--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月05日 (金) | Edit |
今日はお一人日本にお帰りになる方がいらっしゃったので送別会がありました

どうも世の中には「駐在妻」というカテゴリーがあるようですなぁ

何じゃそれ、ケッ

職業欄に書ける訳でもナシ

と普段思っているワタクシですが(昔、ザ・↑の人の前で「バッカみたいですよね?」と、どんな反応をするのか見てみたくて言ってみたら、エラい剣幕で「私たちは○×(オットの会社の名前)を背負ってるのよ!」と説教?されてびっくらしました。しかし考えようによっては、こんな風に思える人はある意味幸せかも知れませんなー)

おぉ話がそれてしまった

今回は幹事のお役目が回って来たのでね、頑張ったさ

ここには書きたいけど書けないエラい目に遭ったケドさ。まぁ社会勉強って事で。

得る事も有りましたし(と慌ててフォローしてみるよ)

得る事はあったが、もう良いわ

帰り際、複数のお方から

視点が定まっていない

疲れきっている

等々ご指摘を受けました。本当に疲れたんだってば!!!

もうしばらく、ってかここを去るまで幹事が回って来ない事を祈るワ

と言ったら、「多分ムリだ」

と言われてしもうたけどね

あっ、駐在妻つながりで。この前とあるブログで紹介されていた

駐在妻ドットコム

「泣く泣く仕事を辞めてついてきたのに、一年で帰れと言われた」

「3年と言われたのに、延長になってしまった。人生設計を立てられない」

とか。

そっかー、駐在妻サンのブログはどれも「楽しい!」ばかりだけど、私と同じような事を考えている人も居るんだー
と嬉しくなり申した

会社の言う事はアテにならないさ。

前回、ウチは「3年から5年」と言われてここに来たのに、実際は10年も居たんだからさー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は、いかにも駐在妻のブログって好きじゃないです。海外に住んでいるのに旅行者気分でブログを書いている感じがします。長期の旅行に外国にいるみたいな。だから、いかにも毎日が楽しそう。でも、現実、その国にどっぷり浸かって住んでいれば、嫌なこともいっぱいあるもの。現実からかなり離れた内容のブログを読んでも面白くないです。だから、私は、ママさんのブログは、大好きなんですよ!愚痴ばっか書いているとママさんは、思っているかもしれないけど、愚痴というよりも現実を書いていると思います。これが本当のフランス生活ですよね。

ところで、「私たちは○×(オットの会社の名前)を背負ってるのよ!」って意味がわからないです。あなた、そこの会社の社員じゃないでしょ?と思うのですが。

旦那さんに着いて来て、自分の日本での仕事を諦めたり、いろいろと大変ですよね。私は、初めのころ、「自分は、ロンドンに住んでいたかったけど、旦那がフランスで仕事しているから仕方なく来たんだ」みたいに思ってました。というか今も思ってますけど。でも、結婚することによって、フランスに住まなくてはならないと自分でわかっていたわけですから。いっくらフランスが嫌いでも、自分の選択だったわけだよなーと、最近思います。だから少しでもフランス生活を楽しむようにしないととも思います。まあでも、なんだかんだ言ってもフランスで生活できているのは、旦那もフランス人なのにフランス嫌いだからでしょう。(笑)いっつも二人で愚痴の言い合いしてます。
2010/02/06(Sat) 00:25 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Armaniママさん、幹事お疲れ様でした。 旦那さんの会社の奥様っていう繋がりだけだと、色々気疲れすること多いでしょう? これが最後の幹事になればいいのにね。

駐在さんは私が経験しない苦労をいっぱいしていると思うけど、少なくとも私が見てきた駐在妻さんたちはやっぱり数年後には帰国するからと、今ここにある“非日常”の生活を楽しもうっていう方が多いかしら。 それ故に旅行に習い事にすごく前向きなんですよ(爪の垢欲しいくらい)。 反面、旦那さんの会社や近辺の日系企業とのしがらみで、上手に立ち回れなくてノイローゼになっちゃった駐在妻さんのお話も聞いたことがあります。

Armaniママさん、当初は3~5年の予定だったの? それが10年?! 私もそういう駐在さん家族知ってます。 会社で重宝されていたので、なかなか帰れなかったみたい。 Armaniママさんの旦那様もそうなんですよ!
2010/02/06(Sat) 03:10 | URL  | まるくる #-[ 編集]
Snoopyままさん
ママさん、今回も嬉し涙が出るコメントを本当にありがとうございますです!実はママさんが以前同じような事を書いて下さって気づいたんですよ。多分返事にも書いたと思いますが「ディープなフランス生活(良い意味で旅行では知る事が出来ないフランスを見る事が出来た)をしている」と。色んな事を体験できたお陰ですっかりフランス嫌いですが(!)海外旅行の延長みたいな生活より良いのかも、と思えるようになりました。本当にありがとうございます。あとは「フランスに期待しているから怒りの気持ちが起こるのだ。何も期待しなければ良いのだ」と最近悟りが開けて来ました。

