--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月30日 (月) | Edit |
長期出張でいらしていた方が日本にもうすぐお帰りになる、ということで、その出張者の方+同僚のフランス人家族+ウチで、約50キロ離れたドイツにあるEuropa Parkという遊園地に行ってきました。

Europa Parkは11月は閉まっていたのですが、クリスマスが近づいて来たので、週末のみ再びオープンしています。

ブログ1
入り口

ブログ2
後ろにいるネズミがこの遊園地のキャラクターであります。

ブログ3
先ずは遊園地を上から見られる乗り物に乗ってみました。
キャラクターを見て分かるとおり、ディズニーランドと似たような乗り物がいくつかあります。
リボンがかけられている球形のものは、ディズニーランドのスペースマウンテンと全く同じ乗り物です。この後乗りました。

昔はコースター系の乗り物、大好きだったんですけど。
もう年を取って三半規管も弱って来ているのでね… 
思ったほど楽しめませんでした。

あぁ、子どもが小さい時(未だ若い時)は子どもが居て乗れず、
子どもが乗れるようになったら自分が乗る事が出来ず…

ブログ4
Europa Parkという名前の通り、園内はヨーロッパのいくつかの国に分かれていて、その国の町並みが再現されています。
ここはスイス地区

ブログ5
お昼ごはんはやはりドイツ、ということでcurrywurstなんぞを食べてみました。
焼いたソーセージにケチャップ、その上にカレー粉が振り掛けられています。

デザートには

ブログ6
ドイツの有名なチョコレートメーカー、Milkaのドーナツ。
フツーのドーナツでした。これで2ユーロはお高い!

一緒に行った、フランス人一家のお子様たちは未だ小さいので怖い乗り物よりショーが見たい、ということでサーカスを見ました。

今回一緒に行って良かったな、と思った点は、ウチだけで行ったら、こういうショーなどは見向きもせず、乗り物ばかりに乗っていたと思うのですが、こうやって他の家族と行くことで、自分達だけだったら行きそうもない所に行けた、ということでした。

ブログ7
とってもカワイイわんこのショー。
最初は「まぁ、なんて賢い犬達なんでしょう」と喜んでみていたのですが、段々複雑な気持ちに。
その他色んな出し物があって、遊園地の中のサーカスとは思えない充実振りでした。

その他、時々怖い系の乗り物に乗ったり、4Dの映画を見たり、とっても楽しい時間をすごしました。

ブログ9
プラプラしていたら、スペイン地区で Eis Bar(アイスバー) を発見。
覗いてみましたが、テーブルに白い布を被せてアイスバー風にしてあるだけでした。

日が短いので、あっという間に暗くなり

ブログ10
園内とクリスマスの飾りがライトアップされ、とってもとってもキレイでした。

で、アルマーニは

ぶろぐ
疲れて寝ています。

私達が出かけている間、アルがどうしていたかは明日書こうと思います。
スポンサーサイト
2009年11月27日 (金) | Edit |
私は髪の毛が短いので、一ヶ月?一ヶ月半おきに髪の毛を切りたいのであります。

ここ2年近くは、とても良い美容師さんを見つけたので安心して切る事が出来ました。

なのに、なのに、夏休み明けに彼女、美容院を辞めてしまっていたのです。

フツーは別のお店に移る時は自分のお客さんに新しいお店を教え、お客さんも新しいお店に連れて行ってしまうのですが、
男気があった?彼女は何も言わずに去ってしまいました。
もしかして嫌われてた???でも何もしてませんけど。

仕方がないので彼女の後に入った人に切ってもらいました。

もっさりしていたので軽くしてもらいたかったのです。

新しい彼女は「未だ暑いからね?」なんて言いながら、スキばさみで私の頭の上部をじょきじょき一周。

家に帰って鏡を見たら…

頭の上の方はもっさり、そして境界線から下はすだれのようにぴらぴら…

むむむ、この髪型はまさしく「ムッシュかまやつ」こと「かまやつひろし」氏ぢゃないかっ!

私は髪の毛が短いので、「ムッシュかまやつ」短い版って感じ?

この日から「かまやつ度」を下げるためにひたすら髪の毛を伸ばす日々が始まりました。

そして2ヶ月近く伸ばし、「ムッシュ」から脱皮すべく同じ美容院の別の美容師さんに切ってもらいに行きました。

わざわざインターネットで探して印刷し、「こんな髪型にしてね」と見せたのよ。
ムッシュagainは避けたいところだし。

ベテランさんの彼女「分かったわ」と言って、丁寧に時間をかけて切ってくれました。
スキばさみも使わないで。

とってもとっても丁寧だったけど、
どういう風に理解して「分かったわ」と言ったのか
出来上がりは私が印刷して持って行ったものとは全く違う髪型にしてくれました。
「かまやつ度」はdownしたけれど。

一体今度は何処の美容院に行ったら良いのだ… 

と、ある日、銀行に用事があり、人気のない道に車を停めたら、アラ、こんな所に美容院があったのね。

野生の勘が「ここで切ってみろ」と囁くので
予約してみましたら

優しくてキレイなお姉さんがやっている美容院で、
日本の美容院ほど上手!って訳じゃないけど、持って行ったお手本に似た感じに切ってくれました。
「ムッシュ」からは完全にお別れする事も出来ました。

良かった、良かった。
今度からここに来ます。

2009年11月26日 (木) | Edit |
clematisinNLさんの Agenda in Holland に牛スジでおだしをとったおでんが紹介されていました。

牛スジでおだしをとったおでん、って一体どんなお味なのかしらん?
すっごく美味しそうなんですけど・・・

私は低血圧の上に眠りが浅いので年中疲れています。
というのを理由にひたすらボケ?っとしているのですが、
食べ物が絡むと自分でもビックリするくらいフットワークが軽くなります。

で、どうしても食べたくなり作ってみることにしました。

先ずは牛スジってフランス語でなんと言うのかをインターネットで調べ
(boeuf fibreuse とか jarret de boeuf とか言うらしい)
お肉屋さんへ。

売ってもらったのがコチラの

ブログ1
こんな骨付き肉。
なんか思っていたのとちょっと違うような気がしますが・・・

でも、奥の部屋でお肉屋さんが牛の足のスネの部分を切っていたのが見えたので、多分部位としては合っているのでしょう、どうでしょう?アレ?スネの部分だったらスネ肉ってこと?違ってたのかな???

クックパッドで作り方を調べたところ、牛スジは脂とアクが沢山出るので10分間下茹でせよ、と書いてあるのでその通りにしてみる。

日本の練り物は手に入らないので、中華食材店に売っている魚ボールなんぞを入れてみて、お野菜とおでんの素も入れて煮てみました。あっ、タコのぶつ切りも見つけたのでそれも。

そして出来たのが

ブログ2
どうも私は盛り付けのセンスがなく、そしてオシャレな和食器もないので見た目がイマイチですが、お味は、あらビックリ!いつもの魚ボールと野菜だけと比べてとってもまろやかでめっちゃオイチカッタのでありました。

私は今まで牛スジ肉でおだしをとったおでん、というものを食べたことがないので、今回作ったものがお味として正しいのかが分からん、というのが残念ではありますが。まぁ美味しかったのだから良いさ、良いさ。

そして、お肉など入れたらだし汁が濁ってしまうのでは、とか脂っぽくならないのか、と心配しましたが、下茹でをしたせいか、透明なおだし&さっぱり味に仕上がりました。

次からも牛スジ肉を入れておでん作ろ?。

clematisinNLさん、ありがとうございました?。

ブログ3
今日また Marche de Noel でマトリーショカの携帯ストラップを買ってしまった。
左の青は昨日買ったもの。今日は真ん中の白。右の赤はタリンで買ったもの。
買い始めるといろんな色のものが欲しくなる。
次は黒とオレンジを買おうかな。
・・・ってそんなに買ってどうする。
2009年11月26日 (木) | Edit |
マクドに行った後、その他ちょこっと用事を済ませて帰って来たら、

朝はピカピカしていたデコーダーの「アラーム」ランプが消えてました。

むむ、試しに電話をかけてみたら、通じる!

パソコン開いたら、インターネットも出来る!

良かった、直ってました。

大家さんも「しょっちゅう接続は切れるけど、直ぐに直るよ」と言ってたけど、その通りだな?。

それにしても人騒がせな。

これで午前中が終わってしまった。

こんな事ばかりなのだ、フランスは。
2009年11月26日 (木) | Edit |
今朝起きたらインターネットの接続が切れていました。

大家さんが加入しているプロバイダーはしばしばこの事が起きるのですが、電話をすると向こうも状況をすぐに把握してくれて、いつも数時間後には再び使えるようになります。

なので、今回も深刻に考えず、電話もしなくても良いか、とも思いましたが一応電話してみました。

すると、今回はプロバイダーも何故接続できないのかが分からないらしいのです。

結局、技術者が家に来てくれることになりました。

思ったより早く、明朝来てくれるとのこと。

けれど、電話で気になる事を言われました
「最長で15日間使えなくなります」

私はインターネット経由で日本の大学の授業を受けているので、そんなに長く使えなくなるとかなり困ります。それにテレビも見てるし。

インターネットのデコーダーがダメになっているので、インターネット電話にしている我が家は電話も使えません。

国際電話が無料になったり良い面もあるけど、全てを一つのデコーダーから、というのは危険かも知れません。

一日くらいだったら、使えなくても良いか、と思ったのですが、今晩は子どもの習い事の関係で知らない所に行く予定です。

なので、前もって場所、電話番号をインターネットで調べておきたかったのに!

