて威嚇してきました。アルマーニ、最初はビックリしてましたが、ちょっとづつ近づき、最後は仲良くなりました。飼い主さん、このわんこの犬種を「ピンシャー」と言っていたけど本当かなぁ?この犬と比べると、アルマーニがやたら大きく見えます。

わんことお別れした後、「私犬が大好きなの」と一人の女の子が近づいてきました。その子が「散歩をしてるの?」と聞いてきたのだと思って、「oui」と返事をしたら、いきなりリードを持って歩き出したので焦りました。どうも「私が散歩させても良いか?」と言っていたようです。「犬で釣って幼女を誘拐しようとしている」とか思われたらどうしましょう、と妄想してしまいました。「お母さんやお父さんは?」と聞いても「お姉ちゃんと一緒」と言うだけだし。でも周りにその子のお姉ちゃん見当たらないし。「もう行くね」と言って慌ててその場を去りました。←妄想激しすぎ???

ゴールの様子を見た後は街の方に移動。すると、

ブログ5
教会の前で、ちょうど結婚式が終わった後に遭遇。今が結婚式シーズンです。
フランスでは、冬は特別急がなければならない理由(子どもが出来ちゃった!とか)がない限り、結婚式はしないそうです。

街まで行ったお目当ては、

ブログ6
Oliviers & Co. のオリーブオイルを買うためです。私はオリーブオイルが嫌いだったのです。でも、知り合いに赤ちゃんが生まれたので、お祝いをあげたところ、お返しにここのオリーブオイルを頂きまして、ビンを開けてみてもうビックリ!本当に香りが良いのです。今までスーパーで買っていた安いオリーブオイルとは大違いです。いっぺんでオリーブオイルが好きになってしまいました。ってことで、なくなる前に買いに来たのです。ついでにバルサミコ酢も、と思ったら結構良いお値段で、一番お安いものを選びました。透明でお店で味見をさせてもらいましたが、甘味はないのですがとても美味しいです。ビンや缶のデザインもオシャレです。

それにしてもパリからコルマールまでフランスを東に突っ切って、約450キロ、最後の方は山を越えなければなりません。何日かけてやって来たのかは分かりませんが、すごい体力と精神力が必要です。ワタシなど今日の散歩はたったの2時間だったのに、疲れてしまって、見習わねば、と思いました。
2009年06月19日 (金) | Edit |
出発した、と思ったら、もう下の子がお帰りの日が来てしまいました。

家の中は私が怒らないから静かだし、埃はたたないし、本当にあと2週間くらい出かけていても良いかもね!?

今晩はムスメの学校で劇をやるとかで、一度学校から帰って来て、再び7時頃また行くそうです。
仲の良いお友達はちょっと遠くの村に住んでいて、お母さんが家と学校を何度も往復出来ないので、ウチに来て夕飯を食べて、ムスメと夜学校に行く事になりました。

そこで悩んだのが、夕飯を何にするかってこと。

カレーはきっとフランス人じゃムリそうだし、ってことでミートソースを作ったら…
失敗した。

赤ワインを入れすぎておどろおどろしいムラサキのミートソースになってしまった。

この前は古い赤ワインを試飲しないで入れたらとっても酸っぱいミートソースになったんだよねぇ。
あの時は処理に困ったわ。

もう作り直す気力もないし、味はあるので(美味しくはないけど)、ムスメに
「赤ワインを入れすぎた、と友達に説明してくれ」と言って許してもらう。

無難にお肉でも買って来て、ステーキ&フリッツにすれば良かったかな。

フランス人の子供にごちそうするって難しいものだ。
2009年06月18日 (木) | Edit |
お久し振りのボク、アルマーニだよ。

昨日の朝、男の子は大きなバッグをかついで張り切って出かけていったんだ。

ボクはいつもお母さんと二人だけの昼間は寝て過ごしているんだ。

何故かというと、夕方、男の子が帰ってきたら沢山遊ぶために体力を温存しておくためなんだ?。

なのに、昨日は夕方になっても夜になっても男の子が帰ってこなかったんだ。

一体どこに行っちゃったんだ???

遊べなくてつらまなかったよ。

今日は帰ってくるかな・・・?

ブログ1
2009年06月17日 (水) | Edit |
まだまだ先と、思っていた下の子のドイツ旅行の出発日です。

提携しているドイツの学校に寄って子ども達を拾って、目的地へ行くらしいです。

こっちの人は当たり前なんだろうけど、島国で育った私には、「2泊3日でドイツに旅行、それも学校の林間学校で!?」って思ってしまいます。羨ましいのぉ。

こっちに来て直ぐのパリ旅行では、出発の朝まで「行きたくない?」と泣いていた下の子ですが、今は「楽しみ?」と元気にバスに乗り込んで行きました。

ブログ3
さぁ出発、荷物を積んで、バスに乗り込むよ?

