--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月30日 (土) | Edit |
ムスメのStageが無事に終わりました。ふ?

ムスメの感想は「獣医さんの仕事は大変だ!」でした。

今週は予防接種やちょっとした怪我などの他に、犬と猫の手術が1件ずつ、近所の馬への注射、犬の歯石取りがあったそうです。
そういう「獣医さんの仕事」以外に、薬の補充、手術の後の掃除(器具などの消毒)などがあり、診察よりこれらの雑事の方が大変、とのこと。獣医さんの所は最近まで助手さんがいたのですが、病気で辞めていしまい、今は一人で全てをこなさなければならないのだそうです。
手術中に電話がかかって来たりすると困るー、と言っていたらしい。そりゃそうだ。

ムスメから見て「こりゃ大変そう」と思ったのは、飼い主の相手をする事だったらしいです。
おしゃべりなフランス人なので、診察が終わりお金を払う段になってからしゃべるしゃべる。それも犬や猫とは全く関係ない話。30分くらい話していた人もいたそう。あとはちょっと変わった人も来たらしい。そう言う人達をイヤな顔もせず相手にする獣医さん。
そうか、獣医さんもサービス業なんだなぁ。

それで思い出しました。
実はこの獣医さんにかかる前に別の所に1度だけ行ったことがあります。
アルがフランスに来て直ぐに狂犬病の注射を打ってもらうために、家から一番近くの獣医さんに行ったのでした。

予約の時間より1時間くらい待たされて、一緒に行った下の子が待てずにちょっとうるさくしてしまったのです。
そしたら「犬に打つ前にお前に打ってやろうか」と不気味な微笑みで下の子に言ってさ…
気持ち悪くなって、こちらの獣医さんに変えたんだった。
たとえ腕が良かったとしても感じの悪い人の所には行きたくないですものね。

ムスメは獣医さんがStage先で良かった、と言っていましたけど、私は大変でしたの。
というのは、何時から何時までと決まっておらず、当日にならないとその日のスケジュールが分からないのです。
前日の帰る時に明日は何時に来て、くらいは言ってもらえましたけど。
1週間はこんな感じでした。
月曜は9?12時、15?19時/火曜は8時?10時/水曜9時?12時/木曜8時?12時/金曜11時?12時,
16時半?18時
と日によって時間が違うので、私は何も出来ず。そして毎日お昼に居る=昼ご飯を用意しなければならない。
何より送り迎えをしなければならない!

下の子も学校に行くし、月曜なぞ下の子の学校+獣医さんの所へ計6往復もしてしまいました。
さすがに大変で火曜日からお昼はバスで帰って来てもらいましたけど。
これで子どもの習い事が夕方有った日には…終わって良かった?。もうイヤ?!

このStageという制度、社会に出る前に「働くとは」と言う事が知る事が出来、現場を見る事が出来て制度自体はとても良いと思うのですが端から見ていると残念、と思ってしまいました。

どうせStageを受けるなら、子どもが興味を持っている職種に行けるように中学側が協力してくれたら良いのに、学校はStage先を見つけてくれません。結局親の職場に行く子が多いのです。また、折角行ってもStageの事でレポートを書く、とかもしないそう。「国が決めた事だから取り敢えず生徒達をStageに行かせておけば良いか」というのがありありと感じます。また、何も出来ない子ども達が行くのでStage先ではボケ?っと突っ立って見てるだけ。ムスメもそうだったらしいです。お父さんの職場に行く事にしたムスメのお友達も一日中携帯をいじって時間を潰したそう。なんてもったいない!

やっと来週は普通に戻る、と思ったら再来週から2週間の「スキー休み」が始まりますの。
も?、フランスは休み多過ぎだよ!この前クリスマス休みが終わったばかりですけど!だから大人になっても「休みを沢山くれ!」とか言い出すんだよ。


スポンサーサイト
2010年01月29日 (金) | Edit |
ブログ1
朝食のサンドイッチを食べているムスメ(寝起き姿で失礼)の脇からのぞくアヤシイ影

ブログ6
後ろから見るとこんな感じ

ブログ9
「オイッ!それチミの口に入れちゃうのかい!」
*飼い主注 汚い部屋で失礼

ブログ3
「今度はボクにね!」

ブログ5
「早くぅ?」
*再び飼い主注 こちらも色々写りこんでいますね。この後掃除しました・・・

ブログ2
「うま?!!!」

ブログ4
「ナニ?今お取り込み中だから邪魔しないでくれるかな?」

ブログ7
「落っことしてくれても良いよ。準備万端で待ってますから」

ブログ8
「今度はこっちから。よし来い!」
2010年01月27日 (水) | Edit |
ブログ5
ホラ!芽が出ましたよ!!!

三十路オンナさんは沢山の植物を育てていて、その一つに「水菜」が紹介されていました。

実は私も2年ほど前に水菜の種を蒔いた事が有ります。

勝手に「野菜は春に種をまいて、夏?秋に収穫」と思い込み、水菜も春に種を蒔きました。
プランターに蒔いたので、「根腐れしたら大変!」と水はちょっとしかあげず…

そうしたら、タンポポ(日本のタンポポのように可愛いタンポポではなく、こちらのお化けのように根っこが太くて葉っぱがゴワゴワのもの)のようになってしまい食べられるどころではなく…

一緒にしその種も蒔きました。
芽が出るまでビニールをかぶせて大切に大切に育てたつもりが…
ナント雑草を育てていたらしい…
この雑草がこれまたクサくて

ということがあり、野菜育てから遠ざかっておりました。

…だけど、三十路オンナさんのブログを読んだらもう一度挑戦したくなりました。

で、先ずは種の袋を良く読んでみる。
そうか、水菜は冬の野菜だったのかー
三十路オンナさんから「水やりは毎日した方が良い」とアドバイスを頂く。

種は日本からフランスに引っ越す時に持って来たものなので、かなり古いし

ブログ8
一晩水に漬けてみた。気休めか?

水菜は寒さに強い、ということで、台所から外に出る階段(一応室内だけれど、温度は外気温と同じ)に置いてみる。

1週間経ち、2週間経ち…芽が出ない。
う?む、種が古いからダメかなぁ

実は、待っても芽が出ないので

ブログ7
周りにおネギを植えちゃいまして。共存共栄???
このおネギ、今まで水で育てていました(ただコップに水を入れて、ネギを入れていただけ)
が、このおネギも全く育たず

もしや寒すぎるのでは、と思い室内に移動したところ
直ぐに芽が出ましたー

おネギも途端に育ち始めまして。
ただ寒過ぎたらしい。

水菜も芽が出たし

ブログ9
おネギは別のプランターに移動させました。
根っこが結構伸びていてビックリ
しかし、折角植え替えたのに何故か今回も端っこに植えてしまった。何やってんだ
まぁ良いや
生長が楽しみだなー

☆三十路オンナさん、先ほどコメントに「芽が出ないです。種が古いかも」と書きましたが無事発芽していましたー。また育て方を教えて下さいませ


*********

この前マルシェでお花を買ったので

ブログ3
写真を撮ってみました。後ろに買い物袋が写ってますが…
なんて言う花でしょう?

ブログ4
この色がキレイだわ

*********

またまた話が変わり

獣医さんのわんこ
推定6歳か7歳
SPA(動物保護施設)から引き取った犬なのでちゃんとした歳は分からない、とのこと
とても人なつこいのです。

歯にオレンジのものくっつけてる!
と思ったらお気に入りのボールをくわえているらしい。

ブログ1
先ずはアルがニオイを

ブログ2
次は獣医さんちのわんこの番
アルはちょっとビビり気味












2010年01月26日 (火) | Edit |
ブログ1
↑この色、なんに見える???

