--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月30日 (金) | Edit |
今日はパスポートを受け取りに再びストラスブールに行って来ました。

昨日まで天気が良く、暖かかったのに、今朝は曇りで寒いし?
アルマーニは昨日の午後からお腹の調子が良くないようで、本当に珍しく夜中もトイレに行きたいと訴え?
その上、下の子もお腹いたいと言い出し?

行くのを止めようかと思いました。
でも休みは来週水曜日まであるけど、来週はそれなりに予定が入っているので?、
行く事にしました。

水曜日はムスメがコートを買い、ムスメに買ってあげたのに下の子には何もなし、ってもの不公平なのでちょっとしたおもちゃを買ってあげて…
私はよく分からんけど人から叩かれ?、�������

今日は何も買わずにさっさと帰って来るよ、と言い聞かせいざ出発。

アルマーニも連れて行こうかと思いましたが、領事館は犬禁止なのでお留守番です。

で、無事にパスポートを受け取り、水曜日同様ショッピングセンターでジュースを買い、ベンチで休憩しました。

で、で、子どもがゴミを捨てに行ったら……

そのスキに一人の女の人が疾風のように現れてやっぱり座ったの!�A�b�v���[�h�t�@�C��
近くのゴミ箱に捨てに行ったので数秒の出来事よ!!
ベンチには子どもの上着とか置いてあったのよ!!!

ワタクシこの前の事があったので何も言いませんでした。というか余りにあっという間の出来事で何も言えませんでした。

午前中で人気も余りなく、他のベンチに空きがあったのに何故わざわざウチのところに

でも、今回の女性は座った後に「Bonjour」と言ってくれたし?
子ども達が所在無さげにベンチの周りをウロウロしてたら、ちょっとして立ち去ってくれたので良かったんですけどぉ????���[��

些細な出来事ですけど、ワタクシ混乱してしまいまして。

というのは、
・水曜日の人が言っていた通り、たとえ荷物が置いてあっても空いていたら誰でも座っていいのか?   
とか、
・普通は、人+荷物があるベンチに座りたいときは「ここ座っても良い?」と聞くでしょう、と思っていたのですが、それは普通じゃないのか?
とか
・それ以前に座らないだろ。

自分の中のフツーが、フツーじゃないのか、とかとか… jumee��a

でも、今までフランスでも、日本でも、旅先でもこんなことなかったよな?
あのショッピングセンターでは暗黙の了解になっているのかしらん…?

よく分からん。�˂�

帰りは危うくパリ行きのTGVに乗っちゃう所だったよ?�K�[��

無事に帰って来られて良かった。�˂�
スポンサーサイト
2009年10月29日 (木) | Edit |
昨日はストラスブールまで行って、人に叩かれ
「本当についてないわ」としみじみ思いましたが、もしかしたら自分の心の持ちようが良くなく、
不幸を呼び寄せているんじゃないかしら、と考えるようになりました。

「笑うかどには福来る」っていうことわざもあるし、気持ちも前向きに、笑顔で福を呼び寄せたいと思います。

で、「ふく」つながりで・・・

アルマーニの冬服の着替えを欲しいな、と思っていました。
何度も書いていますが、アルマーニは新陳代謝が激しいのか、体を洗ってもすぐにクサくなるのです。

ですので、服も着せたら一回ごとに洗わないと臭くなります。

で、ワタクシの愛犬、アルマーニがモデルを務めております←タダのバカ
Bark and Stuff
から、スノースーツではなく、Joggerとやらを2着頼んでみました。

ブログ2
今回は、自分で好きな色を組み合わせてオリジナル?のJoggerを作ってみました。
オトコノコなので、2着とも青で。

早速着せてみましたよ。

ブログ1
青×黄色

ブログ3
青×グレー

カメラが嫌いなので、呼んでもこちらを向いてくれません。
私が奇声を発したら(?)、ビックリしてこっちを向いてくれました。

ブログ4
ヘンな声だすの止めてよね?

この写真撮影、アルマーニにはかわいそうなことをしてしまいました。
荷物を今朝受け取りました。

朝は下の子だけフランス語のレッスンがあったので、私と下の子は出かける格好で。
ムスメはまだ寝ていました。
アルマーニも一度起きてトイレに行った後、毛布に包まって寝ていました。

寝ていたアルマーニを無理やり起こし、服を着せました。
私と下の子は出かける格好をしていて、自分も服を着せられた。
当然、自分も出かけられる、と喜んでいたのに・・・

写真を撮った後、脱がされてハウスで留守番。
かなりガッカリ、の様子でした。

かわいそうだったので、帰宅後散歩に連れて行ってあげました。

さて、このJogger、スノースーツより生地は薄いです。今頃の季節に良いかも。
また、首の部分が長いので暖かそう。

このお店は、サイズをもちろん選べますが、どうもその犬に合った大きさに服をお直ししてくれるようで、犬の体長などを記入したりします。
そのお陰か、ピッタリでした。
一つ難点なのが、アメリカのお店なので単位がインチなんです。
センチからインチに変えるのに混乱します。

まことさん、次のコナー君のお洋服は是非、足まであるお洋服を!きっとコナー君もお似合いですよ!!!
2009年10月28日 (水) | Edit |
今日は、子どもたちのパスポート更新のためにストラスブールに行ってきました。

長距離運転は嫌いなので電車で。

でも、本当は電車に乗りたくありません。
何故なら、以前やはり自分のパスポートを更新しにストラスブールに電車で行き、帰るときに間違ってパリ行きの電車に乗ってしまったことがあったのです。

途中のナンシーという街で降り、再びストラスブールに戻り、コルマール行きの電車に乗り・・・
確か3時くらいの電車に乗って帰るつもりだったのに、家に着いたのは夜の7時だったわ。
あの悪夢が再び起こったら… くわばらくわばら

あの時もナンシーの駅前で薬剤師が待遇改善のデモ行進をしてたわ・・・本当にどこに行ってもデモをやっている国です。

行きたくないけど仕方がない・・・

ブログ3
コルマール駅。時刻表を調べずに来たので、20分ほど待つ。

ブログ5
電車がやっと来ました!日本の電車と比べて殆ど揺れないので、乗り心地はフランスの電車の方が良い様な気がします。

ブログ4
ストラスブール駅。
昔の駅舎をガラスのドームで覆っています。

中は、

ブログ7
こんな感じになっています。

ブログ6
そして領事館へ。

ストラスブールはアルザス地方で一番大きい街ですが、日本人はあまりいません。
コルマールのほうが全然多いのに、なぜストラスブールに領事館があるのか・・・よく分からん。

更新をした後、街をブラブラしました。

が、写真は一枚も撮れず。
やはり子連れで遠出は疲れるわ。

ブログ8
有名なノートルダム大聖堂(Wikipediaより)。ユネスコの世界遺産に登録されています。

今回も?またもやちょっとした事がありました。

領事館があるところはショッピングセンターとオフィスビルが混在しているところで、更新が終わった後、お店を見て、疲れたのでジュースを買い、ベンチに座って休憩していました。

すると、とある宗教の方(宗教名は伏せますが)が小さな子を連れて、やはりベンチに座りたいのか私たちの周りをウロウロしていました。

ベンチは他にも沢山ありました。その時はどこも人が座っていましたが。

私たちはもうしばらく休憩するつもりでいたので席は譲りませんでした。

で、子どもたちがジュースを飲み終わり、コップを5メートルほど離れたゴミ箱に捨てに行っている間に、私が座っているベンチに座ろうとしたので「まだ座りますよ」と荷物を指差し知らせました。

なのに、その人強引に私のひざの上に座ってきたのです!

ビックリして押しのけたら
「何をするんだ!」と言って・・・結果、顔を叩かれました。
何をするんだ、ってこっちが言いたいよ!

で、ワタクシ本当に頭に来たので、口汚く色々言ってやりました。日本語で。
ここでフランス語で言えないところが悲しいわ。
ムスメはフランス語で言ってくれました。

そしたらその人
「だれだって座って良いんだ!」と言う訳よ。

そうよ、誰だって座って良いのよ。だから私たちも座ったんだもの。
でもアンタに優先権はないのよ!

しかしこの事が有った直後、横のベンチが空いたのです。座っていた人、ビックリしちゃったのかな。

ちょっと待っていれば座れるのよ???

フランス人も押しは強いけど、こういう事まではしません。当たり前ですが。
この人は別次元です。

帰りの電車では、この人と同じ宗教の人が無銭乗車をして捕まってました。
でもね?、駅員さんが呼び止めているのに平気で電車に乗っちゃうんだよね?。

そうそう、子どもたちが「喧嘩用語」を教えてくれましたが、すっかり忘れました。

電車だと30分で着くので運転するよりラクですが、
本数が少なすぎだわ。

帰りは駅で1時間も待っちゃった。

次は金曜日に受け取りに。また親子で行かねばなりません。
郵送でもしてくれたら良いのに?。

日本だと、都会に出かけたらデパ地下なんかでお惣菜を買って夕飯に出来るけど、こっちじゃそんなこと出来ないので、疲れた体に鞭打って、これから夕飯作ります。は?

でも、今回は無事に帰って来られて良かったです。
次回もこの調子だわ。

ブログ1
このごろ2階へ行くことは禁止しているのに、目を離した隙に2階に行って昼寝をしています。

ブログ2
隙間から私たちの様子を伺う。
2009年10月27日 (火) | Edit |
通訳さんから連絡が来た。

私たちが加入している保険会社から「前大家の保険会社から来た呼び出し状をファックスでよいから送ってくれ、こちらからも鑑定人を派遣させます」という連絡が来たそう。

なんだ、どうもおかしいと思ったら、やっぱり勝手に前大家とその保険会社が日時やらを決めて自分達に有利にことを進めようとしてたんじゃない?

