--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月06日 (火) | Edit |
今日、郵便受けに知らない保険会社からの郵便が来ていた。

中を見たら、前大家の保険会社だった。
水漏れの申請書の控えを送って来た。
ってことは、こちらの言い分(大家が取れ、と言ったから洗面台を取った。工事した後の水の元栓は閉めた)を受け入れたってこと?ね。

まぁ受け入れないといつまでも前に進まないし、ということは大家の娘もいつまでも住めないし、そうするしかないよねぇ。良かった良かった。
でも、このままで済むかなぁ。心配。

今日はもう一つする事が有りました。

どうも引っ越ししてから、新しく買った冷蔵庫の冷凍庫のドアがしっかり閉まらなくなっているようで、食品はちゃんと凍っているのですが、冷凍庫の引き出しを引くと、氷がガラガラ出てくるのです。ってことは空気が入ってしまっているってことだよね?

ということで修理を頼むと、
「その村では午後の12時から18時の間しか修理に行けません」とのこと。

私は出来たら午前中が良いのです。
午後は子どもを迎えに行ったりして家を開けてしまうので。

なので、混んでいるなら待つから午前中が可能な日にしてくれ、というと
「そこは午後しか行けないのです」の一点張り。
因みに市内だと午前中は10時から13時の間に来てくれます。

午後がダメなら土曜日の10時から18時のいつかに行きます。だって。
そんな?、修理のために大切な土曜日にジッとしてなきゃいけないの!?

「それがダメなら自分で別の解決方法を見つけて下さい」なんて平気で言って来るし。
何のためにお金払って5年保証をつけたと思っているんだ!

いつも本当に不思議に思うのですが、フランスの人たちって共働きが多いのですが、こう言う時どうしているのでしょう?

宅配便だって、運悪く配達の日にいなくて再配達の為の電話すると
「明日の朝8時から夕方6時の間に行きます」とかフツーに言うし。

引っ越し屋だって週末は引き受けてくれないし。

皆貴重な有給休暇を使うのかしら???
5週間ある有給は「取らなければいけない」そうだからこんなこと事で1日や2日使っても問題なし?周りも暖かい目で見てくれるのかしらん。
「ホラ、村に住んでるでしょう?大変なんですよ?」
「そりゃ仕方がないね」なんて会話が成り立つってこと?

で、結局
「12時から18時の間に行きます」というのでそれを受け入れるしか有りません。
が、居ない間に来られても困るし、修理の人が前もって電話します、と言われたけど、迎えに行っている間に電話もらっても直ぐには帰る事が出来ないし。

こちらから連絡を取るために修理の人の連絡先を教えてくれ、といっても「教えない」だし、ムッとしてしまい
「13時以降はいないから12時から13時の間に来るように、と修理の人にを伝えてくれ」と言っておきました。

コールセンターの人は「エ?…ブツブツ」言ってましたけど
「午後しか来れないんでしょ、私は午前中じゃなきゃ困るのよ。ア?タは修理の人の電話番号は教えない、と言うしこれしか解決方法はないでしょ!」と言ったら受け付けてくれました。

でもしっかり「そんなの約束出来ませんからね」と言われちゃったけどさ。

こんなメッセージ残しても13時より前に来ることは0に近い、なんてこと分かっているのです。ですが、一度外に出てしまうと帰ってくるのはいつも18時近く。
18時以降は修理に行きません、とコールセンターは言うし、なるべく早く来てもらうにはこう言うしかないのです。

村に引っ越した、といってもコルマールの横なのです。
以前は加入していたインターネットのプロバイダーも、この村は1メガの契約しか出来なかったし(市内もそれでも18メガ)、数キロ離れただけでこんなに不便になるとは思わなかったかも。

そおいえば一つ思い出しました。

夏休みの北欧旅行、本当は別の日に行く予定だったのですが、オットの仕事の関係で急遽変更したのです。

ホテルや船会社に電話したところ、快く日にちを替えてくれたばかりではなく
「この日だったら、もっと安くしてあげられるよ」と言ってくれたりして、変更後の確認メールも直ぐに送ってくれました。

ただ酷い所が一つ。
それは、旅行保険会社。

カスタマーサービスの人は
「パソコンの使い方分からないんだよね?(ってぢゃぁ何故チミはカスタマーセンターの椅子に座っておるのだい?)。同僚に聞いてやり直してメール送るよ」と言ったきりメールが来ません。

数日後どうなったか電話したところ
「えっ?もうその日にちに変わってるわよ。メール送って欲しいの?じゃぁ送ってあげるわよ」と面倒くさそうに言われ、やっと内容変更のメールを貰ったのでした。

もちろん、フランスの会社でした。

この国絶対に先進国じゃないよ。北欧の方が余程全ての面で進んでいると思いますけど。

10月1日配達予定のクロゼットも、もちろん来ていません。

ちょっと?、フランスの人はデモ行進がお好きなようだから「もっとまともなカスタマーサービスを!」っていうデモ行進もして欲しいわ。
あ?、日本に帰りたくなった?!

何か同じようなことばかり書いてるな。私が諦めの境地に達すれば良いのかしらね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
大家との揉め揉めはこれにて終了? ほんとほんと? そうだったら、祝杯あげなくちゃ!! おめでとダヨ~!!

Armaniママさんの修理の話じゃないけど、こっちも午前中なら8時~12時、午後なら12時~4時までって大まかな約束あります! その午前中もしくは午後の4時間、待機するために出かけられないのよね。 まぁ~仮に○○時って約束しても、大幅に遅れてくるのがお約束だけど(-゛-) ほんといい加減なカスタマーサービスには神経削りますよ。 「もっとまともなカスタマーサービスを!」なデモやって欲しいけど、元々そういう国で育ってきた人たちは、そんなカスタマーサービスに疑問持ってなかったりして?! そこんとこ現地人に本音を聞いてみたいわ。
2009/10/07(Wed) 06:32 | URL  | まるくる #-[ 編集]
まるくるさん
これにて終了!と言いたいところなのですが、未だ家の引渡しの時の書類にサインをしていないので・・・でもあとちょっとですっ!いや~、この書類が来ただけでも大きな一歩ですけどね。嬉しいです。まるくるさん、ありがとう!

アラ、アメリカも結構いい加減なんですね。
まるくるさんの仰るとおり、ずっとこのいい加減のなかで育ってきた人たちだったら、こんなことなんとも思わないのかも知れません。
本当に本音を聞いてみたいわ。案外なんとも思ってなかったりするのよね~。私一人でいっちょデモ行進してみるかな!?
2009/10/07(Wed) 10:15 | URL  |  #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。