--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月29日 (水) | Edit |
月・火、と家を見てきました。

ですが、思いのほか家探しが長引き、正直「どうでも良いか」とか「本当に来年の春まで居座るかな」とか思い始めています。

家探しの大きな壁となっているのが、インターネット環境です。
ウチはインターネットで日本のテレビを見たり、子どもがYoutubeを見たりするので、普通並の速度が必要です。

信じられないかも知れませんが、フランスって一応先進国なのにインターネット環境の整備が非常に遅れているのであります。パリとかは違うんだろうけど。

ワタクシが察するところ、ひねくれ者のフランス人、何かとアメリカに対抗したがるフランス人が、インターネットに対抗して「ミニテル」なる物を発明し、もう負け、と分かっているのにいつまでも引きずっていたのが原因と思われます。

ぶろぐ
これがミニテル。多くのフランスの家庭の片隅に今もほこりを被って保管されているとみた。Wikipediaより

ですので、不動産屋さんから「?村に家があるけど」と紹介してもらい、"アラ良いですね"と思ったとしても、その後住所を確認し、プロバイダーに
「今度?村のどこそこ通りの何番地に引っ越す予定だけどインターネットはどんな?」といちいち確認しなければなりません。

しかしですねぇ、カスタマーサービスの態度の悪いこと。勘のいい人は私の下手くそなフランス語から
「なんて村?住所教えて。調べるよ?」とさっさか調べてくれますが、意地悪なのか、ただ知らないのか
「引っ越してから電話して。その電話から速度調べるから」なんて、たわけた事を平気で言う人もいます。
「だから?、引っ越す前に調べたいんです。環境が悪かったらそこには引っ越さないし」と言っても
「引っ越してから電話ちょうだい」の一点張り。卵が先か、ニワトリが先か、の言い合いが永遠と続いてしまいますので、一旦切り、再び"勘の良い人に当たりますように"と祈るような思いでかけなおす。この繰り返し。

例えば「5月15日に入居しないとダメ」と言われた家のある村はナント、1メガの契約しかできません。日本じゃ、今やADSLから光の時代だってのにさ。
というのを、偶然大家さんからの返事待ちの間に分かり(この村はコルマールの隣の村だったので大丈夫だろう、と勝手に思い調べなかったのです)、断られて逆に安心しました。
プロバイダーは「1メガってとっても速いよ。十分十分」と平気で言ってるし。ナニ考えて言ってるんだろうね
いっそプロバイダーを変えようかとも思いましたがどこも一緒でした・・・。

そして、あの2階の部屋の傾斜。
ウチは幸いなことに2階の部屋が斜めっている家に住んだことがありませんでしたので、見学に行く度に見る、あの斜めになっている天井+壁を見ると最近は怒りさえわいてきます。

子ども部屋には最低、ベッド+机+本棚+クロゼットは大体付いていないのでクロゼットを置きたいのに、どう考えても置けません。

私たちの寝室だって二人分のクロゼット+本棚くらいは置きたいのに置けないじゃん!
今日のお宅は地下室に夫婦のクロゼットを置いてました。すごく不便そう。
136?もあるのに2階はすごく狭く感じます。

そしてそして、一軒家を借りるためにわざわざ不便な村に引っ越さなければいけないのか、という思い。

上の子は来年高校入学です。本人は市内の高校を希望しています。
とんでもない所に引っ越してしまうと、子どもの学区も変わってしまいます。
今日の大家さんは「この村だと市内の高校はムリじゃない?」なんて言い出すので、帰宅後慌てて市役所に聞いてみました。大丈夫でしたけど。

もしもここでの生活が長くなったら下の子も中学に行くことになるでしょう。
調べておかないと村の中学は給食を付けられないかも、という心配もあります。

こんな感じで、日本じゃ"あったり前でしょう"ということが、ここではちっとも当たり前じゃありません。
また引越しはしたくないし、失敗は許されない、とかまで思ってしまいます。
外国で日本の基準を持ってくるのがいけない、とは分かっていますが・・・
ただただフツーの環境のフツーの家に住みたいだけなのに・・・

最近はフランスから引っ越したいと思ったりします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
ゥッワ~~、何だか色々と面倒な事が多いんですね~~。
今の世の中、ネット環境が地区によってそんなに違うだなんて、日本ではちょっと考えられませんからねぇ。
と思うと、やっぱり日本ってとっても便利なんですねぇ。
どこに越しても住所変更だけで済んじゃいますものね。

収納もちょっと困りモノですねぇ。
部屋は少し狭くなっても、タップリの収納がほしい、って主婦なら思いますものね。
あ~ぁ、日本に引っ越しできたらベストなのにぃ…。
な~んて、私の希望を言ってみる^^;
2009/04/29(Wed) 06:17 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
ゆっふぉままさん
そうなんです!部屋がちょっと狭くなっても収納は欲しいのです。だって、お宅訪問すると、2階はぐちゃぐちゃになっていて、例えば昨日のお家は玄関横のトイレを下駄箱として使っていたんですよ。もちろん、トイレとしても使っています。リビングはまぁキレイなのに、2階はしまう所がないから物で溢れかえっていたし。フランス人って収納のない家にギモンを持たないのかな~。

あ~、こういう時は本当に日本に帰りたくなります。そしてゆっふぉちゃん&ごりぃくん、もちろんママさんに会いたいです!
2009/04/29(Wed) 09:13 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
NO TITLE
あー、そうですよね、インターネット!うちの旦那も家を買う前に調べてました。ここの町もまだ、ADSLで光は、ないです。パリ市内は、あるようです。

日本と同じ事を求めてたら、いつまでたっても家が見つからないと思います。何が大切なのかをリストに書き出してみたら良いかも知れません。インターネット、お子様達の学校、収納スペース、アルちゃんのための庭・・・などと。それで、諦められる部分は、諦める、というようにして、妥協しないと家探しは、難しいかも。前にも書いたけど、一生住む家じゃないですから、100パーセント気に入った場所を探すのは、大変だと思いますよ。
私達が前に借りていたアパートは、寝室が異常に小さくて、ベッドを置いたらそれで終わりくらいでした。それがすっごいいやだったのですが、町の中心で、管理がよく、セキュリティーがすごく良かったという点で借りることに決めました。確かに、寝室に大きな家具なんて置けないから、それなりに洋服の収納に困りましたが、数年住むだけだしと思い、結局は、町の中心だし、セキュリティー良いしで、毎日の生活に問題無しでした。

我が家も2階の部屋が斜めっています。確かに、家具の配置をよく考えないとなりませんね。住宅街なので、建物の高さに制限があるため、2階部分が斜めなのかと思います。
2009/04/29(Wed) 11:19 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
そうなんですよね~、今はとっても気持ちが後ろ向きなので色々とケチをつけてしまうのだと思います。住めば都、だと思うのですが。
以前フランスに居た時は3~5年と言われたのに、結局10年もいたので、もし今回もそうなったら結構この先長くないかい(多分ないと思いたい)!?とか考えちゃったりして。先ずは気持ちをもう一度前向きにしないといけません。ふ~
いつもアドバイスをありがとうございます。しっかりしないとダメですねぇ
2009/04/29(Wed) 12:16 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。