--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月07日 (木) | Edit |
旅から帰って来たら

ブログ16
変わらず天気がヒジョーに悪かった。一気に気分が落ち込む。

次の日は

ブログ17
起きたら雪が少し積もってた。



分かっておるのです。「ウツ」の原因は天気だけでない、ということを。だって爽やかな夏だって気持ちが晴れてませんから。
死んでる、変化も刺激もない超保守的な狭い社会に住む、ということにうんざりしておるのです。

あっ、言っちゃった。

以前は周りの方々が楽しそーに生活しているのを見て、この町を好きになれない事に罪悪感を持った事も有りますが、13年以上住んでいてもキライ(これまたハッキリと)なんだから仕方がない、ムリに好きになろう、と思うのは止めました。別にここが好きで引っ越して来た訳じゃないし。くっついてきただけだし。

2回目にここに来る事になった時は覚悟して来たんだけどな?。やっぱりダメだわ。

あ?、ここが仮の住まいで良かった。ってその割には長いな。

さて?、旅先で勝手に思った事を長々と書こうと思います…

1.運転しやすい
今回は大きめスーツケース2つを並べて置ける車を借りました。多分日本やヨーロッパだったらかなり大きい車だと思います。が、道幅と駐車スペースが広かったので全く大きさを感じませんでした。
それに、制限速度もゆっくりだし。道もまっすぐが多いし、店も点在していて長距離が苦にならない。
去年家探しをしていた時に「コルマールから10キロ離れてる。遠い」と思ったけど、アメリカだと超ご近所なのね。コチラの道は農道に毛が生えたような外灯もない、周りは畑、と言う感じなのですごく遠く感じる。

そして歩行者が横断歩道にいると停まる。ここら辺の人は停まりません。私も。何故なら、停まったら後ろの車に追突される危険あり。ヨーロッパ人の運転は荒いからねぇ。それに、停まってもらっても歩行者が轢かれる怖れあり。
何故なら、コチラの人は運転中知り合いを見つけると、道の真ん中だろうと平気で車を停めて話し出しちゃうので、歩行者のために停まっても、後ろの車は「知り合い見つけたんだな。長く停まるな」と勘違いして追い抜いたら目の前に歩行者が居た!なんてことも。←コレ、実際私がやって本当にあぶなかったです。そして、町で同じ事して危なく歩行者が轢かれかける所を見ました。

2.アメリカ人は謝る
ちょっと肩が触れた、店で不手際があると「Sorry」という。
こんな当たり前の事にナゼ驚くかと言うと、フランス人は絶対謝らない。謝ったら死ぬ、とでも思っているのか。

今週こんな事が有りましたよ
3週間前にある店でケーキを4個買ってお金も4個分払いました。が、家に帰って見てみたら3個しか入ってない。
今週この店に行って、また買い物をしたので↑の事を言ってみました。
先ず出て来た言葉が「私じゃないわ」いえいえあーたよ。この前買いに行った時、同僚に「中国人がケーキ買いに来た」って何度も大声で言ってたじゃない。最初は黙ってたけど、余りにも何度も言うので「マダム、私は中国人じゃなくて日本人ですよ」って教えてあげたんだから。
そしたら次は「注文を受けたのは私だけど、箱に入れたのは別の人だから」と言いワケ。結局今回の代金からケーキ一個分を引いてもらいました。
で、私が「ありがとう」と言ったら「どういたしまして」と言われた。

店を出て思った。この会話ヘンじゃない?ナゼ私が「ありがとう」を言い「どういたしまして」と言われなきゃいけないの?その上この人「これでチャラになったでしょう」と恩着せがましく言ったのよね。

こんな感じで先ず「私じゃない」と言い、次は同僚のせいにする、というのがよくあるパターンです。

絶対フランス人は謝ったら死ぬ、と思っているに違いない。まぁ、こんな人たちなので、3週間も前でレシートもないのに↑みたいな図々しい事が言えるのですが。

3.レストランのサービスが良い
チップの制度が有るからだと思うのですが、働いている人の感じがとても良い。
フランスは混んでいると注文するまでに20分、料理が来るまで1時間、会計するまで1時間近くかかる。
料理が運ばれたら、もうテーブルに来てくれない。ので、飲み物をもっと頼みたい、会計をお願いしたいと言う時、人を捕まえるのに一苦労する。近くに来た店の人の顔をじ?っと見つめたり(それでもムシして行ってしまう事もしばしば)、手を挙げて呼んだり。疲れる。
こんななので、具合が悪い、とかで料理を作りたくない、なんて時に日本やアメリカだったら「簡単に外食で済ませましょう」とか出来るけど、フランスだと逆に具合がもっと悪くなりそうで行けない。

