--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月10日 (火) | Edit |
ぶろぐ
今日の最強おもちゃ。端っこに齧られた跡がありますが、ビクともしません。さすが「最強」です。

帰ってきたら、未だ寒いのにしっかり花粉症になってしまいました。日も延びていて、春が来たんだな?、と実感しました。

「アルマーニは帰ってきてから甘えん坊になっているんじゃないですか?」というコメントを頂きました。
帰ってきた日は家族と再会出来て喜んでいた感じでしたが、今は・・・

ブログ6
「ボクを置いていったよねぇ???」と思い始めたのか、拗ねています。預ける前の方がべたべたくっついて来たのに、今は、

ブログ4
一人で昼寝、が多いです。表情もなんとなく寂しそう。ごめんよ?。

さてさて、今回は先ずは我が家のことを書こうかな?、と思います。

ウチはオットの仕事の関係で、1994年?2004年と今住んでいるところで暮らしていました。子どももここで生まれました。
そして、2004年5月?2006年11月まで日本で暮らし、2006年11月中旬から再びフランスに戻ってきました。
これが住んでいるところがアルザスの田舎ではなく、パリかなんかだったら「オホホ、宅の主人の仕事で?」なんておハイソ風なブログでも書けたかも知れません(ウソ)。

ということでウチの子ども達は見た目も国籍もこてこての日本人ですが、フランスでの生活の方が長いのです。
でも、2年半日本で生活したお陰で日本語も上手になり(それまではアヤシイ日本語を上の子は話していた)、何より、日本に帰ったら同級生と会える、という楽しみが出来ました。今までは一時帰国をしても、年齢が小さいというのと帰っても会うお友達がいなかったので、特に楽しみがなかったのです。

ブログ3
日本に居た間は殆ど毎日雨でした。花粉症の私には良いことでしたが。富士山もちょこっとしか見られず。

二人とも毎日のように同級生と会って夜まで遊んだり、お話したりしてとっても楽しい毎日でした。幸せなことに私には「幼稚園からのお友達」など幼馴染がいます。でも子ども達はずっとフランスで暮らせる訳ではなく、また日本にも幼馴染が居ないし、可哀想だな、と思っていたのでこうやって「帰ったら会ってくれるお友達」が出来て本当に良かった、と思いました。でも、また離れ離れになっちゃうんだよねぇ。親の仕事の都合で仕方が無い、とはいえ複雑な気持ちです。上の子も大きくなってきて進路も悩むところです。

そして、私も昔からのお友達に会えて「命の洗濯(大げさですが)」が出来ました。日本に帰る前はゴタゴタあって、「本当にポツネンだわ・・・ワタシ」と思わず「yahoo知恵袋」にまで相談してしまいました。このことを人に話すとウケるので今は冗談のネタとして使っていますが、本当に”一人ぼっち”だと思ってしまったのです。

ブログ2
オットの故郷の松山にも行きました。都会なのにのんびりしていてとても良い所です。まさか静岡に住んでいて四国の人と結婚するとは思いませんでした。共通点は”みかん”でしょうか。その上、フランスまで来ちゃったし。人生何が起こるか分かりません。

実は、帰る前は不安もありました。そんな感じでしたので、お友達と会ったら”この人どうしちゃったの?なんかちょっとの間ガイコク行ったら常識のない人になっちゃって・・・”とか思われたらどうしよ?、と心配していたのです。

でも、そんなことはただの杞憂に終わり、気を許せるお友達と色んなお話をし、愚痴を聞いてもらい、そして”大変なのは自分だけじゃないんだな?”そして”あ?、一人じゃなかった”と思えただけでも今回の一時帰国の大きな収穫でした。家族全員”やはりここが自分の国だ”と確認した旅でした。

