--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月25日 (金) | Edit |
色々あって書くのが遅くなりましたが、先週末に保険会社から手紙が来ました。
通訳さん曰く「珍しく対応が早いですね?」とのこと。

内容は、
入居する時に不動産屋さん立ち会いのもと行った家のチェックをした時の書類から、最近大家が送って来た文句のファックスまで
つまり、大家とやり取りした全ての書類、手紙のコピーを送って下さい、とのこと。

だらしがない私が珍しく全ての書類を保管していたので、早速コピーして保険会社に持って行く。

でも、その前に一つ気になっていた事が有りました。

というのは、保険会社の方では
「何故8月までしか家賃を払っていないのに、家の引き渡しが9月で、それを誰がそうしてくれと言ったのか」
ということが大切なようでした。

前大家はその事を知っていたのか、文句のファックスに
「チミ達が頼んだから9月に引き渡しをしてやったのだ」
という一文をしっかり書いて来てあったのです。

ですので、「チミ達の頼み」というフランス語で「votre demande」の所を丸く囲んで、
「私たちが9月引き渡しにしてくれ、と言ったのは確かです。何故なら通訳さんが8月は居なかったからです。でも、大家も“私も通訳さんと一緒の方が良いので、9月で良いです。娘が住む前にリノベーションをするので急ぎません”と私に言ったのです。同意した時点で私たちは“同等”であるから、チミ達の頼みで、という表現は正しく有りません」
と書き込みました。

まぁこれを書き込んだからと言って、保険がどうこうなる、ということはきっとないと思いますが、ヘンじゃんこれ、と思ったまま書類を出してしまうのは絶対にイヤだったのです。

こちらは「言ったもん勝ち」の世界です。
後から「本当はこうだったんです」は通用しません。
日本のように「まぁまぁそこまで言わなくても」も理解されません。

ちょっと話はそれますが、先日なるほど!と思う話を聞きました。

引っ越そうと思って家具をどけたら壁紙にカビが生えていたそうです。
そこの大家もかなりヤな人だったそうで、
「チミ達が家具を置いたお陰で大切な壁紙がこんなになってしまった。弁償しろ!」といちゃもんをつけてきたそうです。

そうしたら、言われたお方
「おぬしの家の造りが悪いから、大切な家具にカビが生えたぢゃないか!」
と言い返したそうです。
結果裁判に… 

おぉ、これぞ「攻撃は最大の防御」!!!
私だって、言わなきゃいけない時は下手なフランス語でも主張してやる?!
闘うのだ、ガルルルル?!!!

書類に書き込んでいる時に色々思い出されて腹が立って来て
「大家は卑怯者だ」
「頭が壊れてるんじゃないか」
とか書いちゃおうかと思いましたが、返って心証が悪くなりそうなので止めました。

フランスに居ると本当に気性が荒くなります。
この戦闘態勢のまま日本に帰ると、タダの
「気が強くて物事をハッキリ言い過ぎる人」
になってしまうので気をつけなければ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
そう、わたしもね、8月までしか家賃を払っていないのに、9月に引渡し・・・ってのが、気になってました。法律上、こういうのってどうなるのかなって。本当は、お互いに同意しますって言う書類を作ってサインをしておくべきだったかも。今さら言っても遅いですけど。それにしても、いくら、借りている側の要求であったといっても、それをOKしたのは、大家ですから。出て行かなきゃいけないのに、家賃も払わず住み続けたわけじゃないですから。なんとか、早くこの問題が解決できると良いですね。

その壁にカビが生えた件ですが、確か、壁紙などは、大家に責任があったと思います。私達も前に借りていたアパートで同じく、家具を置いていた所の壁にカビが生えてしまったのですが、壁紙は、大家の責任だし、建物自体の問題だということで、修理代など何も求められませんでした。
2009/09/25(Fri) 11:29 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
ホントに
大変ですね~~~。
相手が悪いっていうのもモチロンありだと思いますけど…。
日本の場合、全て不動産屋が間に入ってやってくれるのでそれほどトラブルにはならないと思うんですけど、やっぱり外国での生活は神経すり減りますね~~。
でも、これが無事に解決したら、Armaniさんはもうコワイモノナシ!のような気がします(笑)。
なるべくスムーズに、少しでも早く解決に向かう事を祈ってます。

そうそう、私もイナカから東京に来て、随分強くなりましたよ!
「自分の身は自分で守る!!」の心構えで(笑)。
でも、外国での生活とは比べ物になりませんものね。
本当に外国で生活してらっしゃる皆さん、ご苦労が多い事と思います。
精神的にも疲れると思いますけど、適当に息抜きしつつ頑張ってくださいね。
2009/09/25(Fri) 15:51 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
Snoopyままさん
本当にねぇ、まさかここまでこじれるとは思っていなかったんですよ。こんなんだったら、通訳さん居なくても誰かフランス語が上手な人に頼んで8月中に引き渡しをしてしまえば良かったです。大家のこの超頑固な性格から私たちが勝手に9月引き渡しなんて出来る訳ないでしょう、って自分で気づけよっ!と思っちゃいますけど。

ウチの保険の手続きはこれで終わりに近づいてますけど、大家の方は全く進んでいないと思われます(大家の保険の申請書にサインしたらこちらに控えを送り返す事になっているので)。どうするのかな~?ウチは全く困らないけど、とっとと全てを終わらせて早く縁だけは切りたいのです。
2009/09/25(Fri) 16:15 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
ゆっふぉままさん
こちらも普通は不動産屋さんが間に立ってくれるのです。が、今回は次は身内が住むってことで不動産屋さんが居なかったんですよねぇ。多分不動産屋さんがいたら水漏れの件も、庭の事でもぎゃーぎゃー言われなかったんじゃないか、と思います。本当に運が悪いわ。
住む所で人も変わりますよね~。私は潜在的にこの戦闘態勢が整っていて、フランスで見事開花したって感じ?でしょうか。この問題が解決したらフランスの不動産屋さんで働こうかしら???
ママさんも東京にきて成長されたんですね。日本はまだまだ「大和撫子」風な人が好まれると思いますが、ハッキリ意見を言う、自分の身は自分で守る、というのは女性でもとっても大切な事だと思います。ママさん、私と違って格好良いお方だろうな~、と思っています。私はタダの「獰猛」なだけ…情けなや。
2009/09/25(Fri) 16:27 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。