ということで、前の家の近くのマクドに来ています。

インターネットって本当に便利で、こうやって突然使えなくなると本当に困りますね。

マクドでyahooが開けた時は本当に嬉しかったわ。

中毒中毒。
2009年11月25日 (水) | Edit |
今年も始まりました。Marche de Noel が。

本場はドイツですが、アルザス地方はドイツに近いのでここら辺でも行われます。

この冬は10月の中旬あたりにとても寒くなったきり、とても暖かいです。
だからか雨ばかり降ってます。

今日は嬉しいことに晴れ。
気温も18度まで上がりました。
半袖の人も見かけましたが、それはちょっとやり過ぎのような・・・

ブログ9
こんな感じで屋台が並びます。

街中の駐車場を会場に充てる上に、観光客が沢山訪れるのでこの時期は駐車場を探すのが大変になります。

けれど、寂しい季節にこのMarche de Noel が始まると気持ちもウキウキしてきます。

ブログ1
クリスマス関係のお店もありますが、多くはハムやらお菓子やら蜂蜜やら石鹸やら、まるでクリスマスとは関係のないお店ばかりです。

ブログ2
どうもこちらのクリスマスはエジプトと関係があるようなのです。

おととし下の子のクラスがMarche de Noel に行く、というのでついて行ったら
この人形たちの前で先生が学校で教えた→歌詞「エジプトからやって来た?♪(だったかな)」という歌を歌わせてました。

この前参加したstaubの料理教室でも「フォアグラの起源はエジプトにあり」の話といい、クリスマスもエジプトが関係してるらしいし、エジプト、さすがに奥が深いです。

そして私にとってはショックなことが・・・

夏にエストニアのタリンに行きました。エストニアは以前、USSRに強制的に加盟させられていた為に、ロシアの面影が残っているのです。

で、きっとここでしか買えないでしょう、と思いマトリーショカの携帯ストラップを買ったのですが

ブログ3
売ってた。まさかこんな超地元で再会出来るとはっ!
その上お値段が約半額(もしかしたらそれ以下かも)。

でもマトリーショカが好きなので、今度は青い携帯ストラップを買ってしまいました。

ブログ4
こんな乗馬体験が出来る乗り物もあったりして

この乗り物のチケット売り場にはカワイイわんこが(みにくいですが)

ラットテリア?と私は勝手に思ったのですが、Miwakoさん、どうでしょう?

ぶろぐ
しっぽが違うかな?

別の近くの会場に移動途中

ブログ5
美味しそうなマカロンが売られていました。キレイ?

ブログ6
アルはいろんなわんこと挨拶できて嬉しかった様子。

ブログ8

ブログ7
街もクリスマスの飾りつけがされていました。

Marche de Noel は毎年殆どお店は同じなんですけど、何度来ても楽しいです。
コルマールは何故かクリスマスが終わった12月31日までやっています。





2009年11月24日 (火) | Edit |
経つんですけどね、未だフランスのテレビが見られませんの。

先週ケーブルテレビの見積もりが有ったんですけどね

「フランスに住んでいるのに、フランスのテレビが2ヶ月以上見れないのよね」
と言ったら、笑ってたわ。イヤ、笑い事ぢゃないってっ!

そうそう、何故かケーブルテレビの見積もりにポリスが来たのよね。

技術者は今日、抜けられない用事があって云々…と言ってましたけど、村のポリスって何でも屋さんなのねぇ?。

で、やはりこの家はケーブルが引かれていないので
「大家の承諾を得たらこの紙にサインして役場に持って来てね。そしたらケーブル引く工事するから。そうしたら見られるようになるよ?」
とポリスが言うので

またまた仕方がない、ジェニファーに電話したのよ。
そしたら「大家に電話聞いて、また電話します」とのこと

今回もちゃんとかかって来ました
「大家さんが言うには、2つパラボラが有るって。それを使って見れば、と言ってるよ」と言うので
「一つは日本のテレビを見るために使っていて、もう一つはアナログ放送用だから、そのパラボラをデジタル用に変えないとダメなのよ。私はケーブルでテレビが見たいのよ」
と言ったならば

ジェニファー明るく
「私に任せて!」
というので、任せるよ。

でも、私が
「未だ待たないとダメなのね?」とおそるおそる聞いたらさ、
「そうよっ!」
とこれまた明るく言われちゃったよ。

ウチは未だ日本語衛星放送とロケーションフリーで日本のテレビを2つ見られるから良いけど、フランス人だったらこの「フランスに住んでいながらフランスのテレビが見られない」状況を3ヶ月(多分それ以上)我慢出来るのかしらん?

堪忍袋の緒がもうすぐ切れそうな感じ?



2009年11月23日 (月) | Edit |
ず?っとず?っと天気の悪い日が続いて、「一体どなってるんだ!?」と思っていたら、
先週の水曜日からやっと晴れた!

たくさん太陽の光を浴びるぞっ、と意気込んでたのに
・・・のに、水曜日の晩から風邪をひきました。

今回の風邪の症状はちょっとヘンで、最初のころは
疲れているのに、眠れなかったんです。

ムスメも下の子も同じこと言っていたから、私だけではない、と思う。

そんなこと知らずに、「風邪にはホットコーラが効く」と、とあるブログで読んだので、
作って、寝る前に飲んだら、

コーラにはカフェインが入っているので、ますます眠れなくなってしまった。

でもホットコーラのお陰か、飲んだ翌日は調子が良くなり、用事があって出かけたら、
またその晩から具合が悪くなり・・・

やっと良くなったゾ、と思ったら、天気は再び雨・・・
ガックリ・・・

ちなみに「ホットコーラ」とは
コーラにすりおろしのしょうがを入れて、電子レンジでチンして炭酸を抜く。
それだけです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、アルマーニのケーキですが、
アンちゃんままさんから頂いた、犬用ケーキミックスで作ってみました。

ブログ1
小型犬は一枚の1/3あげてください、と箱には書いてあったのですが、うまく分けられなさそうだったので、半分にしちゃいました。

ケーキの上には、普段あげている犬用クッキーなどを乗っけてみました。

このケーキ、犬用とは思えないくらいバニラのいい香。

ぶろぐ
作っている間、ずっと足元にいました。

あまりに美味しそうなニオイだったので、翌日の人間の朝ごはんはホットケーキに決定。

ブログ2
ケーキから目が離せません。

「良いよ」と言ったら、すごい勢いで食べ始めました。

ブログ3
顔が怖い。

そして、プレゼントは

ブログ4
ケーキにも乗せた、5センチくらいの犬用クッキーと比べてもかなり大きい骨。

ブログ5
最初は興味を示していましたが、これは失敗でした。

いつもは、10センチくらいの骨をあげています。

それくらいの大きさだと、アルも簡単に持ち運べて好きなところでかじったり、どこかに隠したり、そしてその隠した骨を子どもたちが帰ってくると
「ちょっとちょっと、今日これ貰ったよ」
と隠し場所から持ってきて子どもたちに見せたりするんですけど、
この骨は大きすぎて持ち運べにゃい。

今は見向きもせず。

大きければ良いってものではない、と学習。

大家さんちのわんこにあげようかな?、と考え中。
2009年11月20日 (金) | Edit |
アルマーニ、今日で3歳になりました!

我が家がフランスに再び来たのが、やはり3年前の11月15日。
私たちの2回目のフランス生活とアルマーニの犬生は殆ど同時に始まりました。

ブログ1
アルマーニと兄弟たち

ブリーダーさんとは渡仏する数ヶ月前からメールでやり取りをしていました。
そして、11月20日。未だ仮住まいのウィークリーアパートで「子犬が生まれたよ」というメールを受け取りました。
確か「エコーでは5匹しか確認されていなかったのに、7匹生まれてビックリした」という内容だったと思います。

ブログ2
お父さんのSpike。Spikeはアメリカからやって来ました。
なので、アルマーニが家に来た数ヶ月後、ユナイテッドケンネルクラブから、アルマーニのおじいちゃん、おばあちゃんの代からの家系図が送られてきました。
アルマーニは未だ去勢をしていないのですが、理由はフランスは病気で取らなければいけない、ということがない限り去勢をしなくても良い、と考えが一般的なのと、この家系図。
アルマーニの代で続いてきた家系を途絶えさせて良いものか、と思ってしまうのです。
なのですが、珍しい犬のため近くにお相手がおらず・・・悩みは続く
今発見したのですが、アルマーニの片耳が垂れているのはお父さん似?


その約一ヵ月後。
冬休みを利用して、子犬たちに会いにベルギーのブリーダーさんちに行きました。

7匹のうち2匹が女の子。
でも、この子達は生まれる前からスウェーデンの家族が予約を入れていました。

ブログ3
子犬が生まれる直前のお母さん、Lovely。

本当はウチも女の子が欲しかったのよね、とちょっと残念だったのも覚えています。
今はアルマーニがウチに来てくれて本当に本当に良かった、と思っています。

ブログ6
頭がツルツル



ブリーダーさんから「男の子だったら好きな子を選んで良いよ」
ということでオットが末っ子のアルマーニを選びました。

ブログ4
生まれた直後!