下の子は「味噌をつけて食べて良い?」と言いました。
どうもコンニャクに見えたらしい。

昨日は獣医さんの所に行って、「アレ?ブチが薄くなってるね」と言われました。

ブログ2
朝子ども達を私が送りに行き、その間にオットが会社に行き、私が家に戻って来ると、アルはいつもこの格好でお出迎えしてくれます。朝は動きが鈍い。暗い部屋の中にアルの顔だけの姿はちょっとビックリします。
お気に入りのテニスボールと共に

アルはよく密かに子どもの部屋に入り込んで昼寝をします。うまく隠れているときも有れば

ブログ3
こんな風にしっぽだけ出している時も

布団をめくると
ブログ4
「見つかっちゃったー?もうちょっと寝ていても良いよね」と寝続けます。
これは下の子の部屋
今はムスメの部屋で朝からずっと寝ています。
今日も寒いしねー

ムスメのStage2日目。
今朝は8時に予約が入っていたらしく早めに獣医さんの所へ。
でも患者さん(?)が来たのは9時だったらしい…
そして、10時に終わって今日は帰って良い、と言われて帰って来ました。
こんなものなのか…?





2010年01月25日 (月) | Edit |
ムスメは今日から獣医さんでStage(職業訓練?)が始まりました。

丁度アルの狂犬病の注射がもうすぐなので予約を入れてみた。

どんな様子か覗いて来よー(ムスメには良い迷惑か)

昨晩と今朝はエラソーに「仕事の心得」なんぞを言ってみた。

けどね、ワタクシ、エラソーに言える立場じゃございませんの。

だって、結婚して半年してフランスに来ちゃったし

2年半日本に居た時は、子ども達が未だ小さくて、週に数回数時間アルバイトしてただけだし

若かりし頃は、仕事なんてキライだ、早く辞めたい、と思っていたけどー

久しぶりに働いたときは楽しかったなー

貰っていたお給料は本当にちょっぽりだったけどさー

辞めたくなかったわぁ…

なので、なのでムスメが「学校メンドー。行きたくないー」なんて言った日には

「あーた、毎日行く所あって良いじゃないのさ。あたしゃ行く所ないんだから」と言ってやるワケさ

どうも分かってない様子だけど

健康な人間が家にずっと居るってどうなんだろうねぇ、とずっと思っている

でも帰国した頃には、今度は年齢制限で見つからないんだろうなー、と不安になったりして

どうして日本て「35歳まで」とかいうへんな条件が多いんだろうねぇ???



2010年01月22日 (金) | Edit |
アルマーニは昼間はずっとずっとず?っと寝ています。

昨日は本当にずっとムスメの部屋で夕方5時過ぎまで寝ていました。
全く存在感なし。
生きているのか思わず何度か見に行ってしまいました。

こんななので、夕方から夜は元気元気であります。
ついでに、昼間全く行っていないトイレにも頻繁に行きます。昨晩は4回ほど。

ブログ9
寒かったのか耳がいつも以上にピンとしています


最近のアルのお気に入りはテニスボールであります。
今まであまりやらなかった「持ってこい」も「やろう」とボールを持ってくる事もしばしば。

なのですがー、人間をおちょくっているのか、本能でボールを離す事が出来ないのか
横にボールをぽとん、と落とすのに、投げてやろうと思ってそのボールを取ろうとすると
「取るなよー!」と慌ててくわえたり、前足でボールを抱え込んだりします。

ブログ3
この前の週末ですが、カイザスベルグという村に行って来ましたよ。

「あっ、そう。遊びたくない訳ね」と取るのを止めると
「ナゼ投げてくれないのだ」と再び離し、クンクン鳴き始めます。どっちなのだー

このやり取りを何度か繰り返し、次第に人間がイラっとし始め、取り上げて投げると、喜んで拾いに行きます。
で、さっきのことの繰り返し。非常にメンドーな性格の犬です。

昨晩は遊び足りなかったのか、私の枕元にまでボールを持って来て「さっきの続きをやろうぜ」とボールをぽとんと落とすのです。
何度かつき合ってあげましたが「もうお終い」と取り上げて、ちょっと高い所に置いたら
しばらく「おーい、返してくれよー」と鳴いていましたが、眠気に勝てず。ムシしてそのまま寝てしまいました。
あの後どうしたんだろう

ブログ4
あっ、ボケてた。

ということで、今もぐっすり寝入っています。

*************

昨晩はお医者さんの所に行って来ました。

警察から貰った調書を見ながら暫くお話。

ブログ5

お医者さん曰く

郵便局本局辺りは町の中心だけれど治安の悪い地域である
近くの細い道はドラッグの売買をする場所として使われている

「身を守る手立ては?」と聞いた所
「あんまりないけど、目を合わせない事、走るのは良くない。催涙スプレー、レザー光線が出るヤツは違法なので持っては行けない(何でだ?)」

ブログ10
こちらはコルマールの旧市街

今住んでいる村の話にもなりまして、
田舎で車の通りが多くないので、春になるとスクーター集団が村の目抜き通りを暴走し始めるらしい

フランスの警察は事故が起きない限り↑のようなことがあっても何もしてくれない

この村の子どもは遊びで飛び出してくるので、運転には注意する事

ブログ7
これはウチの近所のぶどう畑。景色は良いが花粉症持ちなので、花粉がコワい

反対にフランス人の運転は荒くて、目抜き通りを横断して学校に行こうとした子どもが横断歩道を渡っているにも拘らず何人轢かれたか分からない

フランス人はきっかり昼の12時、夜の7時に食事を始めるからその時間帯は人通りが少なくなるので注意する事

などを教えて貰いました。

あら?、ウチは郵便局の近くに8年も以前住んでいたんですよねー
確かに住んでたアパートの隣の公園にはいつも酒瓶抱えた人がウロウロしていたけどねー
そして空き巣にも入られたけどねー

ブログ8
夕方の空がキレイで撮ってみましたが、電線も写ってた。

何より、こんな田舎だから静かだろう、と思ったら逆だったなんて!
これからディスコ+スクーターでスゴくウルサくなるんだろうか…
スクーターで暴走も子どもが遊び代わりに飛び出しするのも、田舎でする事がないからだろうなぁ。
お可哀想にだねぇ。

雪は直ぐに溶けたけど、代わりに毎日霧がかかっているし
その上こんな話聞いちゃって、気持ちをしっかり持たないとまた鬱になりそうだわー
2010年01月20日 (水) | Edit |
警察のお方
「病院に連れて行きました?」と聞いて来たので
「いいえ」と答えたら、ムスメが
「病院に連れて行け」って言ってるんだよ、と教えてくれる。
アラ、失礼。この頃全然フランス語なぞ使っておりませんのでフランス語力オソロシク落ちておるんですの。
この前なんか電話で「56(ごじゅーろく)」と言う所を言い方忘れて「ご、ろく」なんて言い方してしのいだくらいですから。

その後はムスメが話す事をパソコンにどんどん入力していく。
なんかオオゴトになってきたなー。というか事件扱いになりましたよ。ただパトロールしてくれー、と言いに来ただけなのになー

で、警察官に言われたのは
・自分からお金をあげてしまったので「盗まれた」にはならない(けど恐喝になるんじゃないかな)
・お医者さんに連れて行って診断書を貰う事
・警察から呼び出しの電話が来るので、そうしたら別の場所にある警察に行く事(何をするのかは不明)

ムスメは「昼の時間帯の郵便局周辺のパトロールをお願いしたいんです」と言ったら
こう言う情報があがると、パトロールしてくれるので心配要りませんよ、と言ってもらえました。
良かった良かった。
後はこう言う時の対処方法をちゃんと教えなければ。これから先もずっとず?っと付きっきりで私が子ども達の送り迎えをしてあげる事は出来ないものね。
今回の事は苦い体験だけど、私にもムスメにも良い経験でもありました。

結局警察を出たのは4時。
この後大急ぎでギター教室へ。

ギター教室。見つけた時は同じ村で良かった、と思っていたのですが
今月からウチからさらに10キロ山の方に行った所に引っ越してしまったのです。

理由は、先生が教室として借りた前の部屋、借りる時に暖房をつけてくれ、トイレの電灯もつけてくれ、と大家に頼んで、大家も「良いよ」と暖房等の工事代金も家賃に上乗せして払っていたのに全くやってくれなかったそう。

本当にフランス人の大家って信用出来ないわ!
金儲け、人を騙すことしか考えていなんだから

ということで引っ越さざるを得なかったのだそう。

それを聞いてワタクシ倒れそうになりまして。
タダでさえ水曜日は子どもの学校+子どものフランス語レッスン+習い事でタクシー運転手になっているのに、もっと遠い所に行かないといけないのー!?

