--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月16日 (水) | Edit |
ブログ3

新型インフルエンザの予防接種を受けてきました。
場所はエクスポ会場

いつからやっているのか分かりませんが毎日(週末は不明)受けられるそうです。
受けられる時間は曜日によってまちまちだそうですが、今日、水曜日は小学校がないので一日中やっているそうです。

ブログ2
中はこんな感じ

お子様連れとお年を召した方が殆どでした

料金は無料です

日本は新型インフルエンザはもちろん、季節性インフルエンザの注射もなかなか打つことが出来ないようですが、フランスは余裕であまっているようです。

こうやってお国が無料で受けさせてあげるよ、といってもひねくれている人が多いフランスですから
「受けたことがないから」
「副反応が心配だ」等々理由をつけて受けない人が多いのです。

素直な日本人は喜んで受けに行っちゃいましたけどね
確かに副反応は心配ですけど

ムスメは学校を休ませて行きました。
が、朝、学校で希望者全員に2週間も前に打ってくれていた、と言い出してさ。

何でその時言わなかったのだ、と問い詰めましたら
「季節性の方だと思った」だってさ。そんな訳ないじゃん
でも、学校で受けさせてくれるなんて国は深刻に捉えているのね。国民は全然深刻に思ってないようですが。

結構人がいるので待つのかと思ったら、直ぐに問診に呼ばれてあっという間に打ってもらえました

で、

ブログ1
注射しましたよ、という証明書を貰いました。

今回打ったワクチンは Pandemirix と言う名前のもの。
パンデミックにひっかけたのかしらん

2種類ワクチンがある、というので違いを聞いたところ、もう一つは小さい子と持病がある人用なのだそうです。

注射はあっという間に終わったのに、この証明書を貰うのに待たされました。

なぜなら、問診表と引き換えに証明書がもらえるのですが、
A4のノートに手書きで、名前、注意すべき人は注意事項を書いていたのです。
もちろん、証明書も手書き
検索することになったらどうするのか、それとも最初からそんな事する気がないのか

多分今日が初めての仕事日じゃないだろうに
この紙書くのに二人がかりで、あーでもない、こーでもない、アラ、間違えちゃったわ、修正液どこかしら、なんてやっていて、珍しくすんなり注射が受けられて、フランスもやれば出来るじゃん、と思っていたのに、やっぱりフランス、と思ってしまいました。

そしてアルマーニブログ4
柱の陰からリビングを覗いていました。
何かを企んでいたのか?
それを私が写真で撮って
「見てたのね」
とシマッタの顔
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フランスは、人口全員が2回、注射を受けられるほどの数を買ってしまったそうです。つまり買いすぎでして、無料で注射を受けられるというのは、私達の税金でそんだけ大量な注射を買ってしまったということです。
旦那は、喘息持ちのために優先的に3週間ほど前だったかな?に注射を受けに行きましたが、2時間待ちだったそうです。そして、やはり、ママさんと同じく、書類が手書きですっごい時間がかかったそうです。
ちなみに、私は、つい先日に注射を受けられるよという手紙を貰いましたが、今のところ、行かないです。インフルエンザがすっごい流行りそうだったら行くかも知れないけど。ただたんに、注射嫌いなだけなんですけどね。(笑)ちなみに、旦那のリハビリの先生は、予防注射反対派で、もちろん受けるつもりないそうです。この先生曰く、人間は、予防注射のし過ぎで弱くなっているんだ・・・だそうです。まあ確かにそうかもしれないけど、でも新型インフルエンザは、ちょっと怖いですよね。
2009/12/16(Wed) 19:00 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
おはようございます!

>フランスは余裕であまっているようです。
↑えー、そうなのですか。

日本と全く異なりますね。。。

ただ、証明書貰うのに時間がかかったりするのは
困ってしまいますよね。。。

質問なのですが、
フランスは日本よりは福祉などは
優れているのでしょうか?
(セーフティーネットなど)
2009/12/17(Thu) 02:42 | URL  | 三十路オンナ #-[ 編集]
Snoopyままさん
かなり前のニュースダイジェストでこちらの厚労省大臣にあたるひとが、新型インフルエンザの事でかなり張り切っている、と読みました。張り切りすぎちゃったのかな?毎年人口の何割の人が予防接種を受けているのかを参考にすればそんな大量に買おう、とは思わないのに。じゃぁかなり余りそうですね。どうするんだろう、残り。

パリ近郊でも「手書き」でしたか!あまりのアナログ加減に衝撃を受けましたねぇ。費用はかからないけどさ。そして名前と日付を書くだけなのに何故あんなにあたふたするのか。本当に不思議でありました。
ご主人様2時間もかかっちゃったんですか。注射打ちに行って疲れて病気になりそうですね。
私も注射大嫌い。実は今回も子ども達は平気な顔して打ってもらっていたのに、私は小学生のように、終わった子どもに「痛かった?」と聞き、打つ時も腕に力が入りすぎていたようで、先生から「リラックスして」と言われてしまった。もちろん子どもは言われていない。お恥ずかしい。
2009/12/17(Thu) 08:16 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
三十路オンナさん
証明書、随分待つな~、と思たら手書きで本当にビックリでした。
そして名前と日付を書くだけなのにナゼそんなに時間かかるの?と思わず問いただしたくなりました。やっぱり理解出来ない国です。

フランスは北欧並みではありませんが、日本と比べたら福祉は充実していると思います。医療費も薬代も基本的に無料ですし、学費も公立学校は無料、私立学校も年間10万円くらいです。医療費が無料、というのはとても安心です。その代わり消費税が19.6%(だったかな)と高いです。物価もかなり高いですねぇ。こんなものがこの値段!とよく思います。生活するにはお金がかかる国だと思います。因みに有給休暇は5週間もあるそうです。こんな程度しか知らなくてゴメンナサイ。
http://emed.blog123.fc2.com/blog-entry-27.html
こちらにフランスの医療制度について書かれています(あまり良いものが見つけられませんでした。申し訳ないです)。もうすぐ崩壊、みたいな事が書かれていて、そ~なの?って感じです。
2009/12/17(Thu) 08:36 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]

うちの旦那は、有給休暇が10週間から11週間あります。休みすぎ~!!!

注射の話ですが、前に聞いた話では、どのくらいの量の注射を買うべきかを相談したアドバイザーが、実は、注射を作る会社と繋がっていたとかで、それで、全国民が2回もうけれる数を買ってしまったそうです。ちなみに、もちろん、注射が足りていない国もあるわけですから、そんなに大量に買ってフランスは、我がままだとも言われているそうです。
2009/12/17(Thu) 15:05 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
10~11週間!!!
それは本当にスバラシイ!毎年確実にお休み取れるのですか?
日本じゃ考えられないですねぇ。
私もねぇ、もしも自分がフランス人だったらこの国は良い国だと思います。社会保障はまぁまぁ整っているし、町並みもパリなどキレイだし。
そしてお休み一杯!
しかし私は日本人…

注射の話聞いて「どこも同じなんだな~」と思いました。ガッカリ。
この調子だとかなり余りそうですね。足りない国に売るとかあげるとかすれば良いのに~
2009/12/17(Thu) 19:47 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。