--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月07日 (火) | Edit |
実は昨晩「個人貸しってどうなんだろう」とインターネットを検索してみると、色々出てきた。
個人貸しというのは、不動産屋さんを通さないで個人で店子を見つける、という方法です。フランスでは大家さんが不動産屋さんに手数料を払うのかは不明ですが、借りる方は不動産屋さんに手数料を払わなくても良いので出費は抑えられます。

そのうちの一つに、住みたい町やら家の条件を入力してみると最後に「登録料として12ユーロ」って出た。

タダじゃないんだ。12ユーロ払ったら明日の生活にも困る?、となる金額じゃないけど、払うってものな?、としばらく悩む。

でも、市内の借家の情報が載っているし、e-carte(インターネット上だけで使えるクレジットカード。番号が毎回変わるので安心)で払ってみる。

2軒市内で借家がある事が分かった。で、こちらから大家さんに連絡するにはどうするの?と色々見てみたら、大家さんが登録した人から貸したい人に連絡する、となっておりました。
じゃぁ来ないんじゃない?名前、外国人だし。←すっかり被害妄想に取り憑かれている
ちぇっ、ちぇっ

その他のサイトを見てみたら、タダで検索出来る所がありました。いつもこうなんだよね?。
すると、市内じゃないけど隣の村で新築、というのが一軒だけ出てきました。

なになに、暖房が地熱(多分)で各部屋にホースを取り付けて使う掃除機(分かりますかね?こんな説明で)などなど、エコで最新っぽい家みたい。

ということで、思い切って電話してみる。と、留守電でした。
下手なフランス語で「ワタシ、アナタノ家ノ広告見タヨ。興味アルネ。電話頂戴」とメッセージを残す。あ?あ、これじゃ返事来ないよ。

と、思ったら夜になって来ました、電話が。
動転してしどろもどろになり「ワタシ、日本人ネ。ダカラ、フランス語下手アルヨ。スマン」と言ったら、「いえ、大丈夫です」とのこと。向こうさんもビックリしただろうな?、いきなり日本人が電話してきて。
早速明日の夕方見に行く事になりました。
さて、どうなるか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私もサンフランシスコでは学生時代からアパートを転々としていたのですが、日本人だと分かるとすぐに「綺麗好き」「静か」「真面目」「家賃をちゃんと期限までに払う」だと思われて、返ってウエルカムだった時もありましたね。

サンフランは色々な人種がいて外国人も多いので大家さんはRacial Profilingのプロです(笑)。家賃滞納して部屋は汚し放題でも平気なテナントも結構いますからね~。

フランスだとそういうことってやっぱりありませんか?

でもこのお家、よさそうな感じですね。「アタシ日本人大好き~♪」みたいな大家さんだったりして。

どうか上手くいきますように!
2009/04/08(Wed) 08:46 | URL  | まこと #-[ 編集]
まことさん
一度日本人に貸したことがある大家さんは次も貸したいと思うそうです。家賃の滞納ないし、値上げしても黙って払い続けるし、靴脱いで生活するし、ウチのように出て行け、と言われれば黙って出て行くし!?
でも、ここは田舎で保守的な町なので、外国人に対する偏見ってまだまだあるんですよね。
まことさんに、「良さそう」と言ってもらえると本当に良いかも、と思えてきましたよ。ちょっと期待して行って来ます。大家さん、良い人でありますように・・・
2009/04/08(Wed) 10:19 | URL  | ARMANI #F5n5ni2I[ 編集]
家探し、大変ですね。
カナダとフランスでは事情もかなり違うのでしょうね。
ご存知だと思いますが・・個人貸しの場合は充分注意して、
契約書は焦らずに必ず隅々まで目を通してくださいね。
それから一般的な賃貸契約の場合の条件とも必ず照らし合わせて、
違った点が無いか確認してみてください。
違っている場合は地元の方にどう思うか聞いてみるのも方法ですよ。
個人と個人の契約の場合、問題が無ければとってもスムーズなのですが、
トラブルと大変な事になりやすいので・・老婆心ですが・・
全て上手くいきますように祈ってますね。^^
2009/04/08(Wed) 11:00 | URL  | カバン持ち #9GjO3PRY[ 編集]
カバン持ちさん
貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。
私も個人貸しはちょっと心配だな、とは思っているんです。不動産屋さんを通していれば何かあったら間に立ってもらえるけど、個人貸しだとそうはいなかないし。
もしもとっても良い家で借りたいな、と思ったら、舞い上がらず、カバン持ちさんのアドバイスを思い出し、先ずは知り合いのフランス人や通訳さんなどに聞いてみます。
あ~、本当にカバン持ちさんがお近くに居てくれたらこんなに心強いことはないのにな~!
2009/04/08(Wed) 12:28 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。