--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月03日 (水) | Edit |
もう数日前の事ですが、日本の夕方のテレビを見ていたら、パリのユニクロの事が放送されていました。

絶好調で、商品が足りなくて日本向けの商品を緊急輸入したとか。
売り上げも銀座のお店に追いつけ追い越せの勢いだとか。

昔ロンドンに進出して失敗、撤退した苦い経験があるユニクロ、
今回の成功の秘訣は「日本流」を徹底した事だそう。

ニュース曰く「悪名高きフランスの流通業界(だったかな?悪名高い、は覚えていますが…)」だそうで、お店から出て来たフランス人はユニクロの日本流のサービスに
「まるでパリじゃないみたい!」
「お店の人がとっても親切」と言ってました。

もう一つの「日本流」は、売り子として入社しても頑張れば店長になれる(=昇進できる)こと。
これ、日本だと当たり前ですが、こちらでは異例な事です。

何故なら、こっちでは売り子で入社したらどんだけ売ってもカリスマ店員になったとしても売り子のままです。

これはフランスではなくイタリアで実際有った事ですが…そう、ムスメが帰り道激しい腹痛に襲われてドクターヘリに乗ったベネチアでのことだわ…

ドクターヘリに乗る その1
ドクターヘリに乗る その2

子どもが夕方お腹がすいたと言い出しました。
夕食まであとちょっと。じゃぁ何かちょっとした物でも買ってあげようか、ということになりました。

歩いていたら、小さなサンドイッチを発見。あれだ、と思い店へ。
私の前には先客がおり、彼女は機械に入れて温めてから食べる物を頼んでいました。
店員さん、食べ物を機械に入れて…

フツーだったら、温めている間に次の人の接客をしてくれる、と思いますよね?
たとえ私が同じ物を頼んだとしても、温める機械は2台有ったので問題有りません。

しかし、店員さんがしたことは、ショーケースの掃除でした…
もちろん彼女、私の存在を知っています。けど、接客より掃除を選んだのだー

数分後、機械のところへ行き、食べ物をひっくり返し、また掃除を始める。
私はじぃーっと待つ。
「ちょっとー、売ってーなー」なんて催促しても
「待って、今は先来たお客さんの相手をしているから」と言われるのがオチです。

5分かそれ以上経ち、食べ物が温まり、お金を受け取り、先客が去った後、やっと
「何が欲しいの?」と言われました。

ナゼ彼女はこんな態度を取るのか。
それは、彼女が働いている間いくつ食べ物が売れても、彼女がエラくなる訳でもない。
そうしたら、接客を優先するより、帰る時間になったら直ぐに帰れるように掃除した方が良い、となる訳です。

また、学歴社会なので、高学歴の人は学校を卒業したらいきなり管理職として働きはじめちゃったりします。

ニュースでは「(成果が出れば昇進出来る、という日本方式は)階級社会に苦しむフランスの若者の希望となっています」と言っておりました。ふーん、フランスの人も頑張れば報われる、というのが分かるとちゃんと働く気があるんだー

ユニクロ方式が広まってフランス人の意識も改革されると良いなー
その頃には居ないと思うけど

ついでにパリにこれから数店舗オープン予定、と言ったけど、地方にもお店を開いて欲しいわー
きっと、アルザスなんてど田舎ユニクロは見向きもしないだろうけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/04(Thu) 02:17 |   |  #[ 編集]
パリだけじゃないですよ。カナダにもユニクロ方式取り入れて欲しいですっ!! 買い物に行って、売り切れになっている商品の棚、翌週行っても、その翌々週行っても売り切れって何時もですから、、。だから、ここでは見た時に買わないとダメって事なんです。商品管理ってコンセプト、ゼロです。

↓の茄子のアレ、ですが(笑)、そうです!八方だれは、醤油、味醂、酒、砂糖を合わせた調味料。我が家では常備アイテムです。一度作っておくと、本当に便利です。

八方だれレシピ:
醤油2カップ
酒、みりん、各1カップ
砂糖大さじ5
これらを鍋に合わせ火にかけ、一煮立ちさせ火を止めます。冷めてからガラスの容器等に保存。数ヶ月もちます。

