--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月18日 (土) | Edit |
のびのびになっていた、不動産屋さん紹介の家の写真がメールで送られて来た。200㎡じゃなくて、220㎡だそうです。何か豪邸!?じゃない。お家賃は村なのに高めです。これだけ広いと仕方が無いのか。来週水曜日の朝見学となりました。

写真を見て“個人貸しの家に「借ります」なんて言っちゃって早まったかな”と思ってしまいました。築20年(不動産屋さん曰く)なのに、キッチンやお風呂は新しくしてあるようでとてもキレイです。ドレッシングルームもあるし、これだったら引っ越す時に荷物を減らさなくても良いんじゃない?←ゴミごと引っ越しするってことです、オソロシイ。

地下の写真を見ると、石油タンク(?)がありました。この家は石油で暖めるみたいです。ってことは結構古い家なのかも。フランスでの家探しは実はこれで3回目なので熱源が何かで築何年くらいの家なのかが分かるようになりました。

詳しく家の事が知りたくなったので不動産屋さんに電話してみる。
この家は5部屋あるのですが、今住んでいる人は1部屋はドレッシングルームに、もう一部屋は子供の遊び場として使っているそうです。
気になる暖房の事を聞きました。
「そうそう、石油だよ?。一年間に2200リットル使うんだって?。だから暖房に1年で1100ユーロ必要だよ?。あのねぇ、全部屋暖めなければ良いのよ。必要な部屋だけ暖房をつければ良いの」とのこと。

今暖房用の石油の値段がいくらかは分かりませんが、これだけ大きい家なのに1100ユーロで済むって本当かな??それに、必要な部屋だけ暖めるって結構寒いのよね?。今の家も最初そうしていたけど結局寒さに負けて全部暖房つけちゃったし。

もう一つ気になったのが、庭の写真でやたら木がたくさん植えてあったことです。やはり古い家は木がたくさん植えてあるのです。

今の家も古くて木がたくさんあります。入居する時に不動産屋さんに木の手入れもするように、と言われています。これが大変で…。

業者さんに頼むと非常にお高くつくので、なるべく自分でやったり、何でも屋さんに頼んだりしていました。
今の家は無理矢理盛り土をして半地下を造ってあります。その斜面に大きな木が2本あり、
その木が春先に花粉を飛ばすのです!ニュースー以外で初めて見ました。

そこは、何でも屋さんでも「ムリ」と断られたので、仕方が無く業者さんにお願いしました。
2本で5分もかからないくらい、雑に刈られて200ユーロ取られました。
なのに今年しっかり花粉をまた飛ばしてました。

業者さんは「随分庭が荒れているから一度ちゃんと手入れした方が良いですよ」
というので、見積もりを立ててもらったら2000ユーロと言われ丁重にお断りしました。

ですので、たくさん木が生えている庭はもう「かんべんしてくれ?」なのです。

一応オットの職場のアドレスに写真を転送したところ
「この家見てから決めた方が良くない?」と返事が。
通訳さんに連絡してみると未だ大家さんには電話していない、とのことなので理由を話し、連絡するのを遅らせてもらう。

オットが帰宅しても、外は未だ明るかったので「ちょっと見に行こうよ?」とせっつき外観だけ見に行ってみる。

すると…

よくドラマでお見合い写真を見て「この方ステキ!是非お会いしたいです」なんて胸トキメカシて出かけてみたら
「あ?た別人じゃない?」とかいう場面ありますよね。あんな感じと言いましょうか。

木がたくさん生えていた、というより「鬱蒼」としておりました。家の中はきっとキレイなんだろうな、と思いたい。

そして、もう一つ懸案事項が。
ガラージュが地下にあるのですが、それは良いのです。こちらでは当たり前です。
でも、ガラージュに車を入れるためには、坂道+カーブを経てガラージュ、となっていた。
どうやって入れるんだ、頭から入れたらバックで坂道+カーブを上らなければならない。
でもバックで入れるには…教習所じゃないんだから!

