--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月05日 (木) | Edit |
今日は、狂犬病のワクチンを打ちに行ってきました。

アルマーニは学習能力がないのか、獣医さんのところで毎回痛い目(注射など)に遭うと分かっているのに、毎回大興奮で獣医さんのキャビネに入っていきます。

ブログ1
待合室

そして、獣医さんに会うと興奮は最高潮に達します。しっぽを千切れんばかりに振り、今日はオシッコをちょこっとしてしまいました。獣医さん、掃除させて申し訳ない。

そして、診察台の上へ。嬉しさを抑えきれなかったようで、ここでもほんの少し・・・。獣医さんは「今日はここに来てとっても嬉しいんだね」とまたまたお掃除。すみませんねぇ。

ブログ2
garette des Roisは今日食べました。中身に、陶器が入った一切れを当てた人が被る王冠(もちろん紙製)が入っていました。

しかし、やっと我に返りいつもの通り「なんてこった、早く帰ろう」としがみついてきました。気づくのが遅いんだよ?。

狂犬病のワクチンも無事に終わり、体の調子も見てもらい、昨日から聞こうと思っていた去勢手術のことを聞きました。私のフランス語力はかなりアヤシイので間違っているところや足りないところもあると思います。ごめんなさい。

ブログ3
焼いたらこんなに膨らみました。部屋中バターの良い臭いで包まれましたよ。

獣医さんの考えは「もうアルマーニは手術を受けさせても大丈夫な歳だけど、急いでする必要はないと思います」というものでした。

オスの場合、睾丸の位置が悪いと早めに去勢をしてしまった方が良いそうです。そして、去勢をすることによって、躾の本に書いてあったように、年を取ってからの生殖器系の病気を防ぐことが出来るそうです。

また、とても大きな犬種(アメリカン何とかと言ってました。聞いたことがない犬種で忘れました)も特有の病気を起こしやすいので早めに去勢をした方が良いそうです(と言っていたと思う)。

アメリカではフランスより去勢手術を受けている犬は多いけど、フランスでは理由がない限りそんなに大慌てでしないんですよ、とも。

ちなみに獣医さんは来週月曜日に12歳のオスワンの去勢手術をするそうです。
このご高齢ワンは年を取ってから睾丸に問題が出てきたそうで、今回手術することになったそうです。
「そんな高齢で大丈夫?」と聞いたら、
「麻酔をするので高齢になると心臓に負担が大きいのでその点は心配です。だから若いうちに手術をさせた方が良い、という考えもあるけど、健康なら高齢でもまず問題はありませんよ」とのことです。

獣医さんも2匹犬を飼っていますが、一匹は問題があったのでしたけれど、もう一匹は問題がないのでさせていないそうです。

ということで、「アルマーニは問題がないので急いで受ける必要はありません」というお返事でした。

私の勝手な思い込みかもしれませんが、フランスは犬同士交流させません。
ドッグランもないし、散歩などで遭遇しても片方が反対の歩道に移動したりして犬同士会わせないようにします。
私は犬でもお友達は欲しいし、犬同士交流したいでしょう、と考えるのですが、フランスではどうも違うようです。

ペットホテルもあり、一度アルマーニを預けたことがありますが、「毎日散歩させてくれますか?」と聞いたところ「ホテル内にある、広場に毎日放し走らせます。でも一匹一匹放すので、他の犬と一緒にはなりません」と教えてくれました。

こんな感じなので、望まない妊娠というアクシデントが起きにくいのかも知れません。

「急ぐ必要はありません」と聞いて安心したような、ただ、答えを出すことを先延ばししただけのような。

でもしっかりお値段は聞いてきました。
155ユーロ(約17,800円)と言った様な。とってもお安いように感じるのですが、これってどうなんでしょうか?聞き間違えたかなぁ。

急ぐ必要はないみたいだけど、受けなければいけないならフランスにいる間に受けさせよう、と現実的なことを考えた今日でありました。

ブログ4
パイの中に入っている陶器。「レゴだ!」でも何故レゴが?と思ったら「卵のパックじゃない?」と指摘を受けました。本当にそうだ。いくら冷凍でももうちょっと可愛いものを入れて欲しい物です。
今回はナイフに陶器がカチっと当ってしまい。どこに陶器があるのか直ぐに分かり全然ドキドキしませんでした。来年は上手く切らなければ!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本でも去勢手術の費用は、避妊手術の費用よりも
金額が低いようですよ(^_-)
ちなみにアンは・・・37065円でした。
しかし、この金額に乳歯を抜いた金額が入っているので、
33000円くらいだと思います。
半分は息子に出してもらいました(^_-)
犬同士の接触が、少ないんですね~。
勉強になりました(゜o゜)
2009/02/06(Fri) 06:52 | URL  | 赤毛のアン #-[ 編集]
アンちゃんママさん
お兄ちゃん本当に偉い!
上の子はお年玉をためていますが、「全部漫画に使う」と言っています・・・。アルじゃないけど、なんてこった。お兄ちゃんを見習ってもらいたいです。
アンちゃんはお散歩の時に交流するワン友がいますか?
去勢手術よりワン同士交流がない方が実は不憫に感じているのでした。
2009/02/06(Fri) 10:21 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
う~ん、もしかしたら同じフランスでも、住んでいる地域で違うのかもしれませんが、こちらでは、犬同士の交流ってしますよ。もちろんドッグランはないけど、散歩中に会えば、挨拶させて、公園の中だったりすると一緒に遊ばせたり。もし相手がメスでヒート中だと、飼い主さんが近づけないようにしてますけどね。スヌーピーは、公園に行って他のワンちゃん達と遊んでます。
去勢手術は、いろいろと意見があると思いますが、よーく考えてから決めてください。私の意見としては、健康で問題がないのなら、しないほうが良いと思います。
2009/02/06(Fri) 11:29 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
悩みますよね…
ウチはゆっふぉには避妊、ゴリィには去勢しました。
ゴリィは正確には去勢をして、アメリカからやって来ました。
ウチの前に飼っていたオーナーさんがすでに手術をしていましたから。
(ちなみにゴリィはウチの前にアメリカで別のオーナーさんがいたんですが、その後縁あってウチの仔になりました。)

