--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月14日 (日) | Edit |
今回はちょっとジマン話が混じりますけど・・・

金曜日の晩、ムスメが
「今日、同じ学年の子達が集まって(学年集会があったらしい)、みんなの前で"成績が上がった子"として名前を呼ばれて褒められたんだ?」
と話してくれました。お?、それはスバラシイ。良かった良かった。頑張ってたものねぇ。ハハも嬉しいよ。

ぶろぐ
金曜日は下の子の学校のお祭りがありました。去年まで土曜日にあったんだけど、サルコジさんの時代になり、土曜日学校がなくなったので金曜日になりました。ということで手伝いに行ってきました。

しかし、続きが
「あのねぇ、色んなことで名前を呼ばれるんだよ。ずっと成績が良かった子は"今回も成績が良かったです。この調子で頑張って"って言われるし、成績が落ちた子は"成績が悪かったです。この調子だと落第します"とか。そっちで呼ばれたと思ったから、名前を呼ばれたとき焦ったよ」
だって。


また、
「その後ねぇ、クラスで"このクラスで親切そうな人投票"っていうのがあって、2番だったんだよね?」
へぇ?、それも嬉しいじゃぁないですか。まぁ、フランス人のように押しが強くないからね。
それにしても、面白いことを投票させるよね。誰が、何の目的で???? と思いムスメに尋ねましたら
「担任の先生が"親切そうな人を書いて"って言ってきて、先生が集計して発表してた」
だって。

ブログ1
ワタシが担当したのは「竹馬」。

・・・成績が上がった、って皆の前で褒められるのはとっても嬉しい。
話は長くなってしまうけど、ウチが住んでいるのはしがない片田舎。日本の塾なんてある訳ありませんから、小さい日本語補習校が唯一の日本語を勉強できるところです。

下の子は「行きたくない」と言うので最初から行かせていません。無理に行かせても身に付かないしね。
ムスメは小学校の間は現地校の授業時間の関係で行けなかったけど、中学に入学したし、現地校が休みの土曜日の朝授業をしてくれることになり、通うことにした。

ブログ2
子ども達ってすごいなぁ、と思うのは、最初は「出来ない?」と騒いでいたのに、何回か挑戦するとほんの数分の間に出来るようになっているってこと。ワタシもヒマな時に挑戦してみたけど怖くて出来なかった。トシをとると"怖い"って気持ちが出てきちゃうからダメなんだよねぇ。

補習校の担任の先生は大きくなると現地校との両立が大変、と言うことが分かっていらっしゃるので「宿題は出来る範囲で構いません。来て、刺激を受けるだけで良いんですよ」と言って下さった。

でもねぇ、通い始めるとなかなかそうは行かなくなる。同じクラスの子はちゃんと宿題やって来ているのが分かると、親も
「迷惑かけたらダメだよ。宿題しなさい」と口うるさく言うようになるし、ストレスも溜まる。
行っている本人はもっとそう思うようで、明日現地校でテストがあっても補習校の宿題が終わっていないと、現地校の勉強を途中で切り上げて補習校の宿題を始めたり、夜遅くまで勉強しても終わらなくて、早朝起きてまた続きをしたり、と負担が大きくなってきた。

それに土曜日朝の授業って大変。ここは日曜はお店閉まっちゃうから土曜日に活動したいのに、授業の送り迎えで遠出が出来ないし、連休があっても出かけられない。

ブログ3
お母さん手作りのケーキ。子ども達に作ってくれたのに意地汚く二切れも食べてしまった。

それにねぇ、小さい補習校ってのは親も大変なんだよねぇ、色々・・・。大声じゃ言えないけどさ。あっ、もちろん、親子で楽しんで補習校に通っている家族が大半です。ウチはワタシが超非社交的なので。

これじゃぁ、どっちも中途半端。ストレスは溜まるし。親子で疲れてしまい、思い切って再び休学させることにしましたの。

きっと多くの人が
「補習校に行かせないなんて。それも中学生なのに」とか
「親は子どもの将来を考えてやってるのかしら」
と思っているに違いない。良いの良いの「二兎追うものは一兎も得ず」っていう諺もあるじゃない。・・・でも本当に良いのか?困るのは子供だよ。家で時間があるときに日本の勉強はしてるけど絶対遅れてるよ。と気持ちが揺れる揺れる。

でも、どうも成績が上がったらしいしこの選択は間違っていないみたい、というのが分かって、本当に嬉しかったです。
それに、ムスメも最近、土曜日の朝からお友達と出かけることが増えてきた。補習校に行っていたらそんなこと出来なかったし。それはつまらないよね。

ブログ4
楽しい時間はあっという間に過ぎ、お終いの時間に。

でもでも、皆の前で成績が下がった子まで呼ぶってどうなの?
「その子どうしたの?」と聞きましたところ
「そんなの分かってます、と開き直ってたよ」だって。そりゃそうだ、そうするしかないよね。ワタシだったら泣いちゃうかもな?。

それと、担任の先生がやったという「"親切な人"投票」もどうなんだろう。
ワタシはてっきり学級新聞かなんか作るために誰かがやったのかと思ったよ(幼稚過ぎるか)。

ブログ5
そしてアルマーニ。寝てばかり。

両方とも今の日本じゃ問題になりそうな事で、それを平気でしちゃうフランスって、なんと言いますがデリカシーがない、というか"昔の日本"を思い起こさせるというか、子どもが褒められて嬉しいけど複雑だわぁ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。