4.テレビ、ラジオが面白い
夜ヒマになるかも、と思って雑誌を持って行ったけどテレビが面白くて全く必要がなかった。Foodnetworkやらアニマルプラネット(アメリカンへアレステリアが紹介されてた?)やら家関係のテレビやらホラー&サスペンス専門チャンネルとか。フランスのテレビは変化がないからねぇ。15年以上やっていると思われる朝の情報番組、クイズ番組(司会者も他の出演者もずっと同じ)。本当に同じ番組をず?っとやっている。飽きないのかな。フランスのテレビは見られなくても良いけど、アメリカのテレビを見たい。

ラジオもジャズ専門とか時期的にクリスマスの曲をずっと流している所があったり、選択肢が沢山あって良かった。流れている曲も明るいし。

と、良い事ばかり書きましたけど、一つ思った事が。
何でアメリカって単位が違うのかしらねぇ。
気温70度、と言われても「暖かいんだ」位しか分からないし。マイルと書かれてもどれくらい?
時間だけ同じで何だかそれもへんな感じ。
 
あ?、最初に本音を書いてスッキリしちゃった?

クリスマスに入った中華レストランで貰ったフォーチュンクッキーに
An opitimistic attitude is half of success.
と書かれていたから、気持ちだけは明るくしようー


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はっきりと キライと言い切れる Armaniさんが 私は大スキ!!
私も もっともっと 言いたいコトは沢山あるの。
でも 最近 何だか 思い切って書くことが ちょっとだけ怖いの。
1度は 悲しいバッシングもあったしね。。。

だから ここへお邪魔すると ちょっと気が晴れます。

それでも 最近は 沢山の人たちに守られて暮らしているコトに 気付いたので 感謝して 残りの1年を前向きに考える努力をするコトにしたよ!
(時々毒も吐きつつ・・・。時々じゃなかったりして・・・。。。)

中2の息子が 冬期講習後 何を思ったか 「オレ 塾入る!」と!!
わぁおおお!
目標は違うけど 一緒に頑張ってみま~す。

2010/01/07(Thu) 10:24 | URL  | ポコ&ボコ #-[ 編集]
ポコandポコさん
わ~、褒めてもらっちゃった、と受け取って良いのでしょうか???
あのですね、私もこんな事ハッキリ書いたらダメでしょう、と思っていました。だって読む方は良い気分しないだろうし、他の方のブログって「海外暮らし楽しいー」っていうのが多いでしょう?でもね、もうガマン出来ませんでしたの。こういう「くっついて来て海外暮らし」って難しいですよね。住む場所を選べないし。自分の生活というか仕事(たとえ正社員とかじゃなくても)を中断しなければならないし。自分の人生ってナニ?って時々思います。

そうなんですか…「ブログ村」に登録(?)すると沢山の方に見てもらえる反面心ない事を書かれたりしてしまうんですね。ヤ~な事を書く人って、自分の考えと合わないのだったら読まなければ良いのに、って思うのですが、何か言わないと気が済まないのかな。お可哀想に。気にする事ないですよ~、私、ポコandポコさんのブログ読むと安心するんですよ、「もしかして同じ?」って。なので、沢山?毒を吐いて下さい!応援してます。

息子さん、エラい!そうよ、私も中2の時は塾行って鉢巻きして授業受けていたもの。なのに、ウチのムスメは。一体どうするのだ。呑気にギターを弾いている場合か、旅行に行っている場合か。そして下の子も中途半端に大きく(年だけ)なって来たし。困ったものです。

