--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月26日 (火) | Edit |
「ヘリコプターは助走(って言うのでしょうか?)がいらない」
「羽が回っているときに近づいても首がちょん切れない」
と言うことが今回ヘリコプターに乗って分かったことです。当たり前だけど。
ヘリコプターなんて乗ったことなかったし。今回のことがなければ乗る機会もなかっただろうし。

いきなりの展開で「ヘリコプターに乗れる」という嬉しさで笑いそうになってしまった。
でも、上の子改めムスメが病気で乗るんだもの。こんなとき笑顔で居たら不謹慎だわ、と必死に笑いをこらえていたら「不安そうなハハ」と周りの人には映ったようで
「今日は天気も良いし、風もないので心配いりませんよ」と言われた。
そうだ、落ちる可能性もあるよね。

ブログ2
スイスの病院はとってもきれいだった。カフェと見晴らしの良いテラスまであった。

耳栓代わりのヘッドフォン(音が非常にうるさいので皆つける)をつけ、病院に向けてさぁ出発。
飛行機と違ってふわっと浮き上がった。

あ?、無事に離陸できてよかった。と安心したら急に我に返ってこの状況がオソロシクなった。
あの?、ドクターヘリっておいくらくらいかかるのでしょうか?
お向かいに座っているドクターに「いくらかかるの?燃料費程度?一般人でも払える?」と聞きたくなったけど、例えお高くても飛び立ってしまったし、ムスメの命にはかえられません。

ブログ3
病院の入り口で心配そう(?)にムスメを待つアルマーニ。

空の上から見ると、スイスって「アルプスの少女ハイジ」の世界のように山の上の小さい集落がポツポツある。こういう村って過疎化が進んでいるだろうからドクターヘリの出番が多いんじゃないかな。
あら、高速益々渋滞が長くなっているよ。
などなど見ているうちにあっというまに病院に到着。

ずっと一緒に居てくれたお医者さんが、運ばれた病院の先生に引継ぎをして
「じゃぁ」と去っていく
「本当にありがとうございました」しか言えない(単語が出てこない)自分が情けない。

ブログ4
交通案内のおじさん???

その後受け付けに行く
「請求書は自宅へ送ります」とのこと。ゾ?

ムスメはサービスエリアのトイレでNaCl(オット曰く「食塩水」らしい)を点滴で打たれていた。点滴つけたままヘリに乗り、病院に到着。
その点滴が終わった後、別の点滴+注射2本を打たれてやっと落ち着いてきた。
先生が「気温差(炎天下の中長距離歩いた後、冷えた車に長時間)に体がついていけなかったのでは」と仰った。

先生の話を聞いて思い出した。普段は汗かきなのに、今回の旅行では、汗をかかない代わりにいつも顔が真っ赤だったこと。夜になったら「頭が痛い」と言ったので鎮痛剤を飲ませたこと。もしかしたら熱中症になっていたのかも。

ブログ5
Gottardトンネルの中。子どもの頃「トンネルの中では息を止める」という遊びをしましたが、このトンネルでその遊びをしたら死んでしまいます。

点滴と注射が終わった後、暫く様子をみましょう、となった。
ここで問題になったのは、アルマーニ。
車でのんびり寝ていたのに、周りがバタバタし始めたので、車の中で留守番させようと思ったけどキャンキャン鳴くわ、遠吠えをするわ大騒ぎ。

結局、オットと私が交代で一緒に居てあげることにした。なにかあると直ぐ大慌てし始めるアルマーニ。飼い主(ワタシのこと)と性格がそっくりだけど、車の中でちゃんと留守番できるようにしつけないとなぁ、と反省。

ブログ1
ミラノで会ったセレブ犬。エルメスの首輪を初めて見ました。

結局夜の10時頃「もう大丈夫ですよ」といわれて病院を出た。
この時間ならトンネルもすんなり通れるでしょう、と思ったら甘かった。
こんな遅い時間なのに大大渋滞。
家に着いたのは午前3時でした。

もう連休にイタリアには行きません。
疲れた?。
でも大したことなくて良かった?。

ブログ6
ちょっと休憩"あ?かい?"