なぜアルマーニにしたのか、というのは以前書いたような気がしますが
子犬たちの遊んでいる様子を見て、アルマーニが一番おっとりしていたから、だそうです。

アルマーニを受け入れたのは忘れもしません、翌年の1月27日でした。
ベルギーとフランスの間の地、ルクセンブルグで待ち合わせをしました。

ブログ5
お母さん&チビッコたち。アルマーニは顔はお母さん似だと思う。

その前日に雪が降り、当日はとても寒い雨の日でした。

アルマーニは、お父さん、お母さん、他の兄弟から引き離された恐怖と寒さでガタガタ震えていました。

ブログ7
ブリーダーさんから引き渡された日。車の中で疲れて寝る。

その晩の夜泣きは本当にひどかったわ。

未だ自分達の生活立ち上げも終わっていないうちに迎え入れた新たな家族。

ブログ8
今の一番の後悔は子犬のころの写真をあまり撮っていないこと。
あっという間に成犬になってしまうのだからもっともっと写真を撮っておけば良かった。
この通り、家具も未だ揃っていません。後ろには段ボールが。


犬の飼い方もよく分からない、フランスの犬事情も全く知らない手探り状態で始まったアルマーニとの生活ですが、今はアルマーニのいない生活は考えられません。

ブリーダーさんのアドバイス通り、生後3ヶ月から犬の学校に行ったお陰か、アルマーニは犬&人間大好きなわんこに育ちました。

ブログ9
生後4ヶ月。ずいぶん大きくなりました。

毛がないので、よく「fragile(壊れ物)な犬(扱いが難しい犬)か?」と聞かれますが、この前ひどい下痢ピーをしたくらいでとても丈夫なわんこです。

これから子どもたちが学校から帰ってきたら、アンちゃんままさんから頂いた犬用ケーキミックスでケーキを作り、お祝いをしたいと思います。

ブログ11
そして今日。カメラが嫌いなので、向けるとこんな感じ。

アルマーニの子犬のころの写真は

cattery beauty(オランダ語です)

で見ることが出来ます。

ブログ10
やっと前を向いてくれたと思ったら・・・こんなお顔だし
「アルマーニはお母さん似」と先ほどは書きましたが、こう見るとお父さん似かなぁ。前はお母さん似だったのに。犬も顔が変わるんですねぇ。
2009年11月18日 (水) | Edit |
本日2回目」

今日の午後は下の子のスイミング教室の日でした。

終わった後、着替え室から出て来る下の子を3人掛けベンチの横に立って待っていました。

そのベンチには既に2人の人が座っていました。

すると一人の女の人がすーっと来て

「ここ座って良い?」と聞いて来たのです。

もちろん、空いていますし、誰が座っても良いベンチですから

「どうぞ」と言いました。

やっぱり、これがフツーじゃないかしら???

あのストラスブールでの出来事がヘンだったのよ、と思いたい。
ストラスブール その1
 ストラスブール その2

ちょっと安心しましたよ。本当に小さい出来事だったけどさ。

2009年11月18日 (水) | Edit |
昨日の晩はまたまたStaub鍋の料理教室に行ってきました。

今回は、クリスマスが近いからかフォアグラのテリーヌです。

実は、フォアグラは好きではない、というか嫌いなのですが、家庭でフォアグラのテリーヌを作ることが出来るなんて、と、どうやって作るの?という好奇心が勝り行ってみました。

ブログ1
メニューがフォアグラだからか、今までは10人前後、この前は魚料理だったから人数も少なかったのに、今回は25人近くも来ていました。

先生も「みんなフォアグラに会いに来たんだね」みたいなことを言っていました。

フォアグラの前に、デザートの「グレープフルーツのムース」を作り始めました。

ムースを一通り作り、冷やしている間に

ブログ2
フォアグラのテリーヌに取り掛かります。

その前にフォアグラの歴史を話してくれました。
どうも起源はエジプトらしい・・・
くらいしか分かりませんでした。
あと産地とか話してたな。
アルザスも結構有名ですよ。
でも東欧産が多いらしい。

作り方をメモしましたが、やはりかなりの手間と時間がかかります。

・パン粉をたっぷりのバターで茶色になるまで炒めて、塩、胡椒を振る
・フォアグラを手で4つぐらいに割り、血管などを取る。
・大皿にフォアグラを置き、塩を振って冷蔵庫に1時間置く
・その後取り出し、60度に温めたフライパンで焼き色をつける(温度に注意。高いと溶けてなくなってしまいます)
・胡椒を振る
・ザルに取り出す(油を切る)
・フライパンに残った油は小皿に入れて冷蔵庫へ(ゼリー状に固まりますので付け合せに)
・砂糖、ムスカ、4種類の香辛料が混ざったもの(中華の五香粉みたいなもの)を混ぜたものをフォアグラに振り掛ける
・ラップして冷蔵庫に2時間
・冷凍庫に冷やしておいたテリーヌ皿にフォアグラを詰める
・その上にバターで炒めたパン粉(これにも香辛料を混ぜておく)を振り掛ける
・再び、フォアグラ、パン粉の順に詰める
・ラップをかける
・重しを乗せて冷蔵庫に一晩

出来上がり!

出来たのが

ブログ4
こちら

付け合せは極めてシンプルなものにするように、とのこと

ブログ3
ということでロケットのサラダ。くるみ油で作ったドレッシングが和えてあります。
それと、ガーリックトースト。
ソース代わりに、甘めの白ワインのゼリーと、先生お手製のデザートで使ったグレープフルーツの皮で作ったチャツネ、とフォアグラの焼き汁を固めたもの。

お店の人がご親切にも、端っこを切り落とした部分=一番厚いところをくださいましたの。

・・・けれど、私はフォアグラが苦手なの。
そして、香辛料も苦手なので中華の五香粉のようなスパイスが結構効いていて・・・
最初の数口はガーリックトーストと共に美味しく頂いたのですが、だんだん苦しくなってきました。
特に、ガーリックトーストが終わってしまった後は辛かったわ。
お店の人がパンのお変わりを持ってきてくれたので生き返りました。

周りの人たちはフォアグラが好きでこの料理教室に来ているので
「ウマイ、ウマイ」といって食べていました。
というか、殆どの人がおかわりしてました。すごいな?
私はガーリックトーストの方をおかわりしました。

その後しばらくフォアグラのテリーヌの話をしてくれていましたが、ヘビーなものを食べて放心状態で聞けず。

そして、デザートは

ブログ5
こんな感じ。

作り方

?下準備?
・板ゼラチンは冷水に10分入れて戻しておく
・卵は卵黄と卵白に分けておく(卵白は冷蔵庫へ)
・グレープフルーツは果汁を絞って漉しておく

・牛乳を温める
・卵黄に砂糖150グラム入れてよく混ぜる
・温めた牛乳を加えて鍋に戻し、とろみがつくまで温める
・これにゼラチンを加えて漉す
・氷水で冷やす
・グレープフルーツ果汁を加える・・・?
・冷やしておいた卵白に塩を一つまみ入れて、角が立つまで泡立てる
・卵白に砂糖を加えて、再びよく泡立てる
・冷やしておいた?へ卵白を混ぜる
・型に入れて冷やす

食べてみましたが、ゼラチンが多いのか口当たりは「白はんぺん」の様。
個人的にはゼラチンをもう少し控えても良いかも、と思いました。

そして、こちらの卵はサルモネラ菌が怖いので、生卵は食べないほうが良い、と聞いていたのですが、このお菓子、思い切り生卵を食べているんですけど。大丈夫なんでしょうか?

フォアグラも試食できて、毎回その料理に合ったワインも出してくれます(おかわり自由)。
これで10ユーロなので結構お得かもしれません。

来月は焼いたフォアグラだそうです。
ちょっと欠席だな・・・。

Terrine de Foie Gras de Canard a la Fleur de Sel 材料(4人分)

・鴨のフォアグラ  500g
・パン粉   90g
・あら塩   10g
・胡椒     5g
・バター   25g
・甘めの白ワイン  20cl
・板ゼラチン     1枚

香辛料
・砂糖   小さじ1
・ムスカ  少々
・4つの香辛料が混ざったもの 小さじ1/2

Version Glacee au Pamplemousse Rose(4人分)

・グレープフルーツ果汁(赤)  2個分
・牛乳              50cl
・卵黄               3個分
・卵白               3個分
・砂糖              200g
・板ゼラチン            4枚

*グレープフルーツ以外にオレンジ、レモンでも可

ブログ6
昨日のアルマーニ。
じっと見ているのは、鴨サン(アラ、私その晩、食べちゃったのね)。
こんな風に昔も川でボケ?っとしたことあるな、と思ったら・・・

子どもたちもこうやって川で泳いでいる鳥を見てたんだわ。
子どもも犬もやることは同じだね?。
2009年11月17日 (火) | Edit |
ここで散々冬季ウツだ、と書いたお陰かずいぶんここ数日はラクになってきました。

けれど、昨日はいけないものを見てしまいました。

ブログ1
出張者の方から頂いた鯖棒寿司。
これ自体はありがたやアリガタヤ、なのですが・・・

右下に書いてある「成田空港」の文字!
この文字を見た途端「あ?、成田空港に行きたい」となってしまいました。
ヤレヤレだ・・・
見てはいかん、と速攻で開けてムシャムシャと食べてしまいました。