お見送りの保護者の方々もパリ旅行では涙ぐんでいた人も居たのに、今は担任の先生が
「迎えの日は覚えてます?」と問いかけると
「2週間後の金曜日とか?」なんて冗談言ったりしてます。お互い成長(?)したってことです。

いつも思うことだけど、こういう学校の旅行に必ずボランティアでお母さんやお父さんがついて行ってくれるのです。スバラシイですよね!去年の山へ1週間、の時は小児科の先生をしているお父さんが一週間休みを取ってついて行ってくれた。とっても安心しました。そして、快く休ませてくれる社会ってスバラシイです。日本じゃ出来ないよね、お父さんが職場を休んで子どもの旅行について行くなんて・・・

見送って家に着いたところで携帯が鳴る。今度借りる家を紹介してくれた不動産屋さんからだ。何だナンダ。因みに引っ越す予定は8月15日です。
「こんにちは。あのですねぇ、今のあなたが借りている大家さんと話したら、彼が『半分の家賃はイヤだ。まるまる一か月分支払え』と言っていて、新しい大家さんは『9月1日入居でも良い』と言ってくれたので、9月1日入居になりましたよ」とのこと。

また、今の大家か!
実は、今回見つけた家を借りるにあたり色々書類を揃えなければならなかったのだけれどその一つに、「ここ3ヶ月家賃を払っています」という証明書を大家さんから貰わなければならなかった。

普通は毎月「今月も家賃払いました」という書類を貰うらしいけど、そんなもの一度も貰ったことが無いので必要になったのです。
本当は大家さんと話をしたくないけど仕方がなく電話をする。かくかくしかじか書類ちょうだいと頼みますと
イヤだ
と言うじゃぁあ?りませんか。

ブログ1
お迎えによく来るわんこ。アルマーニと同じ2歳らしいけど、とっても穏やか。だから興奮してヒーヒー言いながら近づいてくるアルマーニが嫌い。どことなく「今日の猫村さん」に出てくるステテコに似ています。

何で?出て行って、って言ってるのアナタだよ。この書類がないと引っ越せないよ。よく分からん???
と言った所、ナンだかわ?わ?言い始めた。
「分かったか?」と聞いてきたので、
NON!」とハッキリ言ってやりましたよ。だって本当にナニ言ってるか分からないし。

その上
「ちゃんと○月×日に出て行くっていう手紙をよこせ。そうしたら敷金を返してやる」だって。思わず
「あのねぇ、もうア?タとの契約は6月1日時点で切れてるんですけど」と言ってやろうかと思いましたが、こういうゴーマンな人に何を言っても無駄でしょうからぐっとガマンしました。

そうしたらお決まりの
「どこの不動産屋だ」と言ってきましたので、もう面倒になり
「不動産屋さんの方からあなたに電話してもらいます」と言って切りました。

ブログ2
ボケボケ写真。ガツガツ餌を食べるアルマーニ。夏場は食欲が落ちます。

一体なんなのこの人!地元でちょっと大きい会社経営しているからってエラソーにするな?!
通訳さんも「1ヶ月まるまる家賃払えなんて聞いたこと無い」と言ってたよ。
出て行くことになって正解だったかも。
次の大家さんは太っ腹だわ。優しいわ。

ちなみに「今の大家さん、書類作るのイヤって言ってます。あなたから電話してもらえますか?」と不動産屋さんに頼みました。その電話を切って5分も経たないうちにまた不動産屋さんから電話が来て
「書類作ってくれるって」と返事もらいました。感じ悪る?!何か全く信用されて無いってのがよ?く分かりましたよ!!!

出て行くときに何事も無いように、と今からビクビクしています。
それにしても今の大家さんの家族や一緒に働いている人、結構大変だよね、こんなゴーマンな人と一緒じゃさ。と勝手に想像してしまいました。

ブログ4
日なたと日陰を行ったり来たり
2009年06月16日 (火) | Edit |
昨日、郵便受けを見たら不在表が入っていた。

書留だって。ナンノダ?それにしても昨日は午前中家にずっと居たのになぁ。
家の呼び鈴壊れているからしょっちゅうこういうことが起こります。

そして、今日、郵便局に取りに行った。

見たら、恐れていたスイスのドクターヘリの請求書だった。

とうとう来てしまったのね。

実は、引越し先が決まったので
「このまま請求書が来ないで"あて先不明"になるってどうなのかしら」と不埒なことを考えていた矢先の出来事です。全くあんなにお世話になったと言うのに、そんなひどいこと考えてバチ当たるよ。悪いことは出来ません。

恐る恐る中身を見ると・・・

ドクターヘリ料金、約2600ユーロでした。

慌てて保険会社に電話すると
「先にお支払いになって、領収書を送ってください」なんて呑気なお返事。
「あっ、あの、そんなのとってもムリです」と大騒ぎしてしまった。

そうしたら、「じゃぁ連絡先が書いてあります?そうですか、だったら、その請求書をこちらに送ってください」とのこと。

なんだ、直接支払ってくれるんだ。最初から言ってよねぇ?。寿命縮まったよ。
明日早速送りますのでよろしくお願いしますですね。ふ?
2009年06月16日 (火) | Edit |
暫く書いていなかった家探しですが、密かに続けてはいました。
別に密かにするつもりはなかったのです。ただ、“これ!”という家に出会わなかったのです。