それで、フランス語の先生に相談して(これもムスメが)、今までムスメは水曜日学校が終わった後先生の所に言ってレッスンを受けていたのですが(終わる頃下の子を連れて先生の所に拾いに行きその足で下の子のプールに行っていた)、止めて、土曜日に下の子&ムスメのレッスンをウチに来てやってもらう事にしたのです。先生、本当にありがとうでございます。

結局ギターのレッスンは30分しか出来ませんでした。出来ただけマシか

明日は夜お医者さんの所に行きますー

本当は今日載せようかな、と思っていた画像おば
先週の雪景色(今は雪ありません)

ブログ1

よく見ると
ブログ2
サンタさんが未だいたのよねー(昨日もいた)。読書している場合か!一月も下旬だぞー

↑で雪ありませんと書いたばかりなのに

また雪降ってるし!

粉雪でもう積もり始めてるし!

せっかく溶けたのにぃ

いい加減にしてくれ!

ということでカテゴリー「フランス生活 愚痴」から「フランス生活 怒り
に変えました。

愚痴じゃ済まされん!




2010年01月20日 (水) | Edit |
2時ピッタリに警察の前に行って見たけど、ドアが開いていない。
アラ、場所間違えたかしら。

近くのバス停で待っている人に聞いてみたら、合っているよ、私も警察に用事があってドアが開くのを待っているの、とのこと。
お互い何の為に警察に来たのか話し始める

そのお方はボスニア出身の方で、カバンを置き引きに合い、パスポート以外盗まれてしまったらしい。
というかパスポートも盗まれたんだけど、ご親切にも置いて行ってくれたらしい。

こっちのスリは御丁寧にバッグを盗んでもパスポートは投げて返してくれるんだよねー

こちらも来た理由を話す。ムスメがね。

「フランスは全くダメ」とボスニアの方が何度も言う。本当にその通りだよー
良くお分かりで

気温0度の下、待つ事10分、お昼からお戻りになった警察の人が警察署に入って行く
遅れて戻って来ながら「もうちょっと待て」だって。

5分後やっとドアが開く。
受付の人に理由を話す。私とムスメは「昼の時間帯に郵便局の前のパトロールをしてちょうだい」と言うだけで良いか、と簡単に考えて来たのだがー
受付の人が「聞き取りをするから待ってて」と言い出す。

その後ゾロゾロ人がやって来る。
曰く「隣の人がうるさくて何を言っても静かにしてくれないから何とかしてくれ」
曰く「携帯盗まれた」などなど

ちょっとして、警察官が何人か来て取調室(?)にそれぞれ消えて行く。が、最初に来たのに何故か呼ばれない。ナゼだ???

答えは簡単。受付の人が順番を間違えたから。
「すみません、私のミスです」と本当に珍しく謝ってくれる。

でもねー、謝られてもねー。
下の子とアルを置いて来ちゃったし。アルはそろそろトイレの時間だし。
ムスメは4時からギター教室だし。

待つ事1時間15分。
「ちょっとー、いつまで待つ訳?最初に来たのに。この後予定もあるし、もう一人子どもを家に置いて来たのよ!」と文句を言いに行く。
もう一人待たされている若造も
「そうだそうだ!」と一緒に怒り始める。

最初は謝っていた受付の人
「しょうがないだろ、もうどうしようもないんだから。私だって最善を尽くしているのだ。それにこの後の用事とこの事とどっちが大切なのだ!」と逆切れされる。けど、その通りだなー、しかし困るのだー。

受付でブツブツ言っているとやっと名前を呼ばれる。
こんなに待つなら雑誌でも持ってくれば良かったよ

つづく
2010年01月20日 (水) | Edit |
*記録として残します。きっと面白くないと思います。


うちのムスメはエレキギターを弾き、マンガばかり読んでおりますが一応現地校では受験生です。

フランスは高校毎に入試を受けるのではなく、全国共通の「中学卒業試験」を受けるらしいです。
私は全然こっちの受験の仕組みも学校の事も分かりませんけど、そうらしいです。

「中学卒業試験で落ちた人を見た事がない」とか
「去年は落ちたの学年で一人だけだったらしい(追試が受けられるらしい)」とか聞きますけど、どうなんでしょうねぇ。
ムスメがその「学年で一人」にならない事を祈るばかりであります。

で、昨日と今日は模試でした。

最近、ムスメは水曜日学校が終わるとバスで帰って来てもらっています。
こうなった理由はまた後で。

今日は模試が終わったのが遅かったらしくいつもより一本遅いバスに乗るよ、と電話がありました。

帰って来てから「試験どうだった?」と聞きますと
「それはまぁ良かったんだけど、こんな事があって…」泣き始めまして

なになに、バス停でバスを待っていた。
いつも乗るバス停は郵便局の本局前。
大きい通りで人通りも車の通りも多いところです。

が、いつも乗るバスの時間帯は学生がバス停に沢山居るのだが、今回乗った時間帯には人が殆どおらず、昼時で車も人の通りも殆どなかったらしい。

郵便局の前はいつも物乞いが数人います。
理由は、郵便局に来る人は「郵便を出す、お金を預ける、引き出す=必ずお金を持っている+入り口が階段で座れる+階段部分に雨よけがついていて雨の日でも濡れない」ということで物乞いには最適の場所なのです。

丁度人が少ない時間、小娘が一人と言う事で強気に出た物乞いの一人がムスメに「金くれよ?」としつこく言い寄って来たそうです。

最初は拒んでいたムスメもあまりのしつこさに、5ユーロ渡してしまったらしい。
そうしたら「もっとくれ」と言って来た
ので、ムスメさん「あっち行け!」と言ったら
お腹を叩いて来たそうだ。

丁度男の人が通りかかり、助けてくれて、バスも来たので急いで乗り込んで帰って来たらしい。

あら?、男の人が通りかかって本当に良かった。
それに、そう言う場合の対処の仕方を教えなかった事に大反省。
ここは超田舎だから安心、と決めつけていたのだ。

その話をゴロゴロしてテレビを見ながら聞いていた下の子が
「警察行った方が良いんじゃないー?」本当だ。たまには良い事を言うではないか。

先ずは電話だ。
と、ムスメにさせる。私じゃできないよ。

一通りムスメが説明した後、お母さんに代われ、だって。ぎゃー
そしたら「2時に警察に来るように」と言われてお終い。ほっ

ということで警察に行く事になったのだ。

つづく
2010年01月19日 (火) | Edit |
とりハムを作ってみました。

クックパッドをみたら非常にたくさんのレシピが紹介されていました。

いくつか見てみたら、どうも味付けに二通り(砂糖+塩 又は  蜂蜜+塩)
鶏肉に火を通す方法に二通りあるらしい(ラップで包んで 又は 直接湯に入れる)

今回は、砂糖+塩、直接茹でる方法で挑戦!
なぜなら、茹でたお湯がスープになって超美味しい、と書かれていたから

胸肉に砂糖→塩の順でもみ込みジップロックに入れて冷蔵庫で二日間

私は一枚にこしょう、もう一枚にガーリックパウダーをまぶしてみましたよ

茹でる前に30分塩抜き

その後、沸騰した湯に5分茹でて、そのまま冷ます

出来上がりは

ブログ10
こんな感じ

早速お味見したら…
味がない

茹でるんだったら塩抜きは必要なかったか、と後で気づく
塩を再びまぶしたら味はつきました
でもただの「茹で鶏」だなぁ

スープは超がつくのは大げさかもー
「ヒデキカンゲキ(古っ!)」となるかと思っていたのでアラ、と思ってしまったゾ。

切り口は
ブログ2

クックパッドには「そのまま食べるより、サラダなどに入れた方が良い」と書かれていたので、キュウリと一緒に。
冬なのにお寒い料理を作ってしまいました。
また気が向いたら挑戦しよう。

今度はラップで撒いて火を通す
とり肉の臭みが残ったので酒をまぶしたら良いかもしれない。


話は変わりまして

「学研の科学」が今年度で休刊してしまうらしい(学習も)

下の子は「学研の科学」が大好きだったの。

で、5年、6年の今年度版をまとめて買ってやろうじゃないか!こんな楽しみの少ない町に住んでおるのだからな!
とまとめて頼んでみました。

Club Jpanという海外在住者向け通販サイトで

そうしたら、24冊のうち、9冊も売り切れで注文キャンセルしました、なんてお知らせが来ちゃいました。
そんなに人気なら続けてくれー

で、今度はアマゾンで調べたら
9冊のうち5冊見つける事が出来ました。

お届けは数冊が3?5週間後で、数冊が未定だけど上出来だわー

しかし!