じゃぁ、「チミ達が悪かったら保険金は支払わないよ」ってのは前大家の保険会社が勝手に言っていることかもな。

相手にしたくないけど、本当に腹が立つ!

ブログ1
今朝、家庭教師の先生が来てくれました。アルマーニは私が目を離した隙にまたもや子ども部屋に。頭だけもぐって寝ていたそうです。先生が声を掛けたら、顔は出さず、しっぽだけパタパタ振って挨拶したそうです。

話は変わり・・・

今大家さんちには「マリアさん」と言う人がいるらしい。

今の固定電話は、大家さんが使っていたものをそのまま使わせてもらっているので、大家さんちの新しい電話番号を知らない人が大家さんあてに電話をかけてくる人が多い。

日本だと
「山田と申しますが、鈴木さんのお宅ですか?花子さんいらっしゃいますか?」
みたいに、まず自分の名前を名乗るけど、フランスの人はいきなり

「花子?」と話したい人の名前を叫ぶ。本当に名前だけ言う。
で、しばしば「マリア?」と電話がかかってくる。

これまた本の受け売りですが、これはカソリックの人がこうやっていきなり相手の名前を叫び(本当に大声で叫ぶ)、プロテスタントの人は日本式に自分の名前を名乗ってから「花子さんいますか?」と言うらしい。

ちなみに、フランス社会で成功している人の多くはプロテスタントの人だそうで、フランスでプロテスタントはほんの一握りしかいないので、カソリックの人から妬まれているそう。

ブログ2
アルマーニの左耳はちょこっと垂れています。子犬のころ、獣医さんの助手さんから「栄養不足だと耳が垂れるのよ(本当は耳がピンとしていなければいけない犬の場合)」と言われ、ドキっとしました。でも、獣医さんは「この犬の耳はとっても薄いのでちょっと垂れてしまうんですよ。問題ありません」と言われ、ホッとしました。でも、面白いことを聞きました。

食事に関しては、ヨーロッパでプロテスタントの国の食事はまずく、カソリックの国は食事がおいしいらしい。これはあたっているかも。

話がずれてしまいました

大家さんあてにかかってきた電話で一つ収穫がありました。

やはり大家さん一家はイタリア系のようで、イタリア食材の通販会社から電話がかかってきたのです。

カタログはある?と聞いたら、インターネットサイトがある、と教えてくれました。

残念ながら、頼んでみたい!と思ったもの(マグロのハムだったかな?とか)は全て売り切れでした・・・

見るだけで楽しいです。
今度大家さんと話す機会があったら、ここら辺でおいしいイタリアンレストランとか聞いてみたいな?、と思っています。

2009年10月26日 (月) | Edit |
通訳さんに土曜日に来た、前大家の保険会社から来た書き留めを読んでもらいました。

・両方の保険会社の鑑定員が水漏れ現場に来て、現場検証をする
・もしその日に来なければ「結果を受け入れます」とみなす
・こちらの過失で水漏れが起きた場合保険金はおりない

というものでした。やっぱり自分で想像していたのとは随分違っていたわ?。

しかし、ナゾも残る。

・何故、こちらが入っている保険会社からはこの件で連絡が来ないのか
・何故、前大家の保険会社が直接ウチに連絡して来たのか(何度も書いていますが、保険会社同士でやり取りをする、ということになっています)

など。そして、こちらが加入している保険会社からは「どのような結果であれ、保険金はおります」と言われたはずなのに、相手の保険会社から「チミ達が悪かったら保険金はおりないよ」なんていう手紙が来るワケ?

そして、心配していることは
既に退去してから2ヶ月近く経っているので、大家がリノベーションを始めてしまい、水道管を見てみたら、やっぱり古かった。今更大家は「ゴメンよ」なんて言えないだろうから、こっそり修理してしまっているのではないだろうか。
ということ。ありえるよ、あの大家なら!

で、もしもウチが悪かった、となり、巨額の修理代を請求された場合は裁判に持ち込んでいく(というのは、水で濡れた絨毯は超がつくほど古くて、大家に「汚いから替えてくれ」と頼んでいたシロモノですし、色が変わってしまった木の階段は、これまた古くて,って全てが古かったんですよっ!ちょちょっとペンキかニスでも塗ればもとに戻りそう、ってくらいのものなんですのよ)、ってことになりそうです。

今年ももうすぐ11月で、1年なんてあっという間だ!と思ったけど、思い返したら…
あらあらあら、暗い思いでばかりぢゃない?
2月にはどっと落ち込む事があり、大家から出て行けと言われ、家探しに難航し、やっと見つけて引っ越したら水漏れ事件。

こりゃ、絶対厄年だよ、年齢に関係なく!
これって、前厄?本厄?後厄?
前厄だったら泣くよ、本当に。

ついでに、この前Staub料理教室の時に買った、レモンの皮を細切りにする調理器具を試したら結構難しくて、レモンを押さえていた親指の皮まで細切りにしちゃったよ!

厄払いってフランスでも出来るのかしら??
2009年10月25日 (日) | Edit |
書き忘れましたが、気分がドヨ?ンとなる出来事が昨日あったのでした。

書き留めが届きました。
書き留めで良いお知らせなどありません。
この前は前大家から何だか来たし。

中身を見たら、やはり前大家の保険会社からでした。

ちゃんと書いてある事を把握していませんが、
11月の某日に前の家に来い、とのこと。
良く分かりませんが、私たちが保険会社に言ってある事(前大家が洗面台を取れ、と言った。水の元栓は閉めた)が「間違い」であるからその事について話し合おう、みたいなことかな、と勝手に思っています。

も?、本当に、しつこい!

この件はもう保険会社同士で解決する事になっているのです。

なのに何故いつまでもこちらに色々言ってくるのか。

前大家の保険会社が、というより、前大家が私たちに「自分達が言っている事が間違っていました」と認めさせたくて、保険会社を使ってこういう事をさせているのでしょう。

どうも前大家は私たちに会いたくて仕方がないようですが、私は前大家の顔などもう見たくないのよっ!

これまた腹が立つ事に、手紙には
「チミが入っている保険会社にも連絡しておいて」なんて書いてあるのです。

こちらの都合も聞かずに勝手に日にちを決めておいて(多分前大家の都合の良い日なのでしょう)、その上保険会社に言っておけ、ってちょっと勝手過ぎませんかねっ!?

私は言って来た日は既に用事が入っているのよ!

もしも私たちが日本に帰った後だったらどうするつもりなのかしら。

それにねぇ、何度も書いてますけ
「敷金は2ヶ月以内に返す事」という法律があるらしいよ。
前大家、立派に法律違反じゃない?
ウチが加入している保険会社からは
「この水漏れの事で敷金から引かれる事はありません。だから大家からそうされないように注意してね」と言われてます。

こうなったら私たちからも大家に何かをしないと暴走は止められないかも。

いっそ裁判にでも持ち込んで、裁判所から判断が下れば黙るかも。

腹が立つけど、それを通り越して気持ちが悪くなって来ました。
前大家、精神を病んでいるんじゃないかしら。

通訳さんが「まぁお年寄りですから」と言っていたけど、それだけでは済まされないわよ?。
2009年10月24日 (土) | Edit |
ブログ1
今朝。霧が立ち込めていました。

まるで今日の私の心境だわ。

またもや学校が休みに入り、自由時間がなくなってしまった。

今日は、午前中は下の子のフランス語のレッスンに連れて行き、午後はまたもや下の子が秋休みの宿題をするためにお友達の家に連れて行った。

これから休み中はタクシーと召使い生活突入だわ。

パソコンも子ども達に占領され、やっと夜になって取り戻した。

さぁ、と思ったらアルマーニが来て、私が座っているクッションを半分よこせ、と催促している。
現在、クッションから半分ずり落ちた格好でパソコンに向かう。
あぁ、一日目にして疲れた。

話はずれるけど、よくフランスに住んでいる日本人が書いた本には
「フランス人は物を買わない」とあるけど、あれはウソだと思う。特に子どもにはビックリするほど物を与えていると思うよ。

今日下の子が行ったお友達の家も、子どもが4人居るんだけど、パソコンが5台あるんだって!
それも全部マックだったって!
お友達の部屋もおもちゃで溢れかえっていたよ。

で、下の子が面白い表現をした。
マックのパソコンの事を
「誰かが一口齧ったリンゴのマークがついてたパソコン」って。
本当!一体どうして「一口齧ったリンゴ」にしたんだろう。

これはこの子の家が特別なのではなく、どこのお宅に行っても同じ感じ。

ムスメの中学に来ている子も、ブランド物の服とか着ている子が沢山いるらしい。
子ども専用のパソコンなんて当たり前らしい。

2年前に下の子が別のお友達のお誕生会に呼ばれていったら、プレゼントに現金20ユーロ持ってきた子が居たんだって。

それを聞いて最初はビックリしたけど、その続きを聞いたら納得。
下の子を含めて呼ばれたお友達全員のプレゼントがその子の家に既にあったのよ。
現金を持ってきた子は、「なんでもあるからこれで好きなものを買って」というつもりで持って来たんだろうね?。

お迎え行ったらおもちゃ屋のようでビックリしました。

話がかなりずれました。

そして、明日の午前3時から冬時間になるそうです。何故午前3時?
本格的な冬になるのね。

ウツにならないようにしないとな?。
さて、これからレポート書こう。

ブログ1
クッションを占領するアルマーニ。狭いんですよね・・・こうやって居座られちゃうと
2009年10月23日 (金) | Edit |
やっと長い夏休みが終わった、と思ったら、明日から10日間の秋休みが始まります。