さて、大家さんあてにかかってきたイタリア食材のお店からいくつか食材を買ってみました。

ブログ2
こんな感じで届きました。

今回は生ものも3つほど頼みました。

「クール宅急便」がないので、どうやって送ってくるんだろう、と思っていました。
生ものを送るために送料+梱包量5ユーロとられたのです。

そうしたら、フツーの郵便局の小荷物でした。
生ものは発泡スチロールの箱の中に保冷剤が沢山。

ですが、フツーの郵便局の小荷物で送られてきたので数日かかっている上に、配達日が土曜日。
私が下の子をフランス語のレッスンに連れて行っている間に郵便局の人が来ました。

家にはムスメがおったのですが、音楽を聴いていたとかで郵便局の人が来たとは気付かず。
不在表がポストに入っていました。

ということで、この荷物を受け取れたのは月曜日の朝でした。
果たして生ものはどうなっているのか・・・

今回お取り寄せしたものは

ブログ3
オリーブオイル、ガーリックオイル、アイオリソース、ツナ&アンチョビペースト
生ものは、ハム、マグロのハム、そしてバッファローの乳から作られたモッツアレラチーズ。

モッツアレラチーズは特に好き、というわけではありませんが、バッファローの乳で作られたものは、牛乳で造られたものより数倍美味しい、と聞いたことがあったので試してみたくなってお取り寄せしてみました。

早速昨日の夕飯は、ガーリックオイルを使ったパスタとツナハムを試してみました。

ウムウム、ガーリックオイルを使うと、まるでレストランのお味だわ(と自画自賛してみた)。
けど、このオイルは多分スーパーでも見つけられるかも。

ツナハムも大丈夫でした。
イタリア人もマグロ大好きなのね。

今朝はパンにツナ&アンチョビペーストをつけてみる。
ウム、これも美味しいであります。

今回はたまたま生ものも大丈夫だったけど、夏に生ものは怖くて取り寄せ出来ないかも、と思いました。

さて、昨日のアルマーニ

ブログ4
子どもたちの迎えの時間近くになったら「早く出かけよう」と玄関で待っていました。

ブログ5
散歩でヨークシャテリアとご挨拶。

ブログ6
このごろは本当に日が短くなってきて、4時半を過ぎると暗いです。
でも、考えてみたらあと1ヵ月後には冬至。また日が長くなります。
そう思うと元気も出てくるってものです。

夜は、ムスメを子宮頸がんのワクチン注射に連れて行きました。
フランスでは、病院にかかるとき、一般医、という何でも診てくれるお医者さんに先ずかかり、その先生が専門医に行った方が良いだろう、と判断すると紹介状をもらって専門医にかかる、というケースが多いです。

注射を打ってもらう、なども一般医の先生に打ってもらいます。

この前の季節性インフルエンザの時と同じ、村の一般医の先生にお願いしました。

この先生にしたのは、ただ予約を取ってくれる、というだけだったのですが(多くの一般医は予約を取ってくれないので長時間待つことになります)、女医さんで気さくなとても良い先生です。

日本は「3分診療」なんてよく言われますが、こちらは大体一人20?30分診て貰います。
一体何をそんなに話すのか。そんだけ話せるなら元気じゃろ、とよく思います。

今回も予約をしていたにもかかわらず、時間通りに行ったら、未だ待合室に一人いました。

一人ならそれ程待たないでしょう、と思ったら大間違い。
40分待ちました。

ですが、待っても良いか、と今回は思いました。

何故なら、先生がこの子宮頸がんのことについて、ムスメに体の図鑑みたいなものを使って細かく説明してくれたのです。

私も最初はマジメに聞いていましたが、だんだん分からなくなり・・・ボケ?っとしていました。
こういうことを教えてくれるって大切じゃありませんこと?

とても話し易い先生なので、お願いして子どもたちに体のことや、自分の体は大切にしましょう、なんて話をしてくれないかな、と考えてしまいました。

忙しそうな先生だけど、今度自分が用事(というか病気になって?)があって先生と話す機会があったらダメもとでお願いしてみようかと思っています。

そして今日、大学の授業でこんなことを聞きました。

・新型インフルエンザは「新型」ではなくなって、来年から季節性インフルエンザの仲間入りをする
・ピークはこれから
・なのでどうせ罹るなら今インフルエンザになった方が良いかも。何故ならピーク時に罹ったら薬が不足して今だったら貰えるお薬がもらえない可能性もある。
・ワクチンが病院によって値段が違うのは、1瓶で2人注射を打つことが出来る。もしも上手にワクチンの瓶をさばける病院だったら値段が安いけれど、残ってしまうことが多い病院だと値段が高くなる。
平均価格は3000円くらい。5000円くらいとる病院は儲けすぎかも。

2009年11月15日 (日) | Edit |
さっきは「明日に」と書いたのですが、その後突然ブログを書く気になりまして・・・

ブログ2
Charolais牛。日本の神戸牛や松阪牛みたいな感じ?

私は家族の誕生日を祝うのが好きであります。

それは、私が家族思い、と言うのではなく、メデタイというドサクサにまぎれて、普段は高そうで買えない食べ物を買って食べられる、というドス黒い優しさ?から来ているのであります。

で、もうすぐオットが誕生日なので、今日は焼肉だってことで(これも私が食べたかったから勝手に決定)、↑のシャロレー牛を購入。

毎日通る村のお肉屋さんにシャロレー牛の看板が出ていて、食べてみたいものだ、と思っていたのです。

土曜日に下の子がフランス語のレッスンに行っている間に、薄切り肉(フランスは塊肉しか売っていないので、日本人がよく行く、というか薄切りにしてくれるから日本人が行く肉屋に行って「薄く切ってくれ」と頼んで買わなければなりません)を売ってくれるお肉屋さんに行った。

けど、そこでは売っていなかったのであります。

で、どうしてもシャロレー牛が欲しくて、村のお肉屋さんへ。

聞いたら、そこは牛肉=シャロレー牛しか置いていないそう。隠れた名店???

フンパツしてヒレ肉を300グラムほど購入。お値段約13ユーロ(だったかな)。でした。松阪牛よりかなりお手頃。
というか日本で売っている牛肉と同じくらい?

その他、

ブログ4
お花。お花のある生活をしたいものだ、と常々思っていますが、現実は・・・ということでこういう時に買ってみた。白と緑でブーケを作っちくれ、と頼んだらこんな感じになりました。
ちょっと淋しいかったかも。

ブログ3
フルーツタルトも。「お誕生日で」と予約したので、なんだか大きく「誕生日おめでとう」なんて書かれていました。

さて、肝心のお肉のお味は・・・
こちらの牛肉は飼料がそういうものをあげているのか、とにかく臭いのです。
特にスーパーとかで売っているものは。腐っているのか?と思うほど。

でも、このお肉は全く臭くなかったです。
ヒレ肉だったからとっても柔らかかったし。
けれど、街中で買ったフツーの牛肉も美味しかった、というかこちらの方が私は好きかも・・・
でもまぁ良い経験?として。

フルーツタルトももちろん、おいちかったであります。
あ?、食べたかった物が食べられて満足満足。
半月後にまた家族の誕生日があるんだよね?、何を食べよう。

そして今日。

こっちの人は自分の誕生日に、自分でケーキを学校や職場に持って行って祝ってもらいます。

子どもたちが小さい時はクラスの人数分のケーキを焼いて持たせたりしたけど、もう大きくなったので、やれやれ開放されたよ、と思ったら・・・

オットがナニを思ったのか、今年は職場に持って行こうかな、と言い出してサ

私も肉やらケーキやら食べたい物を食べてしまったので、おぉ良いよ、と引き受けたのですが・・・

大きい(24センチ型)ケーキを3個作るって案外大変だったのね。
子どもの時だって2個しか作らなかったのに。

来年はたとえ何を食べたとしても断らせていただくわ。

ブログ5
フランス人はチョコレートケーキが大好きだからこれ二つと

ブログ6
家にリンゴがあったので、リンゴケーキ。
初めて作ってみた。左下が欠けているのはどんな出来か、と味見をしたため。

ケーキ作りの合間に昼ごはんの支度やら、子どもの勉強やらを見てあげ、結構疲れましたがこの後休む間もなく

ブログ1
クリスマスツリーなんかを出して飾ってみました。

今年は、白×金の組み合わせ。
買ったお花といい、クリスマスツリーの色といい、やはり冬期うつだからか薄?い色を選んでしまった。

日本にいた時はクリスマスの色、といったら赤×緑だったけど、こちらに来て感動したのが、いろんな色の組み合わせでツリーを飾っていること。
青×金、ピンク×白(または金)、緑×オレンジなどなど。毎年新しいクリスマス飾りが欲しくなります。

でもねぇ、出すときは楽しいから良いのよ。
問題は仕舞う時。
すごく埃をかぶっているし。

子どもたちに「仕舞う時もちゃんと手伝うんだよ」と念を押しておく。

夕飯はオットが出張者の方と外食をする、というので、私も疲れていたので
Buffalo Grilleへ。

そうしたら、いつも落ち着きのない下の子が、スプライトの入っているコップをひっくり返し、
隣に座っていた私は、パンツまでしみちゃって・・・

最後まで疲れた一日でした。
今日はこんなで一日中うちの中にいたし、天気も悪くて、気持ちは落ち込まなかったけど「食べたい」という気持ちが強くて、お腹一杯だったのに、お菓子を沢山食べてしまった。

ブログ7
新しいおもちゃで遊ぶアルマーニ。
といっても色違いで2個目。
1.9ユーロと安いのですが、壊し屋のアルマーニがいくら噛んでも壊れない。超優れもの。
しかし中国製だった・・・
2009年11月15日 (日) | Edit |
今思い出しました。

この前フライブルグに行ったら、FOREVER18 っていうお店がありました。

今話題のFOREVER21に対抗して名付けたのかしらん???