売り切れた商品が既にマーケットプレイスに定価1299円が1999円で出てた!

本当にセコい事するなー

子どもの夢で金を稼ぐなー!

で、昨晩のアルマーニ

ブログ6
この格好で不動

なぜアルの写真を撮っているのに気を使って肘をどかさないかなー、と密かに思う




2010年01月18日 (月) | Edit |
フランスのテレビ、やっと見られるようになりました。
ここに引っ越して来て4ヶ月半。
すっかり日本のテレビだけ見る生活に慣れてしまったので、あまり感動はなし。

でも良かった事の一つにスポーツ専門チャンネル、Euro Sportが無料で見られるのです。ドイツ語だけど。
何故かフランス語のEuro Sportは有料らしい。本当にフランスはケチだ。
で、早速オーストラリアオープンを見ているのだ。嬉しい。間に合って。

話は変わり、
数日前スーパーの魚売り場の前を通ったら、新鮮なマグロを発見。
こりゃ買わねば、と売り場が混んでいたのですが並びました。

どうも、魚売り場の人と買ってるマダムがケンカしているみたい。
どんな内容かはちょっと分かりませんでしたが、鮭のことで、みたい。
マダム、プリプリしながらも鮭を買って去って行きました。

すると、一人のばぁ様が、私の後ろから
「何で鮭の値段がこんなに違うんだ!」と怒鳴り込んで来たワケ。
私はマグロしか見ていなかったので、鮭を見てみたら、大きく切られている切り身は1キロ10ユーロでその日のプロモーションになっていて、塩鮭みたいに小さく切られた鮭の切り身は1キロ16ユーロになっていましたよ。

売り場の人が「小さく切った手間賃の差だ」と答えてました。
そこで「あぁそう。分かりました」なんてフランス人のばぁ様が引き下がる訳がないのです。
「お前の手間賃など払う必要はない!」と怒り狂い始めましたよ。

魚屋さんも「ガラージュ(車の修理工場)で働いている人だってタダじゃ働かない。オレだってタダじゃ働かないよ」と訳の分からない例を出して反論し始めました。その後も暫く言い合いが続く。
きっと前のマダムもこの値段の差でケンカになっていたのかもー

そんなに頭に来るなら、お安くなっている鮭買って、家で小さく切って残りを冷凍すれば良いんじゃないかしらね。

ばぁ様、余程頭に来たのか何も買わずに去って行きました。
本当は鮭欲しかったんじゃない?
短気は損気、を学んだ日でした。

またまた話は変わり
金曜日に着込んだアルマーニの画像を載せましたが

その日、ある紳士がアルに
「そんなに寒いのかい?」と話しかけてくれました

「毛がないので」と私がアルの代わりに答えましたところ
「私もですよ」と被っていた帽子取って…

あら?、丁度「アルに帽子もかぶせた方が良いかも」なんて思っていた所だったんですよー。
紳士、でも、アルより毛が生えていますよ

失礼ながら大笑いしてしまいましたよ。

ばぁ様と紳士、多分同じ年くらい?
人生色々、私は紳士のようになりたいわー

そんでもってもう一つ
今日は村の肉屋さんに再び行ってみた。

牛肉を薄切りにしてもらえます?
と頼んだら快く切ってくれました。

で、一つ失敗
豚肉も、と頼んだつもりが子牛の肉を切られてしまった。豚肉と子牛の肉は色が似ていて違いが気づかなかった。
発音も豚肉は「ポー(porc)」子牛は「ボー(veau)」ご覧の通り発音は似ているような気がしますが、スペルは全然ちがいます=私の発音が悪いんですけどぉ
何で間違えた、と気づいたかと言うと

お肉屋さんが
「この子牛はねぇ、お母さんのおっぱいしか飲んでいないのよ。飼料を食べていないの。とっても良い肉なのよ」
と説明してくれたのだー

とってもきれいなピンク色で、説明聞いたら素晴らしいお肉って分かるけど
アルを飼い始めてからは動物愛護協会に入会した方が良いんじゃないか、とまで考えているくらいなので、そんな話聞いたら食べられないわー

この村の肉屋さん、牛肉はシャロレー牛、という銘柄牛しか売ってないし、子牛もこだわりが有るみたいだし、やっぱり隠れた名店とみた




2010年01月15日 (金) | Edit |
オットが夕飯いらない、と言うので

ブログ8
そう言う日の定番。ユーゴスラビア料理
と言っても味付けハンバーグ(チーズ入りと辛い味)、焼いたハムにフレンチフライとコールスローサラダ。
お野菜沢山摂れてこれで 14.5 ユーロ。とっても良いお値段。
だけど、あんまり安いと「肉は大丈夫か?」とか思ってしまいますが。

こちらのレストラン、東欧からいらした方の心の拠り所でもあるようです。

かなり前、サッカーのヨーロッパ選手権でユーゴスラビアだったかな、クロアチアだったかなと何処かの国の試合中買いに行ったら、そちら方面の方々が国旗もって皆で応援してた。

今日は、お店の人とお客さんがそちら方面の言葉で集まって話してた。

で、不思議味ポテトチップスとは

ブログ7
じゃ?ん、「トリュフ味」チップス。

トリュフを食べた事がないので、本当の味を再現、しているのかは分かりませんが取り敢えず食べてみる。

…う?ん、ただのキノコ味だ。ニオイもキノコ。
別にチップスにしなくても良いのではないか。
期待しすぎてガッカリ倍増中。

昨日からちょっと暖かくなりましたよ。といっても1度ですけど。
されど1度、たかが1度。非常に暖かいですねぇ。

ということで久しぶりにアルを散歩に連れて行きました。

ブログ3
沢山着込んでれっつごー!

ブログ6
最初ははしゃいでいましたが、やはり寒さに勝てずお散歩拒否中。
ついでにカメラ嫌いで撮影拒否中。

そしてそして今朝スーパーに行ったら鳥のえさが売っていたので、早速木にぶら下げてみましたら

ぶろぐ
早速すずめが啄みに来ましたよ。
ぶら下げて居た所を隣の家の屋根の上から見てたもんねー、すずめさん達。





2010年01月14日 (木) | Edit |
もう数日前の事ですが

ロケーションフリーで「ズームイン」を見ていたら、手相のKY線というものが紹介されていました。

日本で流行ってる?

KY線とは生命線と頭脳線の根元の部分が離れている相の事をいうそうで、全体の10%しかない珍しい手相なのだそうです。

で、早速左手を見ました所、ワタクシの手相、しっかり離れていましたよ。

KY線ってイヤーな響きですねぇ。認めたくないけれど、でも、そうかも知れない。

羽鳥さんは

独立心がある、自分というものをしっかり持っている、以前は良い手相だったんですよ、とフォローしてましたけどねぇ。

yahoo知恵袋にも

「手相を勉強しています。

KYというより、人と違う感性を持っている人が多いようです。

離れていれば離れているほど、その傾向があるようですよ。

あと、カンも良く、行動力がある人が多いです。

人から束縛されることがどちらかというと苦手なタイプ

自由に発想して行動できるような仕事が向いているようです。」

とあって、褒められているのか、あ?た変人よ、と言われているのか良く分かりませんが。

確かに、人から束縛されるの苦手かもー

自分というものをしっかり持っている、は私の場合違うかも。

複数の人といると「あーした方が良い」「こーした方が良い」とか言われて、自分がないので「どうしたら良いのー」となってしまうので一人で居た方が精神の安らぎが保てる、って感じ?

因みにオバマさんもこの手相をお持ちのようで。

なんでそんな事羽鳥さん知っているんでしょう?

今朝、オットのクロゼット(私のと同じ)を見たら、引き出しが壊れてる!