見に行っても「え?、これでこのお家賃?」と思ってしまったり。
出来たら新しいお家を、と思っても、新しくて賃貸向けの家ってかなり余裕の無い造りだったり

今回この家を借りようか、と言う家との出会いは・・・
下の子の小学校の近くにスーパーがあります。ここは品揃えが今ひとつなのであまり行きませんでも、ガソリンスタンドがあって、そこのガソリンが安いのでガソリンスタンドには行ってました。

その日は何を思ったのか「ついでに買い物でもしてくか」と思い、スーパーにも行きました。

フランスで数少ない「これ、良いわ」と思う事の一つに、スーパーが朝8時からやっていることでしょうか。
日本はコンビニもあるし、24時間スーパーも出来た来たけど、大抵のスーパーは10時開店ですよね。なんでそんなに遅いんだろう?買い物したら午前中終わってしまうよ。せめて9時開店にして欲しいものです。

ということで、そのスーパーに8時近くに行きますと、開いてない。何故だ!?
暫く待っても開店する様子なし。中ではお店の人が忙しそうに準備してるのに。
もうちょっと待っても開く様子じゃないので、入り口で開店時間を確かめると8時30分開店になってた。以前はここも8時だったのに。

30分も待って居られるか?!と、キ?となり、入り口に置いてある無料の3行広告紙を掴んで帰って来た。

期待せずに不動産欄を見てみると、アラ、お隣の村に借家の広告が出てるわ。ナニナニ、リノベーションした家なんだって?、見に行ってみるか。と広告を出している不動産屋さんに電話して予約をする。

いつもだと、先ず私が見て、良かったらオットや子供と一緒に見に行くというパターンなのですが、今回は珍しくオットが「その時間だったら見に行ける」というので一緒に行く事に。

実は、全く期待していませんでした。だって、古い家だったんでしょう、ってことは庭とかに木がボーボーに植えられてるんじゃない?リノベーションしてるっていってもねぇ、どの程度のものよ、とかとか。

見に行ったら、木は殆ど植えられていませんでした。石畳というのかな、が殆どで芝生エリアもちょこっと。これは手入れがラクそう。

家の中も現在大家さんが住んでいる家なので(大家さんはもう少し奥に家を建設中でそちらに住む予定)、とても余裕のある造りです。2階も私が憎んでいた屋根の傾斜の通りに天井が低くなって行く、という造りではなく、ちゃんと高さがあります。

そして、私が密かに望んでいたのが2階のトイレも独立していること。
今迄沢山の家を見て来たのですが、全ての家が2階のトイレがお風呂の一角にあったのです。ホテルのバスルームみたいな感じ。あれって何だか落ち着かないので好きではないのです。でも、この家は2階のトイレも独立してました。

その上、家が完全に囲まれているのでアルマーニを放しても大丈夫そう。

この家は殆ど村の終わりに位置していて、尚かつ村のメインストリート(と言うほどでもありませんが)に面しています。この村をず?っと行くと、山があり、山の向こうから来る車やトラックなど交通量がかなり激しく、現在はうるさいのですが、来月にはバイパスが出来て、この村に用事がある人以外は家の前を通らなくなるそうです&コルマールまでも直ぐに行けるようになるそうな。

今迄見た中で一番良さそうだったので、じゃぁここにしましょう、となりました。

大家さんも良い人そうで、本当は7月1日入居となっていましたが、まさかそんなに早く引っ越せるとは思っていなかったので全く引っ越しの準備をしていない、という理由で8月中旬からでも良いですか?と聞いたら、あっさり良いよ、と言ってくれました。中には「それまでの家賃を払え」という大家さんも居るのにね。

ウチは日本のテレビをパラボラで見ているのですが、大家さんはイタリア系の人で大家さんもパラボラでイタリアのテレビを見ているそう。ウチが見ているパラボラはイタリアのテレビも沢山見る事が出来るので確かめてもらったらどうも同じ種類のようで、付け替える必要もなさそう(でもこれは確かめてみないと)。

この村はウチが加入しているインターネットのプロバイダーだと1メガの契約しか出来ないのだけれど、大家さんのご好意で名義は大家さんのままで、大家さんに使用料を払う事で大家さんの加入しているプロバイダーをそのまま使っても良い、ということになった。こっちでプロバイダーを変えるのってかなり大変そうだから本当に良かった。

唯一心残りはやはり市内で引っ越し先を見つけたかった、って事でしょうか。だって、ここはタダでさえ田舎の何もない所なのに、村に住んだら寂しすぎるよ?。
それと、駐車場が結構停めにくそう。大丈夫かな、毎日の事だし。

ということであんなに「ホームレスになっちゃう?」と大騒ぎしていた家探しはあっけなく終わりました。契約の時は感激のあまり涙でも出てしまうかと思ったのですが、今迄断られ続けて来たので今でも「本当に引っ越せるのか」という気持ちです。イヤ、不動産屋さんも入居前に何か理由があって住めなくなったら支払った敷金等は返します、と言ってたしな。油断できないぞ。

