--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月13日 (木) | Edit |
食洗機の修理ですが、部品を取り寄せなくてはならないそうで、来週金曜日に直るそうです。
って、1週間も使えないじゃないの・・・でも、これは完全に壊れていないようなのでよかったです。
面倒なので処分してしまおうか、とも考えましたが、とってももったいないので、売るか寄付しようと思っています。

そして今日は、電気、水道、ガス、テレビの住所変更や契約終了の手続きに行って来ましたが、どこもお呑気で
「引っ越したら電話して」とかばかり。
引っ越しても電気がつかない!となったら大変なので、その点を確認したら
「大丈夫」とのこと。

どうもこちらが「今日からここに住みます」と言わない限り、前の住人に請求がいくようです。
・・・良いのか、これで?

??????????????

ブログ1 ブログ2
いよいよ旅もお終いに近づいてきました。
(左)ヘルシンキをたつ日は朝早い飛行機なので、出発日はホテルでの朝食は食べられません。この日が最後です。
私はこれをパンケーキ風に食べましたが、横にケチャップとマヨネーズが置いてあったので、現地の人は違う食べ方をするのかもしれません。どのホテルに行っても、ベリーのソースが置いてありました。
(右)朝食を食べるところはホテルの10階にあったので眺めが良かったです。

この日は特に予定もなく、街をブラブラとしました。

ヘルシンキ市観光局オフィシャルウェブサイトに、
市の中心部にはデザイン地区と呼ばれるエリアがあり、そこにはデザインディストリクトヘルシンキに加盟する170ものデザインに特化したショップ、アンティークショップ、ファッションブティック、ミュージアム、アートギャラリー、ショールーム、レストラン、ホテルなどが集中しています。
とあったので、デザイン地区、とやらに行って見ました。

ぶろぐ
ちょっと見にくいですが・・・オシャレめなお店が点在していました。

その後、休憩がてらデザイン博物館に行きました。

今回はアルを預けられたというのもあり、珍しく沢山の博物館と美術館に行きました。

子ども達はブラブラするだけで楽しくなかったようなので、ホテルに戻り子どもを置いて再びオットとホテルの周りを散歩しました。

ヘルシンキはストックホルムに比べると小さく、歩いてみて回れます。
子どもは大都会のストックホルムが好きなようでしたが、私はコンパクトで情緒のあるヘルシンキの方が好きでした。

最後の夕飯は、未だトナカイさんを食べていないので、「Ravintola Komos」というフィンランドレストランに行きました。

ブログ5
フィンランド名物、ニシンのフライ

 ブログ6
そして見難いですが、これがトナカイさんのステーキ。ベリーソース。

お味は、最初は「牛肉のステーキと変わらない?」でも、ずっと噛んでいるとかすかにクセがあります。
甘めのソースでクセが上手く消えています。

私は北欧の方と似て(!)甘めの味が好きなので、このベリーソースは大好きでした。

ブログ7
デザートにまたまたフィンランド風パンケーキを。パンケーキ好きなのです。

ブログ8 ブログ9
(左)レストランの外観。街中の便利なところにあります。
(右)ホテルの近く、Stockmanデパートの近くの大通り。

翌日は、5時50分のFinnairバスに乗って空港に向かいました。

朝早いので、空港は空いているだろう、と思ったら大間違いで大混雑でした。
次のバスでもいいだろう、と思っていましたが、早い便に乗って正解でした。

ブログ10 ブログ12
(左)ヘルシンキの空港内のお店は朝6時から開いています。ムーミンショップもあります。
(右)この飛行機に乗って現実の世界に戻りました・・・

ブログ11
飛行機の中で出た朝食。ロールケーキみたいな物は玉子焼きでした。緑色の物はほうれん草。

帰りにスイス内でガソリンをチョコット入れました。
その時に小腹が空いたので、ポテトチップを買おうと思ったら・・・
一袋、4.75スイスフラン(約450円)もしてビックリ!小袋でガマンしました。

オットが「後ろの座席のフィンランド人がチューリッヒの空港に着く時にスイスの山が見えて、歓声を上げていた」と話してくれましたが、今頃スイスの物価の高さに怒りの声を上げているのではないか、と思ってしまいました。

まとめ
・北欧は思ったより物価は高くない。ホテルも今回は利便性を優先したので、珍しく4つ星を取りました。どのホテルも朝食、インターネット込みで150ユーロ以下/一泊・4人でした。フランスのホテルは朝食別、インターネット有料です。
・船の旅は思った以上に良かったです。でも移動手段がないので頑張って車で行って、車を乗せて船の旅をした方がもっと良いかも知れません。
・フィンランド語はアルファベットなのに英語とは全く接点がないようで、何が書いてあるのかさっぱり分からない。
・フランスが「美食の国」というのは違うと思う。

もっと早くに行っていれば良かった。

以 上

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ト、トナカイのステーキ!!!!
思わずサンタさんを思い浮かべてしまって何とも言いようがないですね(笑)
ところでこの間、美食の国ランキングみたいなのが発表されていましたが
1位はフランスでした。ちなみに日本は3位でした。
本場のフランス料理、食べてみたいです♪
2009/08/14(Fri) 01:01 | URL  | 九州女児&デューク #-[ 編集]
九州女児&デュークさん
そうなんですよ、トナカイさんといえばサンタさん。北欧の人って残酷だわ、とちょっと思いました。積極的には食べたくないです。牛肉と大して変わらなかったし。ってじゃぁ牛さんだったら良いのか、という話になりますけど。

美食の国ランキングでフランスが1位でしたって???いつも思うんですけどね、皆さん「フランス」っていうとオシャレ~で、美味しいもの沢山、というイメージに騙されていますよ!そおいえば、フランスに引っ越す時に子どもの同級生のお母さんから「ご主人、画家なの?」なんて聞かれたわ~。これだけイメージと現実と違う国も珍しいと思うわ。あっ、ワルグチ書き過ぎちゃった。私はアメリカごはんの方が美味しいと思っているんですよ~。あら、これって「隣の芝は青く見える」ってヤツですね。
2009/08/14(Fri) 08:19 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。