ホームページを見てみたら、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ロシアにお店が有るらしい。

フツーの若者向けの洋服屋さんでした。

話は変わり、今日は朝からたくさん働いて疲れた。

その内容はまた明日にでも。
2009年11月14日 (土) | Edit |
ジェニファーからは電話が来ないだろう、と思っていたら・・・

ナント、来た!来る訳がナイ、と思い込んでいたのでビックリした。

大家さんが電話します、それから都合の良い時にうちに修理に来ますって!

ビックリしたのでMerciを何度も言っちゃったけど、考えてみたらジェニファー当たり前の事しただけだったね。でも良いの良いの。

大家さんからは未だ電話来ないけど気長に待ちます。

さて、昨日、街をブラブラしていたら

ブログ3
こんなもの見つけました。
Weleda の Sea Buckthorn Juice (仏語 Jus d'Argousier)
Sea Buckthornって何でしょう?
日本のWeledaのホームページ見たら、ヒッポファン って書かれてましたけど、何者?
日本のサイトはあまり詳しい説明が載っていなくて残念。

ビタミンCが沢山含まれていて、そのほかビタミンEとベータカロテンなども入っているようです。

フランス語の説明書には、冬に備えて秋に3週間飲むと良い、とか書かれていますが、英語のほうには書かれていない。なぜだ?


でもまぁ、良いや。効くと良いな?。もう遅いかな?

またまた話は変わり、

ブログ1
これは、先週日曜日に行ったEguisheimの道端に備え付けられていた、犬のウンの処理袋。ご丁寧にも絵の解説がついています。

こちらは

ブログ2
こちらはコルマールのもの。「Ville de Colmar」なんて書かれているから、オーダーメイドかしら?

いろんな街の道端にこのわんこの袋が置かれているので、これから集めてみようか、と思っています。ちょっと趣味悪いかしらん?

そしてそして、今朝のアルマーニ

ブログ4
拗ねて遠い目をしています。

今まで夜もムスメか私と一緒に寝ていましたが、最近ハウスで寝かすようにしました。
あんまりベッタリも良くないかと思って。

最初の晩は一晩中夜泣きをされて参りました。
今は静かに寝るようになりました。

今朝は、とっくに起きているのにハウスから出てこず、こうやって一人拗ねていました。
困った僕ちゃんです。

2009年11月13日 (金) | Edit |
朝、冬期うつのことを書いたばかりですけど…

今の家はこの家を仲介してくれた不動産屋さんが管理しています。

通訳さんが言うには、これは良い事だそうです。

フランスは賃貸の場合、不動産屋は店子を見つけたら役目はお終いで、家の管理は大家がします。

良い大家に当たれば幸せですけど、借りるまでは良い人だけど、借りたら後は知らんぷり、とか出て行くとなったら人柄が豹変し、嫌がらせをする大家もいたりします。
ウチの前大家は借りている間もヤなヤツだったので、これは最悪です。

なので、不動産屋が間に立ってくれる、というのは何かと心強い…ハズでした。

けれど、この家を紹介してくれた賃貸専門の人は信用出来たんだけど、管理担当のお姉さん(ジェニファー)は全くアテにならないのです。

今まで2回テレビの事で電話して、毎回「大家に聞いてあなたに電話します」と言うのに、かかって来たことがにゃいのです。

彼女からの電話を待っている間に大家さんにバッタリ会って解決してしまう、って感じでした。

で、今回は、コンロの火が一つつかないので修理をお願いするためにジェニファーに電話。

いつもの通り「大家に聞いてあなたに電話します」と言うので
「私に電話くれるんですよね」と念を押したら
「そうですよ」と言うので待ってたら…やっぱり来ない。

一週間待って電話したら、ジェニファーとっても明るい声で
「Vous allez bien(お元気?)?」とか言うワケよ。bienってあたしゃ、あ?たの電話をずっと待ってたんだけど???
「コンロの返事、ずっと待ってたんですけど」と言ったら
ジェ「あ?、アレ?火がつかないのが普通だって」
私「だから修理してくれないってこと?」
ジェ「そう」

いつもの私だったら「それヘンじゃない?」とか言う所だけど、ホラ、今、私冬期うつだから、おとなしく電話を切ったのです。
ジェニファー電話切る時「Tres bonne journee(とても良い一日を!)!」だって。趣味の悪い冗談かしらね。

そして考えたのです。何故電話をする気もないのに「電話するわ?」なんて言うのか。それともまともに信じている私がバカなのか、とか。
ナンデ大家さんは「火がつかないのが普通」と言って修理してくれないのか、とか。

でも、コンロの火が一つつかなくても大して困らないので放っておきました。

そして昨日。不動産屋さんから手紙が来る。

日本の手紙も「拝啓、益々?」とか言い回しがくどいけど、フランスの手紙もやたらにくどいです。どうも、ボイラーの点検の事みたい。
私はストレートな物の言い方しか出来なくて、よくフランス人をムッとさせたり、ビックリさせます。こんなでストレートな言い方しか知らないので、ストレートに言って来て欲しい訳です。

仕方がなく再びジェニファーに電話する。
本当は極力電話はしたくありません。
だって、「またフランス語が大して出来ない女がわーわー言って来てる」と思うのよね。

で、電話したら案の定、ジェニファー「あぁ、○○さん…」と話したくないオーラが伝わって来ましたわよ。

手紙の内容は簡単で、ボイラーの点検をしたいから近々業者が電話しますよ、ってだけでした。

もう何度も電話したくないので、コンロの事もまた聞いてみました
「ナンデ大家さん、修理してくれないの?私、家賃払ってるじゃん」と超ストレートに。
ジェニファー暫く黙った後「分かりました。もう一度大家さんに頼んでみます。そしてあなたに電話します」と毎度の返事が来たからさ、
「あなたいつも電話する、って言うけど、一度も電話してくれないよね、ナンデ?」
この言葉にジェニファーかなりムッとしてました。

フランス人は自分がいけないことをして、それをズバっと指摘されると、間違いを認め、カイゼンするどころか、逆にいじけて仕事を全くしてくれなくなります。

そうなるとかなり面倒な事になるので、昔は「私のヘタなフランス語であなたの気分を悪くしたらゴメンナサイね」とか「もしご迷惑でなかったら…」なんて事を言いながら物事を頼んでいたのですが、もう頼まなきゃ行けない事が沢山あっていちいちそんな事言うの面倒でさ。それに、何故そこまで私が言わにゃならんのだ。

今度も電話来ないだろうな?。
冬期うつの原因は太陽の光不足だけじゃないんだよ、フランスに居るとさ、とか思ったりします。


2009年11月13日 (金) | Edit |
昨晩、11時半頃、さぁて寝ようかな、と思っていたら、
ピンポ?ン と呼び鈴が。

そのちょっと前にオットが車に忘れ物をしたのか外に出て行ったので、オットが鳴らしたのだ、と思ってドアを開けてみると、向かいのディスコに来ていたと思われる青年二人

「友達がゲロ?っとしてしまったのでウンタラカンタラ…」
最後の方が何を言っているのか分からなかったのだけど、きっとこんな物が欲しいんでしょう、とキッチンペーパー、ゴミ袋、たまたま小さいペットボトルに水が入っていたのでそれらを渡したら、ありがとう、ありがとう、と言って去って行きました。

良いけどねぇ、ディスコに頼んだら良いんじゃないかしらね?
今回は偶然が重なって玄関のドアを開けちゃったけど、今度は防犯上良くないから開けないようにした方が良いかも?。


*********************

突然ですが、私はベルギーやオランダが好きです。
焦げ茶のレンガ作りの家、めっちゃカワイイし。
食べ物も美味しいし。

フランス人は同じフランス語を話すベルギー人の事を「田舎者」と揶揄しますが(フランス人はフランスとフランス人が世界一と思っているので、何処の国の人の事も悪く言います)、旅行に行くならフランスよりベルギー、オランダに行った方が良いと思うのです。

なので、オランダに住んでいる clematisinNL さんが書いている agenda in Holland によくお邪魔してオランダ情報を得ています。

私などフランスに13年も住んでいるけど、「フランスってどんな国?」と聞かれても
「偏屈な人と変人が沢山住んでいる国」としか答えられません。

けれど、彼女のブログの尊敬してしまう所は、生のオランダ情報が沢山載っているところです。

毎回スゴいな?、オランダに溶け込んでるわ?、と思いながら読んでいます。

またまた突然ですが、私は今「冬期うつ」です。

もうすぐ冬が来るぞ、と覚悟していたのになってしまいました。

私の場合、
・気分が落ち込む
 日本に帰ったらバラ色の人生が待っている訳でもないのに、日本に帰りたいと思う。
 もともと好きでここに居る訳ではないので、尚更強くそう思ったりする。

そして、そして、 agenda in Holland に「冬期うつ」の事が書かれていたのですが、「やたら甘い物が食べたくなる」のです。

今回ブログを紹介させて頂くにあたり、前もって「私のブログにも書いて良いですか?」とコメントを残した所、ご親切に「“冬期うつ”で調べると色々出て来ますよ」と教えて下さいました。ありがとうございます。

で、早速調べてみたら、過食も冬期うつの症状の一つだったのです!