さぁ、次は引っ越し屋さんを探さないとな?。引っ越し大嫌い。色々住所変更しなきゃいけないし。

長くなってしまいましたが良いご報告が出来て本当に良かったです。家探しではたくさんの方から励ましやアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。次は「引っ越し編」です。頑張りますです。
2009年06月15日 (月) | Edit |
もうすぐ長い長?い夏休みがやって来ます。

ということで土曜日はコルマール市と周辺の村が主催する夏休みのアクティビティの申し込みに行ってきました。

アクティビティとは・・・何と言ったら良いのでしょう。アメリカのサマーキャンプみたいなものでしょうか。
1週間単位で申し込むもので、スポーツはサッカーや水泳などフツーのものもあれば、ロッククライミング(室内)、スキューバダイビング(プール)、カヌーなど珍しめのものもあります。その他、ぬいぐるみ作り、カリグラフィー、楽器演奏などなど文化系のアクティビティもあります。

お値段は無料のものから100ユーロ/週くらいの物まで沢山あります。

このアクティビティ、参加しているクラブ(特にスポーツ系)にも大きなメリットがあります。
何かと言うと、有能な子を発掘できたり、1週間行ってみたら楽しかったから続けたい、とその後も本格的に始める子も居る=クラブの人数も増えることもあるからです。

ブログ1
夕飯を食べた後、未だ明るかったので町まで散歩がてらお茶をしに行ってきました。この時期、10時過ぎまで明るいのです。

ウチの子ども達は全く有能ではありませんが、去年の卓球教室で、最終日にコーチから
「二人を教室に来させなさい」と勧誘されまして、去年から卓球教室に通っています。

申し込みをするには、先ず2月くらいから始まる仮申し込みをします。
その後、市の方で抽選をしてくれ、「あなたは○○番です。どこそこに何時に来てください」という書類と、アクティビティが載った小冊子が送られてきます。
それを元に、申し込みたい週とアクティビティを決め、指定された時間に行って申し込んでくる、という仕組みになっています。

ワタシは仮申し込みが始まるとなるべく早めに申し込みに行きます。物忘れが激しいので。

でもねぇ、非常にくじ運が悪いので毎年1000番台(最後から数えた方が早い)の番号しか貰ったことがありませんの。
じゃぁ一体ナニ運だったら良いのだ、と思ってしまいますが。

そして、今年も見事に1000番台の番号を頂きましたわ。去年より100番くらい早いからちょっと進歩か。

それにしても毎年毎年よそのアクティビティにも申し込まず(この時期色んな施設がアクティビティの募集をします)市のアクティビティに律儀に申し込んでるのにこの仕打ち・・・
といつものように少々暗くなっておりましたらとても良い言葉をかけていただきました。
「こんなことでくじ運を使い果たしたくないですよね?」と

本当にその通り!
ワタシは直ぐに暗く、悪い方にばかり考えてしまいますのでこういう前向き思考のお方が身近に居ると言うのは神様からのプレゼントでございます。

ブログ2
その後町をブラっとして帰ってきました。

1000番台だと、第5希望くらいまで考えていかなければなりません。
去年はそうしたのに、全て一杯の週があってパニックになり、なければ申し込まなければ良いのに余計な物まで申し込んで大失敗してしまいましたので、去年の失敗を繰り返さないようにしなければ。

さて、当日。
期待せず行ってみると、意外に一杯になっているアクティビティが少なくてビックリ。みんな来るの忘れちゃったんじゃない、とまで思ってしまった。

でも、人気のアーチェリー、ロッククライミング、トランポリンは一杯だったわ。

偶然下の子の一番のお友達のお母さんに会う。番号が5番違いだった。
同じアクティビティを申し込んであげたかったのだけど、ウチと申し込みたい時期がずれていて諦める。

パニックにならないように、と思っても、会場に居られるのは約15分間。その間に、希望のアクティビティが残っているかチェックし、申込書に記入して、などをしなければならない。番号はどんどん呼ばれるし、やっぱり焦ってきて、タダでさえ下手な字が読めないくらいグチャグチャの字になってしまった。

その後会計に行って料金を小切手で支払い、お終い。

下の子はサッカーとテニスを、ムスメにはアーチェリーが一杯だったので、10m離れたところからピストルで撃つというもの(よく分かっていない)を申し込んだ。これってワタクシが得意な射的かしら。

ブログ3
帰り道、子犬の頃通った犬の教室で一緒だったわんこと遭遇。アルマーニ、小さいので柵の間からわんこの居る敷地に入って行きそうなって焦りました。

夏休みまであと数週間、昼ごはん、どうしようかな?。考えるだけで疲れてきた。
2009年06月14日 (日) | Edit |
今回はちょっとジマン話が混じりますけど・・・

金曜日の晩、ムスメが
「今日、同じ学年の子達が集まって(学年集会があったらしい)、みんなの前で"成績が上がった子"として名前を呼ばれて褒められたんだ?」
と話してくれました。お?、それはスバラシイ。良かった良かった。頑張ってたものねぇ。ハハも嬉しいよ。