ちょっと休みが多すぎると思うんですけど。
小学校なんて週休3日ですからね(水・土・日休み)。

毎日朝8時から4時まで学校がある、といっても昼休み2時間もありますからね。

引越しの忙しさで、学校が始まった直後にある保護者会に行き忘れ、下の子の先生にまともに会ったことがありませんが、とっても良い先生みたい。

宿題はちゃんと答え合わせをしてくれるし、秋休みも宿題を出してくれました。
そして時々ギター弾いて歌を歌ってくれるらしい。

日本ではこんなこと当たり前ですが、小2の時も小3の時も先生は宿題の答え合わせをしてくれませんでした。テストをしても、やりっぱなしだったし。

ウチは親が現地校の勉強を全く見てあげられないので、小2の時は
「宿題の答え合わせは毎回してください」と頼んだら
「忙しくて出来ない」と断られました。

なので、今年初めて宿題やテストの答え合わせ、宿題を忘れていないかチェックしてくれるまともな先生に当たり、ハハはうれしゅうございます。

話は変わり、
明日から再び自由時間がなくなるので、今日は有意義に使おうと思いまして・・・
産婦人科の検診に行ってきました。

そして、処方箋を貰い薬局に行って買ったものは

ブログ2
うえの方に名前を書かれてしまったので、見難いですけど・・・
ムスメのための子宮がんのワクチンを買って来ました。

最近日本でも認可された?とニュースでやっていましたね。
フランスでもワクチンを打つことが出来ます。
ちょっとお値段お高く、約123ユーロしました。全額保険で払い戻しされます。

1回目を打った2ヵ月後に2回目を打ち、
2回目を打った半年後に3回目を打つそうです。

こちらは払い戻しされませんが、

ブログ5
今年流行するインフルエンザワクチンも買いました。新型の方ではありません。
ワクチン用保冷袋に入れてくれました。初めて見ました。

本当は打つつもりはなかったのですが、今学期、大学のeラーニングの先生の一人が小児科の先生で、興味深い話をしてくれたのです。

「たとえ新型インフルエンザのワクチンを打ったとしても、今年流行るインフルエンザには効果がありません。なぜならウイルスが違うからです。

こんな症例がありました。患者さん(小児科の先生なので、乳幼児)で、水疱瘡とはしかに一遍にかかった子がいました。一度にかかっても同時に二つの症状は出ません。例えば、先ず、水疱瘡になり、水疱瘡が治った頃、はしかの症状が出ます。水疱瘡でかなり体力を消耗しているので、この後はしかの症状が出たりすると、下手したら命を落とす場合があります。何故このようなことが起こるのか。それは水疱瘡とはしかのウイルスは違うからです。

インフルエンザにも同じことが言えます。つまり、今年は2種類のインフルエンザに同時期に罹ってしまうこともあり得るのです。ですので、どちらかのワクチンは打ったほうが良いでしょう」と。

それを聞いて、今年は打つことにしました。
あぁそうだ。レポートを書き始めなければ・・・今学期はちょっと多めに授業を取ったんだったわ・・・

ついでに

ブログ6
携帯用の手を消毒するヤツ。3.10ユーロ
も買いました。

さて、水曜日にマリネした鮭ですが、

ブログ3
こんな感じで水が出ていました。

取り出したら、

ブログ4
何か料理教室で見たものと違ったものが出来上がりました。
先生が作った鮭のマリネはもっとピンク色だったような。
それに、かなり縮んで硬くなってしまった。

一切れ食べてみたら・・・ちょっとしょっぱい・・・
水に15分つけて、その後薄切りに・・・

今日は、夜から子どもの卓球教室があり、途中でお迎えに。
あ?、水曜日と金曜日は忙しいわ。

子どもの卓球教室、といっても本気で打つと玉もかなり速いので、ボケ?ッとしていると
卓球の玉が頭に当ったりします。

で、家に帰って再び調理開始。

出来上がりは

ブログ7
イクラと粗塩を振って、Oliviers & Co. のホワイトバルサミコをかけてみました。

子ども達(オットは今日は夕飯はいらない日)には好評でした。

でも、でも、今日はかなり忙しくて、作ったのはこの鮭だけ。
あとは昨日大量に作ったかぼちゃスープ。
そしてどういうわけか、子どものリクエストにより日本の母が送ってくれた、インスタントのはるさめスープ。

何故かスープが2種類。
超野菜不足の食事。

でも春雨スープ、とっても美味しかった?。
鮭よりこっちの方が断然おいしゅうございました・・・

ブログ1
学校のお迎えに行った時に会ったチワワ。
体重たった1.8キロ!
こんなにおチビでも2歳の立派なオトナです。

2009年10月22日 (木) | Edit |
昨日の朝、やっと滞在許可証の住所変更に行って来た。

村民は住んでいるところの役場に行くらしい。

平日しかやっていないし、写真も撮らなければ行けないし、なかなか行く機会がなかったのだけれど、ムスメの中学が昨日は何かの記念日で休みだったので行くことが出来た。

そうしたら、大人の滞在許可証は村役場だけど、子どもの物は県庁に行ってくれ、だって!

それだったら最初から全員で県庁に行った方が早いんじゃない?

村役場で申請した書類だって、毎週金曜日に役場の人が県庁に持って行くそうだし。

運転免許も車検証の住所変更もみんな県庁に行かなきゃいけないんだし。

良く分かんないわ?。

因みに仮の滞在許可証はたった1ヶ月。果たして1ヶ月以内に新しい物が手に入るのか!?ムリだと思うよ。


本当は今日はストラスブールに行くつもりでした。

子どものパスポートの書き換えに。

有効期限は来年だからまだまだ余裕があるし、本当は毎年1月の末にあるコルマール1日領事館、ってので書き換えをしようと思ったら

「予算が削減されているためにギリギリにならないと分かりません」なんて領事館の人に言われちゃって。

毎年そう言われてるけどちゃんとやってくれているので大丈夫かと思うけど、もしもやってくれなかったら大変じゃない?

外国人として暮らしている身としては有効期限が迫ったパスポートを持っているのは、何かあったときにイヤなのよね。

領事館の人も
「パスポートが唯一日本国民として証明できる物ですから、二重国籍を持てない日本人としては、更新の時期に長期入院とかなって書き換えることが出来なかったら、と考えると心配ですよね」
なんて仰るしさ。
今年は新型インフルエンザも流行ってるし。

で、早めに行こうと思ったわけです。
が、オットが「申請の時も受け取りの時も本人が行かないとダメじゃない?」と言うワケ。

そうだっけ?
で、電話したらそうだって!

オットよ、グッジョブだわ。

来週から10日間の秋休み(って、学校週休3日で何で秋休みなんて物が必要なのかしらね?)なので、その時2回ストラスブール領事館に行くことにします。

それにしてもさ?、どちらか一回で良いんじゃない?子どもの代理申請の時は。
全くどの国もお役所仕事は・・・


さて、昨日のアルマーニ。

朝はムスメの学校がないので、家庭教師の先生がウチに来て子ども達に授業をしてれました。

アルマーニ、先生のところに行きたくて仕方がない。

ダメだよ。遊びじゃないからね。

でも、ちょっと目を離した隙に居なくなってる!
けれど、勉強している部屋からも犬の気配は感じられない。

授業が終わって先生が二階から降りてきたら、アルマーニも一緒に降りてきた。

なんでも、先生も子どもも気づかない様に、そ?っと部屋に入り、子どもの布団の上で寝てたらしい。
アルマーニが身震いをして初めて気がついたんだって。

このアルマーニの身震い「ボクはここに居るよ」っていう時にやります。
きっと気づいて欲しかったんだね。


午後は下の子のスイミング。

その後、スーパーで買い物をして、荷物を家に運び込んでいたらアルマーニが飛び出してきた。

車の中のニオイを一通りかいだ後、後部座席に座って動かない。

アルマーニは車でのお出かけが超がつくほど大好きなのです。
きっと自分も一緒に行きたかったんだね。

なので、車を車庫に入れるため、数メートルの超短距離ドライブをしました。
それでも満足した様子でした。

ブログ2
背後にダンボール散乱&写りもイマイチですが・・・
自分のハウスの上にのぼり日向ぼっこをする。
チミは猫かい?
2009年10月21日 (水) | Edit |
今月も Staub 鍋屋さんの Atelier de cuisine に行って来ました。

今回のメニューは

・Les Crepes de Pomme de Terre au Saumon Marine
・Tarte au Citron 

です。

ブログ1
先生が手際良く料理の作り方の説明をしていきます。

私の場合、家で復習する、ということはありえません。
料理教室に行く、というよりフランス語のリスニングの練習に行っている、といった感じでしょうか。

今日は珍しく魚料理でした。
先生、ビニール手袋してました。臭くなるのがイヤだったのかしらね。

途中でサーモンマリネを試食させてくれたのですが、ビックリの美味しさでした。
これは作ってみようかな・・・と思ってしまいました。

試食の時は、サーモンを薄くスライスして、イクラを挟み、ワインビネガー、蜂蜜、オリーブオイルを混ぜたソースと粗塩をかけ、彩りにロケットを添えていました。

クレープは、ジャガイモをゆでて潰した物に、牛乳、小麦粉、卵、卵白、ヨーグルト状態になっているクリーム、溶かしバターを混ぜてお好み焼きのようにした生地をバターで焼きます。

ブログ2
「バターを薄く塗ったフライパンに」と先生は言っていたけど、どうみてもたっぷりだわ。

ブログ3
出来上がり。ここでは、サーモンは火を通しちゃいました。もったいない。
ソースは、白ワイン、レモン汁、レモンの皮、冷やして角切りにしたバターをたっぷり。
イクラ、ロケット、粗塩を乗せています。

バター、卵、クリームを大量に使っているにもかかわらず、お味は非常に軽いのでありました。

ワタクシここでヘンテコな質問をしまして・・・

レシピに(cuille a ) potage de farine とあったのです。farineは小麦粉。ってことはスープにとろみをつけるための特別な小麦粉ってこと?