私のクロゼットがやっとまともになったというのに

フランスの安い家具の寿命は異常に短いのぉ
2010年01月13日 (水) | Edit |
朝起きたらどうも昨晩から雪が降っていたようで、かなり積もっていました。
衛星放送の日本語放送がモザイクのような画面になってるし。悪天候だからか!?

しかし、アンテナの雪をパラっと払ってみたらキレイな画面に戻る。
なーんだ、それだけかい。

ということで朝から雪かき

ですが、この前ほど張り切れず。

というのは、この前の張り切りすぎが祟り、筋肉痛は治ったのですが、右半身ばかり使ったので再び肩こり、目の奥の鈍痛が始まる。
絶対雪国には住めないわ。

子ども達も調子が悪く(下の子は午後には復活)、雪の降り方も結構激しいし、全ての習い事を休んで家に籠もる事に。
でも昼には止む。

こんな親の元に生まれてしまった子の才能は開花しないよねぇ、と思ってしまう。

まぁこんな日があっても良いさ、と言い訳。

こんな寒い中でも

ブログ1
すずめは活動中。鳥を見習え!
今度米とか撒いといてみるかなー

話は変わり

ブログ2
おほほ、ニューヨークに行ってきたざます。

なんてのはウソです。
本場の自由の女神の足元に交通標識があるのはおかしいでしょう!

前にも書いた記憶がありますが・・・

自由の女神の設計者はコルマール出身のバルトルディーさんというお方なんざんすの。
で、数年前に街の入り口あたりに小さい女神がやって来ました。
もちろん中には入れず。

街中にはバルトルディー博物館(自由の女神の設計図やらどうやってニューヨークまで運んだか、などの資料が展示されています)やら、バルトルディー高校(フツーの高校です)があります。

コルマールの学校の多くは有名な作家とか「有名人」の名前を取った学校が多いです。
アンネ・フランク小学校とか。

ちょっと北朝鮮風???
2010年01月12日 (火) | Edit |
昨日は午後2時過ぎから大雪が降り始めまして

6時近くから雪かきを始めました。

雪かきは良いね!
運動不足も解消されるし、体も温まるしさ。

ということで必要以上に張り切って雪かきをしました。

雪かきはバランスの悪い動きをするんですよ。

スコップで土を掘るような。って、本当にスコップで雪かきしたんですけど。

右利きだと体の右側ばかり使うのです。

数時間後腰の右側が痛くなる。

で、今日。

目が覚めたらナンと7時40分!

目覚ましをかけなかったのか、鳴っても消してしまったのか。

学校に送って行く為に転がるように慌てて家を出る。

あっ、ちゃんと車中で食べられる朝食も用意しましたよ。

冷凍食品のパンケーキをチンしただけですが。あと、パックのジュースね。

いつもより一時間半以上も寝たのに非常にお疲れ。

腰と腕は筋肉痛だしー

雪かきごときに張り切ってやり過ぎー

話は変わり、昨日やっとクロゼットの新しいドアが来た。

9月に買いに行き、10月に届き(鏡付きのドアで鏡が割れていた)、やっと1月にまともになった。

鏡、落ちて来そうになっていたから怪我する前に届いて良かった。

小さな幸せ。

クロゼットの話は

その1
その2
その3

をご参照下さい。
2010年01月11日 (月) | Edit |
年明けのお菓子と言えば

ブログ1
galette des rois

今まで殆ど買った事がありません。
何故なら中身があまり好きではないアーモンドクリームなのです。

が、偶然大好きなアップルパイのgalette des rois を見つけました。
これが非常に美味しい。

ので、これで4枚目(といっても最初に2枚は小さいサイズなんですよ、と言い訳)。

このガレットの中には小さい陶器の人形などが入っていて、切り分けてその中に陶器が入っていたらその人は今年一年幸運に恵まれる、というものです。

その日は王様になれる、とかも聞いた事が有りますが、それだったら年始だけのお菓子にする必要はないような…?

3枚目の多くを私が食べたのに、何故か当たったのはムスメでした。

4枚目は私!
といっても全部自分が食べたので当たったのは当たり前です。
どうなんだ、これは。

中に入っていたのは

ブログ2
砂糖壷?
絵は「レミーのおいしいレストラン」のレミーかな?

ムスメに当たったのはコックさんでした。

さて、金曜日の午後から降り始めた雪ですが、

翌日の朝には止んでいました。
「こうなったらドンと来い!」と思っていたので拍子抜け。
土曜日は大雪と聞いていたのですが、日中は降らず、また夜から再び降り始めました

ブログ3
鳥の足跡

ブログ5
庭に複数残っていた動物の足跡

子どもは『猫だ」と言う。何と夢のない発想
ここら辺は猫は見ないから、何か別の動物じゃないか?
この足跡は庭を横切って隣に行った様子

ブログ4
下の子と共に人型に挑戦
しかし、私は帽子を被っていなかったので頭を地面につけられず、イマイチ思い切りにかける、頭なし、のものになってしまった。

ブログ6
アルマーニは冬眠状態。
ハウスに敷いている毛布を引っ張り出して、前足で掴んだまま突然寝始めた。

ブログ7
今度は突然私に近づき、足の上にアゴを乗せたままウトウト

私が穿いているカーゴパンツ、一見フツーのカーゴパンツに見えますが、実は裏がフリースになっていてこの季節に大活躍なんですの。もう一枚持っていてこの2枚を毎日のように穿き回しています。

ベルメゾンで見つけました。
今ベルメゾンのサイトを見ましたが、今年はメンズにしかないのかな。
レディースは別のものが載っていました。

外を見たらまた雪が降ってる!
雪は良いけど、凍ったりするのが一番イヤ
この前みたいに雨が降って一気に溶けてくれ?

私の車はケチって前輪しかスノータイヤに替えていないんですの。おほほ??
この前雪降った時は除雪していない道走ったらハンドル取られて怖かった?
ので、オットの車と交換。
良いの良いの、オットは会社まで大きい除雪された道しか通らないから。
私は除雪されていない道通って送り迎えしたり買い物したりするんだから。

因みにドイツは4輪全部スノータイヤに交換しなければいけないそうで
私の車では冬の間ドイツで運転してはいけない、とクルマ屋さんに言われた。

で、張り切って朝から買い物行った。
フランスの数少ない良い所は店が朝早くから開いている所。
8時から1時間半で4軒も行って来ちゃった。

そのうちの一軒、ダメもとで雪かき道具を買いに行ったら
案の定売り切れだった。











2010年01月09日 (土) | Edit |
どれだけ降るんだろうー
ドキドキ

なんてことを前の記事にかいておりましたが、
まぁ、なんと呑気な事を

雪が全然やまず大変な事に。
土曜日、日曜日は大雪だっていうけど、これ以上どれだけ降るんだ、って感じ。

ここら辺は寒さは厳しいけど雪はそんなに降らない所なのに

それでもお向かいのディスコ大繁盛
若者は大雪でも「踊りたいゼ!」って気持ちが抑えられないのねー
でも、帰れなくなるよ。踊ってる場合じゃないって。

大雪が週末でまだ良かったよ?
2010年01月08日 (金) | Edit |
?お知らせ?