ぶろぐ
金曜日は下の子の学校のお祭りがありました。去年まで土曜日にあったんだけど、サルコジさんの時代になり、土曜日学校がなくなったので金曜日になりました。ということで手伝いに行ってきました。

しかし、続きが
「あのねぇ、色んなことで名前を呼ばれるんだよ。ずっと成績が良かった子は"今回も成績が良かったです。この調子で頑張って"って言われるし、成績が落ちた子は"成績が悪かったです。この調子だと落第します"とか。そっちで呼ばれたと思ったから、名前を呼ばれたとき焦ったよ」
だって。


また、
「その後ねぇ、クラスで"このクラスで親切そうな人投票"っていうのがあって、2番だったんだよね?」
へぇ?、それも嬉しいじゃぁないですか。まぁ、フランス人のように押しが強くないからね。
それにしても、面白いことを投票させるよね。誰が、何の目的で???? と思いムスメに尋ねましたら
「担任の先生が"親切そうな人を書いて"って言ってきて、先生が集計して発表してた」
だって。

ブログ1
ワタシが担当したのは「竹馬」。

・・・成績が上がった、って皆の前で褒められるのはとっても嬉しい。
話は長くなってしまうけど、ウチが住んでいるのはしがない片田舎。日本の塾なんてある訳ありませんから、小さい日本語補習校が唯一の日本語を勉強できるところです。

下の子は「行きたくない」と言うので最初から行かせていません。無理に行かせても身に付かないしね。
ムスメは小学校の間は現地校の授業時間の関係で行けなかったけど、中学に入学したし、現地校が休みの土曜日の朝授業をしてくれることになり、通うことにした。

ブログ2
子ども達ってすごいなぁ、と思うのは、最初は「出来ない?」と騒いでいたのに、何回か挑戦するとほんの数分の間に出来るようになっているってこと。ワタシもヒマな時に挑戦してみたけど怖くて出来なかった。トシをとると"怖い"って気持ちが出てきちゃうからダメなんだよねぇ。

補習校の担任の先生は大きくなると現地校との両立が大変、と言うことが分かっていらっしゃるので「宿題は出来る範囲で構いません。来て、刺激を受けるだけで良いんですよ」と言って下さった。

でもねぇ、通い始めるとなかなかそうは行かなくなる。同じクラスの子はちゃんと宿題やって来ているのが分かると、親も
「迷惑かけたらダメだよ。宿題しなさい」と口うるさく言うようになるし、ストレスも溜まる。
行っている本人はもっとそう思うようで、明日現地校でテストがあっても補習校の宿題が終わっていないと、現地校の勉強を途中で切り上げて補習校の宿題を始めたり、夜遅くまで勉強しても終わらなくて、早朝起きてまた続きをしたり、と負担が大きくなってきた。

それに土曜日朝の授業って大変。ここは日曜はお店閉まっちゃうから土曜日に活動したいのに、授業の送り迎えで遠出が出来ないし、連休があっても出かけられない。

ブログ3
お母さん手作りのケーキ。子ども達に作ってくれたのに意地汚く二切れも食べてしまった。

それにねぇ、小さい補習校ってのは親も大変なんだよねぇ、色々・・・。大声じゃ言えないけどさ。あっ、もちろん、親子で楽しんで補習校に通っている家族が大半です。ウチはワタシが超非社交的なので。

これじゃぁ、どっちも中途半端。ストレスは溜まるし。親子で疲れてしまい、思い切って再び休学させることにしましたの。

きっと多くの人が
「補習校に行かせないなんて。それも中学生なのに」とか
「親は子どもの将来を考えてやってるのかしら」
と思っているに違いない。良いの良いの「二兎追うものは一兎も得ず」っていう諺もあるじゃない。・・・でも本当に良いのか?困るのは子供だよ。家で時間があるときに日本の勉強はしてるけど絶対遅れてるよ。と気持ちが揺れる揺れる。

でも、どうも成績が上がったらしいしこの選択は間違っていないみたい、というのが分かって、本当に嬉しかったです。
それに、ムスメも最近、土曜日の朝からお友達と出かけることが増えてきた。補習校に行っていたらそんなこと出来なかったし。それはつまらないよね。

ブログ4
楽しい時間はあっという間に過ぎ、お終いの時間に。

でもでも、皆の前で成績が下がった子まで呼ぶってどうなの?
「その子どうしたの?」と聞きましたところ
「そんなの分かってます、と開き直ってたよ」だって。そりゃそうだ、そうするしかないよね。ワタシだったら泣いちゃうかもな?。

それと、担任の先生がやったという「"親切な人"投票」もどうなんだろう。
ワタシはてっきり学級新聞かなんか作るために誰かがやったのかと思ったよ(幼稚過ぎるか)。

ブログ5
そしてアルマーニ。寝てばかり。

両方とも今の日本じゃ問題になりそうな事で、それを平気でしちゃうフランスって、なんと言いますがデリカシーがない、というか"昔の日本"を思い起こさせるというか、子どもが褒められて嬉しいけど複雑だわぁ。

