--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月03日 (水) | Edit |
この前の祭日は降臨祭という宗教関係のお休みでした。

「フランス関係の休みかも」なんてテキトーなことを書いてしまいすみません。

そしてお恥ずかしい。結構長く暮らしているのに、何も興味を持たずに暮らしている、っていうのがばればれです。もっと有意義に生活しなければなぁ、と反省しました。

さて、先日コウノトリが歩いていたので思わず写真を撮ってしまいました。

ぶろぐ
ちょっとボケてしまった。

コウノトリはアルザス地方ではシンボル、国鳥みたいな存在です。

おみやげ物(例えばマグカップとかタオルとか)にもよく登場します。

大きなスーパーの外灯の上や、教会の上にコウノトリの巣があって、「どうせ飾りでしょう」と思っていたら、コウノトリが本当に住んでいます(それもニセモノでしょう、と思っていたら動いてビックリ!でした)。

でも、こんなに近くで見たのは初めてでした。

人に慣れている様で、その後家族連れの人たちと一緒に散歩(?)してました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。