感謝の気持ちを持つって、大切ですね。私もその気持ちを持たねば。どうしても負のスパリラルの中にいると、感謝することって難しいのですが。ポコandポコさん、大切なものに気づかせて下さってありがとうございます。
2010/01/07(Thu) 12:20 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
今回の日記で思った、というかわかったのですが、コルマーと私の住んでいるパリ近郊って、違う・・・・かなり、違う。ママさんが、フランス大嫌いになるのも、よーく理解できました。まったく差別経験がないわけじゃないですが、店に行って「中国人がケーキ買いに来た」とか目の前で言われたことないし。ぶつかったら、「パードン」って言ってくれるし。名前を見て(郵便局に荷物を取りに行った時とか)、「あら日本人ですか?私の友人は、日本人と結婚しているのよ。」と話しかけたりしてくれるし。私の住んでいる町は、小さな町ですが、パリに近いけど、でも田舎町という感じで、住人も田舎の人の良い部分を持っている感じで、住み心地が良い方かもしれません。小さい町だから、顔も覚えられやすくて、よく町で「ボンジュール」って言われて、誰か知らないと私は、思っていても、相手は、私の事を覚えていること多いです。(大抵が、よく行くお店の人だったり、スヌーピーとの散歩中によく見かける人だったりします。)これでも、私は、フランスが、嫌いと思っているから、ママさんは、もっとですよね。フランスの中でも1番住みにくい場所に、ママさんは、いるのだと思います。

ところで、Freeで見れるTVで、もうちょっとお金を払うと(確か30ユーロくらい)、カーナルのケーブルTVが見れて、そこで、料理のチャンネル、インテリアのチャンネルなど見れますよ。あとFree のTVの方で、NOLIFEというフランスのオタク相手のチャンネルがありまして、ここで、日本のJ-Popのビデオが見れて笑えます。(笑)Aliceも、今は、Freeと同じサービスしてないのかな?
2010/01/07(Thu) 13:37 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
かなり違うと思いますよ。仕事を求めて他の地方からやって来たオットの同僚達は「アルザスは普通じゃない。ここをフランスだと思わないでくれ」と言うそうです。私はここしか知りませんが、きっとそうだろう、と思います。とにかくこの閉塞感漂う雰囲気が耐えられない!この前日曜も店を開けても良い、という法案が通ったと聞きましたが、アルザスに限っては日曜に店が開く、なんてことないでしょう、この先100年後も。TGV駅前に駅利用者のためにスーパーUが去年オープンしたんですよ。そこは日曜の朝も開いていたんですけど、突然半年で閉店しちゃいました。推測するに日曜営業に周辺住民からの反対や商店主からの圧力があったのでは、と思っています。そしてそのスーパーの存在さえ知らない人も多数。「日曜にスーパーにいくなんてイヤ」と思う人も沢山いるらしい。よく分からん。

ここら辺の人もぶつかると「Pardon」と言いますが、pardonとsorryって重みが違うでしょう、そんな事にこだわる必要ないのですが、アメリカの人が簡単にsorryと言ったのにビックリしたのです。ここの人絶対言いませんから。
ケーキを買った店の人もまさか私がフランス語が分かるとは思わなかったのと「日本人と中国人の区別はつかない」とこれまた言い訳してました。この人ほどあからさまに言う人はそう居ませんが、よそ者を受け入れる、と言う土壌はここにはありません。居ても良いけど仲間には入れないよ、みたいな感じ。

ここではインターネットは通じていますが、アリスボックスでテレビは見れない、と言われましたの。中継地点から遠すぎるかららしい(住んでいる所が村はずれなので)。パリとその周辺、地方というのはこうもインフラで差が出るのか、よく皆それで良しとしているなぁ、と本当に不思議。TNTの整備もアルザスが一番最後だったらしいですし。何より、今はフランス語も聞きたくない感じです。あっ、また毒吐いちゃった
2010/01/07(Thu) 16:27 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
Armaniママさんのフランス在住歴と私の在米歴って同じくらいだったんですねー! 私は自分の意思で来たから不満言ってる場合じゃないけど、Armaniママさんのように自分の意思での渡航じゃなければ不満は募るかも... 私も海外暮らし楽しい!っていうブログをよく見かけるけど、駐在員さんが多いような? どうせ数年のことなんだし、楽しまなくちゃ損!って皆バイタリティーに溢れている人がまぶしいです。 ここ最近めっちゃブルーだった私に少しその前向きさをわけて!と思っちゃった。

さてさて。 こっちに住んでると当たり前のことだけど、海外に住んでいるお友達はそういうふうにアメリカを感じるんだ!って、すごくおもしろく読ませてもらいました! お客である自分が「ありがとう」と言って、お店の人が「どういたしまして」って、コレこっちでもよくあるんですよー!! レジとは言え、気持ちよく済ませたいからお礼言うんだけどね、あっちこそ「ありがとう」じゃないのか?って、未だにヘンなのーって思います。 日本のお客様は神様です(って今でも言う?)とは全然違うからなのかしらね。
2010/01/08(Fri) 05:33 | URL  | まるくる #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/08(Fri) 12:19 |   |  #[ 編集]
まるくるさん
あら~!同じ頃海を渡った訳ですね!!!