2009年06月12日 (金) | Edit |
今住んでいる家は3部屋ありますが、下の子の部屋は4畳半あるか?というとっても狭い部屋です。

ですので、下が学習机、上がベッド、と言う物を買ってあげました。

しかしこれが大失敗。寝返りを打つとギシギシ音を立て、揺れるのです。
そして、夏は暑い!暖かくなった空気って上に行きますからね。

ということで、下の子はワタシと寝ております。あ?、早く一人で広々寝たいわぁ。

アルマーニは大抵ムスメと寝ています。
場所はムスメの枕の横。毛布が畳んで置かれていて、そこが定位置です。

昨晩、寝る前にベッドで下の子とアルマーニが2匹でおおはしゃぎ。

「いい加減寝なさ?い!」とワタシの雷が落ちました。アルマーニはムスメの部屋へ連れて行かれました。

「ボクも今日はアルマーニと寝たい?!」と下の子。アルマーニも普段はすぐに定位置で寝始めるのに、「ここはイヤであります」とムスメの部屋のドアを勝手に開けて戻ってきてしまいました。

ということで、昨晩は2匹と寝ることに。ギューギューであります。

そして、朝。
ワタシは朝ごはんを作る為に他の家族より早く起きます(なんてエライんでしょうねぇ。当たり前!?)。
アルマーニ、ここぞとばかりにベッドの真ん中に移動して寝始めます。

ご飯が出来て、「朝だよ?。起きてよ?」と各部屋を起こしに周りますと・・・

アラ、ムスメの部屋の定位置にアルマーニが何時の間に!
「お母さん、お早う。今日もここでぐっすり眠りましたよ」
ってな感じで、片目だけ開けてワタシに挨拶してくれましたよ。

オヌシ、なかなかやるのぉ。

ブログ
有名な自転車レース「ツール・ド・フランス」が今年はコルマールに来るらしい。
見に行かねば!
2009年06月11日 (木) | Edit |
どうしたものか、と心配していた荷物がやっと届きました。

ブログ1
子ども達の大好きなアメ、グミがたくさん(こっちのアメやグミはとっても人工的な味で日本の味を知ってしまうと食べられない、らしい)。日本食にそして新茶!
フランスは新型インフルエンザの混乱は大きくないけど(ただ知らないだけか?)、お茶パワーで新型インフルエンザに勝つぞ!

さて、先日街中の不動産屋さんの窓に貼られている広告を見ていたら、この前見学に行ったのと同じ新築のアパートが売り物件として紹介されていました。

お値段を見てビックリ!46万ユーロもするんだって?。道理でお家賃強気なハズだわ(それでも150ユーロ/月下げたらしい)。
日本円にしたら、約5,000万円って売値も強気だわ?。

ここら辺で46万ユーロ出したら結構大きな家が買えますもの。

ブログ2
広さは130?です。暖炉のある広めのリビング。全部床暖房です。

ブログ3
リビングの隅にあるキッチン、かなりコンパクト。
食器洗い機、電子レンジ、オーブン、コーヒーメーカー、蒸気で調理するオーブン(?)それに冷蔵庫がシンクの後ろについています。
とってもステキだけど、ただでさえ小さい台所、沢山の家電で収納が殆どありません。
食器棚を置くスペースはなく、どこに食器をしまうんだろう。

このアパートだけではなく、家見学をして「?」と思うのは、台所に備え付けの小さい冷蔵庫がついている所です(あと、2階の天井が屋根の傾斜に沿って徐々に低くなっているところも!壁の方に行くと、高さが1mもありません)。とっても中途半端な容量で絶対もう一つ冷蔵庫が必要。だったら、そんな半端な冷蔵庫つけないでその分収納にすれば良いのに。
それに、コーヒーメーカーも電子レンジも要らないんじゃないかなぁ。既に持っている人多いんじゃない?

ブログ4
バスルーム(写真は全て不動産屋さんのホームページより)。未だ工事中です。
顔や手を洗うシンク(っていうのでしょうか?)が収納が全く無い、非常にシンプル(?)なものです。

寝室は3つ、主寝室には3畳ほどのタンス置き場があります。他の2部屋にはなし。各部屋は10畳あるか?の広さ。子ども部屋にはベッド+机+本棚+クロゼットを置かなければならないので、この広さだとかなり厳しいかも。

テラスが40平米とありました。私はてっきり南に面したところに一面広いテラスがあるのかと思ったら、南と西(ワタシが見に行った部屋は)に面しているところにL字にテラスがついていて「広?い!」という印象ではなかったです。

その他地下に1.5畳くらいの物いれと、駐車場が。
こちらのアパートの地下駐車場は大抵一つずつ区切られていて、戸がついています。
なので、使わないタイヤや自転車なども一緒にしまえるのですが、このアパートの駐車場はスーパーの地下駐車場と同じで、区切りも戸もついていません。
だから、タイヤなどを置くところがないのです。公共の自転車置き場もないし。玄関前は公共スペースだから自転車などは置いてはいけないらしいし、どこにしまうんだろう。