普段子ども達に「分からないことがあったらその場で手を挙げて聞きなさいよ」とエラソーに言っている私。私だってじゃぁ実行しないとね、ってことで、会話が途切れた時に思い切って聞いてみたら・・・

先生がとってもヘンな顔をするのです。
ありゃ、私ヘンなこと聞いたかしらん???

そしたら、隣に座っていたムッシュが
「それはねぇ、 potage de farine  じゃなくて cuillere a potage(=スープスプーン=大匙)だよ」と教えてくれました。

アラそうなの。でもさ、普通は cuillere a potage じゃなくて cuillere a soupe って言わないかしらね。まぁいいや。これで面目を保てたってことで。

それにしてもおしゃべりなフランス人の会話の合間を縫って質問するのって難しいね。
子ども達よ、エラソーな事言って悪かったね。でも、チミ達は頑張るんだよ。

レモンタルトは、市販のタルト生地を型に敷き、キッチンペーパーを敷いて、お米などを乗せて、250度のオーブンで空焼きします。

レモン生地は卵、レモン汁、オレンジの絞り汁、ここにもヨーグルト状態のクリーム、砂糖を混ぜて、タルト生地に流し込んで、180度で20分焼いたら出来上がり。

ブログ4
タルトの向こうに見えるのは、砂糖なしのホイップクリームに、砂糖の中にレモン、オレンジの皮を細かく切ったものを振りかけています。彩りのルッコラの下には、レモン、オレンジの皮の細切りに砂糖をまぶした物が隠れていて、これが良い味のアクセントになりました。

先生が言うには、このタルトにオリーブオイルをたらしても良し、とのこと。

本当は、何かつまんでから出かけるつもりだったのに、こういう日に限ってムスメの学校が大幅に遅く終わり、慌てて出てきたのでお腹ぺこぺこ。
何度も生唾を飲み込んでしまいました。

待っていた甲斐があり、どちらのお料理もバター、卵、クリームたっぷりなのにそれを感じさせない爽やか&軽さでした。
でも、カロリーはすごいと思うよ。

で、レモンの皮を細切りにするヤツが欲しくなり・・・だってこんなの日本じゃ売ってなさそうじゃない?
15%引きになる、と言われて、買ってしまいました。

ブログ5
左の物がそれです。これで果物の表面を引っかくとぴ?っと細く削れた皮が出来ます。
その他に、製氷皿。こっちの製氷皿(そもそも冷蔵庫に製氷機がついている機種が殆ど出回っていない)は上手く氷が取れないのです。
そして、ヘンケルス社製の爪きり。こちらの物としては珍しく切れた爪が飛び散らなくなっている。さすがドイツ製。
それにヘンケルスの物なんてスッゴク切れそう!
残念ながら、昨日の朝爪を切ってしまったので、下の子の爪で試しました。
丁度良い切れ味でした。

お店では、Staubの鍋だけでなく、ヘンケルスの包丁、その他見ると欲しくなる(使わないくせに)キッチン用品も売っています。

いつも15%引きになるのかな?。いつかは大鍋が欲しいな?、とここに来ると思うのでした。

で、今日、スーパーに行ったら鮭が目に入ってきたので、買って、マリネを作ってみることにしました。

作り方

・鮭           500グラム
・粗塩         200グラム
・砂糖         100グラム
・フェンネル        60グラム
・コリアンダ 60グラム
・荒く刻んだ白こしょう 60グラム

ブログ7
私はハーブ類が嫌いなので、今回は、砂糖、粗塩、こしょう(5種類のこしょうを荒く刻んだ物)にしてみました。

ブログ8
イカン!写真を撮る前に塩などを混ぜた物をかけてしまった!
鮭は、ムニエル用ではなく、写真のような鮭にしてください。ってどんな感じか分かりますかね?

ブログ9
これに、塩、砂糖、こしょう(60グラムは多すぎのような気がして、30グラムで止めときました)を混ぜた物をかけて、冷蔵庫で48時間。マリネする時間がそれ以上でもそれ以下でもダメなのだそう。

ジャガイモのクレープ生地
・ジャガイモ 500グラム
・牛乳 1/2デシリットル
・小麦粉 大匙3
・全卵   3 個
・卵白   3 個
・ヨーグルト状の濃いクリーム 大匙4
・溶かしバター 300グラム

レモンタルト
・市販のタルト生地

・全卵                    3個
・卵黄                    1個
・レモン果汁                4個分
・オレンジの絞り汁            1個分
・濃いクリーム               1.5デシリットル
・砂糖                   150グラム
2009年10月20日 (火) | Edit |

ブログ3
待っていたクロゼットがやっと来ました!

・・・でも鏡が割れていた・・・

新しい物を頼んでくれるって。大体15日?3週間かかるらしい。
来ただけ良しとします。

昨日は定期的に通っている整体の日でした。

先生のお宅で猫ちゃんを飼い始めた、というので早めに行ってご対面してきました。

ブログ1
ぬいぐるみかと思った!かわいい?。女の子
12月に男の子も引き取るそうです。

ワタクシ首・肩こりが酷く、整体に通う前は一日数回両手を壁につき、背を丸めて首を両手の間に入れる、という背筋、首を伸ばす体操?をしていました。

それでもちっとも良くなるわけがなく、首のこりが酷くなると、目の奥の鈍痛→吐き気、寒気→光も音もダメ、という状態になります。
そんな時は布団を被って寝るしかありませんでした。

一度は頭の血管が切れたと思って救急病院に行ったこともあります。

整体に通い始めて、この酷い頭痛とオサラバでき、QOLが急上昇!
もうあの生活には戻りたくありません。

定期的に通わなければ効果が持続しませんが(私の場合、骨格に問題があるそうで、定期的に通って歪んだり、凝ったりしている部分を直してもらわないといけないのだそうです。つまり、完治はできないとか、残念)、通う価値は十分ありますです。

先生のお宅にはわんこもいます

ぶろぐ
ボクサーと何とか(聞いたけど忘れた)のミックスくん。

ついでに今朝のアルマーニ

ブログ4
寝てます。

今日も朝は氷点下の寒さでした。
でもお天気はとてもよいので、これから布団など干そうかと思います。
2009年10月19日 (月) | Edit |
下の子の誕生会は、自宅ではなく、市民プールでやりました。

ここら辺は、マクドナルドはもちろん、市民プールもスケート場もボーリング場も予約すると誕生会をさせてくれます。

市民プールの場合、主賓?は無料、呼ばれたお友達は割引価格(多分)の一人2.4ユーロでプールに入れます。

今回は5人お友達を呼ぶ予定でした。

ですが、一人は既に他のお誕生会に呼ばれていて、双子クンを呼ぼうと思ったら
「ボク達のお母さんは、お友達と遊ばせることが好きじゃない。今まで一度も友達と遊んだことがない。だから今回もダメだと思う」と言われてしまったそうです。ふ?ん。

本人は
「一番仲の良い子達が来てくれるからそれで良い」と話していました。

私個人はかなりの「お一人様」好きです。
ですが、子どものことになると、つい「お友達は多い方が良いんじゃない?」と思ってしまいます。

で、おせっかいにも双子クンのお母さんに直接誕生会のことを話してしまいました。

すると、下の子
「来てくれる子と双子クンのうちの一人はあんまり仲良くないんだ」と心配していました。
アラ、そう見えなかったけど結構チミも気を遣ったりするワケね。
余計なことをして済まなかった。

結局双子クンは来なくて、主賓合わせて3人のこぢんまりした誕生会になりました。

そういえば、こんなことがありました。

今年の6月に下の子のクラスはドイツに2泊の旅行に行きました。
見送りの日はお母さんはもちろん、出勤時間をずらしたのかお父さんも沢山来ていました。

私はバスに乗り込んで手を振っている下の子の近くに居て、様子を見ていました。

すると、下の子の後ろの席にクラス一恥ずかしがりやBoyがちょっとメソっとした様子で座りました。
お父さん、お母さんと離れるのがとっても心配な様子。

バスの席は後ろを除いて二人がけです。
恥ずかしがりやBoy以外は皆二人で座っています。

もしも私が恥ずかしがりやのお母さんだったら
「お友達居ないのかしら?」
「実はいじめられたりしてるとか?」とか考えたり、きわめて日本人的に
「他の子はお友達と座っているのにウチの子だけ一人で、周りのお母さん達から"友達が居ない子"と思われちゃうかも」
なんてことまで考えてしまうかもしれません。

でも、その子のご家族、皆そんなこと気にすることなく笑顔で手を振っています。

もしもその子が誰かと座りたかったら自分で声を掛けるか、先生に言うでしょう。
そうしない、ということは「一人で座りたい」ということなのです。

そしてこの旅行は自由参加なので、旅行が嫌いだったら来なくても良いのです。

考えを改めた出来事でした。
なのに、余計なことしちゃって・・・。

で、誕生会ですが、
誕生会を予約している旨を告げ、入り口でお金を払い(今回は4.8ユーロ)ます。

ブログ7
着替えるところ。男女別にはなっていません。空いているところに入り、着替えて持ち物を持って、反対側のドアを開けるとロッカーが並んでいるので、持ち物を預けます。その後シャワーを浴びますが、そこは別れていました。

受付の人から
「ケーキは食べさせるの?」と聞かれるので
「夕方5時頃」と言うと、それまでにプールを出て休憩するところに机を用意してくれます。

私はてっきりずっと付き添わなければいけないのかと思い、雑誌などを沢山用意していましたが、
「それまでにまた来て」といわれました。

子ども達の着替えの手伝いをして、私は夕方5時まで自由時間です。

今回プールでの誕生会は初めてでしたが、これは大正解でした。

もしも自宅で誕生会をするとなると

・家の掃除
・ケーキ、お菓子、飲み物の準備
・子ども達が飽きないように何か遊ぶ物の準備
・誕生会の間中、子どもの面倒を見る
・子ども達が帰った後の後片付け

と結構クタクタになりますが、プールの誕生会は
ケーキと飲み物の準備だけです。
子どもの様子は監視員さんが見てくれるし。

ブログ8
最近出来たプールなので新しくてキレイです。

なんてラクちん!

