--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月09日 (金) | Edit |
新年ですし、ボクの名前の由来を紹介したいと思います。

何度かこのブログで書いてきたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ボクはベルギーのブリーダーさんのおうちで2006年11月20日に生まれました。

お姉ちゃんはずっと、ず?っと犬が欲しいと思っていたんだ。でも男の子が動物アレルギーで、獣医さんに聞いても、小児科の先生に聞いても、「犬を飼うなんてムリ」と言われてしまったんだ。

そこでお母さん、インターネットで調べたところ、アメリカンヘアレステリアだったらアレルギーの人でも大丈夫、ということが分かったんだ。

ブログ

でも、ヨーロッパではどこにブリーダーさんが居るの?ということで、アメリカンヘアレステリア、という犬種なんだったら、アメリカにたくさん情報がありそう、ということで、またまたインターネットでアメリカのアメリカンヘアレステリアのホームページを見て色々調べてみると・・・

ブログ1

フランスには居なかったけど、一番近くのブリーダーさんはベルギーに居る、という事が分かりました。早速ブリーダーさんにメールを送ったそうです。2006年9月頃の事だったそうです。

ブログ2

すると、丁度11月に赤ちゃんが生まれるよ、というお返事が!そして、12月のクリスマス休みに生まれて間もないボクに会いに来てくれたんだ。

ブログ3

本当の事を言うと、飼い主さん一家は最初、女の子が欲しかったんだって。でも、女の子は生まれる前から既に予約済み。そこで、お父さんが、ボクを選んでくれたんだ。選んだ理由は、兄弟で遊んでいる様子を見て、ボクは兄弟喧嘩に加わらず、それをおっとり見ていたから、きっと気性が穏やかに違いない、と思ったらしいよ。見る目有るね!!!

おっと、肝心の名前の由来を未だ言ってないよね。ベルギーやフランス(もしかしたら他のヨーロッパの国も!?)は生まれた年によって、名前の頭文字が決まっているんだ。ベルギーで2006年に生まれた犬はみんなAから始まる名前で登録しなければならないんだよ。

因みにフランスで2006年で生まれた犬は B から始まる名前で登録しなければならなかったそうです。一年ずれているね。

それで、ボクの名前はArmaniとブリーダーさんが付けてくれたんだ。ブリーダーさんは「呼び名を別に付けても良いんですよ」と言ってくれたんだけど、折角つけてもらった名前なので、そのままArmaniにしたそうです。ちょっとゴージャスで気恥ずかしいけどね!

ボクは7人兄弟だけど、みんな A  から始まる名前だよ。

ブリーダーさんのホームページに行って、puppiesをクリックすると、生まれたてのボクが見られるよ。ちょ?っとお間抜けさん風に映っていて恥ずかしいですけどね・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わお~、すごく興味深いお話です。フランスやベルギーにはそんな名前の付け方の由来があったなんて...驚きです。でも男の子がアレルギーなんですね、かわいそうに...。でもへアレスならばっちりですね。ベルギーまでArmani君を迎えにいったとは素晴らしいです。

私の隣の家族も子供たちがアレルギーなのでゴールデンドゥードルを飼ってます。全く毛が抜けないわけではないそうですが、普通のワンちゃんよりは遥かに少ないといってました。

でもArmaniちゃん、独特の魅力がありますね。ひとめ惚れしちゃいました...ほんとに。ブリーダーさんのサイトにも行って見ましたよ...ほんとツルツルでかわいい...でもその下の...これ猫ちゃん(ですよね?)怖い~~~!!!
2009/01/10(Sat) 00:49 | URL  | まこと #-[ 編集]
まことさん
ゴールデンドゥードル、初めて聞きます。これから調べてみます。

動物アレルギーの人でも、犬や猫を飼いたいですよね。動物はいろいろな事を教えてくれます。そして、ステキな出会いも運んでくれます。アルマーニには感謝感謝です。

毛のないワンはかわいいですが(←親バカだわ~)、毛のない猫はまことさんの仰る通り、最初見た時ギョっとしました。ブリーダーさん曰く「猫アレルギーの人が買って行く」そうです。でも、猫というより他の国から来た異性物に見えました。結構リアル・・・

2009/01/10(Sat) 09:12 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。