ついてきた派でも自分の意志で来た派でも、海外生活って聞こえは良いけど「こんなハズじゃなかった」と大変に思う事も沢山あると思うんですよ。確かにここに住んでいるお陰で日本に居たら経験出来ない事を沢山させてもらってその点は感謝なのですが、だからといって嫌いな町を好きになれるか、というのは別問題でそこが辛い、とか思ってしまいます。

そうそう、駐在さん(おまわりさんか!)は楽しそうですよねー。私の場合、勝手に思うに、同じ場所に居る期間が長過ぎるのでは、と思うのです。仮の住まいなんだか、根を下ろしているのかよく分からない。とっても宙ぶらりん。なので「旅行三昧で楽しー、今だけだしー」の期間は終わってしまっているんですよねー。なんだかなー。それよりまるくるさん!まるくるさん=元気一杯としか私の中にはなかったので、「めっちゃブルー」にビックリやら何だかまるくるさんに近づけて嬉しいやら。こんな事書いたら「暗すぎー」と思われちゃうかも、とちょっと心配していたのですが本当の事を書いてみて良かったです。

そうなのそうなのー、気持ちよく物事を済ませたいじゃないですか。だから「ありがとう」も「ごめんなさい」も言葉に出すって大切だと思うんですよ。一言言ってもらえると気が済んだりするでしょう?でもフランス人はぜぇったいに言わない。一度「ゴメンね、と言うべきよ」と詰め寄った事が有りますが、それでも言わなかった。フランス人には「ゴメン」は禁句なのかも。ナゾ

2010/01/08(Fri) 12:39 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
匿名様
嬉しー!!!
とっても嬉しかったですよ~

こちらこそこれからもよろしくお願いします
2010/01/08(Fri) 12:40 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
大丈夫ですよ、いっぱい毒吐いちゃってください。私も、フランスに住んでいるのだから、確かにコルマーほどの閉塞感は、ここにはないけど、でも、ママさんが書いていること、よーく理解できるし、同感してますから。

ちなみに、旦那曰く、フランスは、光ファイバーにしなかった(今、パリでは、始まっているようですが)ために、インターネットが、悪いままだそうです。日本は、確か、電話線が、前から光ファイバーだったから、ネットもすぐに光ファイバーに変えられたんだとか言ってました。
2010/01/08(Fri) 12:42 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
ううう…ママさん優しいお言葉、ありがとうございます。泣けて来る、本当に。

おフランス暮らし、なんて本当に聞こえが良いんだけどねぇ。オットのばあちゃんから「行きたくても行けない人が沢山いる。お金を沢山出してまでフランスに行く人も沢山いる。アンタ達は他の人には出来ない良い経験をさせてもらっているんだから頑張りなさい」と以前言われましてね。本当の事なんですよ。日本に居たら出来ない経験をさせてもらい、沢山旅行にも行かせてもらいました。けれど、だからといって…やっぱりダメなのよ。は~。でもムリしないことにしました。「ここキライ」とかいうと「エ~!」なんて言われちゃうんですけどね、好きにならなければいけない、なんて決まりも有りませんからね。

そう!日本だったらとっくに光ファイバーが当たり前になっているのに何でフランスはこんなに遅れてるの?と思ってたらそんな理由があったんですか。日本のテレビを見ると「フランスではこんな取り組みがされています」とか良い事ばっかり流すでしょう?でもこういう失敗もあるのねー、と安心?しましたよ。

そうそう、今日の記事書いたあとママさんのブログにお邪魔したら、タイトルが同じでした!私は日本語版だけどー。明日は大雪らしい。きょーふ!
2010/01/08(Fri) 17:46 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。