ちょっと前からお腹いっぱいなのに、何かを口に入れたい、という衝動が押さえられず、食べても気持ちは満たされず、どうしたんだろう?と思っていたのでそうなんだっ!と分かって納得と嬉しい気持ち。

以前、冬期うつには「ライトセラピー」という健康器具???が効果的、とやはりブログに書かれていたので、それも調べてみました。

フランス語では「luminotherapie」と言うそうです。

日本でも売っているようです。

フランスでも探すと70ユーロ台から見つけられます。

今年はうつの状態が酷いので、買ってみようか、と悩んでいます。
でも、私の場合買ったら満足して使わなそう、とか色々悩みます。

そして、過食の原因が分かり、気持ちが楽になったので過食をコントロール出来るようになったのでもういいかな?、とか。

日本に居たときは太平洋側に住んでいて、太陽の光を一年中浴びられる、ということは当たり前だったので、こんなに光が大切だとは思いませんでした。

一方で春になると花粉症が始まってしまうので悩ましいところです。

もう一つ、lunimotheratpie と似たもので Simulateur d'aube (simulateur=似ている、aube=夜明け)と言う物があります。これは、目覚ましと同じで、起きたい時間にセットしておくと、その15分くらい前から徐々に日の出のように電気が明るくなり、私が目を付けたものは、鳥のさえずりで起こしてくれる、というものです。

冬期うつには朝日を浴びるのが効果的らしいので、このような物が出来たのでは、と思います。

そして、確かに私も年が明けて鳥のさえずりを聞くとウツが治るのでこちらも良いかも知れません。

しか?し、この前行った電気屋の姉ちゃんが「コレは効果が余りない、luminotherapieを買え」と言うのです。値段を聞いたら、その電気屋においてあるluminotherapieは170ユーロ。私が買おうと思っていたsimulateur d'aubeは70ユーロ。

電気屋の姉ちゃんも私も専門家ではないけど、もしかして高いのを買わせたかったのかなぁ。やだわ?、そんなこと考えたらまたまたウツになっちゃうわ。
2009年11月12日 (木) | Edit |
昨日は第一次世界大戦休戦記念日で、フランスは戦勝国だったのでお休みでした。

負けてしまった、ドイツや永世中立国のスイスなどは平日です。

ということで、またまたフライブルグに行って来ました。

ここら辺に住んでいるアメリカやカナダの人はフライブルグが好きだ、と以前書きましたが、コテコテの日本人の我が家もフライブルグの方が好きです。

街の規模も大きいのでエレベーターやエスカレーターがついている建物がいくつかあり、ってこれヘンなことは書いてないです。
コルマールにはエスカレーターが一対(というのか?)しかないのです。

それも、地下から地上に上がるため、だけ。

エレベーターは、アパートにはついてますけど、商業用としては、2つのスーパーが地下駐車場から店に上がるためのものがあるだけです。
つまりデパートのようなものは全くないんですね。

お店もフランスはどこに行っても大体同じようなチェーン店ばかりで代わり映えしませんが、フライブルグはそういうお店はもちろん、個人商店も沢山あるので歩いて楽しいのです。

特に、キッチン用品のお店が沢山あってワクワクします。

なにより、フライブルグには大きな大学があり、活気があります。

ということで、辛気臭いフランスを抜け出してドイツへ出発!
田舎でもまだ隣の国と近くて良かったです。田舎+隣の国にも遠かったら目も当てられません。

ブログ1
行きはちょっと大回りをして、Illhaeuseunという村を通りました。
ここは3星レストラン L'auberge de l'ill

ブログ2
駐車場がとても混んでいました。入ってみたらフランスナンバーが沢山。
チケットが出るまで待っていたらお隣の車の運転手さんがわんこを見せてくれました。

ドイツといったら、ビール&ソーセージってことでこの前フライブルグに行った時に見つけたビアホールに行ってみました。

ブログ3
Martin's Brauというお店

頼んだのはブログ5
ビール。この濁っているのが美味しいらしい。らしい、というのは私はお酒が飲めないので分からないのであります・・・残念。子どもが頼んだコーラも同じジョッキで出てきました。

そして、

ブログ6
1mソーセージ。別のお皿にザワークラウトとジャガイモのソテーがついてきました。

ブログ7
3種類のソーセージの盛り合わせ

ブログ8
ラム肉で出来たピリカラmerguezソーセージ

やはり本場のソーセージは美味しいのであります。

フランス人は普段ドイツ人のことを「ソーセージばかり食べてる奴ら」とバカにしていますが、周りはフランス人だらけだったのよね。なんだかんだ言ってフランス人もドイツ&ドイツの食べ物が好きなんだよね。素直じゃないのです。

ビアホールの中には

ブログ4
これは何と言うのでしょう?ビールを造る機械?のようなものが鎮座していました。

その後は街をブラブラ。

今まで入ったことがなかったデパートを見たり、小道を歩いたりしたらあっという間に夕方になってしまいました。

ブログ10
デパートでわんことご挨拶。

嬉しいことにデパ地下があったので、ハムを買い込みました。

ドイツの良い所はフランスより物価が安いところです。

レストランでの食事代にしても、スーパーで売っているものにしてもフランスと比べるとかなりお安いです。

例えば、この前イタリアンの総菜屋で100グラム、4.8ユーロだった、イタリアの生ハムは100グラム約1.8ユーロ。フランスはガムがやたら高くて50粒入りのガムが約5ユーロするのに、ドイツでは100粒入りで1.99ユーロ。などなど。

アルザスの人たちがドイツまで買出しに行く、というのも納得です。

日も短くなり、デパートから出たら外は暗くなっていました。

ブログ11
あぁ、ブレブレ。街の目抜き通り。フライブルグの街は路面電車が走っているので轢かれないように、と大慌てで写真を撮ったらこんなになってしまいました。

ブログ12
大聖堂

ブログ13
これ、なんて建物でしょう?

街はクリスマスの飾りつけが始まっていました。

フライブルグはクリスマス市が立つので、また近々来たいと思いました。

*今日から新型インフルエンザのワクチン接種が始まったらしい。
このインフルエンザ、今年限りなんでしょうか?それとも来年から季節性インフルエンザの仲間入りするんでしょうか?
2009年11月10日 (火) | Edit |
この頃洋服は日本の通販で買って、転送会社経由で送ってもらいます。

フランスの服は値段の割には質が良くなく、また、質が良いものはビックリ価格。
それに、やたら胸元が開いていたり、と ザンネン な物が多いのです。

手数料と送料を払ってもフランスで買うよりお得だったりします。

あっ、でもいつだったか期待せずに入ったH&Mで売っていたお買い得品、カーディガン2枚で14.99ユーロ。これは質も良い上にデザインもシンプルなVネック。こちらで買ったものにしては珍しく重宝しています。

で、今回はユニクロで家族の物を色々買いました。

そしていつもの通りに転送会社経由で送ってもらう事に。

数日前に「EMS便で送りました」とメールが来ました。

そろそろ着く頃かな、と荷物追跡サービスで確かめようと、再びメールを見ましたら…

最近始めたサービスなのか、ずっと気がつかなかったのか、荷物の写真と送り先を書いた紙(何と言うのでしたっけ?)の写真が添付されていました。

送り先を書いた写真をじぃ?っと見たら…

住所が違う!

ウチの住所は ○×A と番地の横にAが付くのに、付いていません。これだとお隣さんに荷物が行ってしまいます。

こりゃ大変だ!

早速上手く説明出来なかった時のために簡単に用件を紙に書き、
「ウチはこの家の横です」と書いた小さい紙を書いてお隣さんへ。

こちらは引っ越して来た後、挨拶まわりをする習慣がありませんから初対面です。

呼び鈴を押すと、おばあさまが出て来ました。

先ずは「初めまして」とご挨拶。

やはり私の言っている事は上手く通じず、紙を見せる。

そして、「ウチはこの家の横です」と書いた紙をそのお宅の呼び鈴の下に貼らせてもらっても良いですか?と尋ねると、快く承諾してくださいました。

しか?し、いつもの通り詰めが甘いので、紙の上にセロハンテープを一枚くっつけた程度では風で飛んで行ってしまいました。

「スコッチ(Scotch=商品名がそのままフランスではセロハンテープと呼ばれています)を持ってまた来ます」と言った所
「私がもう一度貼っておくから良いですよ」と言って下さいました。

お陰様で荷物も無事届き、
「ちゃんと受け取りました。ご親切ありがとうございました」というメッセージを郵便受けに入れました。

荷物の住所が違っていたときは
「あ?、もう面倒!」と思っていましたが、
これがきっかけでお隣さんがどんな方か分かり、顔見知りになれて良かったです。
とても良い方でしたしね。
2009年11月09日 (月) | Edit |
この前も書きましたが、日曜日は散歩の日です。

キリスト教の安息日(だったかな)なので、お店はもちろん閉まっていますし、音を出す作業をしてもいけません。
たとえば芝刈りや日曜大工など。

芝刈りをしなければいけない時期は、土曜日に芝刈りをして、日曜日は店が開いていないので買い物もしなければいけないし、とかなり忙しいです。

で、日曜日に何をするかと言うと、信心深い人は朝は教会に行ったりしているようです。
その他、自転車に乗ったり山歩きをしたり、今の季節だと栗拾いやきのこ狩りなどをして過ごします。