おひたしには、八方だれ大さじ2、だし汁大さじ3。ポン酢を作るには、だいだい1個(レモンかその他のシトラス)、八方だれ大さじ3~4。煮物にも、和え物にも使えてとても便利。是非、試してみて下さいね。我が家では何時も常備しています。
2010/02/04(Thu) 05:34 | URL  | midasjenny #gocCe38E[ 編集]
日本の接客やカスタマーサービスは本当に素晴らしいもんね。 一時帰国するたびに、この丁寧さは何なんだ!って感動したものです。 こっちも日本流をぜひぜひ取り入れて欲しいなー。 

サンドウィッチのお話はちとビツクリ。 さすがにアメリカ人でも、温めてる間に次の人のオーダー取ってくれると思う...少なくとも私はそんなあからさまな経験をした記憶はないわー。 いや~それにしてもArmaniママさんのブログを読めば読むほど、イメージしていたおフランスとはかけ離れていくわね。 やっぱり在住者の言葉には説得力があるv-218
2010/02/04(Thu) 07:06 | URL  | まるくる #-[ 編集]
midasjennyさん
わ~い、レシピありがとうございました。早速作りましたよ!
今日、使ってみる予定です。

あらー、カナダの大都会でもそうなんですか!
ずっと物がなくても、多少サービスが悪くてもそれが当たり前、という環境で育っていれば許せるんでしょうが、「お客様は神様です」の国で育ってしまった人間には理解に苦しみますよね。最近は「期待するから腹が立つのだ。この国に何も期待をしなければ良いのだ」とやっと悟りを開けるまでになりました。良いのか悪いのか…
2010/02/04(Thu) 11:07 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
まるくるさん
そうそう、日本もサービスの質が落ちた、と言われるけどフランスと比べたら天と地の差です。ただ、過剰包装はいかがなものかと思ったりします。ちょっとエコ好きなのでー

アメリカはフランスと比べたらサービス良いですよ!皆さん笑顔だし。チップの制度があるから?でもチップがないと働かない、というものどんなもんかしら…

皆さん「フランス」の偽イメージに騙されています!!!
テレビで「本場フランスから直輸入」とか「フランス人の職人が作った」なんて言ってるのを聞くと、プッって思っちゃいます。旅行で行くには良いかも。でも住むにはねぇ…修行に行く、というつもりで行けば良いかもー。私はもうすぐ悟りが開けそうです???
2010/02/04(Thu) 11:13 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
えー、ロンドンのユニクロって撤退したんですか?知りませんでした。私が、ロンドンに住んでいたころ、よく行ってました。そのころは、お客さんは、多かったように思っていましたが。ユニクロといえば、先日のJSTVで、今、デコクロというのがあると聞きました。デコクロとは、ユニクロの服にいろいろデコレーションをつけて、自分だけのデザインにすることだそうです。刺繍したり、ボタンやビーズをつけたり、絵を描いたりするそうです。

確かにね、フランスのスーパーで働く人たちのやる気のなさには、むかつきますが、給料も低いしね、理解できる時もあります。一度、スーパーのチーズとかハムを売っているコーナーで、売っている人が店が閉まる1時間以上前に片付け始めてたから、旦那が文句を言ったら、初めは、逆ギレしてたけど、落ち着いたら、いろいろ話してくれて。要するに、店は、9時に閉まるなら、9時までしか給料出ないそうです。いっくら、片づけが10時までかかっても、その1時間分の給料を払ってくれないそうです。だから、店の閉店時間までに仕事を終らせないと、働いている人間には、損になるわけです。スーパーの店長とかって、すっごい儲けているじゃないですか?それなのに、レジで働く人たちに付に1000ユーロ以下の給料で(800ユーロくらいだそうです)、確かにかわいそうです。

↑煙突の掃除は、毎年しないともし火事になった場合に、保険が降りないそうですね。
2010/02/04(Thu) 12:39 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
私はロンドンの事は全く知りませんが、ニュースでそう言っていました。多分再オープンしているかも(冬にロンドンに行った知人が「ユニクロが有った」と言ってました)。

そうか!スーパーとか8時まで、といっても15分前から入店禁止にしちゃうでしょう?あれって、8時までのお給料しか貰えないからなんですか。ってスーパーで働いている人って月給制じゃないのかしら???契約で8時までとかなってるのかな?店長だけ良いお給料って酷いわねぇ。それじゃぁサービスの質を求めるのはムリってものですね。サルコジさんもユニクロに見学でも行って欲しいわ。
2010/02/04(Thu) 15:37 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。