と、ワルクチばかり書いてしまいました。
本当は設備の整ったステキなアパートです。ただ、お値段がお高くてビックリしてしまったのです。

こんなに急に景気が悪くなるなど予想がつかなかったんだろうな+コルマールはTGVが停まる様になり、パリまで2時間50分で行けるようになった、というのもありコルマールの地価は一時期かなり値上がりしたそうです。空き地に沢山の大型アパートが建設されました。でも、今はかなりの空きがあるようです。ヒトゴトながらこのアパートの行く末を心配してしまいました。家って住まないと、どんどん傷んでいくっていうし。

もう子どもも独立して大きな家は要らない、という方向きかも知れませんね?。



2009年06月10日 (水) | Edit |
夕飯を食べていたら、足元でゴソゴソ動く物が・・・

ブログ1
「誰だ?」

ブログ2
「何かお恵みを」
それにしてもどうしてウチってこんなに汚いんでしょう。写真撮ると絶対何か余計な物一緒に写ってるし。ワタシの格好もスウェット短パン(パジャマです、要は)だしさ。

ブログ3
ムシして食べ続けていると「なんかくれ」光線がビシビシ伝わってきます。
だから、アルマーニの嫌いなカメラを向けて、迎え撃ちますと

ブログ4
「カメラだけはご勘弁を」
と目を逸らします。
でも、結局負けてちょこっとあげちゃうんだな。本当は良くないと分かってるのですが・・・。
2009年06月09日 (火) | Edit |
ワタクシの可哀想な状況をご存知の親切さんが占いの本を貸してくださいました。
すっごく悪い内容だったらどうしよ?、とドキドキしながら読み始めます。

ブログ1
この雑誌によると、2月の運勢がとっても良くて、6?10月はあんまり良くないらしい。
う?ん、あたしゃ2月最悪だったよ。ちょっと当ってないかも。

この前はコウノトリを見たし、2重の虹だって見たし、先日は鳥が家の中に入ろうとしたのだ。窓に激突してどっか飛んでいったけど。家の中に鳥が入ってくるって縁起が良いんですよね、確か。正確には入って来なかったけど。これだけ重なれば絶対良い事が起こるハズ!?

さて、今日は郵便局に行ったついでに街中の公園に散歩に行きました。
母が先月26日に小包を送ってくれているのに未だ届いていないのです。
今までこんな事なかったのにな?。調べてもらったけど郵便局にもありませんでした。
SAL便か船便に紛れ込んでしまったのか、それとも日本に送り返されてしまったのか・・・。
もう少し待ってみようかしら。

郵便局の後は、公園へ

ブログ2
いつもは慌てて出かけるので、イージーウォークハーネスを付け忘れてしまうことが多いのですが、今日はちゃんとつけてお散歩です。ちょっとずれてるなぁ。

ブログ3
何を見てるんだ?
そうそう、またまた「何て犬種?毛がないの?それとも毛を刈ってるの?」と聞かれました。この「毛を刈ってるの?」は度々聞かれます。そんな?、そんな酷い事しませんって。

ブログ4
芝生のエリアではお花がキレイに植えられていましたよ。
あ?、やはりもうちょっと良いデジカメが欲しいのぉ。
2009年06月08日 (月) | Edit |
やってしまった・・・。
先週はムスメの歯医者さんの予約が2回(定期健診+矯正)も入っていたのに、2回ともすっぽかしてしまった。カレンダーにちゃんと書き込んでおいたのに、肝心のカレンダーをめくるのを忘れてた。というか不精でしなかったんだ。両方の歯医者さん共、予約を忘れて行かなかったの2回目だよ。もうちょっとしたら朝一で電話して謝らないと。特に定期健診で行く予定だった歯医者さんの方は、先々週下の子が突然歯が痛くなって、予約で一杯だったのに無理やり入れてもらったっていうのに。「恩を仇で返す」ってこういうことを言うんじゃないかな。情けない。

さて、昨日、フランスは母の日でした

ブログ1
こんな可愛いハートのケーキとか

ブログ2
子ども達からカードやら絵を貰いましたよ。
去年はすっかり忘れられて「ひどい?」とぶーぶー言っていたのを思い出しました。嬉しいの?。
それにしても、あれからもう一年経ってしまったんだわ。

ブログ3
そして、ご近所の村へ散歩しに行き、

ブログ4
こんなにキレイな虹を見ました。写真では映っていませんが、2重の虹でしたの。
あ?、すごく、とは言わないが、もうちょっと良いデジカメが欲しいの?。

そして、アルマーニはいつもの通り

ブログ5
こんな感じとか

ブログ6
こんな風に寝ています。

2009年06月06日 (土) | Edit |
今日は天気が悪いのですが

ブログ1
ここ数日はずぅっと良い天気でした。ちょっと肌寒いくらいで、非常に爽やかな理想的な天気でした。
でも、乾燥が激しすぎ。何度クリームを塗っても手がガサガサでした。

そして、この頃のアルマーニは

ブログ2
ペットボトルを破壊することを趣味としております。
最初は噛み千切った破片を飲み込んだら、とヒヤヒヤしましたが、上手に吐き出しています。
しかし、人間が破片を踏んだら大変!とっても痛いです。

ブログ3
これが犬式ストレス発散方法なのか

そして遊んだ後は

ブログ4
毛布に包まって寝ます。ストレスないでしょ!