ということで、しばらく買い物など行って再び5時頃プールに戻り、子ども達を呼び寄せ、着替えを手伝い、ケーキを食べて、誕生会は無事に終わりました。

プールで思う存分遊んだので皆とっても満足そう。自宅じゃこうは行きません。

子どもも私も大満足のお誕生会でした。
2009年10月17日 (土) | Edit |
我が家は10月中旬から12月の初め迄の約1ヵ月半という短期間に家族全員の誕生日が訪れます。
もちろん、アルマーニも。

オットとアルマーニは3日しか誕生日が違いません。
「じゃぁ合同誕生会をしてあげよう」と言うと、ちょっとフクザツな顔をします。ナゼだ。

で、今日は下の子の誕生会をしたので、昨日はお誕生日ケーキを焼きました。

といっても、超手抜き。
型に入れて焼くだけ、というケーキの素を買ってきました。初挑戦。

だって、子どもなんて遊びに夢中でケーキなんてロクに食べないしさ。

袋に書かれている通り、24センチの型にケーキの素を入れてみましたら・・・

ブログ1
えっ、これだけ!?
これでちゃんとしたケーキになるのかしらん???

袋を見ても、何かを足せ、とか書いていないし、オーブンに入れたら熱で溶けて広がるのかも知れません。

焼く時間は150度で30分。随分低い温度で、焼く時間も短いな?。

さて、その焼き上がりは・・・

ブログ2
不安的中。全然袋の絵の通りにならないんですけど。

それに焼く時間が短すぎて、表面は固まっているけど、中身は未だドローっとしています。

結局、20分焼く時間を追加しました。

なのですが?・・・冷めたら表面がカチコチになってしまいまして・・・

いくら子供用、といってもこれは酷すぎるわ、ということで急遽手作りすることに。

しかし子どもの迎えの時間も迫っており、途中で中断してお迎えに行きます。

ブログ3
そうしたら、街中でトラクターのデモ行進。大渋滞。

私は迎えの時間に遅れる?!とかなりイラつきましたが、皆さんじっと待っています。
もちろん誰もクラクションなど鳴らしません。

本当に、デモに寛容です。フランス人のお方。

で、なんとか子どもを迎えに行き、夕飯の準備をし、子どもを卓球教室に送った後再びケーキ作りに取り掛かります。

そして出来たのがこちら。

ブログ5
やはり手作りの方が美味しそうであります。

そして、クッキングペーパーでコルネを作ったのですが
(長方形を半分に切って、くるっと巻く)

ブログ4
不器用なので、とっても難しかったです。
未だにナゼ出来たのかナゾ。

そしてアイシングを作り、コルネに入れて搾り出したのですが・・・

ブログ6
字が読めない状態になってしまいました。

フランス語で「お誕生日おめでとう」は「Joyeux Anniversaire」というのですが、長すぎ!

最後の一行に子どもの名前を入れて、もうすこしお星様で飾りつけをして出来上がりです。
疲れた?。最初から手作りすれば良かった。

焼くだけケーキはお味は良かったです。

次は誕生会の様子を書きます。

今日の午後は、私と下の子は誕生会、ムスメは街へ買い物、オットも後から街へ行ったそう。

最後に家を出たオットがアルマーニをハウスに入れ忘れ・・・

でも二階で良い子に待っていたそうです。ホッ

と思ったら、餌の袋にオシッコしてた!ナゼ自分のご飯にそんなことするのっ?

この「気に入らないとオシッコ」のクセ。どうやったら直るのでしょうか???

最近は「アレ?」と誰かが言うと、耳を後ろにして逃げて行きます。別に怒ったりしないんでよ、本当に!

悪いことをしてる、というのは分かっている様子なのですが・・・。困ったものです。
2009年10月17日 (土) | Edit |
今朝、ちょっとお医者さんの所に言って来ました。

ついでに新型インフルエンザの予防接種の事を聞きましたら

・新型インフルエンザのワクチンは薬局では買えない
・どこか体育館などを借り切って集団で無料で受けさせてくれる
・最初は10月1日にそれを行う予定だったけれど、15日に延び、今は30日と言われているけど定かではない
・場所と日時はテレビとかラジオで発表すると思う

ということでした。お医者さんも詳しい事を分からないんだって?。どうする?
お医者さんいわく「今の所、A型も流行ってないよ」とのこと。

やはりテレビを観られるようにした方が良いかもな。学校閉鎖も「何日まで」とかテレビで伝える、とラジオで言ってたような気がするな。まぁこれは誰かに聞けば良いんだろうけどさ。

一体いつ注射受けられるようになるのかな?。結構呑気だな。

ちなみにインターネットのプロバイダーにはもう3回も電話しました。
今のプロバイダーはインターネットと同じデコーダーでテレビが140チャンネル観る事が出来るハズなのです。

一人目「沢山の人がねぇ、デコーダーを送って、と言っているから何時送れるかわからない」
二人目「そんなの(大家さんは)頼んでませんよ」
三人目「あ?たの家はインターネットの中継地点から3300メートルも離れているんですよ。だから今の時点ではデコーダーが来てもテレビは観られません。でも近々工事をするのでそうしたらデコーダーを送りますよ」
と皆さん違う意見をおっしゃいます。

三人目の人が一番まともな事を言ってくれたので、彼を信じて
「近々っていつ?」と聞いたら
「それは言えません。毎週電話して下さい。そうしたら様子を教えられます」だってさ?。

と言われたけど面倒なので、それ以降電話していません。
フランスの「近々」っていつなんでしょうか?
2009年10月16日 (金) | Edit |
ブログ1

先週は夏のように暑いくらいだったのに、秋を通り越していきなり冬になってしまいました。

今朝、子ども達を学校に送りに行った時、車の温度計がマイナス1度になっていました。
10月では未だ早いかな、と思っていたダウンジャケットを着ないと寒くて外出できません。

そんな中のアルマーニ。

昨日はそれでも天気が良かったので日向ぼっこをしていました。

本当に太陽の光が大好きです。でも気温5度。

案外強いな?。そうそう、メキシカンへアレスのディノ君の飼い主さんは、気温0度でも服は着せない、と言ってたな。体を鍛えるためかしらん・・・?

そして、外の様子が分かるのでじっと道路を見ています。一応番犬のつもりらしい。

やはり寒かったのか10分くらいで家の中に入ってきました。十分長いけど。

・・・・・・・

昨日、スーパーに行ったらマスクが置いてありました。

こちらの人はマスクをする習慣がないので、今までスーパーでマスクなど見たことがありませんでした。

今のところ周りで新型インフルエンザは流行っていませんが、9月に学校が始まった初日に「新型インフルエンザについて」という政府発行と思われる手紙を貰ってきました(学校閉鎖があるとか色々)。

かなり前に車に乗っているときにラジオを聴いていたら「新型インフルエンザ特集」をやっていて、「1918年に流行したスペイン風邪、1968年に流行した香港風邪、と40?50年おきに新しいインフルエンザが流行るのだ」と言っていたけど、本当だ!とビックリしました。

じゃぁ次は40年後?

薬局にインフルエンザワクチンのことを聞いたら、あと10日くらいしたら買える、と言われました(こちらでは注射を打つとき、先ず薬局で買って、お医者さんに持参して打ってもらう)。

でも、毎年流行るインフルエンザもあるし、ワクチンは打ったほうが良いのでしょうか?

ちょっと緊張するな?。また去年同様毎朝お茶を飲み始めました。

ブログ2
お医者さんはどこもかなり待つので、そこで病気をもらってしまいそうで出来たら行きたくないし、迷うところです。

2009年10月14日 (水) | Edit |
ここ数日、ちっちゃい事が積み重なって気分が落ち込んでいました。またかい!

もう忘れてしまったくらい小さな事です。

えっ、そう来る!?とか
フツーの考えでは及ばない事をされてしまった、とかそんなものです。もちろんフランス人に。よく有る事です。

なのですが、それが一遍にやって来ると精神的に参って来ます。

で、オットに言ってみましたら
「一体何年フランスに住んでるのさ。そんな事、こっちじゃ当たり前なのに。上手く事が運ぶ方が珍しいんだよ」

と“オヌシ、まだまだ青いな”みたいな事を言われた訳です。

フン、オットの職場のフランス人の皆さんは本当に良い人なんだそうで、時間も約束もしっかり守ってくれるそうです。
なので、私がしばしば被っている事を聞いても「信じられないな?」と言った感じ。

ア?タの環境が奇跡のようなものよ!

ですが、クロゼットがいい加減来ない事に大変怒りまして、オットが。

だから言ってあげたさ。
「10月1日に来る、なんて言って、本当に来る訳ないじゃん。一体何年フランスに住んでいるのさ」ってさ。

でも、いい加減来てくれないと困るので電話してみましたら
「いつ配達します??来週だったら月曜の午前以外大丈夫ですけど?」って、来てたのね!

来たら電話します、って言ってたよね?こちらから電話しなかったらずっと連絡が来なかったって事?
まぁ良いよ。許してあげるさ。ガス代安くなったしさ。

段ボールのタンスも大変役立っていますが、衣替えまでしたくなかったので良かったわ?。

と、喜んでいたら?…
前大家から書き留めが来たのです。どうも「庭の修理代がどうしたこうした」って。
そんなの敷金から勝手にやってくれ!