もっともお手軽な過ごし方が「散歩」でしょうか。

日本はここ数十年で生活様式が大きく変わりましたが、ヨーロッパ、とくに田舎の人は数百年変わらない生活を頑なに守っているようです。

ということで、今週の日曜日も散歩をしました。

ウチの周りは特に見るところもないし、コルマールの街中もたびたび行っているのでつまらないし、ということで、近くの Eguisheim というところに行ってみました。

ここは「フランスのもっとも美しい村々」 というのに2003年から選ばれているそうで、村を花で飾る大会(?)のチャンピオンにもなっている、という美しい村であります。

ブログ1
こんな感じの町並みとか

ブログ2
こんな風に細い道にアルザス伝統の木組みの家が並んでいます。

ブログ3
犬連れさんにも沢山会ったので、アルマーニも嬉しかったようです。

また、ワインの醸造所が沢山あり、そういうお店が日曜日も開いています。
おみやげ物屋さんもちょこちょこ開いています。

ブログ5
味見をして、好きなワインを買うことが出来ます。

ブログ4
ワイン樽

ですが、昨日は朝は晴れていたのに、午後から曇ってしまい、気温も上がらずとても寒い一日でした。

暖まろうと、

ブログ6
cafeに入りました。

が、何故か頼んだものは

ブログ7
ice chocolateでした。

ice chocolateなどというメニューをここら辺では見たことがないので好奇心の方が勝ってしまい思わず頼んでしまいました。

冷たいココアの中にバニラアイス、上に生クリームが乗っています。

美味しかったけど益々冷えました。

フランスというと、パリや南仏が有名ですが、ここアルザス地方もここのようなカワイイ村がワイン街道と呼ばれている道沿いに点々とあって、なかなか有名な観光地です。

私も旅行者としてここに来たならば「なんて美しい風景なんでしょう」と感動すると思います。

でもね、住むとなるとね、これ以外なにもないからね・・・。アルザスはフランス一保守的な地域なのでね。

まぁ何もないよりマシか。
2009年11月08日 (日) | Edit |
コルマールの petite venice 方面にイタリアンのお惣菜屋さんが出来た、と聞いたので、下の子がフランス語のレッスンをしている間に行ってみました。

l'atelier des saveurs という名前です。

お店においてあったカードには地中海料理専門店となっていますが、イタリアンのお店と言った感じです。

レストランもあって食事も出来ます。

お店の中は

ブログ3
手打ちパスタやソース

ブログ4
お惣菜

ブログ5
ハムやチーズ

ブログ6
オリーブオイルや調味料などなど

今回は、手打ちパスタとミートソース、生ハムを買ってみました。

そこで、ワタクシ、またまた失敗をしまして・・・

生ハム 1キロ4.8ユーロ と書いてあるのを見て「安い!」
感激した私は、8枚(200グラム)切ってもらいました。

レジに言ったら 9.6ユーロと打たれています。

おかしいゾ、と再び生ハムの表示を見たら
100グラム4.8ユーロでした・・・
そうだよねぇ、そんなに安いわけがない。

もう切って貰ったし、後には引けないので買いましたケド。
安いから沢山買っちゃおう、と思ったけど、8枚にしておいて良かったです。

で、調理したものが

ブログ7
tagliattele a la bolonaise
ただ麺を茹でて、ソースに絡ませただけ

生ハムは

ブログ8
サラダに。
もうちょっと美味しそうに写真を撮れる様になりたいものです。
真上からというのはダメどす。
早く食べたくて写真が雑でした。

器がボールです。

言い訳しますとですね、以前はサラダ用の器を使っていたのですが、ドレッシングをあえるためにかき回すと葉っぱが散ってしまいイマイチだったんですねぇ。
なので、大きいボールを使うようになったんですねぇ。

美味しかったです。
ので、毎週土曜日の昼はここで調達しようかと思います。

ここでは簡単調理で美味しいもの、というのがなかなかなくて、休みの日の食事は本当に困ります。
こうやって簡単でおいしいご飯+ゴーカそう、というのを見つけられて幸せになりました。

?おまけ?
街で見かけた
ブログ1
店番猫と

ブログ2
店番犬



2009年11月06日 (金) | Edit |
アルマーニ、やっとフツーの物が出ました。�z�b�@�ق�

アドバイスを下さった、Snoopyママさん、ゆっふぉままさん、ギグルママさん、ありがとうございました!�؂���

ずっと食欲はありましたが、昨日から何時も以上にガツガツしています。
良かった良かった。

さて、昨日は子どもの迎えに行く前に用事があったのでアルマーニを連れて出かけました。

すると、前方から知ってる人が。

ワタクシ、本当に西洋人の顔と名前を覚えられませんので
「誰だっけ、誰だっけ」と考え始めましたけど、分からん…jumee��b

その人が目の前に来て「!」分かりました。

獣医さんでした。

普段着だとさ?、分からないんだよね?。と言い訳。�˂�

3年近くもお世話になってこんなって

私が獣医さんだったら怒るで、ホンマに!
…といきなり横山やっさんの口調になってみました。

因みに先生のお名前、未だに「Bから始まる?」くらいしか知りません。

でもねぇ、アルマーニは目に入った瞬間に誰か分かっていた模様。�A�b�v���[�h�t�@�C��

何時も以上に大喜びでしっぽを千切れんばかりに振り、あまりの嬉しさにオチッコをちょこっとしてました。←獣医さんと会うと必ずする。いつも痛い目に遭っているのに大好きらしい。

その喜びようを見て
「ナンデこんなに喜んでるんだ?」と不思議に思っていたワタクシ。jumee��whyL

アルマーニの方が賢いってこと?というより私がちょっとイカンのではないかな。

ショックな夕方でありました。���[��
2009年11月05日 (木) | Edit |
ブログ3
ここら辺は本当によく虹が出ます。

今朝、子どもたちを学校に送りに行った帰りに見た虹。

星に願いを、じゃなくて、虹に願いを。
何願おうかな?

虹もよく出るけど、ここに引越して気付いたのが
ハエの多さ。

ちょっと窓を開けておくとハエが沢山入ってきます。

ブドウ畑とワインを造るところが近いからか、コバエも沢山。

もう11月だというのに、この調子だと夏はどうなるんだろう。

まぁ永住するわけじゃないから良いか。それにしても家というのは住んでみないと分からないものです。

アルマーニはもう昼過ぎなのに未だ寝ています。

いつもなら朝、トイレで起こすか起きるのに。

ちょっと今日はどれくらい寝るのか試してみようと思います。

そして、金曜日に予定されていた、大家+大家の保険会社 vs ウチ+ウチの保険会社はこちらの保険会社の鑑定人が忙しくて来れなくなり延期。早く前大家と縁を切りたいものです。

そうだ、今度虹を見たら

・家の中にハエが入ってきませんように
・前大家と早く縁が切れますように

と願おうかしら。

・・・何だかなぁ・・・

ブログ1
ムスメと寝るアルマーニ

ブログ2
「ナニ?なんか呼んだ?」とビックリ顔
2009年11月04日 (水) | Edit |
この頃画像をすっかり載せていませんが… ただただ面倒なのです。

この頃いつも以上に暗い内容ですが… 冬時間になり気持ちがやはりウツっぽくなっているからです。
まぁ好きで住んでいる訳じゃないしね、ここに。と、どうしても思ってしまうんだな。
こんな田舎に閉じ込められて私の人生どうなるんだ!とか思ってしまうんだな。

私に太陽の光を!!!

でも最近読んだ本に良い事が書いてありましたよ。
今の生活の不満を言うということは生きる事を諦めていない、ということだって。
そうかそうか、じゃぁじゃんじゃん不満を言っちゃおうかしらね。って違うか。

アルマーニは未だピーが続いています。

で、今回は同じつるぴか犬を飼っている ゆっふぉとGolly のゆっふぉままさんから教えて頂いたさつまいもをあげてみる事にしました。ままさん、ありがとうございます。

ワタクシ、芋&栗が大好きなので自分用にも買っちゃった。
日本の芋に比べたら甘さが足りないのが残念ですが、仕方がない。

さて、何が今日でお終いなのかと言いますと
学校の秋休みがやっと今日で終わりなのです。

秋休みは他の休みに比べたら10日間と短いし、
この休みはパスポートの書き換えの為に2回もストラスブールに行ったので、なかなか充実した?休みでありました。

で、最終日は、午前中は下の子と私はアレルギーの専門医へ。
12月から減感作療法を始めるので、飲み方を教えて貰って来ました。

午後はムスメの矯正歯科へ。

ちょっと心配なのが、下の子と私がピーっぽくなって来たのです。
ムスメの病気が移ったのか。芋を沢山食べねば。

テレビは納得出来ず(近所の家はアンテナをつけていないので)、もう一度電気屋さんに聞きに行ったら、村限定のケーブルテレビがあるとのこと。

早速村役場に電話する。

すると、
・1年間約158ユーロ
・90チャンネルくらい見られる
・この家はケーブルを引かれていないので工事が必要(有料)

と教えて貰いました。
TNTとやらは無料ですが、仏語18チャンネル、独語12チャンネルしか見られないのです。独語なんかウチは絶対見ないし。

で、有料でも90チャンネルも見られるのは良いな?、と思い、村役場に行って詳しい事を聞いて来ると、
こっちは仏語より独語のチャンネルの方が多かった!あとは、英語、伊語、スペイン語、ポルトガル語がちょぼちょぼ混ざって90チャンネルだって。