話は変わり、今日はマルシェで

ブログ6
今だけ売っている春キャベツを買ってきました。面白い形。
一年中売ってると良いのにな?

またまた話は変わり、フランスは明日が母の日です。
マルシェに行った後、近所のスーパーで買い物をしたら、レジで黄色いバラを一本貰いました。
一本だけでは寂しいので、スーパーの中にある花屋さんでバラの花束を買いました。

ブログ5
花屋さん、とっても混んでました。皆さん、お母さんにプレゼントするのでしょうか。

このスーパー、時々「○ユーロ以上買った人にプレゼント」というのがあり、クリスマスの時は「40ユーロ以上買った人にシャンパン一本プレゼント」という太っ腹なことをしていて、丁度40.50ユーロの買い物をしたワタシも恩恵にあずかれました。そうしたら!シャンパンを貰うために列に並んでいたら、前のお兄さん、しきりにシャンパン渡す係りのお姉さんに話しかけています。
「何はなしかけてるんだ?」と聞き耳を立てましたら
「仕事何時に終わるの?」「携帯番号聞いても良い?」とナンパしてましたよ。
そんなんで待たせるな?!人が居なくなったらゆっくりそういうことはしてください。

テレビを見ていたら、どうも今年は「ノルマンディー上陸作戦 65周年記念(?)」の年のようで、パリやノルマンディーの方では色んな式典が行なわれているようです。オバマさんも来てるみたい。お忙しいわね。
2009年06月04日 (木) | Edit |
コウノトリを見たのは近所ではなく、ウチから30キロくらい南に行ったところにある、Bioscopeというところでした。

ブログ1


Bioscopeとは、遊びながら自然や環境のことを知るテーマパーク、といったところでしょうか。

ブログ2
Bioという名前がついているように、ビオトープなんかがあってエコっぽい雰囲気です。

ウチのお目当ては

ぶろぐ
Mission Oceanというアトラクションです。
あっ、潜水服とヘルメットは被りません。
このアトラクションが出来たとき、↑のような格好をしたお兄さんが子どもの学校の前でビラを配っていたのを思い出します。

中に入ると
ブログ3
ちょっと写真が暗いですが、3Dメガネを貰って中に入ると

ブログ
こんな感じの「ロデオキング」のような健康器具とピストルのようなものがあります。

スタートすると、ロデオキングが前後に揺れ、前方スクリーンに魚が泳ぐ画面と数字が映ります(数字も魚も結構な速さで動き回る)。それをピストルで撃つというものです。

暗がり+3Dメガネ+動く中集中しなければいけない、とまさに偏頭痛になりそうなアトラクションです。
実際、最後の方は気分が悪くなりました。でも一生懸命撃ちまくりましたよ、ワタクシ直ぐにムキになる性格なので。

そして結果は・・・

30人くらい居た中で、ナント!2番でしたの。
前方スクリーンに撃っている姿が映ってお恥ずかしゅうございました。

実は、ワタクシ射的がとても得意で、以前近くの村祭りで射的があったので挑戦したところ、見事全て的に当てまして、景品にダーツセットを貰ったこともありますの。

この特技は、滅多に披露できない+「だからどうした」というもので残念ではありますが・・・。

大して見るものはないだろう、と思っていたら、巨大迷路など思いのほか見るものが多く、朝から夕方まで居てしまいました。
その間アルマーニはお留守番でした。

ブログ4
昼に食べた子どものメニュー(ムスメが大人の物を頼んだので、ワタシが子どものメニューを取った)の
Buffet d'entre。子どもがつついて、クスクスがこぼれてました。失礼。
2009年06月03日 (水) | Edit |
この前の祭日は降臨祭という宗教関係のお休みでした。

「フランス関係の休みかも」なんてテキトーなことを書いてしまいすみません。

そしてお恥ずかしい。結構長く暮らしているのに、何も興味を持たずに暮らしている、っていうのがばればれです。もっと有意義に生活しなければなぁ、と反省しました。

さて、先日コウノトリが歩いていたので思わず写真を撮ってしまいました。

ぶろぐ
ちょっとボケてしまった。

コウノトリはアルザス地方ではシンボル、国鳥みたいな存在です。

おみやげ物(例えばマグカップとかタオルとか)にもよく登場します。

大きなスーパーの外灯の上や、教会の上にコウノトリの巣があって、「どうせ飾りでしょう」と思っていたら、コウノトリが本当に住んでいます(それもニセモノでしょう、と思っていたら動いてビックリ!でした)。

でも、こんなに近くで見たのは初めてでした。

人に慣れている様で、その後家族連れの人たちと一緒に散歩(?)してました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。