--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年03月13日 (金) | Edit |
今日はオットが夕飯はいらん、と言うので、冷蔵庫掃除料理を作るのも疲れてきましたしぃ?(未だ3日くらいしか経っていませんけど)、と理由をつけて、街中にあるユーゴスラビア料理のレストランで夕飯を調達することにしました。

ユーゴスラビア料理って馴染みがありませんが、こんなお料理です。

ブログ1
本当はお料理だけを撮ったのですが、どうもメモリーカードの容量が一杯だった様で写真が撮れていませんでした。これは、1月の時に撮ったものです。

ハンバーグ2種類(チーズ入り、辛い味)とハムを焼いたもの。コールスローサラダ、ポテトフライです。

"本当にこのような食べ物をユーゴスラビアの人は食べているんですか??"と思わなくも無いですが、お店の人はユーゴスラビアの人なのできっと本当なのでしょう。

これで14.50ユーロは外食代が高いフランスではお得価格です。マクドナルドよりお安いです。その上野菜を沢山摂れるのでとっても良いです。なので、週末は予約をしていないと席は取れません。

3人ではお肉類は食べきれないので、余りはその後チャーハンの具になります。

アルマーニにはお肉が入っていた入れ物をあげました。もちろん、入れ物は食べてませんよ!残った肉汁を一心不乱に舐めていました。この写真も撮ったのですが、残っていませんでした。トホホ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サンフランシスコではだいたいどんな料理でも食べられますが、ユーゴスラビア料理っていうのは初めて聞きました。

ハンバーグ、コールスロー、フライドポテトあたり、なんかアメリカ食のような気がするんですが、味付けはどうなんでしょう??

フランスでも外食高いんですね。スイスでは食事代のあまりの高さにびっくりしましたけど。

アルマーニ君、肉汁美味しかったでしょうね~。ダルメシアンは結石の心配があるので、結石の原因になりやすいたんぱく質の成分がたくさん含まれてる肉汁とかグレービーとかをやれないんです。ワンコなのにちょっとかわいそう...。
2009/03/14(Sat) 20:37 | URL  | まこと #-[ 編集]
まことさん

さすがまことさんです。私が?と思っていて、でも上手く言葉に表現できない事を的確にあらわしてくれます!何故ユーゴスラビア料理か?と思ったかというと、まことさんのご指摘通り、これって、ユーゴスラビアじゃなくてとってもアメリカ風食べ物じゃない?と思っていたんです。お味はフツーのハンバーグです。
ウチはスイスに近いですが、滅多に行きません。というか、行けません。外食を始め全てがビックリ価格だからです。確かマクドナルドのケッチャップも有料だったような(因みにドイツもです)。

ダル君、肉汁類はダメなんですか。犬として生まれてきているのに辛いものがありますね。犬種ごとに罹りやすい持病がある、というの実は知りませんでした。勉強になります。アルにもあるのかな~・・・。
2009/03/15(Sun) 00:09 | URL  | ARMANI #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。