それに、請求書が来た時に「それで良いです」ってかなり前返事してますけど??

どうも通訳さんの方にも同じものを送っているようなのでメールしてみたら
「庭の事と、水漏れの件で保険会社からの判定が下りるまで敷金は返しません」っていう内容だって!

あのね?、法律に「敷金は2ヶ月以内に返す事」っていうのがあるそうよ。
この人、自分から出て行け、と言っておきながら
「8月15日に出て行く事は許さない。一ヶ月分家賃をちゃんと払え」とか勝手な事ばかり言って、今回も勝手な事言い出してるし?!

思わず通訳さんに「一体何なんでしょうね、この人」とか愚痴を書いてしまったよ。

でもちょこっと思ったのですが、どうも奥さんいないみたいだし寂しいのかな。
良い迷惑ですけどね!

と、まだまだ青い私は再び怒ったのでした。
2009年10月14日 (水) | Edit |
今日、先月のガス代の請求が来た。

ドキドキ。中を見ると… 

23.92ユーロだって!

これはスゴい!

何がスゴいかといいますと、

前住んでいた家は、この寒冷地で断熱材が入っておらず、窓も1重だったのです。
その上アルミサッシ。

どの部屋の窓も非常に大きく(明るくて良かったけどさ)て、冬は寒い寒い。

暖房を一番強くしても、たくさん着込まないと冬は越せなかったわ。

おまけにボイラーが非常に古くてやたら大きかったの。

1年に一回点検が義務づけられていて、点検お願いしたら壊れちゃってさ、何故か。
冬なのに水風呂入っちゃって修行のようだったわ。

おまけに大家指定の業者がいい加減で「就業時間が終わったから帰る」とか言って修理を放り出して帰っちゃうし。

という感じだったので、ガス代が毎月350ユーロもかかって居たのです。

前大家め、もう出て行かせるつもりで居たのにしっかり2年目に家賃を60ユーロも値上げしたし(通訳さんが言うには、それはセコ過ぎ!そうだよね、そうだよね!)。

あの家に居たら破産してたわ?。

これから寒くなって暖房を使うから、20数ユーロでは済まないとしても?、例えば冬の間100ユーロガス代がかかったとしても、年間3000ユーロくらいは節約できそうぢゃない!?

すごいすごい!!!

今の家は不動産屋さんが言っていた通り断熱材も入っているようだし、ボイラーも1年前に新品に替えたらしいし、窓も2重だし、サッシも樹脂だし、前の家より暖かいっす。うれち?。

ちなみに電気代は50ユーロ/月。これは変わらず。

水道代が50ユーロ/月だった。

前の家では80ユーロ/月だった。

別にこの家に引っ越して来てから特に節水している訳じゃないのに何故かお安くなりました。

やっぱり前の家の水道管ヘンだったんじゃな?い?

嬉しいな?。寒くなって来たからブーツ欲しいな?。って浪費してたら同じじゃん。
2009年10月13日 (火) | Edit |
先週の水曜日は気温が30度以上ありました。

ですが、明日の最低気温はマイナス2度だって!
温度差ありすぎだわ。

いい加減冬服を出したいけど、未だにクロゼットは来ず。
どうなっているんだ・・・

最近寒くなってきたので、外出する時はアルマーニに服を着せるようになりました。

ブログ3

ブログ2
車では、こうやって顔を挟んでいます。

金曜日にチャイニーズのへアレスの飼い主さんから「足まである洋服で良いわね。どこで買ったの?」と聞かれました。日本では簡単に手に入ると思いますが、こちらでは足まである犬の服ってなかなかないのです。

で、仕方がなくアメリカから取り寄せました。

アルマーニは体臭が結構するので、一回着たら洗濯しないといけません。
洗い替えが欲しいなぁ、と思っています。

話は変わり、ちょっとデジカメの使い方を研究しまして

ブログ1
お花をキレイに撮る、というモードがあって使ってみました。
最近のデジカメの機能はスゴイねっ!使いこなせれば、の話だけど。
2009年10月12日 (月) | Edit |
ぶろぐ
あ?、目が。本当はとってもキュートなのです。頭と、足の先、シッポにちょこっと毛が生えています。

メキシカンヘアレスの彼女のお宅の呼び鈴を鳴らして出てきたのは、彼女ではなく、ご主人でした。
Staub料理教室では、ご主人も来ていたので初対面ではありません。

私は彼女はもう家に帰っていると思い込んでいるので、
「あぁ、今彼女は手が放せなくて替わりにご主人が玄関まで来てくれたんだわ」と思ったのですが、
「4時半には帰っているわ」と言っていたのに、未だ帰宅していなかったのです!

その上、ご主人にも私が来る、ということを連絡してくれていなかったようで、ご主人とても紳士的に
「間違っているんじゃありませんか」と笑顔で対応してくれました。

私は、彼女が書いてくれた手書きの家の地図、携帯番号などを見せると、その場で彼女に電話をして状況を把握してくれたようでした。

彼女が帰っていない時点で、私も「また出直します」と帰れば良かったのに、何故かあの時は図々しく上がり込んでしまいました。今思えば、ディノ君があまりに可愛くて、お宅に吸い込まれてしまったのです。

ご主人曰く、
ずっとメキシカンへアレスという犬の存在を知らなかったのだけれど、オバマさんが犬を飼うときに話題になったので、フランス何とか協会(そこに「?という犬種が欲しい」と問い合わせるとブリーダーさんを紹介してくれるのだそうです)に聞いて、この犬を迎え入れたこと。
自分がアレルギーと喘息持ちなのでこの犬を選んだのだ、ということを話してくれました。

そして、ディノ君とアルを庭に放して遊ばせました。

ブログ4

ブログ3

なのですが?・・・ 落ち着いているディノ君に対して、わんこがいる!と大興奮のアルマーニ。
もう飼い主(私)が恥ずかしくなるほどのはしゃぎっぷりで、ディノ君がお腹を出して「もうやめて?」と言っているのに、しつこく追い掛け回します。

アルマーニ、空気が読める犬だと思っていたけど、犬同士だと全く読めないのね・・・

ディノ君、本当に良い子で、てっきりアルより年上だと思ったら、未だ1歳だそうで・・・
リードなしで散歩にも行けるそうです。

そして、飼い主さんが話しかけると一生懸命話を聞こうと、首を傾げてじっと飼い主さんの目を見ます。
何でも、ディノ君に本当に良く話しかけるので、彼は全て理解できる、とのこと。

この「犬に良く話しかける」人、このご主人だけではありません。
ムスメの友達のお母さん(ゴールデンを飼っている)も一日あったことを全部わんこに話すのだそうです。で、わんこもじっと話を聞いてくれるのだそうです。

フランス人は本当におしゃべりですが、わんこにも話しかけるのねぇ・・・

すると、1時間遅れの5時半に奥様ご帰宅。
ちょっとちょっと、私が「来週伺います」と言ったら
「今日にして」と半ば強引に今日に決めたのに、1時間遅れて帰ってくるってどうなのよ。
まぁ、良いけど。

で、しつけの極意などを聞き、ついでにアルをちょっと躾けてもらいました。
アルが悪いのではないのです。飼い主が根気良く毎日少しずつでも教えなければいけないのに、3日坊主で終わらせてしまうからいけないのです。
本当に今からでもちゃんとしなければ。

ブログ6
「もうイヤだ」                     「もっと遊ぼう」

アルマーニ、その日はずっと寝ていて餌を食べていなかったので台所に勝手に行ってディノ君の餌を勝手に食べちゃうし、本当にお恥ずかしい。

途中で娘さんご帰宅。彼女もアレルギー&喘息持ちなのだそう。

ブログ5
ディノ君も自分のご飯を食べられちゃ大変だ!ってことで慌てて食べています。

いつもはディノ君は食が細くこんなにガツガツ食べないのだそうで、ビックリしていました。
・・・本当はアルもいつもこんなじゃないんですよ(飼い主心の叫び)

そして、子どもの卓球教室の時間が迫ってきたのでお暇しました。

とっても楽しかったです。ありがとうございました?。今度はウチに来てもらおうかな?。
でも、共働きでお忙しいからいつお誘いしたら良いのか迷うのであります。

ディノ君、飼い主さんに目で「助けて?」と訴えていましたが、アルが居なくなると探したりして、ちょっとは楽しんでくれた、と思いたい。

ブログ7
家に帰ってから。大満足でよく寝てました。
そうそう、肌触りはディノくんはカサカサ。象さんのような感じ。アルは人間の肌のような感じ。
同じ裸犬でも違いました。
2009年10月12日 (月) | Edit |
ブログ1
街で会ったわんこ。ヘアスタイルが決まっています。

金曜日の話ですが・・・

午後、急に思い立って、朝一度トイレに連れて行ってからずっとムスメの部屋で寝ているアルマーニを起こしてコルマールの街をプラプラしに行きました。

すると、一人の女性が近づいてきて
「なんて言う犬種ですか?」と聞かれました。
「アメリカンテリアです」と答える。本当はアルは「アメリカンへアレステリア」なのですが、「へアレス」と言っても通じないのでこの頃は「アメリカンテリア」で通しています。

「まぁ、チャイニーズとメキシカンとペルビアンは知っているけど、アメリカンもいるのねぇ」とその女性。
これはよく言われることです。アメリカンヘアレステリアは未だ新しい犬種で認知度はとても低いですから。

すると、
「私はね、チャイニーズを飼っているのよ」と写真を見せてくれました。

その女性とお肌はどうしているの(といっても人間の話ではありません。犬のお肌の手入れの話です。彼女は獣医さんのところで売っているローションを塗ってあげているそうです。って犬用ローションってどんななのでしょう?殆どの犬は毛皮があるのに)、獣医さんはどこか、など暫く犬談義をして別れました。