どっちもどっちって感じ?。
それに工事の下見は2週間後とな。
どんだけ忙しいんだ。と思っちゃいました。
その後、見積もりを貰い、それで良ければケーブルを引いてもらい…
一体テレビが見られるようになるのはいつだ。

日本に住んでいるフランス人が
「日本人は時間をとても大事にする。フランス人は時間を無駄にし過ぎ」とか
「日本は時間通りに物事が進むので、空いている時間を使って資格を取った」とか言っている記事を読んだ事がありますが、本当だね?。
まぁ、時間がゆったり流れている、という考えも出来ますけど、ゆったり過ぎだよ!
2009年11月03日 (火) | Edit |
アルのお腹の調子が未だに良くなりません。

ちょっと固まって来たんだけど、グルグル音がします。

なので、またまた walking with Snoopy の Snoopyママさんに教えて頂いたことを試してみました。

それは、人間用の下痢止めを子どもの分量であげる、ということです。

丁度ウチに教えて貰った下痢止め薬 smecta があったので、半袋をヨーグルトに混ぜてあげてみました。
これで良くなると良いのですが…

さて、ウチは未だフランスのテレビが見る事が出来ません。

この前整体に行ったときに整体の先生に聞いてみました。

整体の先生は物知りなのです。

そうしたら、フランスでもテレビのデジタル化が進んでいてTNTというもの(実はTNTというのが一体何なのかよく分かっていません)でデジタル放送が無料で見る事が出来る、と教えてくれました。

そして、先々週の日曜日。

日曜日はフランス人は散歩の日です。
本当に多くの人が飽きる事なく散歩をしています。

で、ウチもアルの散歩を兼ねて散歩をしました。
他にする事がないからね。

そうしたら、偶然やはり散歩中の大家さんとバッタリ。

テレビの話をしてみました。

本当は加入しているプロバイダーでデジタル放送が見られるのですが、加入しているプロバイダーが最近他のプロバイダーに買収され、今はとてもゴタゴタしていて、大家さんも何度も催促してくれているのだけれど全く反応がない、とのこと。

じゃぁ、TNTとやらでテレビを見ます、と話して別れました。

いつもで観られるんだ、と分かったら途端にやる気をなくしまたもや放置。

ですがいい加減何とかした方が良いだろう、と今朝、向かいのいつも人気のない電気屋さんに行って来ました。
あの電気屋さん、お客さんが居る所全然見た事ないけど大丈夫なのかしら?なんてエラソーな事を言っていましたが、自分が客になって行く事になりました。向かいにあるなんてなんて便利なんでしょう。と急に褒めたりして

行ってみたらお店の人はとても親切で、午前中のうちに取り付けてあげるよ、と言われる。やった?

本当に1時間後に別の方がウチにやって来る。

…しかし、というかやはり、というか、事はすんなり運びませんでした。
ウチには2つパラボラアンテナが付いていて、一つは大家さんがイタリア語の放送を見るため(丁度日本語放送と向きが同じだった)に取り付けたもの、もう一つは用途不明の物です。

どうも、その用途不明のパラボラの向きを調整しないと見る事は出来ない、と言うのです。
そのパラボラ、屋根の上に付いていて、どうやってそこに行くのか大家さんに聞いておいて、そしたらまた来る、といって今日は帰ってしまいました。

フランスに住んでいて、フランスのテレビを見る事がこんなに難しいとは。
周りの家を見てもパラボラつけている家は殆どありません。

みんな一体どうやってテレビを見てるんだ???
それとも見てない、とか??????

フランスの村暮らしってフツーの生活をするのが難しいのね?。
もぉ面倒?!益々気持ちが暗くなる?
2009年11月02日 (月) | Edit |
いつもいつもフランス生活のことや、わんこのことを教えていただいている、walking with SnoopyのSnoopyままさんが、いつまでもしつこくつきまとわれて困っている前大家との水漏れの件で、またもや有益な情報を教えてくださいました。

ママさん、いつもいつも本当にありがとうございます。感謝感謝です。
そして、いつも頼りっぱなしで申し訳ない・・・

その情報とは

・大家は敷金を2ヶ月以内に返さなければいけない。もしも返さない場合、利子をつけて返さなければいけない

・困った時の相談窓口がある

というものです。

私もいい加減大家の勝手な行動に黙って?振り回されていることにギモンを持っていました。
ですので、お金云々より「チミの行いは間違っておるのだよ」と知らせたほうが良いのでは、と考えていたところでした。

ということで、早速通訳さんと相談窓口に行って来ました。

で、アドバイスは

・大家は2ヶ月以内に敷金を返さなければいけない。ので、まずは相手が受け取ったというサインをもらえる書留で「2ヶ月経ったよ。返してよ」という手紙を送る。

・それでも大家が返さなかったら、利子をつけて返さなければいけないけれど、その前に裁判所(と言っていたかなぁ)に届けを出すべし

・けれど、ウチのケースは水漏れでもめているし、今週の金曜日に双方の保険会社の鑑定人、大家、私たちが立会い、水漏れの原因を探ることになっているので、その様子を見て手紙を出したほうがよいだろう

ということでした。

帰り道、私が「先週前の家の前を通ったら(フランス語の先生が前の家の近くに住んでいるので)、リノベーションを始める予定で業者の看板が塀に貼ってあった」と話したら、通訳さんが
「勝手に工事を始められて、問題の場所の水道管を替えられたら困るから様子を見に行こう」と言ってくださいました。

私は未だのんきに、「常識で考えたらしてはいけない事だから、工事はしてないでしょう」と思っていました。

で、見に行ってみたら・・・

始めてた!

2人で慌てて様子を見に行く。
私もいつも持ち歩いているカメラで写真を撮る。

業者に何のための工事なのか、など通訳さんが聞いたところ
お風呂と台所、水周りの工事だって!

水漏れで色が変わってしまった古ぼけた階段、大家が
「こんなに色が変わってしまった」と騒いでいた階段は業者が土足で出入りしているから真っ白に汚れ、水漏れで色が変わった、なんてもんじゃないくらい汚くなっておりました。

帰り道通訳さんと二人で
「いったい何を大家はしたいのか」という話になりました。

だって、水道管替えちゃったらダメでしょう=証拠隠滅
だって、弁償しろと言っている階段、めちゃくちゃ汚いし(ってことはそれ程大切な階段じゃないって事?)
だって、水がしみたカーペットめっちゃ古いし=減価償却とっくに終わってるし

金曜日に集まって何を話すのよ???

フランスに来る前は楽天的な考え方をしていたワタクシですが、フランスに来てから色々なことを経験させていただき(悪い意味で)すっかり悲観的な考えになってしまったので、巨額な修理代を請求されて裁判になるんじゃないか、とか相手は一応地元の大きな会社の社長なので、なんかされるんじゃないか、とかそんなことばかり考えてしまいます。

あ?あ、寒いしさぁ、暗いしさぁ、超田舎だしさぁ、温泉入りたいしさぁ、日本に帰りたいよね・・・
2009年11月02日 (月) | Edit |
今朝起きたら、インターネットが使えなくなっていました。

プロバイダーに電話をしたところ、ここら辺全域が使えなくなっている、とのこと。

「出来るだけ早く直させますけど、数日かかるかも知れません」と言われて悲しくなりました。
インターネット電話にしているので電話も使えなくなってしまい、本当に困りました。

今大家さんが加入していて、そのままウチが使わせてもらっているプロバイダーはフランス人の間ではとても評判が悪いので、きっと長期間使えないだろう、と諦める事にしましたら・・・

幸い、電話をして1時間ちょっとしたら使えるようになっていました。

以前加入していたプロバイダーは10日間も使えなかった、なんてこともあったのでとてもうれしいです。

偏見の目で見てはいかん、と自分を戒めました。

さて、木曜日の夕方あたりからお腹の調子が悪かったアルマーニですが、土曜日に本格的に調子が悪くなり、上も下からもピーの状態になってしまいました。

ブログ1
ストラスブールに行ったときにケーキ屋さんに入ったら、かわいいかぼちゃのケーキが売っていました。

土曜日の朝は家族全員で季節性のインフルエンザの注射を打ちに行ったので、アルをハウスに入れておいたのですが、ハウスも汚してしまいかわいそうなことをしてしまいました。

ですが、ぐったりしている訳でもなくいつもと変わりはなかったので病院には連れて行かず様子を見ることにしました。

ムスメがりんごのすりおろしを作ってあげたのに・・・

匂いをかいだだけで見向きもしません。

ブログ2
下の子の部屋に勝手に入り込みくつろぐ

どうもアルマーニはピーマンやアボガドなどちょっとクセのある野菜は好きですが、きゅうりやりんごなどわんこも人間も好き、というものはあまり好きではないようです。



何か水分を、と思い、おかゆ+りんごのすりおろし+食欲増進のために人間用のだしの素ちょっと、を作ったら食べました。

ブログ4
調子が悪くても食欲はしっかりあったようで、いつものようにおねだりをする

まぁまぁ元気なので、夕方からドイツはフライブルグに出かけました。
夜は結構寒いのに、薄着で出かけたムスメは帰宅後アルマーニと同じような症状を出し、
昨日はアルマーニとずっと寝ていました。

病気の季節がやってきたので、気をつけなければ、と思ったのでした。

ブログ3
食べてる以外は寝る。でもいつもこんなかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。