年末にお知り合いになった三十路オンナさんの「三十路オンナの表と裏」をリンクに追加しましたー

三十路オンナさん、プロフィールに「独身一人暮らし」と書かれていますが、ベランダで野菜を栽培されたり、美味しいお料理を作られたりとってもおマメなお方ですの。

で、マクドナルドの「チキンタツタ」を手作りされた、と書かれていて私も昨日、早速つくりましたよ。チキンの方だけ。
といっても私は揚げ物がキライ(油の処理が面倒)なので、ほんのちょっとの油で作った「揚げ焼き」ですけどー
しかし美味しいというよりウマかったー!また作ろう

****************

今日は朝から雪です

この前の雪の日に家の前の歩道の雪かきをしなくて、積もってから慌ててしたのでエラい目に遭いました。
ので、今日は降り始めに凍結防止剤を振りまいておきました。

25キロの袋を買って、運ぶのにギックリ腰になりそうになり「失敗したー」と思ったけど、この大袋で良かったです。もう半分以上使ってしまった。
雪は今日は序の口だそーで、週末大雪になるらしい。

ラジオを聞いていたら南仏にも大雪が降ったそうで(多分)、この冬は暖かいのか寒いのか良く分かりませぬ。一ヶ月前はすごく暖かかったのになー。

で、久しぶりのアルマーニ。それも入浴シーンなどを

ブログ2
アルはお風呂がキライです。私も入れるのは面倒でキライです。今回はムスメが入れました。
入れるの面倒ですが、一週間入れないとかなりくさ?くなるのです。

ブログ3
「おーい、早くだしてくれよ?」
お風呂に入れるのは面倒ですが、裸犬なのでお手入れはとってもラクチンですのよ。
体をジャジャっと洗って、タオルで拭いたらお終い。

抜け毛で排水溝がつまる事も、拭いたタオルに毛がくっつくこともありません。

家の中は暖房が入っているので、服を着せていません。
トイレで外に行く時もそのまま。短時間ですから。

今朝も雪の中裸犬のまま外に連れて行ったら、余りの寒さに悲鳴をあげて歩かなくなってしまいました。
仕方がなく抱っこでいつもトイレをしている場所まで連れて行く。

帰ってから

ブログ4
服&お蔵入りしていた靴下を着せてみましたよ。
靴下は以前嫌がって脱ぎ捨てていましたが、今回は寒さに負けたのか脱がずにいます。

さぁ、明日はどれだけ降るのかなー?
ドキドキ







2010年01月07日 (木) | Edit |
旅から帰って来たら

ブログ16
変わらず天気がヒジョーに悪かった。一気に気分が落ち込む。

次の日は

ブログ17
起きたら雪が少し積もってた。



分かっておるのです。「ウツ」の原因は天気だけでない、ということを。だって爽やかな夏だって気持ちが晴れてませんから。
死んでる、変化も刺激もない超保守的な狭い社会に住む、ということにうんざりしておるのです。

あっ、言っちゃった。

以前は周りの方々が楽しそーに生活しているのを見て、この町を好きになれない事に罪悪感を持った事も有りますが、13年以上住んでいてもキライ(これまたハッキリと)なんだから仕方がない、ムリに好きになろう、と思うのは止めました。別にここが好きで引っ越して来た訳じゃないし。くっついてきただけだし。

2回目にここに来る事になった時は覚悟して来たんだけどな?。やっぱりダメだわ。

あ?、ここが仮の住まいで良かった。ってその割には長いな。

さて?、旅先で勝手に思った事を長々と書こうと思います…

1.運転しやすい
今回は大きめスーツケース2つを並べて置ける車を借りました。多分日本やヨーロッパだったらかなり大きい車だと思います。が、道幅と駐車スペースが広かったので全く大きさを感じませんでした。
それに、制限速度もゆっくりだし。道もまっすぐが多いし、店も点在していて長距離が苦にならない。
去年家探しをしていた時に「コルマールから10キロ離れてる。遠い」と思ったけど、アメリカだと超ご近所なのね。コチラの道は農道に毛が生えたような外灯もない、周りは畑、と言う感じなのですごく遠く感じる。

そして歩行者が横断歩道にいると停まる。ここら辺の人は停まりません。私も。何故なら、停まったら後ろの車に追突される危険あり。ヨーロッパ人の運転は荒いからねぇ。それに、停まってもらっても歩行者が轢かれる怖れあり。
何故なら、コチラの人は運転中知り合いを見つけると、道の真ん中だろうと平気で車を停めて話し出しちゃうので、歩行者のために停まっても、後ろの車は「知り合い見つけたんだな。長く停まるな」と勘違いして追い抜いたら目の前に歩行者が居た!なんてことも。←コレ、実際私がやって本当にあぶなかったです。そして、町で同じ事して危なく歩行者が轢かれかける所を見ました。

2.アメリカ人は謝る
ちょっと肩が触れた、店で不手際があると「Sorry」という。
こんな当たり前の事にナゼ驚くかと言うと、フランス人は絶対謝らない。謝ったら死ぬ、とでも思っているのか。

今週こんな事が有りましたよ
3週間前にある店でケーキを4個買ってお金も4個分払いました。が、家に帰って見てみたら3個しか入ってない。
今週この店に行って、また買い物をしたので↑の事を言ってみました。
先ず出て来た言葉が「私じゃないわ」いえいえあーたよ。この前買いに行った時、同僚に「中国人がケーキ買いに来た」って何度も大声で言ってたじゃない。最初は黙ってたけど、余りにも何度も言うので「マダム、私は中国人じゃなくて日本人ですよ」って教えてあげたんだから。
そしたら次は「注文を受けたのは私だけど、箱に入れたのは別の人だから」と言いワケ。結局今回の代金からケーキ一個分を引いてもらいました。
で、私が「ありがとう」と言ったら「どういたしまして」と言われた。

店を出て思った。この会話ヘンじゃない?ナゼ私が「ありがとう」を言い「どういたしまして」と言われなきゃいけないの?その上この人「これでチャラになったでしょう」と恩着せがましく言ったのよね。

こんな感じで先ず「私じゃない」と言い、次は同僚のせいにする、というのがよくあるパターンです。

絶対フランス人は謝ったら死ぬ、と思っているに違いない。まぁ、こんな人たちなので、3週間も前でレシートもないのに↑みたいな図々しい事が言えるのですが。

3.レストランのサービスが良い
チップの制度が有るからだと思うのですが、働いている人の感じがとても良い。
フランスは混んでいると注文するまでに20分、料理が来るまで1時間、会計するまで1時間近くかかる。
料理が運ばれたら、もうテーブルに来てくれない。ので、飲み物をもっと頼みたい、会計をお願いしたいと言う時、人を捕まえるのに一苦労する。近くに来た店の人の顔をじ?っと見つめたり(それでもムシして行ってしまう事もしばしば)、手を挙げて呼んだり。疲れる。
こんななので、具合が悪い、とかで料理を作りたくない、なんて時に日本やアメリカだったら「簡単に外食で済ませましょう」とか出来るけど、フランスだと逆に具合がもっと悪くなりそうで行けない。

4.テレビ、ラジオが面白い
夜ヒマになるかも、と思って雑誌を持って行ったけどテレビが面白くて全く必要がなかった。Foodnetworkやらアニマルプラネット(アメリカンへアレステリアが紹介されてた?)やら家関係のテレビやらホラー&サスペンス専門チャンネルとか。フランスのテレビは変化がないからねぇ。15年以上やっていると思われる朝の情報番組、クイズ番組(司会者も他の出演者もずっと同じ)。本当に同じ番組をず?っとやっている。飽きないのかな。フランスのテレビは見られなくても良いけど、アメリカのテレビを見たい。

ラジオもジャズ専門とか時期的にクリスマスの曲をずっと流している所があったり、選択肢が沢山あって良かった。流れている曲も明るいし。

と、良い事ばかり書きましたけど、一つ思った事が。
何でアメリカって単位が違うのかしらねぇ。
気温70度、と言われても「暖かいんだ」位しか分からないし。マイルと書かれてもどれくらい?
時間だけ同じで何だかそれもへんな感じ。
 
あ?、最初に本音を書いてスッキリしちゃった?