チャイニーズの飼い主さんと別れて100メートルくらい歩いたところで、一人の女性がビックリした顔でこちらを見ています。

・・・どこかでお会いしたわ、この方と。
ワタクシ、西洋人の顔と名前は全く覚えられません。
先ほどのチャイニーズの飼い主さんとも「獣医さんは誰?」と聞かれて、
「え?と、Bから始まる・・・」もう3年近くお世話になっているのにこのザマです。

すると、相手の方から声を掛けてくれました
Staubの料理教室で一緒だったわねぇ」と
そうそう、この前行ったStaub料理教室で隣の席に座って、とっても親切に色々教えてくれた方でした。彼女がいたからとっても楽しかったのに、すっかり忘れてしまい・・・なんて失礼な人間なんでしょう。

でも、ビックリしたのは私と偶然会ったのではなく、どうもアルマーニを見てビックリしている様子。

「なんて犬種?」
「アメリカンテリア」と先ほどと同じ会話が始まります。

ですが、今回は
「ウチはねぇ、メキシカンの犬を飼っているのよ。私の犬ととっても似ているわ!」

まぁ、チャイニーズの次はメキシカン!裸犬の飼い主さんとよく会う日です。
因みに、へアレスの犬はフランス語で

un chien nu / chien=犬 nu=裸 つまり裸の犬
といいます。

「どこに住んでいるの?」とメキシカンの彼女。
「○×村です」と私
「まぁ、同じ村よ。犬同士遊ばせましょう」

ということで、急遽夕方から彼女のお宅に行く事になりました。

「私は4時半には帰っているから」と言うので
「じゃぁ4時45分に行きます」と言って別れました。

金曜日はムスメの学校が先生の都合で4時に終わるので、下の子もetudeをつけず4時に迎えに行きます。

すると
「Bonjour!」とどなたかの声。
声の方をむくと、おぉ、ムスメの幼稚園、小学校の同級生のお母さん。
久し振りの再会です。

お互いの子どもが3歳からの知り合いです。
あの時は未だ赤ちゃんだったのに、来年は高校生。月日が経つのは本当に早いものです。
幼馴染クンのお母さんもそう思ったようで、同じようなことを言ってました。
この前生まれた、と思った幼馴染クンの弟クンももう8歳だって!
そりゃ、白髪も増えるさ・・・

で、学校が終わった下の子を拾って、学校の前の美容院に予約を入れていたので髪を切り、急いで家に帰って、金曜日は卓球教室なので準備をして、大慌てで家を出て、メキシカンの彼女のお宅に行きました。

出てきたのは、

ブログ2
メキシカンへアレスのディノ君。カワユイのぉ?。

その2に続く。

2009年10月09日 (金) | Edit |
この頃アルマーニは寝不足のようで、午前中から午後の早い時間はずっとムスメの部屋で寝ています。

理由は、今まで夜寝る時はムスメと寝ていたのに放浪するようになったからだと思われます。

最初はムスメと寝ているのですが、暫くすると私のところに来て布団に入れてくれ、と催促するので入れてあげます。

すると、私のお腹の辺りにピッタリと体をくっつけ、グイグイ押してきます。

気が付くと、アルマーニが布団の真ん中にいて、私が隅の方に追いやれて居ます。

なので、「ちょっと、あっちいってよ」と押し返すと、それが気に入らないのかムックリと起きだし、今度は下の子の部屋へ。

ある日下の子が
「夢を見ていたら急に足が重くなった」と話していたけど、それはチミの上にアルマーニが乗っかって寝ていたからだよ。

暫く下の子の部屋で寝た後は再び私の部屋へ。

「戻ってきたよ」と私の手をペロっと舐めてご挨拶します。

今度は私の枕元で丸くなって寝ます。そして朝までそのまま。

朝は、他の家族より朝食の準備のために私が30分ほど早く起きるので、私が起きると、今度はムスメの部屋へ移動。

何事もなかったかのように、ムスメと寝始めます。

こんな感じで夜彷徨っているので今まで以上に朝寝?が長いです。

そして、アルマーニが放浪していることを知っている私もこの頃寝不足気味です。
いつまで続くのかな?

ブログ1
朝寝を楽しむアルマーニ。今日は私の布団に勝手にもぐりこんでいました。
2009年10月08日 (木) | Edit |
冷蔵庫の修理ですが、
「13時より前に来ること!」と修理の人にメッセージを残しました。
火曜日に。

水曜日、電気屋さんから
「そんなに早くには行けません。でも、あなたがお子さんを迎えに行く前に修理する者を行かせますから」
私「それ、本当ですか?」
電「本当です」

よっしゃ?!ここまで来たら勝利したも同然です。騒いだ甲斐があったというものです。
他の地域は知りませんが、アルザスの人は結構時間を守ってくれるのです。

そして今日
「13時30分から15時30分の間に行きます」という電話が。

そしてそして15時15分にやって来ました!

ドアがちゃんと閉まらないのではなく、引越しで冷蔵庫が前に倒れ気味になってしまったらしく(思い返してみたら引越しの後からドアを開けるとガタガタ揺れてました)、本来なら冷蔵庫の後ろに溜まるはずの結露が前に倒れているので冷凍庫に流れ込んでしまい、氷が出来てしまっている、とのこと。

ということで、氷を取って、ガタガタを直してもらいました。

アルマーニはお客さんが来た、と大喜び。
嬉しすぎて

ブログ1
お腹がすいたのか、突然餌をガツガツ食べ始めました。

直ったのは喜ばしいことですが、毎回キーキー言わなければいけないというのは疲れます。

今日日本のテレビを見ていたら「今日の健康」がやっていて、内容は確か「大動脈瘤」の話だったような(途中から見たので定かではありません)。

静脈瘤を持っている人は
「カッとなる、など急激に血圧を上げないこと」とお医者様が言っておられました。

私、大動脈瘤が出来たら、絶対フランスには住み続けられないわ。

話は変わり、日本は大きな台風が来て大変だったようですが、
昨日はあんなに晴れて夏のような天気だったのに、
夜中に嵐のような天気になりまして。

まさか強い風&大雨が降るとは思わず、お風呂場の窓を開けっぱなしで寝てしまったのでした。
ガックリ・・・

ガックリ、といえば引越しを機にムスメに携帯電話を買ってあげました。
そのドサクサにまぎれて、オットがi phone を一緒に買いました。

先日、出張者の方や会社の同僚の方々とミュンヘンのオクトーバーフェストに行ったときに相当使ったようで、請求が

140ユーロも来ました。

ドイツなんてお隣の国じゃん。

何だよ何だよ、通貨をユーロに統一して
「ヨーロッパは一つ」
なんて言っているくせに、こういう時は「外国」なワケね。

ちぇっ、ちぇっ
2009年10月07日 (水) | Edit |
今朝、オットが「今日は大変だ」というのでナニゴトかと思いましたら、

インターネットの天気予報によると(テレビが未だ見られないので)気温が28度まで上がる、となっていたそうです。

そりゃ大変だ、と、今日は本当は洗濯をするつもりはなかったのですが、シーツや布団カバーなどなどを急いではがし、3回も洗濯機を回してしまいました。

ただ今、30度以上あるかも知れません。

明日からまた気温が下がり、どんよりな天気になるそうです。残念。

ということで、こちらのお方も今年最後?の外遊び。

ブログ1
カイカイ

ブログ2
こっちも

ブログ3
さぁ落ち着いたよ

ブログ4
日向ぼっこ最高!

蜂に刺された時に獣医さんから「外遊び禁止」を言い渡されましたが、一度外遊びの楽しさを知ってしまったので、止めさせる事はなかなか出来ません。

玄関でずっと「外に出してくれ?」とクンクンなくのです。

新しいデジカメはとてもキレイに写真が撮れます。
以前のカメラだったら、最初の二枚はぶれてしまったでしょう。

なのですが、「連写機能」が欲しくてこのカメラにしたのに、全く使っておらず。
連写してパラパラマンガみたいなものも作ることが出来るようなのですが、それを見て
「良いな?」と思って、おしまい。
もったいないからもうちょっと使い方を研究しよう。
2009年10月06日 (火) | Edit |
今日、郵便受けに知らない保険会社からの郵便が来ていた。

中を見たら、前大家の保険会社だった。
水漏れの申請書の控えを送って来た。
ってことは、こちらの言い分(大家が取れ、と言ったから洗面台を取った。工事した後の水の元栓は閉めた)を受け入れたってこと?ね。

まぁ受け入れないといつまでも前に進まないし、ということは大家の娘もいつまでも住めないし、そうするしかないよねぇ。良かった良かった。
でも、このままで済むかなぁ。心配。

今日はもう一つする事が有りました。

どうも引っ越ししてから、新しく買った冷蔵庫の冷凍庫のドアがしっかり閉まらなくなっているようで、食品はちゃんと凍っているのですが、冷凍庫の引き出しを引くと、氷がガラガラ出てくるのです。ってことは空気が入ってしまっているってことだよね?

ということで修理を頼むと、
「その村では午後の12時から18時の間しか修理に行けません」とのこと。

私は出来たら午前中が良いのです。
午後は子どもを迎えに行ったりして家を開けてしまうので。

なので、混んでいるなら待つから午前中が可能な日にしてくれ、というと
「そこは午後しか行けないのです」の一点張り。
因みに市内だと午前中は10時から13時の間に来てくれます。

午後がダメなら土曜日の10時から18時のいつかに行きます。だって。
そんな?、修理のために大切な土曜日にジッとしてなきゃいけないの!?