翌日早速保険会社に事の顛末を話したら
「全て保険でカバーされます」と言われた。ホッ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ハラハラ
しましたよ~~。今回のイタリア旅行記!
お嬢さん、軽かったようでヨカッタですね~~~。
ご家族の皆さんもとっても大変でしたねぇ。
私は熱中症じゃなかったんですが、お腹が下っちゃった時だったかな?に脱水になりまして、やっぱり頭が痛かったですよ。
スポーツドリンク飲んだら治りました。

アル君も、暑い中良く頑張りましたね。
ウチはそろそろメッシュタンクトプの出番です。
暑~い日のお出かけに着せて行き、蛇口のある所でザブザブ水をかけてあげると、気化熱でそんなに暑くないみたいです。
ちょっとヘバり気味の時でも、これをやるとテンション復活します。
でも、頭が黒いから、きっと脳みそは熱せられてると思うんだよね~~…。
アル君のお顔を見た主人が「ゴリの顔だ…」って言ってましたよ(笑)!!
2009/05/26(Tue) 12:25 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
ゆっふぉままさん
ままさんのコメントを読んで、やはりムスメは脱水状態だったのかも、と思いました。真夏並みの暑さでしたから。本当に何ともなくて良かったです。もしも暫く入院なんてことになっていたら、「ヘリコプターに乗った」なんて喜んでいる場合じゃなかったです。ご心配ありがとうございました。

メッシュタンクトップって良いですね!Tシャツだと暑い&すぐ臭くなるけど、メッシュだとサラサラしてそう。いつもどこでお洋服見つけてあげるのでしょうか???

アメリカンへアレステリアは毛が無いから色んな表情の子がいますが、ごりぃ君とアルは本当にそっくりさんです。なので、ままさんのブログでごりぃ君を見ると、毎回「何でアルが真っ黒さんになってるの?」と焦ります。←おバカさんだわね。
2009/05/26(Tue) 16:08 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
NO TITLE
ムスメさんの体調が悪かったというのに、
不謹慎ですが、大笑いして読んでしまいました!! Armaniさんの文章むちゃくちゃおもしろい!! これからも期待してます。

2009/05/26(Tue) 20:08 | URL  | Miwako #-[ 編集]
NO TITLE
勝手に息子さんだと思ってました~!ごめんなさいっ

娘さんも回復なさって、更に移動費含めた治療費も保険で支払われるそうで、良かったです!一安心!!
そういえば、ドクターヘリに乗るArmaniさんのニヤケ顔(?)で思い出しました!
私、幼い頃に家の前の道路でバイクに轢かれちゃいまして
その時は母1人が救急車に乗ったそうですが
『自分も乗りたい!』と兄が泣いてジタバタしたそうです(笑)
ヘリコプターも救急車も、なかなか乗れるものじゃないですもんね~!
私の記憶には全く残ってないんですけどね、ハハハ♪

2009/05/26(Tue) 20:55 | URL  | 九州女児 #-[ 編集]
Miwakoさん
うわぁ~、笑っていただけて光栄(?)です~。

当初のワタシの目標は「アルマーニとの優雅な暮らしをブログに書く」だったのですが、優雅とはかけ離れた生活でとってもムリ!ということが分かりました。私はMiwakoさんのようなカワイイブログに憧れます。
2009/05/27(Wed) 08:42 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
九州女児さん
いえいえ全然謝る必要はないですよ、私のかき方がまずかったのです。「上の子」じゃぁ判別できませんものね。

当事者はそれどころじゃないと思いますが、付き添いだったらヘリも救急車も滅多に乗れないから乗ってみたいですよね。お兄様のお気持ち分かります。ムスメは3年ほど前足にひびが入って小児科病院に行ったら「ギブスをするために別の総合病院に行ってくれ。救急車で送ろうか?」と言ってくれたのに拒否しまして、後で「乗るって言えばよかったのに~」とワタシの方がガッカリしたのを思い出しましたよ。
2009/05/27(Wed) 08:46 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。