今住んでいる人も入れられないのか外に出してた。ガラージュの意味ないじゃん!
冬ここは?10度以下になるのに、入れなかったら車が凍っちゃうよ。

あっ、別に選り好みしている訳じゃないつもりです。
ただただ、フツーの家に住みたいのです。でも、賃貸に出す家ってそれなりに何か有るんですよね?。

考えてみたらウチは家族全員寝るまで皆リビングで過ごしているのです。
下の子は勉強もリビングでしています。
一時期自分の部屋に籠りがちだった上の子も最近は下の子と一緒にリビングで勉強しています。理由は「自分の部屋には少年ジャンプやらマンガやら誘惑が多すぎて勉強に集中出来ない」そうです。あの、上の子は女の子です、一応。

だから荷物を減らせば広い家なんか必要ないのです。
そして、やはり「冬暖かい家」に住みたいのです。やはり個人貸しの家の勝ちだな。

そして、オットが職場で「これからたくさん物件が出回るらしいよ?」と聞いて来た。
もう惑わさないでくれ。ハゲちゃうよ。
ハゲたら密かにペンで塗りつぶそう、そこまで考えちゃったよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
家探し、こんなに大変なんですねぇ。でも、Armani母さんの書き方が可笑しくて、笑ってしまいました。笑い事ではないんですよね、、、ハゲが出来そうな位、大変なのに、、。でも、「ここが、、、」と思う所が数点あったこのお家はやめた方が良いかも、、。第一印象って結構当たっていて大切ですよね。良い物件が出てくると良いですね。頑張って下さいね~。あ、でもハゲる程頑張っちゃ駄目です(笑)。
2009/04/18(Sat) 14:43 | URL  | midasjenny #gocCe38E[ 編集]
NoTitle
以前こちらのテレビショッピングで、ハゲ頭にスプレーでプシューっとすると毛のようなもさもさしたものがはりつく商品がありました。10円ハゲくらいならごまかせるかもしれないけど、ほとんどハゲの人にデモンストレーションしてたなぁ。ちょっと触ったら取れるんじゃないかしら...汗。

暖房費や庭の手入れ費用ってお金がかかるんですね~。私の今の家は築40年なので、冬は凄く寒いです。ガス・電気代は冬は月300ドルを超えちゃいます。

庭の手入れは借りてる人の責任なのですか?? こちらは基本的に土地や建物にくっ付いてる物の手入れは全部家主さんの責任です。

私も一度ガラージに止めにくい家を借りてたことがあって、あれは思った以上に苦痛ですよね。毎日使う場所ですし。

でも個人貸しの家が決まりそうですね。良かったです♪


2009/04/19(Sun) 08:33 | URL  | まこと #-[ 編集]
midasjennyさん
ふふふ、笑っていただけてうれしいです~。こなったら笑い話にするしかありません。帯に短したすきに長し、って言う諺、こういう時に使うんだな~、と実感しました。
そうですね、ちょっと気になる点がいくつかあると、住み始めてから「やっぱりねぇ」となるんですよね。
見るのはタダなので、取りあえずは見るだけ見てみます。
そうだ、「愛されている妻」さんのブログにお邪魔したらビックリ!私とたまたま同じテンプレートで間違って私のブログに来てしまったのかと思いました。同じテンプレートなのに中身が雲泥の差(お上品と超庶民)でお恥ずかしくなりましたわ…。
2009/04/19(Sun) 10:35 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
まことさん
アメリカのテレビショッピングって本当に何でも売っているんですね~。本当にハゲたら今回はまことさんに頼んで送ってもらおうかしら。
まことさんのお宅、ブログで拝見する限りはとても築40年には見えませんね!凄くステキ(庭も含めて)です。意外だったのは、アメリカのお家は木造だということです。こちらはレンガを積み上げて造るので同じだと思っていました。
アメリカでは庭の手入れは大家さんがするんですか。こちらは良い大家さんに当たると大家さんがやってくれるのです。一応水曜日に見に行くので不動産屋さんに聞いてみようかな。でも駐車場の位置は変わらないしね~。やはり決まりですかね~。
そうそう、子供は2人ともフランスで生んだんです。一人目で言葉も殆ど分からない状態での出産だったのに、色んな所を刺されて、文句も言えないしで最悪でした。
2009/04/19(Sun) 10:50 | URL  | Armani #F5n5ni2I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。