「それがダメなら自分で別の解決方法を見つけて下さい」なんて平気で言って来るし。
何のためにお金払って5年保証をつけたと思っているんだ!

いつも本当に不思議に思うのですが、フランスの人たちって共働きが多いのですが、こう言う時どうしているのでしょう?

宅配便だって、運悪く配達の日にいなくて再配達の為の電話すると
「明日の朝8時から夕方6時の間に行きます」とかフツーに言うし。

引っ越し屋だって週末は引き受けてくれないし。

皆貴重な有給休暇を使うのかしら???
5週間ある有給は「取らなければいけない」そうだからこんなこと事で1日や2日使っても問題なし?周りも暖かい目で見てくれるのかしらん。
「ホラ、村に住んでるでしょう?大変なんですよ?」
「そりゃ仕方がないね」なんて会話が成り立つってこと?

で、結局
「12時から18時の間に行きます」というのでそれを受け入れるしか有りません。
が、居ない間に来られても困るし、修理の人が前もって電話します、と言われたけど、迎えに行っている間に電話もらっても直ぐには帰る事が出来ないし。

こちらから連絡を取るために修理の人の連絡先を教えてくれ、といっても「教えない」だし、ムッとしてしまい
「13時以降はいないから12時から13時の間に来るように、と修理の人にを伝えてくれ」と言っておきました。

コールセンターの人は「エ?…ブツブツ」言ってましたけど
「午後しか来れないんでしょ、私は午前中じゃなきゃ困るのよ。ア?タは修理の人の電話番号は教えない、と言うしこれしか解決方法はないでしょ!」と言ったら受け付けてくれました。

でもしっかり「そんなの約束出来ませんからね」と言われちゃったけどさ。

こんなメッセージ残しても13時より前に来ることは0に近い、なんてこと分かっているのです。ですが、一度外に出てしまうと帰ってくるのはいつも18時近く。
18時以降は修理に行きません、とコールセンターは言うし、なるべく早く来てもらうにはこう言うしかないのです。

村に引っ越した、といってもコルマールの横なのです。
以前は加入していたインターネットのプロバイダーも、この村は1メガの契約しか出来なかったし(市内もそれでも18メガ)、数キロ離れただけでこんなに不便になるとは思わなかったかも。

そおいえば一つ思い出しました。

夏休みの北欧旅行、本当は別の日に行く予定だったのですが、オットの仕事の関係で急遽変更したのです。

ホテルや船会社に電話したところ、快く日にちを替えてくれたばかりではなく
「この日だったら、もっと安くしてあげられるよ」と言ってくれたりして、変更後の確認メールも直ぐに送ってくれました。

ただ酷い所が一つ。
それは、旅行保険会社。

カスタマーサービスの人は
「パソコンの使い方分からないんだよね?(ってぢゃぁ何故チミはカスタマーセンターの椅子に座っておるのだい?)。同僚に聞いてやり直してメール送るよ」と言ったきりメールが来ません。

数日後どうなったか電話したところ
「えっ?もうその日にちに変わってるわよ。メール送って欲しいの?じゃぁ送ってあげるわよ」と面倒くさそうに言われ、やっと内容変更のメールを貰ったのでした。

もちろん、フランスの会社でした。

この国絶対に先進国じゃないよ。北欧の方が余程全ての面で進んでいると思いますけど。

10月1日配達予定のクロゼットも、もちろん来ていません。

ちょっと?、フランスの人はデモ行進がお好きなようだから「もっとまともなカスタマーサービスを!」っていうデモ行進もして欲しいわ。
あ?、日本に帰りたくなった?!

何か同じようなことばかり書いてるな。私が諦めの境地に達すれば良いのかしらね。
2009年10月05日 (月) | Edit |
明日からインターネットで受講している大学の授業が始まります。

学生支援センターから来た、あとこれだけ履修しなければいけません、というお知らせを読んだら… 

毎学期結構授業を取っているわ、と思っていたけど自己満足だったみたい。�������

もっともっと履修しなければいけなかったのね。

この学校を卒業したからといって、何か大きな資格が取れる訳でもなく、就職先がすっごくある、と言う訳でもないし。

もう辞めちゃうかしら、とチラっと(いやかなり本気で)思いましたが、

子ども達が「勉強はキライだ」と言っている時に

「ア?タ達から今勉強を取ったらナニになるのだっ、何もないじゃろ!」

と喝を入れて来ましたが、私にも言える事だわ。

フランスでの生活は長いけど、長いだけで言葉が上手くなった訳でもなく、

今の私には何もないのです。

子ども達もそうだけど、今の私には自分に「何か」を身につける?見つける??時か???
いい年して、ですけど?

長い間勉強したいと思っていた事が実現した喜び、

授業を初めて受けた時
「自分から望んで始めた勉強は面白いなぁ」という感動を忘れず

また、

授業が始まれば「やっぱり楽しいではないか」と思うと思うので

明日からの授業を楽しみに頑張りたいと思いまふ。
2009年10月05日 (月) | Edit |
土曜日はデモ行進がある、ということでコルマールの街方面には近づきませんでしたが、日曜日に偵察に行ってみました。

いつもと変わらない感じでしたが、警察官がやたらといたのでやはりデモはあったようです。

街をパトロールした後は、ドイツの国境沿いの街、Brisachに行ってきました。

ブログ2

ブログ3
多くのドイツの町は戦争で破壊されているので、街並みが比較的新しく、どこも同じような感じです。

ブログ4
街で会った超小型のわんこ。お風呂に入れたら手のひらサイズ?

ブログ5
丘の上にお城があります。

今回街を歩いていて発見したのですが、この街は小さい街なのにアイスクリーム屋さんがとても多く、また、アイスを食べている人も非常に多いのです。

街角のベンチに座っている人ほぼ全員がアイスを食べていました。

・・・ということで我が家もつられて食べました。

宇都宮餃子、富士宮焼きそばのように、この街もアイスクリームで町興しをしようとしているのでしょうか。


ブログ1
休憩中のアルマーニ。昨日はとても暖かく、日向ぼっこ日和でした。


話は、変わり

ブログ6

ブログ7
今朝、子ども達を学校に送りに行く時、朝日に照らされて空一面に広がっていた雲が美しい紫色をしていたので、子どもに命じて写真を撮らせました。
夕日ではありません。

これからどんどん太陽が出ている時間が短くなり、10月末から冬時間になります。
そうすると、学校に行く時も帰ってくるときも真っ暗になります。
気温も随分下がってきて、いよいよ冬が近くまでやってきました。やれやれ・・・
2009年10月02日 (金) | Edit |
今週末はコルマールの街で、原子力発電反対の大規模なデモ行進があるそうです。

ナゼこんな小さい街で、それもよりによって週末に。
交通規制も敷かれ、街には近づけず、街中に住んでいる人以外は徒歩も禁止になるそうです。
ってことは危険なデモなのかしらね。

フランスはデモ&スト天国?です。

ブログ1
水曜日はバタバタしていましたが、クッキーを焼きました。
といってもタダ焼くだけ。初めて買ってみました。


忘れもしないムスメが生まれた年に、年金改革に反対する大規模なストライキが起きて、生活が麻痺してしまったのでした。母と叔母が産後の手伝いにパリ経由で来てくれる予定だったのですが、空港も機能しなくなってしまったので、急遽フランクフルト行きの飛行機に乗ってもらったのでした。

その頃は日本の新聞を郵便でパリから送ってもらっていたのですが、届いたのが1ヶ月経ってから。
古新聞なんかいらん!と怒ったのを思い出します。

他にも冬に一時帰国をしてパリ経由で帰ろうと思ったら吹雪で空港が閉鎖になり、ロンドンで待機。夜中にパリに戻ったら、国内線は終わっており、翌日の便で帰ろうと思ったら、突然エールフランスがストに入り気が狂いそうになった、なんてこともありました(3時間遅れで無事に飛びました)。

デモ行進もしょっちゅうしてます。
よくやるわねぇ、と関心します。
まぁ考えようによっては、何をされても黙っている日本人より余程覇気があって良いかも知れません。

ブログ2
中身はこんな

色々情報収集をしたいのですが、未だにフランスのテレビは見れず。
大家さんの所のプロバイダーはAliceというテレコム・イタリア系列の会社です。

何度も書いていますが、大家さんはイタリア系の方と思われるので、それでAliceを選んだのだと思います。
が、フランス人の間ではすこぶる評判が悪いです。

ブログ3
切れ目が入っているので、切って焼くだけ。四角いけど本当に袋の通りに丸くなるのか?
しか?し、肝心の出来上がりの写真を撮り忘れました。出来た直後にムスメから電話があり、迎えに行ったりしてバタバタしてしまったのです。
間隔が狭い所はくっついてしまいました。他は本当に丸く焼けていました。
お味はアメリカ風ソフトクッキー。なかなか美味しいです。


今のところ問題なく使えており、以前加入していたフランステレコムのOrangeより余程速度が速く快適ですが、街に販売店などを置かないので、デコーダーを買いたい、などの時に非常に不便です。

大家さん曰く「一度契約を解除して、新規で契約を結べばきっとすぐに新しいデコーダーを送ってきてくれるよ」とのことですが、そんな面倒なことはしたくありません。
なので、辛抱強く待つことにしました。
一体いつになるんだろうねぇ。

今まで殆どフランスのテレビは見ていなかったのに、見れなくなると見たくなる。
人間というのは実に我儘に出来ています。

ブログ4
最近は朝晩寒くなってきたので毛布に包まりはじめました。アルマーニを通して季節を知ることが出来ます。

突然起こるストやデモ。
そして非常に悪いカスタマーサービス。
フランスという国は人を困らせるのがとってもお好きなようです。

ストとデモを禁止するデモ行進をして欲しいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。