クリスマスに入った中華レストランで貰ったフォーチュンクッキーに
An opitimistic attitude is half of success.
と書かれていたから、気持ちだけは明るくしようー


2010年01月06日 (水) | Edit |
コレ買ったのよ!と言うものは特にありませぬ。

物欲より食欲ですから。

それにフロリダは努力しなくても人が来るからか、あまりパッとしたものが有りませんでした(タンパとその周辺)

例えば、マグネット

ブログ13
左、一応タンパで買いましたケド、他の地名を入れたらそれでも良さそう、って感じ。
右、ワシントンD.C.の空港で買いました。こちらもただ名所を集めただけですが、こちらの方が「ここだけ!」と思えるだけ良し。

あとは、パンケーキミックス。多分「バターミルク」が入っているのがミソなのではないか、と思いまして。
というかフランスではパンケーキミックス自体殆ど見かけません。

そしてそして、タンパの空港で見つけた宇宙食

コチラをご覧下さいませ。下の方に「宇宙グッズ・お土産」というところがあり、画像と説明などが載っております。
未だ開けていないのでどんなものか分からず。

で、ワタクシ本屋さんで面白い雑誌を見つけましたよ。

ブログ11
Small Dream Homes 
最初↑だけ見たら「あら?、アメリカも狭い土地にいかに居住面積を広く取るか悩んだりするワケね」なんて思ってパラパラしたら

ブログ12
「オイコラ!喧嘩売ってんのか!」と言いたくなるような、「悪い冗談でSmall Homes とつけたのか」と編集者に問いたくなるような豪邸ばかり並んでおりましたの。
表紙を見直したら、2500 square feet以下って書いてありましたよ。

2500 square feet ってどれくらいなのかと言いますと
約70.3坪
約232㎡
だそーで、それも見ていると地下室とか屋根裏部屋は入れてない模様。

これらがSmallだったらBigはどれだけの広さ?逆に寂しくなりそうだわ、広過ぎて。

そうそう、ワシントンD.C.の空港には

ブログ14
さすが首都!その名も「America」というお店が沢山あって、オバマさん&ミッシェル夫人のグッズが山のように売られていました。安くなってたケド。

それにしてもアメリカの人は国旗&自分の国が大好きなのね。
至る所に国旗が掲揚されていたし、「America」なんて名前の店。
日本だったら「右翼か!」と思われてしまいそう。

話は変わり

ブログ15
格安航空券でしたが、「エコノミープラス」にずっと座る事が出来ました。
しかし、何が「プラス」だったのかよく分からず。
座席の狭さも機内食も普通のエコノミーと変わらず。
あっ、歯ブラシセットがついてました。

帰りの飛行機の中では、マイケルジャクソンの「This is it」が見られました。
この前上映していたのに、もう無料?で見て良いのね。

マイケル氏、口パクではなくてちゃんと歌っていてビックリしました。
というのは、どの歌も結構ハードなダンスと共に、だから最後の方で息切れしてしまいそうじゃありませんこと?
でも、そんなことなかったですよ、さすが!

そして、あの大掛かりなセットと、オーディションに合格したダンサー達はどうして居るんでしょう、と余計な事を考えてしまいました。







2010年01月05日 (火) | Edit |
旅=食! ずいぶんマシになりましたが、ここのお魚事情は悲しくなります。
白濁した目、身が溶け出しているような魚を平気で売っています。
スーパーの魚売り場の前を通るとニオウ。

忘れもしません、以前それでもサバが食べたくなり家で捌いていたら、「?」白くて透明な糸のようなものがニョロニュロと出て来ました。
よく見たら「!」虫でした…

こんな感じで以前ここに居た時は魚といったら、ツナ缶、オイルサーディンくらいしかまともに食べられませんでした。血がドロドロになりそう。

今はお刺身に出来そうなマグロやゆでたカニを見つけられるようになりました。
ですが、ここら辺の人は山に囲まれ魚を食べる習慣がないので、売れ残って茶色に変色しているマグロや古い魚などもしばしば売っています。

なので、「食」は楽しみにして行きました。

ブログ1
Backwaters on Sand Key のクラブ・ケーキ

ブログ2
Crabby Bill's Seafood Restaurant の蒸し蛤

ブログ3
そしてそして IHOP のパンケーキ!!!
今回泊まったホテルにはIHOPが併設されていたのですが、それが理由でこのホテルに決めた、と言っても過言ではありません。
アメリカの朝食、どうしてこんなに美味しいのかしらん。
フランスのホテルの朝食はIHOPのパンケーキセットより値段が高いのに、出てくるのは固くてパサパサのバゲット、クロワッサン、オレンジジュース、暖かい飲み物だけなのです(これだけで地方だと約1000円、パリだと2000円近く取られる)。よくメニューに「バターとジャム」と得意げに書いてあるけど、パン食べるのにバターとジャムをつけるのは当たり前でしょう!エラソーに書くなっ、と言いたくなります。

ブログ4
ハンバーガーなぞにも挑戦?してみました

ブログ5
Benihanaの地元限定版? Arigato Japanese Steak House とやらにも行ってみました。
どこのレストランもガラガラなのに、ここは大人気のお店のようで1時間も待ってしまいました。
中は不夜城のよう。煙モウモウで先が見えません。
これが「Japanese」と思われても…って感じ?ホームページから流れて来る曲もちょっと違っているような。

アメリカの人はこういう「食べる+楽しいオマケ」が好きなのね。
切ったエビのしっぽを作っている人が自分の帽子に投げ入れたりしてました。

どこに行ってもキラキラ電気一杯ついてるし、オバマさんが目指しているCO2削減、エコな生活なんてこの国の人が受け入れる事が出来るのか?と全然関係のないことをここで思ってしまいました。

そうそう、一緒の席の人がお誕生日だったようで、皆で「Happy Birthday to you?」と歌い、ケーキを頂きました。
お誕生日に来るのには良いかも

ブログ6
Dunedinではメキシコ料理を(Casa Tina

最後の晩餐は Indian Rocks Beach の Keegan's Seafood Grill という所へ。

ここは確か「地球の歩き方」のインターネット版にお勧めレストランとして載っていました。

夕日を見て6時頃に着いたのですが、既に待っている人がレストランの外に結構いました。

20分近く待って中へ

ブログ7
かなりブレてしまって見にくいのですが、タコの足、生ガキ、フロリダ名物?ストーンクラブ、シーフードパスタ


ブログ8

ソフトシェルクラブ

とても人気のお店のようで、後から後から人がやって来ます。どれも非常に新鮮で人気なのも納得でありました。

そして帰る道中も食べ続ける

帰りはワシントンD.C.経由だったのですが、フランクフルト行きの飛行機は22時頃発で機内食を食べられるのは夜中近くになってしまうので、その前に軽く食べましょう、ということで日本食屋さんに行ったのですが

ブログ9
空港の中の日本食屋さんとは思えない美味しさで、結局お腹が痛くなるまで食べてしまいました。

なのに

ブログ10
機内食も半分くらい食べてしまった。チキンカレー
ユナイテッド航空の機内食は美味しいと思う。

因みに私のお隣はインドのお方で、スペシャルミールでグリンピースカレーを召し上がっていました。

ということで帰って来て再び血がドロドロになりそうな食生活を送っています…






















2010年01月04日 (月) | Edit |
アルマーニは昨日、テニスボールで「持ってこい」を午後ず?っとやっていました。
というかつき合わされました。それはそれは長時間。

気づかないでいると「ク?ン」と鳴いて催促します。
で、アルの方を見ると、お座りをして目の前に自分で置いたボールとこちらを交互にジッと見ています。

とっても珍しいことです。
いつもはこちらが誘ってもムシしたり、ボールをくわえて別の所に逃げたり「一人遊びが好きな犬」だったのに。
預かってもらっている間、ボールで遊んでもらっていたのかな。

しかし今朝「遊ぶ?」とボールを見せたら全くムシ。
まったく気まぐれな犬です。

そういえば、預かってもらった方のお宅から帰って来る道中ずっとムニャムニャ鳴いていました。
きっと「何で置いて行ったんだい?」とか
「チミ達が居ない間ねぇ?」とか話していたのかも知れません。

*********************

さて、旅先で見た動物さん達です

ブログ5
これは何と言う鳥でしょう?カモメ???一番沢山いましたよ。
とってもカワイイのですが、お菓子を持ってボケ?っとしていると奪いに来る抜け目のないヤツであります。
そして、キーキーないて威嚇または仲間を呼ぶ。
この鳥の赤ちゃん(多分)は、やたらと歩くのが早い!

