--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月24日 (木) | Edit |
昨日はアルマーニにはかわいそうなことをしてしまいました。

ブログ1
ショック状態+足が腫れてお腹を見せてぐったりするアルマーニ。
自分からお腹を見せたことがなかったので、相当具合が悪いのでは、と慌てました。


なのですが、獣医さんに行って収穫もありました。

ムスメは現地校で中学最終学年です。

フランスの中学では、最終学年になると、一週間の stage (職業実習)を受けなければなりません。

*Stage=男性名詞 (発音)スタージュ 研修、実習、見習い の意

ブログ2
獣医さんの待合室。診察室から超大型犬が出てきました。獣医さんに聞いたところ、ドイツの犬だそうで、体重55キロ!この犬の飼い主さんは、ドイツの動物保護施設からこの犬を引き取ったそうです。

ムスメの中学では来年一月の末に行なうそうで、受け入れ先をどうしたらいいものか、と悩んでいました。

私はフランスの学校のことはサッパリ分かりませんが、どうもフランスは小さい時に将来が決まってしまうようです。

この先、高校に行くことになりますが、成績が芳しくない生徒や今から美容師さんや看護師さんなどなりたい職業が決まっている生徒は、普通高校ではなく職業高校に進みます。
それで、最終学年になると「普通高校進学クラス」と「職業高校進学クラス」に振り分けられます。

ブログ3
血管注射をされてショボンとなる。

自分から職業高校進学クラスに進むならともかく、ムスメの学校では、学校の方で成績が伸びていない子を強制的に職業高校進学クラスに入れてしまいます。
もしもそのクラスに入ってしまった生徒が大学進学を希望し、普通高校進学クラスに行きたいのなら、一年留年して成績を上げるか、他の中学に転校するしかありません。

職業高校に行ってしまうと、気が変わって大学に行きたい、というのはかなり難しいらしいです。
逆に、大学に行ってから「やっぱり職人になりたい」と思っても、学歴がありすぎて受け入れてもらえない、なんてこともあるそうです。

この、「学校が強制的に進路を振り分けてしまう」というのを聞いてビックリしました。
だって、子どもはいつ伸びるかはその子によります。
というか、学校が子どもの将来を決めちゃうってどうなのさ…?

中学でパッとしなくても、高校で成績が伸びる子も沢山居るはず。もちろん逆もありますけど。
また、子どもが中学時代「弁護士になりたい」と思っても、年を取るうちに気が変わって美容師さんになりたい、なんてこともたくさんあるのでは?

ブログ4
頭に蕁麻疹が出来ているのがわかりますか?

そう思うと日本の学校は選択肢が多いし、やり直しもきいて良いなぁ、と感じます。
だって、商業高校や工業高校に行っても医学部に行くことだって出来るでしょう?

フランスの学校のことに戻りますが、フランスは若者の失業率が非常に高いので(経験重視)、たとえ大学を卒業しても(特に文系の学部を出たりしたら)なかなか仕事が見つからないそうなので、考えようによっては職業高校に進んで早くから「手に職」をつけるのも良いのかも知れません。

因みに理系の学部を出ていても余り良い就職先はないそうで、フランスはエンジニアにとってはあまり魅力的な国ではないそうです。

話がすっかりそれてしまいました。
で、stage ですが・・・
多分、実習を受けさせることで、将来自分は何をしたいのか、という事を見極めるためにさせるのでは、と勝手に思っています。
本来なら、自分が就きたい職業の会社などに行かせて貰うのが一番なのでしょうが、多くの生徒は親や親戚の職場に行く、という事が多いようです。

ブログ5
目の下にも

う?む、ウチは親戚もコネもないしねぇ・・・。

それで、オットに聞いてみたところ
「研修生はよく来るけど、中学生は見たことない」とのこと。

次は、今現在興味を持っていることと関係のある職場にダメもとでメールを送らせてみました。
が、一通も返事来ず。
あのねぇ、「研修生は受け入れてません」くらい返事してきても良いと思うよ。

ということで、以前お友達のお姉さんが獣医さんの所に研修に行った、と聞いていたので、今回アルマーニを診てもらったときに聞いて見ました。

すると「良いよ」というお返事。
獣医さんは人気の研修先、と聞いていたのでもう他の生徒の予約が入っているかな、と思っていましたが、良かった?。
どこもなかったらオットの会社に無理やり頼んでみるか、とか思ったけど所詮日系の会社だし、どうせならフランスの会社(獣医さんは会社じゃありませんが)に研修に行った方が良いような気がします。

今はマンガ道一筋ですが、ムスメは動物好きなので良い研修先が見つかりました。

この Stage 高校に入ってからは毎年あるそうです。
じゃぁここに居る間はずっと探さないといけない訳ね。
やれやれだな?。
今回は直ぐに見つかったので聞かなかったのですが、学校が紹介してくれないのかな?

ブログ6
右足の腫れは獣医さんのお陰ですぐにひきました。その後蕁麻疹が体中に出る。夜は喉の辺りが蕁麻疹による腫れでブヨブヨになり心配しましたが、一晩寝たらすっかり良くなりました。
私がなったショック状態と殆ど同じで、人間と犬って同じなのね?、とビックリでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゴリィも
過去に2回ほどアレルギーで全身蕁麻疹が出ました。
最初は食べ物(生のサーモン)、次は蚊に刺されて出ました。
一度目は様子がおかしくなったのが夜だったので、私もゴリィも殆ど寝られず、ゴリィがバリバリと掻くとすぐに血が出るので、代わりに私がゴシゴシとさすって夜を明かしました。
2回目は、恐らく蚊だと思うのですが、庭から部屋に入った時に「あら?たくさん刺されてるね~」と思ったのですが、それ、すでに蕁麻疹だったようで…。
その後慌てて病院に行きました。
毛が無いから、蕁麻疹もよく見えて哀れですよね。
大事にはいたらなくて何よりでした!
お大事にしてくださいね。
アル君、お姉ちゃんの研修先まで見つけてくれて、エライぞ~~!!
2009/09/25(Fri) 03:11 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
ゆっふぉままさん
ままさんありがとうございます~!
あら、ごりぃくん、2回も蕁麻疹が出ちゃったんですか?生のサーモンでなんて本当に人間のようだわ。ハッキリ見えるので私は今回が最初だったのでビックリしました。本当に哀れでしたよ~。「毛がないから刺されやすいんだよ」と言われて益々哀れに思っちゃいました。ゆっふぉちゃんは出ないのかしら?丈夫そうだから大丈夫と勝手に見立てていますが。

そうそう、研修先も見つかって良かったですよ。本当にアルマーニはお姉ちゃん孝行な犬です。ふふふ
2009/09/25(Fri) 07:27 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。