--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月15日 (月) | Edit |
今朝はアルのトイレで起こされました

今の家は人用の出入り口(フツーの門)と車用の出入り口(リモコンで開閉)があります

人用の門から外に連れて行ってトイレをさせた後、家に入ろうとしたら
門が開かない!

この寒さと雪で車用の門を開閉するための機械が壊れたらどうしよう、という心配はありましたが、なんの細工もないフツーの門の方が壊れて開かなくなるとは

幸い下の子が既に起きていたので、呼び鈴で呼んで、車の中にある車用の門を開けるリモコンを持って来てもらい何とか入れました。
雪も降っていたし、このまま家族が気づかなかったら…塀が低いから乗り越えれば良いだけなのですが、アルを抱えては無理だったろうし。あ?ビックリしたー

さて、ウチにはecoの洗剤(多分植物由来のもので出来たもの)やらbio(オーガニック)の化粧水やクリームなどがいつの間にか増えています。

ブログ4
(左から)手荒い石けん、台所掃除用洗剤、こちらの水が硬水で蛇口などにカルシウムがついて白くなってしまうのでそれを取る洗剤、ガラス磨き洗剤、食器用洗剤
食器洗い機の洗剤もエコのものを使っています

ごちゃごちゃ並べていますが
ブログ6
化粧水、やらボディークリームなどなど

嬉しい事に、洗濯石けん、柔軟剤もエコのものが出回り始めました
ブログ5

化粧品も洗濯石けんも今までbioのお店で買っていましたが、やはりちょっと高いのでそれが難点でした。
最近はスーパーの独自ブランドでもbioの化粧品やecoの洗剤が沢山出回り、化学薬品が沢山使われている洗剤、化粧品と大して変わらない値段で売られているので気軽に使えるようになりました。

bioやecoのもの方が環境にも肌にも優しい、というのが選ぶ理由ですが、もう一つ、これらの商品は香が殆どないか、自然なものが多いのです。

こっちで売られているもの、特に洗濯洗剤はとにかく匂いが強くて人工的なものが多く、一度そういう洗剤で洗ってしまうとその匂いがなかなか取れません。私は香水などが苦手なので、そんな強い匂いがついた服や下着をずっと着続けたら気分が悪くなってしまいます。

フランス人はあまりお風呂に入らないし(週末にだけ入るとか)、下着も替えないので(寝る時は裸になってパジャマを着る。朝は脱ぎ捨てた下着をまた着ける、と言った感じ。もちろん毎日お風呂に入り、下着を替える人もいますよ)体臭を隠す為にこんなに匂いが強いのか、など勝手に思ってしまいます。昔のフランス人はお風呂に殆ど入らなかったから、その強烈な体臭を消すために香水が使われていたのですし。

?16世紀から19世紀までのヨーロッパ(特にフランス)では、風呂に入ると梅毒などの病気になりやすいと信じられたため、入浴という行為が一般的でなく(国王ですら一生で3回しか入浴しなかったという記録がある)、そのための体臭消しとして発達していった。? Wikipediaより

以前、aveneが日本に進出する際、ここに住んでいる日本人にaveneの商品を使って感想を教えて欲しい。お礼はaveneの化粧品、という話が来て、説明会に行った時、アンケートを渡されました。読んでビックリ「洗顔は週に何回(一日、ではありません)しますか」という項目があったのです。聞いてみたら、フランス人はフランスの水が硬水で肌によくないので顔は滅多に洗わず、拭き取り式のクレンジングで汚れを拭き取り、その後化粧水、クリームをぬってお終いなのだそうです。

日本で売っているものはどれも微香、または無香なので良いです。
なので、日本に帰ったら多分bioやらecoなんて忘れてしまうかも知れません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うちも、前にも書いたと思いますが、旦那が異常なアレルギー持ちということもあって、掃除の物、化粧品類のものすべてBioです。でもね、Bioの化粧品、気をつけたほうが良いですよ。アンモニアなんとかと言ったかな?が入っている物があって、これは、使いすぎると肌(体もかも)によくないそうです。うちは、硬水で残る白い跡は、酢とバイキングパウダーで掃除してます。

我が家もママさんの家と同じつくり。玄関と車の出入りするドアとがあるのですが、玄関の方は、木のドアでかなり古いんです。それで、毎年、寒くなってくると木が雨や雪の水分を吸ってしまい、ドアが開かなかったり閉まらなかったりします。
2010/02/15(Mon) 01:28 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
書き忘れましたが、Bioの物は、匂いがきつくない、自然に優しいもありますが、私にとって大きいのは、動物実験をしてないということです。化粧品なんて、動物実験する必要がないのだから、しなきゃならないものなんて売らなきゃいいと思います。
2010/02/15(Mon) 01:31 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
Snoopyままさん
そうですそうです、私もパッケージに「動物実験していません」と書いてあるとスゴく嬉しくなりますし、自己満足で「良いものを見つけた」と思います。けど、反対にこんなことを書かないといけないくらい多くの商品が動物実験をしているのね、と悲しくなります。

ママさんのコメントを読んで、中身を見始めました。bioだからと言って安心してはいけないんですね。残念
2010/02/15(Mon) 11:13 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
フランス人がお風呂に入らないっていう話、あれってホントだったんですね...てっきり昔話もしくは大袈裟に語られているんだと思ってました~。

私も出来る限り、自然に優しい&動物実験していないものを使用しています。 前は動物実験していないシャンプーや洗剤なんかを探すのが大変だったけど、今では動物実験してない商品も選べるようになってきたので、買い物もずいぶんラクになったものです。

自然派化粧品に詳しい友人がLOGONAを薦めてくれたような記憶が...ArmaniママさんはLOGONAの化粧水使ったことありますか? こっちでも通販で買えるので、ちょっと興味があるんですよー。
2010/02/18(Thu) 04:29 | URL  | まるくる #-[ 編集]
まるくるさん
まるくるさんもご存知でしたの!
本当に入らないみたいですよ。油膜に包まれたお方をよく見かけます。髪の毛も束になっちゃってる人とかね(美しくない話でゴメンナサイ)。

私も私も!!!動物実験していない商品を見つけるととっても嬉しくなります。最近は増えて来て嬉しいですよね!

化粧水、以前使った事があるような・・・ 
可もなく不可もなくだったかもー
けれど匂いが自然、ヘンなものは入っていないだろう、という点は大きいですね!
2010/02/18(Thu) 10:41 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。