それからそれから、もちろん、ブログでお知り合いになれた方々からも沢山元気を頂きました。本当に感謝感謝です。これからもよろしくお願いします?。

ブログ1
御殿場地ビールのイルミネーション。年毎に派手になっているらしい。マブシィ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヨカッタ!
しっかりリフレッシュされて、充電も満タンかな?
私は日本での生活しか知りませんが、海外生活では、そりゃもう語り尽くせない苦労があるんだろうな~と、日本でボンヤリ想像しております。
でも、その分アルマーニさんは強くなってるはずですよ。
福岡で生まれ育った私が、右も左もわからない東京に出て来てガゼン強くなりましたから!!
とは言う物の、日本に帰っていらっしゃればお会いできるのにな~、なんて思っちゃいますけどね(笑)。
2009/03/10(Tue) 13:12 | URL  | ゆっふぉママ #TzRaE9VU[ 編集]
わお~、Armaniさんってフランス暮らしが長いんですね。お子さんたちはもうほとんどフランス人...ですよね?

私は二十歳という半端な年齢?の時にアメリカに来たので、英語は上達しないし、母国語は忘れるし、そして今は人生のほぼ半分をこちらで過ごしているのでかなり「変な日本人化」してるんではないでしょうか...(自覚症状あまりなし...汗)。

フランスでも、アルザス地方には日本人コミュニティなんてきっとあっても小さいんでしょうね。

サンフランシスコも都会のようですが、長年住んでいると、どうしても狭い世界に陥りがちで、「しがらみ」みたいなのも出てきますよ~。ブログで母国や世界中の人とコミュニケートできることで、視野が広がり、とても自由な気持ちにさせてくれます。

私の方からも、これからずっと宜しくお願いします!
2009/03/11(Wed) 09:37 | URL  | まこと #-[ 編集]
ゆっふぉママさん

優しいお気遣いありがとうございます。
元気になって戻ってきましたよ!でもまた家のこととかゴタゴタあってちょっと疲れてきましたが・・・。早っ!
ゆっふぉママさんは福岡出身だったのですか!知らないところで生活を始めるというのは、良いこともあるけど、がくっとくることもありますね。でもそれを乗り越えていくうちにママさんの仰る通りに強くなって、得る事も沢山あるさ、と信じて毎日過ごします。確かに強く(いや、図々しく)なりました。下手なフランス語でケンカするわ、都合が悪くなると「私は外国人なので言葉がよく分からなくて~」とか言い逃れしちゃうしね!
2009/03/11(Wed) 11:00 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
まことさん

そうなんですよ~、時間とトシだけ取ってしまいました。トホホ・・・ 
アルザスで生活していて良い所もありますが、自分で来たくて来た訳ではないので、時々この現実を受け入れられない時もあります。働けないし、田舎で選択肢なし、などなど。

ここにもありますよ。本当にちっちゃな日本人コミュニティーが。ドーナツのようにつながって戻ってきます(何か意味不明な文だな)。
実は、サンフランシスコは都会だし、日本人は沢山居るだろうし、色んな人と知り合えて良いなぁ、と思っていました。でも、まことさんが私が考えていた事と全く同じ事を書いて下さって、もうビックリと安心と"分かってくれる人がいる~”と嬉しかったです。
私もブログを始めて色んな方とお知り合いになれて、世界が広がり気持ちがラクになったんですよ。
だから細々とでも続けて、色んな方と繋がっていたいな~、と思っています。
2009/03/11(Wed) 11:13 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
ご訪問ありがとうございました。
古い方のブログに書き込みしちゃいました!(笑)
また、遊びに来てくださいね。
2009/03/11(Wed) 23:13 | URL  | ハル #-[ 編集]
ハルさん

わ~、早速遊びに来てくださりありがとうございます。
年末にサンフランシスコに旅行に行ったとき、ニュースでシアトルの大雪ぶりを何度も報道していました。温暖なイメージがあったのでビックリしました。
アルは毛が無いので冬は冬眠状態です。今も毛布に包まっています。これが普通だと思っていましたが、どうも違うらしい、と最近気づき始めました。

またハルさんのブログにお邪魔しに行きま~す。
2009/03/12(Thu) 08:52 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。