「背負っている」というのは私たちツマもオットの会社を支えているのよ!という事らしいです。ママさんの仰る通り、私たちは社員じゃないんですけどね、そういう考えをする人が結構世の中います。今はないですけど、以前は奥さん同士を「A社の○さん」「B社の×さん」と名前の頭にオットの会社の社名をつけて呼んでましたから。面白い風習でした。

そうそう、ここ数日国際結婚の方が書いている掲示板を読んだりします。同じような感じですよね。ダンナさんについて海外に住むって。いくら自分が選択したから、と思っても人間の心ってそう簡単に、嫌い、イヤとかの気持ちって収まるものじゃないです(私だけかも)。だから難しいです、気持ちの持って行き様がない、というか。ママさんちはご主人が一緒に愚痴を言ってくれるから良いですね!
2010/02/06(Sat) 09:34 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
まるくるさん
そうなんですよ、今は随分なくなりましたけど、以前は「ダンナさんの会社の地位=奥さんの地位」「年齢」「滞在年数」などでピラミッドが出来ていて、若い奥様がブランドのバッグを持っていたら、それだけで「生意気」とか言われたりしてそりゃ恐ろしかったです。私も前回は若くして来たので、この独特の「奥様」の世界に馴染めず、田舎で非常に狭い世界なので、来たばかりの頃はノイローゼになりそうになりました。今でも慣れた訳ではないので、こういう会も殆ど欠席、補習校も辞め、半引きこもり生活をしています。なので、久しぶりに沢山の人に会って圧倒されてしまいました。

まるくるさん、なんて嬉しく(オットが)なってしまう事を!でも、ウチの場合、重宝されていた、というより、忘れ去られていた感が強かったかも…10年は長かった。一体自分の人生はどうなるんだろう、とよく思いました。今は、年を取って色々諦めて来たので、なるようにしかならないか、と思ったり。この考えも寂しいなー
2010/02/06(Sat) 09:45 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
とても深くうなずいてしまいましたよー。わたしも、思うところ(いっぱい)ありデス。

駐在妻もアイデンティティー探しするんですよねぇ。ご主人の会社を背負うことで立ち位置を見いす人も多いのが現実ですかねぇ。こっちで働いてる友人に、「駐在妻って、社内恋愛の憧れのステータスなんだって?」みたいなことをいわれて腰抜かしたことあります。働き組は駐妻を十把一絡げにそう見てるのかー(って人もいる)と知った時は軽いカルチャーショックでしたよ。

今は、奥さまの会にたま(ホントにたまーに)に参加すると、カルチャーショックを受けて、頭痛が数日続きます(^_^;) こういうところ、似てますねっ。日頃から慣れておくべきかという考えが一瞬頭をよぎるんですけど、次の瞬間に『ムリ』と結論が出て却下です。語学勉強する方がどんなけ楽なことか。
どんな自分にアイデンティティーを見つけられるかは、これからも課題です。
2010/02/06(Sat) 10:18 | URL  | clematisinNL #aXDHI8IE[ 編集]
clematisinNLさん
わっ!!!本当、本当!!!!私の言いたい事、全部代弁して下さってるの!ちょっと今鳥肌出てます!!嬉しいっ!

そうですね「オットの会社を背負っている」と言っている人は、それが自分の仕事=やりがい?と思っているのでしょうね。駐在妻だって人間ですもの、生きがい、自分の人生、アイデンティティー、色々考え欲します。もちろん、海外赴任=社内結婚の勝ち組、と考える人も居るでしょうが全てじゃないし(私も友人数名から「私もあなたの様にダンナさんの仕事について海外で暮らしたかった」と言われた事が有りますし、結婚する時に「きっと近々海外赴任出来る」と言われて結婚したのに、実現しなくて離婚しちゃった同級生もいます!)そんなに優雅・簡単な事じゃないですよねー

私もたまーに沢山の人にお会いしてお話するのは楽しいですが、いつもはムリ、と思いました。この粘着質な人間関係、大好きって方も多数いて。そう言う人には私は異星人のように見えるらしいけど、ムリよ、そっちの世界に行くのは…。私も日本の大学の通信教育をしていますが、改めてそれが自分にとって大切な居場所である、と思った昨日の送別会でした。
2010/02/06(Sat) 10:44 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。