ブログ10
ペリカンさん
野生のペリカンなぞ初めて見ました。ちゃんと飛ぶ。

ムスメがThe Pierで
「ペリカンが売ってる!」と叫んだのでビックリして見に行ったら
「Pelican Food for sale」ペリカンではなく、ペリカンの餌でしたよ、売っていたのは。

ブログ12
リスさん
実は日本に居た時にリスを飼っていた事が有ります。
しかし飼い始めて直ぐに後悔しました。リスはかごに入れて人が飼うのではなく、木を登り自由に広範囲を動き回るのが一番の幸せなのです。家に来てずっと外に行きたがっていました。
家に来て半年後、一度アパートの4階から飛び降りて脱走を図り、その直後に足を怪我してしまい、天国に行ってしまいました…
リスを見ると、家に半年だけ居てくれたリスさんを思い出します。

ブログ9
Dunedinのアイスクリーム屋さんに居たわんこ
大人しく飼い主さん一家がアイスを食べ終わるのを待っていました。

アメリカもわんこを飼っているご家庭が沢山いると思いますが、地元の方が散歩している以外は、わんこ連れをあまり見かけませんでした。
ホテルやレストランがペット同伴禁止が多いからでしょうか?
フランクフルトの空港に着いたら犬連れさんにいきなりお会いしたので、犬連れさんを見て
「あぁ、ヨーロッパに戻って来た」と思ったのでした。

そしてそして

ブログ11
分かりにくいですが、イルカさん!!!
ある朝ホテルの前の海岸で海を見ていたら、隣に居た人が
「イルカがいるよ」と教えてくれたので見てみたら居た!
野生のイルカなんぞ初めて見たので感激しました。

どうも人になれているのか
通りかかるボートにちょっかい出したり、一緒に飛び跳ねながら泳いでいました。

野生のイルカも見た事だし、何だか今年は良い年になりそうだぞ?、と自己暗示をかけてみたよ














2010年01月03日 (日) | Edit |
かっ、痒い!体が乾燥でモウレツに痒いのです。
たった一週間旅行に行っただけなのに、フロリダは海の近くで湿度もあってお肌には良い環境だったようです。
家に帰ってきて暖房でとても家の中が乾燥しているので、掻いたらイカン、と分かっていてもボリボリ掻いてしまいます。クリームを塗っても焼け石に水状態で、寝ている間も無意識に掻いているようで、お腹の辺りが真っ赤になってしまいました。頭まで痒いです。

******************

タイトルに「行った所編」と書いてみましたが、そんなに色んなところには行きませんでした。

情報が余りなくどこに行ったら良いのか分からなかったのです。
でも、今回はのんびりしましょう、ってことでこれも良かったです。

記憶に残っているのは

セント・ピータースバーグにあるホロコースト博物館。大人14ドル。写真撮影禁止。中で英語のオーディオガイドを貸してもらえます。
ユダヤ人迫害の歴史から、第二次大戦中にナチスが行ったユダヤ人虐殺の資料が展示されています。ヨーロッパ各地にあったユダヤ人収容所からポーランドにあるアウシュヴィッツ収容所にユダヤ人を運んだ際の貨物も展示されています。
説明によると、普通に人を乗せたら40人で一杯になるところを100人以上詰め込んで、アウシュヴィッツに着くまで水も食べ物も一切与えずにユダヤ人捕虜を運んだのだそうです。

実はアルザスにも収容所があります。
camp struthof
一度訪れたことがあります。山の中の本当に寂しいところにポツンとあり、ユダヤ人を収容していた木で出来た粗末な掘っ立て小屋、ユダヤ人を殺害するための施設、着せられていた服、取り上げられた物などが展示されています。

さて、セント・ピータースバーグといえば

ブログ1
The Pier
どんなものかと期待して行きましたが
・・・流行っていない水族館って感じ。建物が立派なんだからもっと中身も充実させたら良いのに。残念

他に行った所は

ブログ2
タンパのInternational Plazaというショッピングモール
インターネットでタンパを検索して出て来たのは「田舎でつまらない」などがちらほら。
なのですが、タンパより数倍田舎に住んでいる私にとってはこんな大きなショッピングモールがあるってだけで大感激。久しぶりにたくさんのお店を見ました。うれし?

そして偶然見つけた、Clearwaterの隣にある小さな町 Dunedin。小さくてカワイイ歩いてみてまわれる町です。アンティークショップなど個人のお店が並んでいます。

ブログ3

ブログ4

そしてそして何と言っても海と夕日!

ブログ6

ブログ7
日本に居た時は海まで車で15分もあれば行ける所に住んでいました。
海が近くにある生活、というのは当たり前で、よくボケーっとしに海に行ったりしたものです。

残念ながら今住んでいる所は海からかなり離れた所に住んでいて、海を見る為には車で7時間近く運転しなければなりません。
ここに住み始めた頃は海が見れなくてかなりのストレスでした。いや、今も。
なので、休みになると海を見たくなります。

帰る前の日に Clearwater Beach から8キロ南下した Indian Rocks Beach に行きました。
行ってみてビックリ!遮るものが何もないのです。桟橋も何も。目の前は海だけ!
そこに沈む夕日は本当にきれいでした。

ぶろぐ
海が見られただけで幸せでした。大げさではなく。












2010年01月02日 (土) | Edit |
明けましておめでとうございます

ムスメが始めたこのブログですが、案の定ムスメは飽きてしまい、「絶対続かないから止めときなさい」と言っていた私が引き継ぐ形で書き始めました。
今はムスメに感謝しております。

ブログを始めて、他の方のブログに興味を持ち、人見知りで無精な私でもブログには気軽にコメントを残せ、沢山の方とお知り合いになる事が出来、お陰様でフランスの片田舎の超狭い&超保守的な世間で生きている私の世界がバ?ンと広がりました。ありがとうございますです。もしもブログを始めて居なかったらノイローゼになっていたかも… ゾゾ?

暗い内容が多いこのブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

****************

さて、オットの仕事が忙しいらしく、今年は冬休みは取れないかも、と言われていたので、じゃぁ休みは作った事がないけどいっちょお節もどきでも作ってみるか、こっちに来る時お重も買って持って来たしさ(未使用。地下室のどこかにあるハズ)、と思っていましたら、直前になり「やはり取れそうだ」と言って来まして。

じゃぁ折角だからどこか行くかい?ということで、職場の人が「とっても良い所だ」と言っておった、フロリダはタンパ&クリアーウォーターに現実逃避の旅をして来ましたよ。

直前でも何とかなるものです。
が、ウチよりもっと強者がいるようで、ドイツのフランクフルト空港(以前も書きましたが、ウチの最寄りの小さい空港から出発するより、300キロ離れたフランクフルト空港まで出た方が航空券がかなり安く買えますの)のチェックインカウンターに「Last Minutes」と書かれた、売れ残った航空券を安く売っているカウンターがありました。
私が想像するに、旅行の支度を取り敢えずして「ハワイまで大人2枚、子ども2枚」とダメもとで聞いてみて、チケットが有ったらそのままハワイへLet's go!しちゃうのではないでしょうか?賭けだな?

こんな感じで出発したのでガイドブックもなく、インターネットでタンパとその周辺を調べましたが、調べ方が悪いのか殆ど有益な情報は得る事が出来ませんでした。
ので、今回はその日暮らしの旅でした。

ブログ2
海を見て

ブログ3
青空&太陽の光と久しぶりに再会し

ぶろぐ
メキシコ湾に沈む夕日を拝み

ブログ4
ここら辺ではまず味わえない美味しい美味しいシーフードを食べて

命の洗濯をして来ました(大げさな)。とっても楽しかったです。

アメリカは寒波が来ていたのか、前半は曇りがちで気温も低めでした。
途中新しいデジカメに不具合が見つかり(画像2枚目。右側に黒い線が入っています)、その上テロ未遂事件があって怪しい日本人一家(フランスに住んでいる日本人家族がドイツの空港からアメリカ往復しようとしている)は果たして帰って来られるのか、と心配しましたが、何とか帰って来られました。フランクフルト空港では、飛行機に乗る直前に我が家だけ隅の方に呼ばれて身体検査をされましたが。まぁそれも良い思いでということで。

アルマーニは

ブログ1
旅に出るかどうか分からなかったのですが、前もって頼んでおいた、いつも預かってもらっている人の所に行っていました。預ける時、その方のお宅に近づいて来たらクンクン鳴き始め、会った時は嬉しくて大はしゃぎ。私たちの事など見向きもせず、その方のお宅に入って行きました。良い事だけどね、どの人にも懐いてくれるっていうのはさ…

これから数回覚えている範囲で旅日記を書こうかと思います。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。