ゆっふぉの避妊はとっても迷いました。
でも、結局減らせるリスクは減らしたいと思い決断しました。
手術して後悔する事は、今のところ思い当たりません。

ゴリィは最初からアジリティーをすると決めていましたし、競技会場には結構ヒートの仔もいるので、最初から去勢すると決めていました。
ストレスとリスクを減らすための選択です。

ゆっふぉにもゴリィにも、不都合な点は今のところありません。
何の問題もないなら、しなくても良いと思います。
した方がアルマーニ君や家族にメリットがあると思うならしても良いと思います。
どちらの方が良いかと言う事は、ご家族にしかわからないと思いますし、じっくり考えて話し合う時間がある訳ですから、後悔しない選択ができれば、それがアルマーニ君にとってもご家族にとっても最良なのだと思いますよ。
た~っぷり情報収集して、じ~っくり考えて………それにしても悩みますよね。
2009/02/06(Fri) 12:50 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
Snoopyママさん
そ~なんですか?いいなぁ。
こちらも、挨拶させて良いよって感じの飼い主さんだとちょこっと挨拶程度はさせてくれます。でも、多くはさせないかなぁ。アルは挨拶する気、いっぱいあるんですけどね。Snoopyさんが羨ましいです。やっぱり地域が保守的だから!?
昼間じっとリビングから外を見ているのを見ると何だか可哀想な気もします。
去勢はそうですね、考えるのは暫くお休みにします。急がなくても良いと聞いたのでホッとしたのかも。
2009/02/06(Fri) 21:45 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
ゆっふぉママさん
本当にその通りですね!家族もアルも今のところ問題がないのだからしなくても良いってことですね。本当にシンプルなことなのに気づかず結論が出ないと分かっているのにグルグルと考えていました。
実はアメリカンヘアレステリアって未だ珍しいし、アルのお父さんがアメリカから来たので、ユナイテッドケンネルクラブから家系図が送られてきたんです(といっても1年位前)。それを見たら「この家系を途絶えさせても良いのか」とか考えてしまって。相手もいないのに。
ごりぃくん、知られざる過去(と勝手に命名)があったんですね。なんかすごくドラマチックです。
2009/02/06(Fri) 21:54 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
は~、やっと来れました(笑)。こちらでも「去勢 or not?」の意見がヒートしてますね(笑)。

でもお国が違えば...獣医さんの考え方も全然ちがいますね。遅ればせながらカルチャーショックです...。でも考える余地がある分、また凄く悩むかもしれませんね。

でも以前Armaniさんが書いていたように、ドッグパークなどで犬どうしを交流させる習慣がなければ、アクシデントが起きる確立も低いし、アメリカのように「必須」ではないのかもしれませんね。

そういうことなら私もコナーをチョッキンしなかったかも...。
2009/02/07(Sat) 06:23 | URL  | まこと #-[ 編集]
またコメントです。
思ったのですが、コルマールかその周辺で、犬のオフ会がないか探してみたらどうですか?確かに、同じ種類の犬同士の集まりばかりなので、ちょっと難しいかもしれないけど、ヘアレスドッグの集まりってないかな・・・?そういうところに行けば、アルちゃんを他の犬たちといっぱい遊ばせてあげられるな・・・って思ったんです。FACEBOOKに登録すると(アルちゃんを登録すると)、オフ会の誘いとか来るかもしれませんよ。スヌーピーは、FACEBOOKに登録してますが、1度、パリ周辺のフレンチブルの集まりに招待されました。あとは、ネットでへアレスドッグ関係のフォーラムを探して、そういうところで、オフ会の情報とかあるはずです。
2009/02/07(Sat) 13:09 | URL  | Snoopyママ #-[ 編集]
まことさん
まことさんのブログのコメント読ませていただいたんです。
私は「犬はある程度成長したら去勢するもの」と思い込んでいたので(本の受け売り)、獣医さんのアドバイスや皆さんのコメントを読んで、それぞれちゃんとしたご意見を持っていてすごくビックリしたんですよ。皆さん本当に自分の犬のことを考えてあげているんだなぁ、とひしひしと感じました。
でも、アメリカでの考え方は至極まっとうに思います。いっそ、「繁殖しないのなら去勢を」と決まりがあればこんなに悩む必要もない?そんなこともないかなぁ。やはりアメリカ人ほど割り切れないかものぁ。
何だかよく分からないことをダラダラ書いてすみません。
2009/02/07(Sat) 18:16 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
Snoopyママさん
わ~、いつもいつも役に立つ情報をありがとうございます。
でも、FACEBOOKって何でしょう?yahoo frで調べたら分かりますか?
ここら辺でもそういう集まりがあればいいなぁ。

実は今日はとってもイヤなことがあってものすごく落ち込んでいたのですっごく嬉しかったです。本当にありがとうございました。
2009/02/07(Sat) 18:19 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。